今の時代は非常にグローバルな時代に変化しており、様々な場面でそれらを実感できる場面が存在しています。

例えば、日常生活の中においても、海外の有名な製品などに触れたりする機会なども圧倒的に多くなっていますよね。

それ以外にも、ビジネスの場面においてもグローバルな時代だからこその変化というものが存在しています。

例えば、ビジネスの場面で用いる言葉などに関しても、グローバルな時代の影響を受けて、英語を用いたりするようなことなどもとても増えています。

もちろん自分自身が携わっている職種などによって左右される部分もあるかもしれませんが、ビジネス用語などを用いる会社などは徐々に増えています。

IT関係の仕事であったり、金融関係、そのほか一部コンサルタントなどの職業についている方などはグローバルなビジネス用語を用いることなどは比較的多いと思います。

しかし、今後そのほかの職種などに関しても用いる頻度などは高くなってくる可能性があります。

それほどビジネス用語などに関しては広く浸透している傾向にあります。

だからこそ、早い段階でビジネス用語やグローバルな存在である英語などはある程度理解を進めておく必要性があります。

実際に私たちが住んでいる日本においても必修科目として英語を取り入れている学校などは多いですし、英語を学びたいと思う人なども増えています。

そこで、今回は簡単な英語でありながら、広い意味を持っている英語であるポジションをテーマにして、ポジションという言葉の意味や使い方などをご紹介していきます。

とても簡単な言葉ではありますが、理解していくと広い意味を持っている言葉であると考え直される言葉でもありますので、この機会に深く理解してみましょう。

️ポジションってどんな時に使ってる?

あなたは普段日常的にポジションという言葉を用いたりすることはありますか?

おそらく毎日使うという方はあまりないかもしれませんが、それでも全く使わないという方はあまりいないと思います。

それくらいポジションという言葉は広く一般的に浸透されている言葉でもあります。

では、もしもポジションという言葉を使うのであれば、どのような場面で具体的にポジションという言葉を用いるのでしょうか。

一般的に考えて、ポジションという言葉はスポーツの時に使用される場面がほとんどだと思います。

なぜならば大抵のスポーツの場合、ポジションというものが存在しており、そのポジションはスポーツをする場面においてとても重要性が高いものであるからです。

なので、ポジションという言葉はスポーツなどに面において非常に高い確率で用いられた李するということになります。

しかし、ポジションという言葉はスポーツの場面だけ用いられるような言葉でもありません。

スポーツ以外の場面でも様々な場面で用いられたりする利便性が高い言葉です。

具体的にはビジネスの場面においてもポジションという言葉を用いられたりする可能性というのは十分に考えられます。

それを踏まえて考えてみるとポジションという言葉は単にプライベートだけで用いられる言葉でもなく、ビジネスの場面でを用いられるビジネス用語としての側面を持ってます。

だからこそ、広い意味を持ち、広い使い方ができるポジションという言葉を今一度改めて認識し、様々な場面で使用できるように知識を深めていただきたいと思います。

ポジションのそれぞれの意味をチェック


先ほども伝えた通りポジションという言葉は様々な場面で用いることができる利便性が高い言葉であるとご紹介しました。

おそらくポジションという言葉に関しての意味がわからないと感じてる方はあまりないと思います。

それぐらいポジションという言葉は私たちにとっても身近な言葉であり、簡単に用いることができるような意味合いがあると考えることができます。

しかしながら、様々な場面で用いることができるということは様々な意味を持っていると考えることもできますよね。

つまり、考えてみるとそれぞれの場面において若干ながら意味が異なってくる可能性があると考えることができるということです。

そこで、今回はポジションという言葉がどのような場面で使用することができ、それぞれの場面においての意味はどうなるのかということに着目していきたいと思います。

同じような意味ではありますが、若干の違いが存在するからこそ、正しい使い方や正しい意味を理解することが必要になります。

今回を機に、間違った意味の使い方をしないで、正しい意味の使い方ができるように、改めてポジションという言葉について知ってみましょう。

️ポジションの意味いろいろ

ポジションという言葉を知っていただくためには、まずはどのような意味を持っているのかということを正しく理解する必要性があります。

また、そもそもポジションという言葉はどのようなところからやってきたのかということについても理解をしておく必要性があります。

大抵の方であれば、ポジションがどのような意味を持っていたりもともとどういう言葉から使われるようになったのかということなどは知っていると思います。

しかしながら、人によっては正しい認識を持っていない場合などもありますので、まずは間違った認識を持たないように正しい認識を持っているか確認する必要性もあります。

ここで間違った認識を持っていた場合、すべてにおいて間違った使い方をしている場合なども考えられますので、まずは改めて意味、語源を理解するところから始めましょう。

英語の「position」

元々ポジションという言葉に関しては英語である「position」という言葉から生まれた言葉だと言えます。

ポジションという言葉を考えてみてもすぐに分かると思いますが、あからさまに日本語ではなく外国語であるカタカナで使用されている言葉なので、すぐに気付けると思います。

この英語の「position」からポジションという言葉が生まれており、それから日本でも定着し、当たり前に使われるようになりました。

しかし、英語で使われている意味と日本で使われている意味を考えてみると、実は大きな違いがある可能性などもあるのです。

それを踏まえて考えてみると、海外で使用されている場合と、日本で使用されている場合の違いをある程度把握しておく必要性があります。

もしも間違った認識のままだと、海外の方と会話をするときに大きな誤差が生じてしまうようになります。

なので、まずはもともとの英語の意味ではどのような意味がある言葉なのかということを考えていきましょう。

意味は場所や位置のこと

「position」という言葉のもともとの意味としては「場所、位置、所在地」という言葉の意味が存在しています。

この意味についてはおそらく多くの方が違和感なく受け入れることができる意味であると考えられます。

一般的にこのような意味で用いられていることが多く、実際にスポーツなどの場面においても位置や場所という意味で使用されています。

なので、この意味に関しては簡単に理解できると思いますが、実はビジネス用語として用いられる場合の意味としては若干異なっています。

ビジネス用語としてポジションという言葉を用いる場合、実は位置や場所という意味ではありますがもっと具体的な細かい意味が存在している場合があります。

例えば、金融関係の業界などの場合はポジションという言葉は全く異なった意味が存在している言葉の変化するようになります。

金融関係の業界の場合はポジションという言葉は様々な取引などにおいて売買を行い決済していないものを意味していたり、その状態にあるものを指しています。

つまり、同じポジションという言葉でも若干異なった意味が存在している言葉であるということになります。

なので、ポジションという言葉一つだけで様々な意味合いを持っているということを改めて考えるようにしてみてください。

️スポーツのポジション

ここまではポジションという言葉がどのような意味を持っている言葉なのかということについてご紹介していきました。

私たちが日常的に使っている基本的な意味合いの場合もあれば、業界によっては若干ながら専門的な意味を持っているという場合もあるということがおわかりいただけたと思います。

ポジションという言葉についての見識がさらに深まっところで、ここからはスポーツにおけるポジションという言葉について考えていきたいと思います。

先ほども伝えした通りポジションという言葉に関してはスポーツの場面において比較的多く用いられることが多い言葉でもあります。

では、スポーツの場面でポジションという言葉を用いるとき具体的にどういう意味合いで用いられるのかということについて考えていきます。

これまでにスポーツをしたことがある経験がある方ならば考えるまでもないかもしれませんね。

しかしながら、場合によっては若干のイメージの違いなどもある可能性がありますので、この機会に改めてスポーツにおけるポジションの考え方を身に着けてみてください。

選手のそれぞれの定位置

スポーツにおいてポジションという言葉を用いる場合、基本的にはそのスポーツに関わる選手たちのそれぞれの定位置のことを指し示している場合が主です。

スポーツの中には個人で行うスポーツもあれば、複数の人間が組み合わさってチームになり、チーム同士で戦うようなスポーツなどもあります。

個人競技であればあまりポジションという言葉は使わないかもしれませんが、チーム同士での競技の場合はかなり頻繁に用いられるようになります。

なぜならば、チームのような大人数で行うスポーツの場合、大抵選手のポジションなどがわりあてられている場合がほとんどだからです。

例えば、野球であったりサッカーなどのチームで行うようなスポーツを想像してみてください。

それぞれのチームの中にはそれぞれのポジションについている選手たちが存在するはずです。

その逆に陸上などに関してはポジションという物自体あまり存在しないようになりますよね。

こうして考えてみるとやはり、複数の人間が組み合わさってチームになって戦うスポーツはポジションが存在すると考えることができます。

そして、それぞれの競技ごとによってポジションというものはある程度定められているということもすぐに想像できるはずです。

それを踏まえて、スポーツの中でも比較的人気の高いスポーツでポジションが存在するものをまとめてご紹介していきたいと思います。

この機会に改めて、人気のスポーツにはどのようなポジションが存在しているのかということを把握するきっかけにしてみてください。

野球の選手の守備位置


スポーツの中で比較的人気が高い存在として野球が挙げられます。

野球は私たち日本人にとって国民的なスポーツと言っても過言ではないくらいたくさんの方に浸透しているスポーツです。

学校の授業の中でも野球に似たソフトボールなどを行ったりすることがあると思いますので、野球を知らないという方はまずいないはずです。

改めて野球とはどのようなスポーツなのかご紹介すると、ボールとバットを使って得点を稼ぐ行きその得点によって勝敗を決めるスポーツです。

野球に関しても複数人が集まってチームとなり、チームで戦うスポーツになりますので、当然ながらポジションというものが存在しています。

野球においてポジションは非常に大事な存在であり、このポジション選びが失敗してしまうと勝敗が分かれてしまうほど重要になります。

では野球にはどのようなポジションが存在するのでしょうか、簡単にポジションの種類をご紹介していきたいと思います。

野球のポジションの種類

野球のポジションにおいては様々なポジションが存在しており、それぞれのポジションについた人間がそれぞれの範囲を守るようになっています。

例えば、ファースト、セカンド、サードなどは塁を守り、内野を守るポジションであり、そのほかにもショートなどが存在しています。

また、外野を守るポジションとしてはライト、センター、レフトなどが存在しています。

そして、球を投げるピッチャー、そして球を受け取るキャッチャーが存在しており、それぞれがそれぞれの守備範囲を持っており、役割が決められています。

これらのポジションが野球におけるポジションであり、求められる役割なども変わってくるようになります。

サッカーの選手の役割

次にご紹介するポジションが存在しているスポーツとしてサッカーが挙げられます。

サッカーに関しても野球と同様にたくさんの人に親しまれている国民的スポーツとして考えることができます。

サッカーに関しても学生の体育の授業なので用いられたりすることが当然ながらありますので、経験したことがないという方がほとんどいないと思います。

サッカーはどのような競技なのかと言いますとサッカーも野球と同じで球技に該当しています。

しかしながら野球と違ってサッカーは玉を手を使わずに蹴りながら相手のチームのゴールを奪い、その得点を競うというスポーツになります。

当然ながら相手の得点を奪うということは自分たちのゴールも責められるということになりますので、守らなければいけません。

つまり、野球と同様にそれぞれのポジションについている人間がそれぞれの守備範囲を全うしなければいけないということになります。

また、野球とは違って攻撃と守備というものがそれぞれシーンごとに分かれているようなものではないので、求められる役割なども全く異なる役割になります。

相手のゴールを奪うことを役割としている人間もいれば自分たちのゴールを守るという役割の人間もいるため、非常に機敏な動きが求められるようになります。

それを踏まえた上でサッカーにはどのようなポジションが存在しているのかということについてご紹介していきたいと思います。

サッカーのポジションの種類

サッカーのポジションにはどのようなポジションが存在しているのかということを考える前に、まずはポジションを大別する要因を考える必要性があります。

先ほどもお伝えしたようにサッカーは野球と違って、攻撃と守備を同時に行いながらゲームを進めていかなければいけません。

野球の場合は攻撃の前は攻撃と決まっていますが、サッカーは自分たちで状況を理解しすぐに求められる行動を行わなければいけない難しさが存在しています。

しかしながらサッカーのポジションに関してはある程度大別することができる要因が存在しています。

どういうことかと言いますと、サッカーのポジションはフォワードとディフェンスに分けることができます。

フォワードはその名前の通り相手のゴールを奪うこと役割としているポジションであり、ディフェンスは守ることを役割としているポジションです。

フォワードはセンターフォワード、セカンドトップ、ウィング、ミッドフィルダー、サイドハーフ、ボランチなどが存在しています。

そしてディフェンスはセンターバック、ストッパー、スイーパー、リベロ、ゴールキーパーなどが存在しています。

野球と同様にそれぞれのポジションによって名称などが異なってくるようになりますので、覚えなければいけないポジション名がとても多いです。

また、それぞれの役割なども大きく分かれ、機敏な動きが求められるので、とても難しく複雑であると考えることができます。

バスケの選手の役割

次にご紹介するポジションが存在しているスポーツとしてバスケットボールが挙げられます。

バスケットボールに関しても体育の授業で行ったりすることがありますので知らない方はいないと思います。

バスケットボールはどのようなスポーツなのかと思いますとその名前の通り、バスケットボールを使って相手のゴールを奪うことを目的としているスポーツです。

具体的にはバスケットボールを手を使って移動させていき、相手のゴールを狙ってボールを籠の中に入れるスポーツとして知られてます。

バスケットボールに関しては先ほどご紹介したサッカーや野球と比べてチームの人数が少ないことでも知られてます。

しかしながらチームの人数が少ないということはそれぞれの求められる役割を最大限に発揮させなければいけないという難しさも存在しています。

それを踏まえた上でバスケットボールにはどのようなポジションが存在しているのか具体的にご紹介していきたいと思います。

バスケのポジションの種類

バスケットボールに関してはポジションは野球やサッカーと比べるとどちらかといえば少ないポジションになっています。

しかしながら、その分求められることなども多くなりますので、とても難しい競技になります。

バスケットボールにはポイントガード、シューティングガード、スモールフォワード、パワーフォワード、センターのポジションが存在しています。

ポイントガードはチームの中の司令塔のポジションであり、オフェンスに対して指示を出したりフロントコートまでボールを運ぶ役割があります。

シューティングガードに関しては積極的にスコアを狙いにいく役割があり、ポイントガードの補佐的な役割も求められるようになります。

そしてスモールフォワードに対してはスコアを積極的に狙いに行く必要性があり、相手にぶつかりながらシュートを決めたりする積極的さが必要になります。

そしてパワーフォワードは体を張ったポストプレーなどが必要であり、強いフィジカルを持った人間が選ばれるようなポジションでもあります。

そして最後にセンターはゴールした付近で体を張ったプレーを求められ、高いディフェンス能力を持っている人間が選ばれるポジションとして知られてます。

この世にそれぞれのポジションによって求められる役割や体格なども全く異なるようになります。

野球やサッカーと違ってそれぞれの体格なども求められるということになるので、シビアなポジション選びが必要なスポーツとして考えることができます。

️仕事でのポジション

ここまではスポーツにおけるそれぞれのポジションなどについて詳しくご紹介していきました。

ある程度スポーツにおけるポジションの意味合いについて理解いただけたところで、ここからは仕事でのポジションなどについてご紹介していきたいと思います。

ポジションと言うとどうしてもスポーツが一番初めに頭の中に浮かんだりすると思います。

しかしながらポジションはスポーツだけではなくビジネスの場面においても用いられたりすることもあります。

では、一般的に考えて仕事でのポジションという言葉はどのような意味を持っているのか、詳しくご紹介していきたいと思います。

企業の中での役職

仕事でのポジションとはどのような意味合いになるのかと考えてみるとそれは企業の中での役職が該当すると考えることができます。

社会人として今現在活躍している方であれば役職がどのような意味を持ってるのかということくらいはすぐにわかると思います。

しかしながら人によってはまだ社会人の経験がない方もいらっしゃると思いますので役職についてわからないと感じる方もいるかもしれませんね。

役職とは一般的に役目や職務のことを指し示しており、簡単に言えば管理職のことを意味している言葉です。

企業の中には様々な役職が存在しており、それぞれの求められる役割なども全く違ってきます。

では企業の役職の中にはどのような役職が存在しており、どのような役割を求められるのでしょうか。

簡単に企業の役職などについてご紹介していきますので、まだ社会人経験のない方は特に役職とはどのようなものなのか、理解してみましょう。

顧問

まずはじめにご紹介する企業の中での役職として「顧問」が挙げられます。

顧問とはどのような存在なのかといいますと、顧問とは「ある組織に関与し意思決定を行う権限を持たないが意見を述べる役職、または役職についている人間」のことです。

意思決定を持っていないにしても意見を述べることができるということを考えてみると、企業の中ではそれなりに力を持っているポジションであると考えることができます。

普通に考えて企業の方針に対して意見をすることができる人間やポジションというものはかなり地位があると考えることができます。

大抵の場合は栄誉職のような存在が多く、これまでの様々な実績を残してきた方や社長などを経験した人間、もしくは第一線を退いた会長などが就くポジションです。

また、顧問という名前以外にも相談役という名前もあり、それぞれの企業によって呼び名などは若干ながら変化する可能性があるポジションでもあります。

代表取締役

次にご紹介する企業の中での役職として「代表取締役」が挙げられます。

おそらく企業の中の役職の中ではかなり認知度が高い存在であると考えることができます。

社会人経験がない方に関しても代表取締役という言葉は聞いたことがあるくらいに有名な役職のひとつだと考えられます。

では代表取締役とはどのようなポジションなのかということ考えてみると、代表取締役とは株式会社を代表する権限を有している取締役のことを意味しています。

代表取締役は意思決定機関である株主総会や取締役会の決議に基づいて関心を代表して契約などの行為を行うことができる存在です。

また日常業務については取締役会からその決定経験が移譲されていると考えられ自ら決定なども行いに執行することができる存在です。

かなり難しく感じるかもしれませんが簡単に言えば会社の中でのトップだといっても過言ではないくらいのポジションであると言えます。

会長

次にご紹介する企業の中での役職として「会長」が挙げられます。

会長は企業の中でどのようなポジションにあるのかといいますと、一般的には株式会社の業務執行を監督する議長に与えられる役職名として知られています。

企業によっては株式会社の業務執行ラインのトップも兼ねることもあるなど、かなり上のポジションに位置していると考えることができます。

専務

次にご紹介する企業の中での役職として「専務」が挙げられます。

専務はどのようなポジションとして位置づけられているのかというと、会社の意思決定なのにおいて社長補佐したり会社の管理が監督業務を行うポジションになります。

もう少し分かりやすく説明すると社長が不在の時に社長業務の代行などを行ったりするような役割などを持っている考えることができます。

もちろん会社によって役割などは若干ながら相違が生まれるようになっていますので、必ずしもそうであるとは限りません。

しかしながら専務は後ほどご紹介する常務よりも上の立場として認識されている場合も多く、かなり地位が高い役職であると考えられます。

常務

次にご紹介する企業の中での役職として「常務」が挙げられます。

常務はどのようなポジションとして位置づけられているのかというと、常務は日常的な業務執行を行いつつ、経営幹部として社長を補佐する役割を持っているポジションです。

具体的には意思決定と業務執行の両社の橋渡しのような役割を持っている存在であると考えることができます。

そして、先ほどもお伝えした通り常務は専務よりも下の立場に位置されていることが多く、
どちらかといえば社長に近いのは専務であり、常務は役員であるとされています。

なので、常務はあくまで幹部というポジションとして位置づけられている場合が多いということを覚えておいてください。

その他にも多くの役職がある

企業の中の役職というポジションに関しては想像以上に様々なポジションが存在しています。

今回ご紹介したポジションに関してはあくまで企業の中のトップクラスに位置しているようなポジションばかりです。

実際には様々なポジションが存在しており、部長や次長、課長、課長代理、係長、主任といったような一般的な役職なども多く存在しています。

なので、あくまでご紹介した役職は一握りのポジションであるということを覚えておいてください。

また、会社によって呼び名なども変わっているものなども多く存在しており、最近では外資系企業などではCEOなどという名称が使われる場合などもあります。

なので、役職名などは会社によって大きく左右されますし、その種類も増えているということを併せて覚えておくとより役職というポジションについて理解できるはずです。

社会人経験が長くなると様々な立場役職に身を置いている人間と関わるようになります。

なのである程度の役職などに関しては知っておく必要性がありますので、早い段階で覚えておくようにしてください。

️あなたや周りの人はどんなポジション?

今回はポジションをテーマにして、ポジションという言葉の意味や使い方、そして様々な場面においてのポジションをご紹介していきました。

ポジションという言葉は普段から耳にしたりするような言葉ですが、様々な場面で様々な異なったポジションが存在するということがお分かりいただけたと思います。

ポジションという言葉について深く理解いただけたと思いますので、改めて自分の周りにはどのようなポジションが存在しているのかということを考えてみてください。

きっと様々なポジションが存在していると思いますが、このように様々な場面で今までとは違った見方をしてみると、見識を深めることができるようになるはずです。

そうすることによって自分自身の知識をどんどん増やしていくことにもつながりますし、広い視野で物事を見たりすることができるようにもなります。

それは必ず自分自身を成長させてくれるようになり得ると言えますので、これからも様々なきっかけを活用して、自分自身を高められるようにしてみてください。