ぞっこんという言葉を聞いたことはあるでしょうか?

いったいどんな意味があるのでしょうか?

昔はよく聞いたような気がするけど今もあるの?なんて思っている人もいるでしょうか。

今でも表現として使われています。

ぞっこんとは心底、芯からと言う意味です。

なんと古く江戸時代から使用されている言葉なんだそうです。

すごく昔からある言葉と言うことにびっくりですよね。

そんな昔から「ぞっこん好きです」なんて愛の表現がされていたのかどうかはわかりませんが。

ぞっこんとは、心から心の底からとまぁこれ以上の表現方法がないくらいとでも言いましょうか。

そんな意味が込められた言葉なんですね。

人生の中でぞっこんになるほどの気持ちになったことはあるでしょうか?

ある人もない人も、ぞっこんされる人の特徴や言葉の使い方についてまとめて見たので読んでみてくださいね。

ぞっこんとはどういう意味?

心底惚れ込んでいる

心底惚れ込んでいるこんな言葉を使ったことはあるでしょうか?

あなたのことが心の底から好きです。

なんて言われたら男性も女性も嬉しいですよね。

女性からすれば、男性に心底惚れ込んでもらうくらいになってほしいなんて気持ちになったことあるのでは?

もしくは自分が心底その人の事が好きで仕方なくなった経験もあるでしょうか?

考えればすごい言葉だと思いませんか?

相手のことが好きで周りが見えなくなるくらいの気持ちと言えるのでしょうか。

心の底

心の底からとはどんな意味で使うのでしょうか。

嘘偽りのない。

内心。

建前ではない。

本心という意味を込めています。

すごい表現ですよね。

心の底らか好きですなんて言われた事がある人もいるでしょうか?

そんな思いを告げられたらどうしますか?

自分も好きな人からそんなこと言われたら嬉しいですね。

そんな思いを告げられたらその気持ちをいつまでももっていて欲しいと思いますよね。

ぞっこんされる人の特徴

ぞっこんされる人の特徴とはどんなも所があるのでしょうか。

相手から嘘偽りなく心のそこら好意を持ってもらえるなんて、中々言ってもらえるものではないようにも思いませんか?

ずっとその気持ちのままでいてもらいたいと思いますよね。

どんな特徴があるのか見ていきたいと思います

明るい性格

性格は明るい人でしょうか。

いつも明るくて周囲には常に誰かがいる。

明るい人の周囲には自然と人もいる集まってくるものではないでしょうか。

一緒にいるだけで自分まで明るく楽しい気持ちになれる人は素敵ですね。

きっと辛いことだって持ち前の明るさで乗り切る事が出来るのではないでしょうか。

明るい人やはり明るくて元気な人がそばにいるのではないでしょうか。

持ち前の明るさは周囲も明るくします。

暗い気持ちの人や意地悪な気持ちを持った人は寄ってこれないのではないでしょうか?

明るい人はいいですね。

一緒にいて楽しい人には、もし自分が辛く落ち込んでしまった時、その人に会って元気をもらいたくなる事だってあるかもしれません。

明るい性格を持っている人は、人からも好かれる事も多いでしょう。

その気持ちが心底ぞっこん惚れている気持ちを持たれやすいかとしれません。

ポジティブ

ポジティブな人はどうでしょうか。

人間ですから困難や苦痛に見舞われる事だってあります。

全てが何もかもうまくいくとは限りません。

しかしそういった時に、いかにポジティブな考え方をできるかで違ってきますよね。

このポジティブな考え方が出来る人はとても魅力的です。

悩んでる人にしてみれば、羨ましく見えてしまうかもしれません。

ポジティブなほど強いことはないのです。

そんなポジティブな考え方が出来る人も、人から好意を寄せられる事も多いでしょうね。

一緒にいるとなんだか元気になれるし、元気をもらえる。

そんな人もぞっこん惚れたなんて言われる事もあるでしょう。

明るくてポジティブな人ほど最強なのではないでしょうか。

精神的に自立している

精神的に自立している人はとても素敵に見えます。

男性ならたくましく、女性でもカッコいい女性と言えるのではないでしょうか。

精神的に自立すると言うのは、何事も自分で考え行動する力を持っていることと言えるかもしれません。

誰かに頼らないと不安になるなんてことは全くないのではないでしょか?

自分の行動の責任は自分でとるなんて中々言えるものでもありません。

ついつい人のせいにしてみたり、言い訳をしたくなるのが人間の弱いところです。

しかし、精神的に自立している人はそんなことはしないのかもしれませんね。

憧れの的で見られる事も多いのではないでしょうか。

きっと精神的に自立している人は密かに誰かをぞっこんにさせていると思いますよ。

ネコの様な自由奔放な女性


猫の魅力はなんでしょうか。

気まぐれさがなによりの魅力かもしれませんね。

自分の気が向いた時にはすり寄って甘えてくるけれど、気分がのらない時にはツンデレなところがなんとも魅力的だなんて言われていますね。

まさにこのネコの魅力をもつ女性。

ネコの様な自由奔放な女性はなんとも妖艶な魅力がありますね。

自分の気持ち次第ですり寄って来たり離れたり…男性はメロメロになってしまうのではないでしょうか?

この気まぐれな行動こそ男心をくすぐるのかもしれません。

綺麗な女性であるならなおさら、沢山の男性が彼女にぞっこんになっていると思います。

【猫系女子の特徴や行動パターンは、こちらの記事もチェック!】

犬の様に一途に思う男性

犬は飼い主の事が大好きですよね。

いつも主人の事を視野に入れていると言われています。

犬は一度主人と決めたら裏切らないですよね。

犬種によっては主人一筋その人の指示しか従わない犬もいます。

まさに犬の様に相手のことを好きで好きで、その人のことしか見えない一途に相手のことを思ってくれる男性もいるでしょう。

この犬の様に一途に相手を思う男性に慕われた女性は幸せですよね。

一生この気持ちを持ち続けてくれるのではないでしょうか。

一途に思ってくれる男性も素敵ですね。

ギャップを持っている

ギャップがある人ってなんともミステリアスな感じがして興味が湧いたりしませんか?

どんな人なんだろう。仕事とプライベートではどう違うんだろう?

なんて興味から好意を持つ事もよくあることです。

運動神経はなさそなあの人がものすごいアスリートだったり。

大人しそうなあの子がバンドを組んでガンガン歌ってるらしい。

強面なのにものすごい優しかった。

など、人は見た目や中身とのギャップのある人に魅力を感じる事も多いんですね。

その人から目が離せない。

なんてところからぞっこんになる事もあるでしょう。

歌手やアイドル俳優さんにぞっこんなんて事もあるでしょう。

どんな事でもギャップがある人は魅力的です。

その人から目が離せなくなりそうですね。

他人の意見に流されない

他人のこと意見に左右されない強い意志の持ち主も、好意を持たれるのではないでしょうか。

その強さを感じた時に人は気持ちをさらっていかれるのかも?

頑固なだけと言うわけではないですよ。

意志がしっかりあり正当な意見を述る事ができる。

もちろん相手の意見も聞く姿勢もある。

そんな男性や女性はなんともカッコよく見えるものですよね。

そんな人には憧れの念を抱く人もいるでしょう。

気が付けばぞっこん惚れていたなんて事も。

男性が男性にた対して尊敬の念を込めて「ぞっこん」なんて表現をすることもあるでしょうね。

自分磨きを怠らない

自分磨きを怠らない人は素敵ですね。

自分の良さを知っている人は、しっかりと自分磨きも怠らないのではないでしょうか。

やはり自分の魅力を知り、自分磨きを怠らない人はいつまでも輝き続けるのではないでしょうか。

常に相手にぞっこんでいてもらうためには、自分磨きを怠らないものでしょう。

女性でも男性でも自分自身をよくわかっている人は、自分の魅力を最大限に活かす事に努力を惜しまないように思います。

いくつになっても自分磨きをしっかりしている人は輝いてみえますね。

身体の関係には厳格

身体の関係には厳格です。

簡単に関係をもってしまうなんてことはまずはないでしょう。

男女関係にとってもけじめがあります。

お付き合いをするまで身体の関係は持ちません。

もしかしたら結婚するまでは関係をもたないというくらい厳格な人もいるかもしれません。

その厳格さが逆に男性を虜にいてしまうかも。

また逆に身体の関係に厳格な男子であれば、女性だって虜になってしまうかもしれないですね。

仕事が出来る

仕事ができるというのはどういう表現でしょうか。

バリバリと仕事ができるだけではありませんよね。

コミュニケーション能力が高い。

人をまとめる力があるなど仕事ができる人というのは、人間的にみても魅力のある人と言えるでしょう。

そんな人はやはり人からも好意や尊敬の念を抱かれる事も多いと思います。

仕事ができる人は男性でも女性でも素敵ですね。

誰に対しても優しい

誰に対しても優しい。

これは意外とできそうでできないことですよね。

その人自体が本当に優しい心の持ち主であれば、誰に対しても優しくできるのではないでしょうか。

利益や損得を考えずに人に優しくできる人ってとても素敵ですよね。

礼儀正しい

礼儀はわきまえているに限りますね。

礼儀のない人はどれだけ綺麗な人であったとしても幻滅されてしまうものです。

その場をわきまえた行動のできる人は、いくつであっても素敵だと思います。

友達・家族を大切にする

友達や家族を大切にする人も魅力的ですよね。

そんな人には素敵な友人や家族がいるものではないでしょうか。

自分を大事にする人は友達や家族も大切にするでしょう。

ぞっこんに似た言葉

ぞっこんという言葉にはそれに似た言葉もあります。

その時々で表現の仕方が違うのですが、意味合いとしては大体同じ意味をもっています。

時代によっても違ったりするかもしれないですね。

もしかしたら今はこんな言い方をしないよなんて言葉もあるかもしれませんが、少しみていきましょう。

首ったけ

君に首ったけなんて歌があったような歌の歌詞のような。

こんな表現は現代ではあまりしないかもしれないですね。

少し昭和な感じもしますが。

首ったけとは異性に深く心をもっていかれて夢中という意味合いなんですね。

また、「足のつま先から首まで相手の事を考えていっぱいになっている」なんていう意味もあります。

こんなのもありましたよ。

「首の丈まで水につかってしまうと危うくおぼれてしまうほど危険。」

「これ以上水が増えてしまえば本当に溺れてしまうだろうそんなことになれば死んでしまうかもしれない。」

「それくらい君の事が好きだ!これ以上君の事を好きになってしまったら自分は死んでしまうかもしれないくらい好きだ!」

なんていう表現です。

なんだかものすごい愛情表現ですね。

このご時世でこのような表現をされる人がいるのかわかりませんが。

映画やドラマ、または歌の歌詞としてはとてもしっくりくる場合もあります。

もしこのセリフを相手の人に言われた場合は、あなたの事で自分の全てが満たされています。

というほどの愛情表現だと思って間違いないと思います。

日本の男性はこのような表現をする事はできるのでしょうか?

すごいですね!

骨抜き


骨抜きとはぞっこんと同じような意味合いをもちます。

文字通り骨が抜かれた魚を想像してみてください。

骨がなくくねくねな魚を想像できたでしょうか?

骨抜きにされるなんて聞いた事があるのではないでしょうか?

好きすぎて力が入らない。

つまり四六時中その人の事しか考えられない。

他の事はなにも出来ないくらいという意味で使いますね。

ぞっこんよりわかりやすいイメージが付きやすいでしょうか。

本来なら自分のスタイルあるのが普通なのです。

でも、人を好きになって骨抜きになると相手に全て合わせてしまう。

言い換えれば相手のいいなりにでもなってしまうという状態とも言えますね。

この骨抜きという言葉は、恋愛以外でも使われる事はあるのですが、恋愛などで使われる事がやはり多いですね。

本人からというよりも骨抜きになっている人をみて「あの人は骨抜きのようになっている」なんて使い方をするでしょうか。

なんだか少し心配な状態とも言えそうです。

しかし骨抜きになれるほど人を好きになってしまう経験は誰でも出来る事でもありません。

ここまで人を好きになれたと言う事はある意味すごい事なのかもしれないですね。

誰かを骨抜きにするくらい自分を好きにならせてみたいなんて思いませんか?

ベタ惚れ

ベタ惚れも同じような表現ですね。

しかし骨抜きや首ったけの表現と比べると、少しまだ余裕があるような感じと言えるでしょうか?

ものすごく惚れている。

ものすごい好きな気持ちが大きいということです。

ただの好きと表現するよりは気持ちを強く表す表現とは言えますね。

意味的にはくっついてみたいほど惚れている事だそうです。

なるほどですね!

男性にべた惚れさせてみたいと思う女性もいるのではないでしょうか。

どうすればべたぼれしてしてもらえるんでしょうか?

そんな魅力的な人にもなってみたいものです。

ホの字

ホの字とは惚れているのほだけをとって表す表現ですね。

なんと古く江戸時代からあったとされる言葉なんだそうですからびっくりですよね。

人から「あいつにホの字だろ」などといった風に使われる事があります。

「俺はお前にホの字だ」なんて告白の仕方もあるのでしょうか。

現代風に考えると少し古っぽい気もします。

こんな告白をすると「ちゃんと表現して!」なんて反対にいわれちゃいそうではないですか?

昔青春ドラマなどではよく聞いたセリフかもしれないですね。

ホの字とはぞっこんと同じように惚れている。

好きだという表現になります。

ぞっこんと比べると心底というわけでもない感じがしますね。

メロメロ

メロメロとは好きで好きで仕方なく、理性さえも失い表情や態度にしまりがなくなってしまう事です。

愛情の表現のひとつですよね。

異性に対しても使われますが、ペットなどをかわいくて仕方ない時の表現などでも使われると思いますよ。

おじいちゃんおばあちゃんが孫にめろめろと言ったり、親が子供にメロメロなんて言う風にも表現されますね。

異性だけでなく、幅広く愛情表現する、さまにわかりやすくイメージしやすい言葉ではないでしょうか。

なんだか最近になって出てきたようなイメージですよね。

でも、古くさかのぼり、鎌倉時代では生地を剥ぐような表現にめそめそと使われ、江戸時代には炎が燃え上がるさまをめらめらと表現していました。

その語源から、メロメロと表現を変えて使うようになったのではないかという説もあります。

ちょっと意味が違うんですけどね。

魅了される

魅了とは心がどうしようもなく惹きつけられる事とされています。

異性に対してまた趣味などでも何かに魅了されたなんて表現をする事がありますよね。

虜になるとも表現する事もあるでしょうか。

異性に対してその魅力に魅了される。

人や物事に対して、その魅力に引付られてどうしようもなくなる様と言えるのでしょうか。

恍惚となる

恍惚とは対象の物に対してうっとりとなる様です。

放心状態でなにも手につかずうっとりみとれてしまったなんて事でも表現さえますね。

魅了される、メロメロになるなどとも同じような表現で使われます

心奪われる

魅了される、惹かれるとの表現と同じように何か対象物に対して心がもっていかれる様と言えるでしょうか。

心気持ちの中がその対象物でいっぱいになるさまですね。

異性はもちろんの事違う対象物、例えば、絵を見て心奪わたれたなんて事にも使うと思います。

強く気持ちがひきつけられる事の表現ですね。

溺れる

溺れると聞いても水に溺れるなどという事とは少し違います。

しかし、まんざら違うわけでもなく、異性の事が好きすぎで愛に溺れるなんて表現もしますね。

それ以外の事が考えられなくなり危険な状態になっている表現と言えるでしょうか。

のめり込む

のめり込むは異性だけではなく趣味などにのめり込むといった表現でも使われますよね。

つい夢中になってしまう。

これも周囲が見えなくなり、他の物には目もくれない状態と言えるかと思います。

熱をあげる

熱を上げる。

異性に対して好きで好きで仕方ない様子をを表す時に使います。

どちらかというと片思いの時に使うこともるでしょうか?

「アイドルに熱をあげる」なんて言い方も聞いた事があるのではないでしょうか?

熱中する。のぼせるなんて表現で使われるんですね。

対象となる物に対して夢中になる様子を表現しているんですね

ぞっこんされれば長く愛される

いかがでしょうか?

相手からぞっこんになられると、そう簡単に気持ちは変わらないので長く愛される事になると思います。

相手からの愛情が重すぎてなんて事も。

でも、女性なら男性からぞっこんで愛されてみたいなんて思う人も多いのではないでしょうか?

多少の事ならなんでも言う事を聞いてくれるかもしれませんよ。

一度でいいから「僕は君にぞっこんなんだ」なんて、外国映画のようなセリフ言われてみたい!

と思う人もいるのでは?

相手からそっこんになってもらえるような人を目指していきたいですね。

「悩んでしまうのは、これが原因かもしれません。」

記事下_無料でオーラ鑑定