ストーカーは相手を好きな気持ちが強くなりすぎるあまり、相手につきまとったり周りに迷惑をかけてしまう行為をする人のことです。

大好きな相手のことをすべて知りたいという思いや、自分に振り向いてほしいという気持ちから、付きまとい行為がエスカレートして、相手を悩ませたり怖がらせてしまうこともあります。

時には取り返しのつかない犯罪に発展して世の中を騒がすことがありますよね。

そんなストーカー行為をしてしまうのは男性が多いイメージもありますが、女性によるストーカーも珍しくありません。

アナタの周りにもストーカー女と思われる女性はいませんか?

もしそんな女性に目をつけられたらとても大変な目にあうかもしれません…!

今回は、ストーカー女の特徴やストーカーになりやすい女性の特徴などについてお伝えします。

特徴をよく覚えて、ストーカー女にひっかからないように気を付けてくださいね!

ストーカー女の18個の特徴

「いいな」と思っていた女性が、親しくなるにつれてストーカー女っぽいような感じになっているのであれば、今のうちにちょっとずつ距離をとっておいた方がいいかもしれません。

また、現在お付き合いしている女性がここでご紹介するような特徴に当てはまっていたら…別れ方をちょっと考えておいたほうがいいかもしれません。

女性も、この特徴をよく読んで「アレ?私、ちょっと当てはまるかも…」と感じたのであれば、大事になる前に自分の行動をよく見直してみてくださいね。

ストーカー女の特徴1:自己中心的

ストーカー女は基本的にみんな自己中心的な性格であることが多いです。

自己中心的でないと、相手の気持ちを考えないようなストーキング行為なんてしませんよね。

自分の好きだという気持ちを最優先にするあまり、相手が迷惑だと思っていることは気にしていないのかもしれません。

「自分が大好きだから、その気持ちを相手に伝えるだけ」「相手のことが知りたいから、積極的に動いているだけ」と全てにおいて自分が中心となった考え方で、自分の欲望にとても忠実です。

恋愛とは1人でするものではなく2人でするものだという大原則を理解していないのでしょう。

自分の考えや欲望が1番になってしまっているので、誰かに注意されたとしても「余計なお世話」「邪魔しないで」と思っている可能性があります。

ストーカー女の特徴2:嫉妬心が強い


ストーカー女はとても嫉妬心が強い人が多いです。

好きな相手が女性と歩いていたり、遊んでいるだけでどんどん想像を膨らませて相手の女性のことを嫉妬で憎むようになってしまうこともありえます。

また、嫉妬が強すぎて「自分は陰から見守ることしかできないのに、なんでアンタは彼の隣にいるのよ」と並々ならぬ敵意を抱くようになることもあります。

ストーカー女の中では、好きな相手とは「(ほぼ)付き合っている」「これから付き合える相手」と誤認している可能性もあります。

そのため、好きな人が親しくしている人を「浮気相手(実際はまったくそんなことはない)」と思い込んでしまうこともあるようです。

【嫉妬深い人に共通する特徴は、こちらの記事もチェック!】

ストーカー女の特徴3:相手のことを全て知りたがる

好きになった相手のことや、恋人のことをいろいろ知りたいと考える人も多いと思います。

しかし、それが行き過ぎてしまうとストーカー化してしまう可能性があります。

ストーカー女の性質上、好きな相手のことは完全に把握してスケジュールをおさえておきたいという気持ちが強いので、あらゆる手段を使って相手の全てを知ろうとします。

そして、自分が一番好きな人のことを知っていたいという気持ちが強いです。

最近では、SNSなどに自分の行動などをアップする人が多いですが、それはストーカー女にとっては最大の情報源になってしまいます。

好きな人が「今〇〇で飲み会!」なんて情報をアップしているのもチェックしているはずなので、居場所がすぐにわかってしまうでしょう。

ちなみに、SNSにアップした画像の背景などの細かいところまで見ていることが多いので、周りにどんな人がいるか、どこにいるかすべてを把握しようとします。

女性の気配がある画像なんてアップすると、ストーキング行為がさらに熾烈になる可能性もあります。

SNSの取り扱いには注意した方がいいかもしれません。

また、相手とは実際には話す機会がそんなにない間柄であるというケースもあります。

もともとは顔見知りであっても、そんなに積極的に話すような関係ではなかったりすることもあります。

例えば、同じ職場だけど仕事ではあまり関りがなく部署も離れているとか、たまたま参加したコンパで出会った、よく行く喫茶店の店員とお客など、決して近い距離感ではありません。

そのため、知っている情報が少ないのでとことん相手のことを知りたくなるのです。

「ちょっとしか話したことないよね!?」という女性がアナタのことをたくさん知っているとしたら、その女性は要注意人物かもしれません。

ストーカー女の特徴4:話がかみ合わない

ストーカー女と会話をしようとしても、話しがかみ合わないということがほとんどです。

ストーカー女は自己中心的な考え方をしているので、自分本位な話ししかしないことが多いでしょう。

自分の行動や想いが正しいと思い込んでいるでの、やんわりと気持ちがないことを伝えても「私の愛があれば大丈夫」「誰よりもアナタを想って見守っているのは私だけ」と強引に自分の想いを押し付けてくる場合もあります。

大好きな相手と会話が出来ているという喜びから、相手と会話をしようというよりも自分の気持ちをここぞとばかりにぶつけてきます。

相手の意見や思いなんてお構いなしです。

また、妄想の中で生きている人が多いので、脳内で勝手に彼氏にされていることもあるかもしれません…。

「付き合ってないよね?」と話しても「え、どうして?何かあった?」「照れてるの?」など、全く話はかみ合わないことも。

ストーカー女の特徴5:独占欲が強い


ストーカー女はとても独占欲が強いです。

普通に付き合っている女性であれば「私と付き合っているんだから、ほかの女の子と遊びに行かないで!」と言っても「彼女のヤキモチ」として解決するものです。(限度にもよりますが…)

しかし、付き合ってもいない、ましてやストーキング行為で迷惑をかけられている女性に独占欲なんて沸かれても相手の男性は困ってしまうばかりですよね。

もし、現在付き合っているけど独占欲の強さがツラくて別れを考えているという彼女がいる人は気を付けた方がいいかもしれません。

女性は案外あっさりしている人も多いのでみんながみんなそうではないのですが、別れ方次第ではその彼女がストーカー女と化す可能性は大いにあります。

ストーカー女の特徴6:自分の気持ちを抑えられない

人は、自分の気持ちを抑えながら社会で暮らしていますよね。

自分のやりたいようにやっていては人とはうまくやっていけないし、それでは社会に適合することができません。

また、好きな人が出来ても、相手の気持ちを無視して相手が嫌がるような行動する人もそんなに多くはないかと思います。

ですがストーカー女はそんなもの関係ありません。

自分が相手を好きだと思っているのだから、その気持ちをおさえる必要はないと考えていることがほどんどです。

好きな相手には自分の全力の気持ちをぶつけるのが愛だと思っている節があります。

ストーカー女の特徴7:妄想力が強い

恋をするとその人とのことを妄想をしてしまうという女性は少なくありません。

しかし、ストーカー女はその妄想力が人一倍強いのが特徴です。

自分の脳内で、自分の都合のいい方向へ物事をどんどん考えていく癖があります。

すでに頭のなかでは「相手と付き合っている」というところまで妄想が発展しているケースもあります。

また、相手をストーキングしている中で女性向けの贈り物を買っていたりするのを見ると「私への贈り物なんだわ」と勘違いすることもありますが、「私の趣味じゃないし、きっと浮気相手への贈り物なんだわ」と明後日の方向へ妄想を膨らませて勝手に嫉妬するようなこともあります。

ストーキングされている本人のあずかり知らないところで勝手に妄想が膨らんているということも多いようです。

ストーカー女の特徴8:恋愛経験が少ない

ストーカー女は、恋愛経験が少ない女性であることが多いです。

ある程度恋愛経験をしたことのある女性なら、恋愛におけるマナーや男性のちょっとした心理などをある程度して心得ているものです。

しかし恋愛経験の少ないとそういうものがわからないのでしょう。

「男性はこういうことをしたら嫌がる」「こういう態度を取るときは、脈がないときだ」という恋愛における予備知識がないので、自分の感情のまま突き進んでしまう傾向があります。

自分の中で「恋愛をしている」という喜びに満ちているばかりで、「普通の恋愛とはどんなものなのか」という考えや常識は頭にないのかもしれません。

ストーカー女の特徴9:依存心が強い

依存心があまりにも強すぎるとストーカー女になってしまう可能性があります。

依存心が強くなりすぎると、彼氏中心の生活になり、嫉妬や不安が付きまとったり、相手の行動を自分が管理したいという考え方になってしまうことがあります。

また、依存心が強い彼女と別れるときに、きちんと相手が納得せずに別れると彼女がストーカー女化する可能性があります。

「私にはアナタしかいないの」といつまでも相手に追いすがるようになることもあります。

この手の女性は、次に気になる男性(次の恋愛依存相手)が出来るとあっさりと手を引くことが多いようです。

ストーキングしても相手にされないので、気を引くために様々なことをして、相手の心(罪悪感)を強引に自分に向けさせるようなことをすることもあるでしょう。

ストーカー女の特徴10:相手への理想が高い

ストーカー女は、相手に求める理想がとても高いです。

ドラマや漫画のようなロマンティックでステキな純愛に憧れている傾向があります。

そのため、相手にもその自分の理想に添った男性像を求めるようになります。

理想は「自分だけをしっかりと見つめて、よそ見などせず全力で自分を愛してくれる男性」という人もいて、それを相手に求め続けます。

そして自分が理想とする相手だと思い込むと、その相手を手放したくないと思ってしまうのでしょう。

それがウンザリして男性が別れを持ちかけると、途端にストーカー女へ変貌することがあるのです。

このままフラれてしまうと自分の理想が台無しになるのでそれだけは避けたいと思ってしまうのでしょう。

ストーカー女の特徴11:これ以上の人はいないと思っている

ストーカー女は、恋愛経験が少ないことや妄想力が強いことが影響しているせいもあり、好きになったターゲットを「これ以上の人はいない」と思っているところがあります。

好きになった相手が「運命の人だ」と思うので、自分のものにしたいという気持ちが強くなってしまいます。

この人を逃したらもう一生これ以上の人や運命の人に出会ないと思って、焦っている部分もあるのでしょう。

そのため、全力で追いかけてくるのでターゲットにされた男性はとてつもなく疲弊することでしょう。

しかし、もし、ストーカー女が別のターゲットを見つけた場合は、これまでのしつこいストーキングがウソだったかのように止まるケースもあります。

あっさりと「これ以上の人」が見つかってそちらにターゲットチェンジしていきます。

ストーカー女の特徴12:自分がストーカーをしていることに気付かない

ストーカー女のほとんどは「自分がストーカーである」という自覚はありません。

ただ、人よりも愛情が深いだけと思っている人が多いです。

無自覚のストーキングは悪意がないのでやめさせることが難しいかもしれません。

もし、ストーカー女と対峙したとしても「アナタがやっているのはストーカー行為ですよ」ということはハッキリと言わない方がいいかもしれません。

自分は相手のことを思って行動しているだけなのに、まさかストーカー呼ばわりされるなんて思っていないでしょう。

そのため、ストーカーだと言われると逆上されるおそれがあります。

迷惑だという気持ちを伝えるときは、必ず第三者の立ち合いがあるときにしましょう。

ストーカー女の特徴13:被害妄想が強い

実は、ストーカーになってしまう女性は、過去に言い寄ってきたけど交際をお断りした女性や、ちゃんと付き合っていたけど色々あって振った女性であることがよくあります。

ひどい別れ方をしたり、こじれたままの関係に納得できず、もともと彼女らのなかにあったストーカー体質な部分である被害妄想がどんどん膨らんでいって、ストーカー化したというケースもあります。

「自分はこんなに好きなのに、なんで想いに応えてくれないのか」という自分勝手な思いから「たくさん尽くしたのに、いいように使われて捨てられた。このままでは許さない」という被害妄想に発展して、もう1度男性に振り向いてもらおうとします。

自分の存在を示そうをするため、相手がわかりやすいように付けまわしたり、「自分がアナタから受けた苦しみはこんなものではない」ということを分からせようと嫌がらせのような行動をとることもあります。

こうなってしまうと話し合いで健全に解決することは不可能な場合が多いので、第三者に話し合いに立ち会ってもらって解決するほかありません。

ストーカー女の特徴14:論理的思考ができない

ストーカー女は論理的思考をすることがとても苦手です。

どうして相手が嫌がっているのか、どうして相手が自分のことを好きにならないかということを考えることができません。

普通に考えたらわかりそうなものですが、どうしても感情が先行した考え方になり、それを相手に押し付けてしまうことが多いです。

ストーカー女にストーキング行為をやめてもらえるように、いくらわかりやすく伝えようとしても「彼が私のために一生懸命話してくれてる!彼も私と会話がしたかったんだ!」と全く見当違いのことを思っていることもありえます。

彼女らにはまともな話し合いをする思考はないのかもしれません。

できるだけ距離を置いて構わないようにした方がいいでしょう。

ストーカー女の特徴15:束縛したがる

ストーカー女には束縛したがる女性がとても多いです。

相手のことを「自分のもの」「私の彼氏」だと思っている場合もあり、とにかく束縛をしたくて仕方ないのです。

まだ付き合ってもいないのに「今日は誰とどこに行ってたの?」「私が連絡したらすぐに返して」などと行動を縛るような発言をしてくることもあるでしょう。

また、自分以外の女性と話していると、嫉妬してもう話さないようにと言ってくることもあります。

そして、束縛行為が思うように満たされてなくなると、実力行使でストーキング行為に出るようになるケースもあります。

束縛したがる女性が近くにいるときは、刺激をしないようにそっと距離をとって疎遠にするようにしましょう。

ストーカー女の特徴16:客観性がゼロ

ストーカー女は常に自分本位な考えしかできないので、客観性というものがありません。

ちょっとでも客観的に見ることが出来たら、自分がとっているストーカー行為の異常さがわかるものです。

しかし、「私は彼のことを愛している」「彼に私の存在や苦しみを分からせるため」と、自分の想いや欲求を突きとおすためだけに動いています。

知り合いなどが「彼には脈がないのでは?」と意見を言う程度ではストーカー女の目は覚めることはありません。

また、「アナタの行動はおかしいよ」とハッキリと指摘してくれる友達がいない人も多いので、いつまでも客観的な視点や意見を持つことはできないのかもしれません。

ストーカー女の特徴17:自分に自信がない

自分に自信がないためにストーカー女になってしまう女性もいます。

恋愛経験の少なさや過去のトラウマなど理由は様々ですが、女としての自信があまり持てず、愛されているという自信を持つこともできません。

そして、そんな自分を受け入れて付き合ってくれた彼氏に対しては異常な執着を見せるようになります。

ちゃんとお付き合いをしている中でも「どうせ私なんか…」「私よりもステキな人と浮気してないかな…」という自信のなさはずっと付きまとい、彼のスマホや財布の中などをしょっちゅうチェックして行動などを監視するようになることもあります。

SNSのチェックなども当然のように行っており、自分の知らないアカウントからのコメントなどにもいちいち反応して彼氏に何者か聞きただしたりと、自信のなさから束縛してしまいます。

こんな女性の行動がイヤで、お別れを告げたら「こんな私でも受け入れてくれたじゃない」「私をわかってくれるのはアナタしかいないの」とストーカー女へと変貌することも…。

ストーカー女の特徴18:ブランド物が好き

ストーカー女はブランド物がとても好きで、多くのブランド物を所有していることが多いようです。

容姿やメイクはとても普通な感じなのに、持っているバッグや靴がやたらハイブランドであることがよくあります。

ストーカー女がブランド物が好きな理由は、自分に自信がないことも関係しているのでしょう。

高級なブランド物に囲まれることによって、自分を飾り、自分も「ブランド」になった気分になりたいのかもしれません。

そうなることで、好きな人に振り向いてもらえると思ったり、自分の価値を上げていると考えているのでしょう。

女性だからといって油断しないように

「ストーカーと言っても女性だし、最終的には男である自分がビシッと言ったら大丈夫でしょ?」なんてのんきに構えたりしていませんか?

そんな感じでストーカー女がアッサリと身を引くようであれば、みんな苦労したり苦しんだりはしないのです。

ストーカー女の怖いところは、肉体的被害を加えられるというよりも精神的な粘着や執拗な付きまといにあります。

いくら心を挫くようなことを言っても、彼女らはそんなもの一切お構いなしなのです。

ストーカー女のターゲットは地獄!

ストーカー女にロックオンされてターゲットになってしまうと、その先にある生活は地獄と言ってもいいかもしれません。

好きでもない女性に行動や交友関係を常に監視されたり、自分の知らないところで勝手に彼女を名乗っていたり、時には身に危険を感じるようなことをされたり、自分の親しい人に接触されたり…。

ストーカー女の行動は、自分の生活だけでなく、自分の周りにも迷惑をかけてしまうことがあります。

ある人は、婚活パーティーで出会った女性(男性にその気がなかったのでカップリングにはならなかった)にしつこくストーキングされていたそうです。

付きまとい行為に男性が疲れていたある日、なんとストーカー女は男性の職場の上司に勝手に接触し、婚約者を名乗ったそうです。

そしてストーカー女は「彼がお世話になっています」「同僚の〇〇さん(女性)がやたら彼について回っているが、婚約者として不快なので注意してほしい。私から何度か直接お願いしたが、逃げられて話にならない」と男性の上司に懇願したとか…。

その話を上司から聞いた男性は、上司や同僚に平謝りするしかなったそうです。

職場ではウワサになり、厄介ごとを持ち込む男として上司からの評価は下がるし…そしてストーキングも変わらず続いているし、何もいいことはなかったそうです。

このようにストーカー女のターゲットになってしまった時には、関係ない周の人にまで迷惑をかけてしまうケースもあります。

ニュースや事件になることも

ストーカー女につけまわれてると、ただ迷惑なだけでなくニュースや事件になるような大事に発展する可能性もあることを忘れずにおきましょう。

相手が「女性」であるという点で「力は男である自分の方が上だろうし、いざとなれば勝てる」なんて自信がある男性もいることでしょう。

しかし、相手は常識の通用しないストーカー女です。

そんなストーカー女を放置いていると、取り返しのつかない事件に発展することもあります。

男性が注意しなければいけない理由

女性ならストーキングされないように事前に慎重に考えることがあるのですが、男性は「まさか、俺が」といった感じでどうしても油断してしまいがちです。

ここでは男性がストーカー女に注意しないといけない理由についてお伝えしますね。

見た目は非常に普通な女性が多い

ストーカー女は、見た目はとても普通な女性が多いのです。

パッと見た時に「明らかにヤバいやつ」だと思えたら最初の段階で近づかないでおこう、話さないでおこうと男性も警戒するのですが、とても普通な感じの女性が多いです。

たまたま飲み会などで出会って、ストーカー女だと気が付かずに普通に会話をすることだってあるでしょう。

何なら、ちょっと控えめでいい感じの女性だと思うかもしれません(ストーカー女は、恋愛経験が少なく、下ネタなども苦手なので最初は新鮮に映ることがあります)。

アナタにとっては「普通の女性と普通に会話をしただけ」でしょうが、ストーカー女にとっては「運命の男性に出会った」「自分にばかり話しを振ってくれて、自分に気があるとしか思えない」と思われているかもれませんよ。

見た目が普通なだけに、見分けがつかずに困ってしまいますよね。

自分の思いが全く通じないので話にならない

ストーカー女は男性の行動を詳細に監視し、その行動の意味を自分へとつなげていったりとして都合のいいように全てを解釈していきます。

そのため、ストーカーをやめてもらおうと直接会話をしたところで全く話になりません。

彼女からしたら「彼から話しかけてきた!」「やっと私に興味を持った」としか思わないことでしょう。

どれだけ自分の思いを話したところで、本心は1ミリも通じないと思っていたほうがいいかもしれません。

ストーカー女の対処法としては、第三者を交えた話し合いをする以外では「無視する」「相手にしない」というのが鉄則です。

ストーカー女と2人でいくら話しても話は通じないし、こちらが言葉のチョイスをミスすると逆上させて大変なことになることもないとは言えないので気をつけましょうね。

非常にしつこい

ストーカー女は非常にしつこくて、ストーキングされた男性はとても疲弊してしまうことでしょう。

ストーカー女に「迷惑だ」「付きまとわれて困っている」とハッキリと伝えたとしても、自己中心的な性格な上に妄想で都合のいい方向へ考える癖がついているので「照れているだけ」「他の女に言わされている」などと考え、自分に非がないものと思うことがあります。

それがさらにしつこさを加速させていくのでしょう。

ターゲットにならないようにくれぐれも注意しよう

ストーカー女の被害に遭わないためには、ストーカー女のターゲットにならないということが一番の方法です。

しかし、普通に暮らしているだけでも女性との接点はたくさんありますし、彼女が欲しいと思っている男性なら積極的に出会いの場へと赴きたいものですよね。

ストーカー女におびえてばかりでは日常生活も彼女作りもできません。

事前にストーカー女の特徴をよく理解し、もし怪しい空気があるようであれば一定の距離を保つことをおすすめします。

ターゲットになってからでは遅いので、気をつけてくださいね。

アプローチする前にストーカーの気がないか要チェック!

もし、気になる女性に出会ってアプローチがしたいということになったら、これまで以上にストーカー女チェックを慎重に行うようにしましょう。

前にも触れましたが、ストーカー女の見た目はとても普通な感じの女性であることが多いです。

見た目では判断しづらいので、ちょっとした会話のなかで判断することになります。

もし、会話のなかでストーカー要素がなければアプローチスタートでOKでしょうが、短時間で判断することは困難なので出来るだけ時間をかけて相手の様子をよくチェックしましょう。

焦ってもいいことはありませんよ。

自分から告白してしまった場合は強烈な展開になる場合も

もし、自分から告白した女性がストーカー女であることが発覚した場合はとても大変なことになってしまう可能性があります。

「私のこと、好きって言ったじゃない!」と告白されたという事実で自信や妄想を助長していくので、いくら「告白をなかったことにしてくれ」「これ以上付きまとわないでくれ」と懇願しても受け入れてもらえることはないでしょう。

告白するときは、必ずストーカー女でないことの確信が持ててからにしましょう。

ストーカー女には注意!

いかがだったでしょうか?

目を付けられてターゲットにされるととても面倒で恐ろしい目にあうことがお分かりいただけたことかと思います。

とても自己中心的で妄想力が強く、自分の気持ちしか考えられないような女性なので、どれだけ見た目が美しくてもお付き合いできるような人ではありません。

勝手に人のプライベートを暴き荒らして、周囲をひっかきまわすような女性とは関わらない方がいいでしょう。

ストーカー女を刺激しすぎると事件に発展することもあるので、取り扱いにはかなり慎重にならないといけません。

ストーカー女に引っかからないためには、事前によくストーカー女の特徴を理解して、怪しい女性とは距離を取るようにしましょう。