CoCoSiA(ココシア)

家族嫌いな人の6個の心理と解決法(続き2)

要はしめつけが強すぎた分、その反発が強いからです。

人間は意志を持った動物です。

つまり、その意志の部分をしめつけられるとかなりのストレスになってしまうのです。

また、子どもが一番はじめに見る大人は親です。

その親の行動から人間の行動や考え方を学ぶのです。

つまり、親の影響を受けるのです。

親がネガティブだと子どももネガティブになってしまうのは真実です。

さらに最近では親自身が子どもに追い越されることを嫌っている傾向にあり、何としても自分以下にしようとするような人もいます。

子どもがどう生きようかは子どもの勝手です。

そのようになってしまっているから子どもに主権を与えられない親が増えて、子どもから反発を食らうのです。

️家族嫌いな人の6個の理由

そこでココからは家族嫌いな人のなぜそうなってしまうのかの理由をご紹介したいと思います。

大きくピックアップして6個ありますので、ぜひ、しっかり理解しましょう!いきなりすべてをマスターしろとは言いません。

まずは身近なものからマスターしましょう。

もしくは読んでいてビビット来たものからマスターしましょう。

おそらく家族嫌いな人にはどれかしら当てはまることがあると思います。

あなたにとって家族嫌いになってしまっている理由をしっかり把握することで、もしかしたら家族嫌いを克服することができるかもしれませんよ。

家族を嫌いになってしまうのは仕方がありません。

家族嫌いが増えていると言うのはある意味、時代の移り変わりが激しいことの象徴でもあります。

時代の変化に親の世代がついて行けず、子どもが見ている世界と親が見ている世界が違うのです。

この辺りを柔軟に見ることができれば対立もなくなるのですが、お互いに意志を持っているのでなかなか上手く行かないのが現状です。

故にまずはしっかり理由を理解しましょう。

家族嫌いな人の理由1:小さい頃からのトラウマ


小さい頃に受けたことがトラウマになっていて家族と仲良くできないと言った理由は結構多いです。

要は、人間としての常識を最初に教えてくれるのは親ですが、この時に親の考えが強すぎると、世間からずれてしまう危険性があるのです。

ある意味いろいろなことからトラウマは発生するので、理由にしやすいと言う点もあります。

しかし、心理学の観点からするとトラウマはただの言い訳でしかなく、原因になっていないとも言われています。

理由にして原因のような感じにして一生治らないというように持っていくためにしていると言われています。

実際、トラウマなどないと言っている心理学者もいるぐらいなので、ある意味、言い訳材料になっているような感じではあります。

しかし、人にはよっては心に傷を負うほどのトラウマがある人もいるので、一概に決めつけでは言えない状況になっています。

虐待や暴力

主にトラウマの一番の原因になってしまうのがこの虐待や暴力です。

小さい頃に虐待や暴力を受けるとそれがなぜかしつこく記憶に残ってしまうので、反発するとやられると言った感じのことを覚えてしまうのです。

しかし、これが大人になった時にどうなるかと言うと、復讐になってしまう恐れもあるので、簡単に手を上げていると親も危険な目にあってしまう危険性が非常に高いのです。

また、虐待を受けた子どもはそれが正しいと認識してしまうこともあり、大人になって子どもを持ったときにご自身の子どもに虐待をしてしまう危険性もあるので、特に詰め込み世代の親で子どもに虐待をする親のほとんどは、子どもの時に虐待をされてきた経験を持つ人が多いです。

自分がやられたことを詰め込んで、下に繰り返してしまう。

ある意味詰め込み世代のマイナス的な部分でもあります。

ネグレクト

所謂、育児放棄のことですが、どこまでが育児放棄になるのかわからず、線引きがないので防ぐのが大変です。

特に親から何もされずに生きてきた人は、自分で考えても何が正しいのか判断ができない人が多いです。

そのため、自分を自己評価してしまう子どもが増えてしまいます。

それがひどい場合だと精神病になるなど非常に厄介です。

また、人間関係を構築するのが難しくなるので、ひとりでいる時間が増えてきます。

そうなると家族とも関係を持ちたくなくなるので嫌いになってしまいます。

特に何もしてくれないと言った感情が生まれて、自分はココに必要ないと感じてしまうのです。

そうなると、いくら親が説得しても意味がありません。

そうなってしまった原因を作ったのも親であるので、説得など耳にも入らないのが現実です。

家庭内いじめ

兄弟がいる人に多いのが家庭内のいじめです。

特にどちらか一方が良くされて、片っぽは良い扱いをされないと言った感じのことが良くあります。