友達がいない高校生は、どのような特徴があるのでしょうか?

普段、仲が良さそうに友達と群れている高校生でも、ふと見たときにひとりでいることが多い…。

など、男子と女子で友達がいない高校生の特徴も変わってきます。

今回は、そんな友達がいない高校生に焦点を当て、男女別に解決方法をご紹介していきます。

心を許した友達がこれまでになかった人も、ぜひこの記事を参考に、親友と呼べるような素敵な友達ができるといいですね。

️友達がいない高校生19個の特徴

友達がいない高校って、まわりからも浮きやすく、恥ずかしい存在になりますよね。

そんな友達がいない高校生の特徴って、どんな特徴があるのでしょうか?ここでは、そんな友達がいない高校生の特徴についていくつかお伝えしていきます。

あなたが、友達に思い描く様々なことや、自分が1人になってしまわないための対処法などをご紹介していきます。

友達がいない高校生の特徴を知り、その対処法を1つずつ考えていけるようになるといいですね。

ひとりで登下校

ひとりで登下校している高校生を見ると、友達がいないように感じられてしまいます。

しかし、来る方向や帰る方向に友達がいない場合もあります。

もし、友達がいても仲良くなるようなコミニケーションの取り方がわからなかったり、なかなか自分から声をかけて誘うことができない場合に、ひとりで登下校していることも考えられます。

また、ひとりでいることが楽な場合、ひとりで登下校していることが気を使わず、癒しの時間になっていることも考えられます。

ペアでひとり余る

ペアになった時に、1人余る存在になる場合、もしかしたら友達がいないのかもしれません。

もしくは、譲りすぎて1人になってることも考えられます。

お人好しすぎることで、結果自分が損をしてしまったり、端を書いてしまったりすることもあります。

このような場合、積極的に友達の話に参加をしていき、1人になってしまうことがないように、ペアではなく3人で取り組めるようなことにチャレンジしていってみましょう。

暗いイメージ

友達がいない高校生のイメージは、ちょっとネガティブなイメージや暗いイメージの人が多いように感じます。

まずは、自分の意識改革から始めていきましょう。

プラス思考やポジティブなことを常に頭の中に描き、暗いイメージを少しずつ排除していきましょう。

暗いことや、悲しいこと、マイナス思考等は思わず表情に出てしまうことがあります。

このようなことが出てしまうと言う事は、常に心の中をマイナス思考が回り続けていることになります。

暗いイメージを取り払うには、やはりポジティブなイメージを持つことが肝心だと言えるでしょう。

自分の意見が言えない

相手に気を使いすぎて、なかなか自分の意見が言えない場合、友達がいなくなってしまうことが考えられます。

また、自分の意見が言えないことでストレスを感じてしまっていることもありそうですね。

相手のことを思い自分の意見をなかなか言わないのは相手のことを思っていることにつながるかはわかりません。

相手のことを思うのであれば、自分の意見もはっきりと言える友達関係が良いのではないでしょうか?

どもる

と思ってしまう人の場合、過去に何らかの傷やトラウマがある人が多いのです。

どもることに対して、周りははやし立てたりしない方が良いのですが、特に高校生の場合、こういった欠点は笑いのネタにされてしまうこともあります。

このようなことからどもる部分が原因で友達がいなくなることも考えられます。

どもる原因は頭の回転の速さが早すぎることと、早口で喋ろうとしてしまうことが特徴になります。

そのため、賢い人に多いと言われています。

どもる原因をよくわかったことで、ゆっくりと話し始めることを心がけてみてください。

休み時間席に座ったまま


休み時間になっても席を移動しない場合、一人ぼっちになってしまうことが考えられます。

いつも友達が来てくれる人の場合、昔男子事はありませんが、休み時間になっても1人で座ったままでいる姿は、やはり友達がいない姿に見えてしまいます。

1人で居るのが楽なのか、それとも本当に友達がいないのかその心はあなたはよく知っているはずですよね。

会話が下手

会話が下手なことで、周りの友達と合わせることができず、また周りの友達に合わせることがストレスになってしまっていることも考えられます。

このように、会話が下手になってしまうことで自分になかなか自信が持てず、またうまい話ができないところもポイントになります。

内気で消極的

内気で、消極的なところはやはり自分に自信のないことの表れに見えてしまいます。

特に、高校生の場合自分が1番になりたいと言う気持ちも前面に現れてきます。

そのため、内気で消極的な人を見ると、「ネクラ」「きもい」などとマイナスのキーワードが飛び出してしまいます。

このことを周りの友達が聞きつけることで、内気で消極的な性格はさらに殻に閉じこもってしまうことが考えられます。

内気で消極的な部分はあなたの弱いところではありません。

自分に自信を持ち積極的になることを心がけていくことで、内気で消極的な部分は消していくことができるのです。

基本的に弱腰

基本的に弱腰の場合、周りの友達からはチキンハートと言われてしまうこともあります。

しかし、基本的に弱腰でも、平和主義なところがあります。

また、人との喧嘩を嫌い、平和に穏便に過ごせていけることを望んでいる姿でもあります。

そのため、強気で出れない部分を見て、周りは弱いと非難することもあり、なかなか本性を出すことができないのかもしれません。

このように、基本的に弱腰になってしまうことからうまく友達ができない状況に陥ってしまうことも考えられますよね。

トイレでご飯を食べる

1人でトイレでご飯を食べている場合、いじめられていることも考えられます。

また、1人でご飯を食べている姿をチラチラ見られ、「あの子また1人でご飯食べてるよ…。」などと思われてしまわないように、どこか個室でご飯を食べたい気持ちになるのかもしれません。

しかし、先生にそのような話をすることもできず、仕方なくトイレでご飯を食べている様子はなんともかわいそうですよね。

そんな友達を見かけた場合、教室で一緒にご飯に誘ってあげられる心優しい天使のような友達がいるといいですよね。

人の顔色を伺う

いつも、人の顔色伺ってしまうところは、相手を心地よくさせてあげたい気持ちから来ることなのですが、相手にとっては人の顔色を伺う様子は、嫌われたくないのかな?なんて思ってしまうこともあります。

そんな繊細な部分に気がつけない高校生は案外多いものなのです。

このようなことから人の顔色を伺ってしまう人に対して、逃げ腰や弱腰など、馬鹿にした言い方になってしまうことも考えられます。

人の顔色を伺うのは、弱いのではなく繊細な気持ちがあるからこそ相手の気持ちを組みたいと考えることから行ってしまうことになっているのです。

目線が下気味

いつも目線が下を向いていることから、暗い印象になってしまうことが考えられます。

こういった場合、上を見て明るい笑顔で接するだけで、がらりと周りの雰囲気も変わります。

あなたがいつも下を見て暗い印象になってしまっているため、損をしていることも考えられます。

うつむき加減から、上向き加減に方向転換していきましょう。

校外では意外と明るい


学校に苦手意識を持ってしまっている人の場合、学校では暗い印象になりがちですが、校外では意外と明るい一面を見せていることも多いようです。

学校内では、高速に縛られ友達のしがらみやみんなと群なければいけない気持ちから息苦しさを感じている人も多くいる事でしょう。

しかし、1歩外に出ることでそのストレスから解放されたかのように明るくなる高校生も多くいることから、高校生活の大半がストレスになってることも考えられるのです。

理屈っぽい

高校生なのに理屈っぽい人は、やはり一人ぼっちになりやすいことが考えられます。

基本的に、高校生は頭で考えるより行動を起こしたい気持ちになりやすいことから、理屈っぽさが苦手と思われるところがあります。

確かに、理屈っぽい面で世論を言われてもなかなか受け入れ難い気持ちになることは確かです。

ちょっと大人びた意見や理屈っぽい人に対しては「あいつとは意見が合わない。」「あいつ何考えてるかわからない。」などと言われて終わってしまうことでしょう。

人を見下している

人を見下してしまっている発言や、人を見下す態度は、やはり見る人悪い印象にさせてしまいます。

自分自身がきちんとできているにしても人を見下す事はしてはいけません。

人を見下してしまっていることで、あなた自身の価値を下げ人を突き放していることを忘れないで発言してくださいね。

厨二病を引きずっている

厨二病とは、別名中2病ともよばれ中学校2年生頃のような思春期の状況を表す言葉になります。

特に、精神的な疾患があるわけでもなく治療が必要な場合があるわけでもありません。

いわゆる、いきがっているような状況なのかもしれません。

できもしないことを大きい口を叩いてみたり、まだまだ中学校の頃の感覚が抜けきっておらず落ち着きのない様子などを表している場合もあります。

この場合は、苦労を重ね精神的に大人になるしか方法はありません。

自己中心的

高校生になり、自己中心的な部分が出てくる人も多くなることでしょう。

しかし、自己中心的な部分が強く出すぎてしまうことで周りから叩かれる日にもなります。

自分の自己主張もほどほどに、自己中心的な振る舞いはできるだけ避けるようにしていくおきたいところになります。

オタク気質

高校生になるにつれ、様々なものが好きになりそこが吐出してしまうとオタク気質に返信してしまいます。

特に、オタク気質が強い人の場合、周りから浮いてしまうことも考えられますので、周りとの幅を合わせるように周りの人と接していくことがポイントになります。

人の話を聞かない

人の話を聞かない様子は、自己中の次に嫌われる要素になります。

自己中は人に迷惑をかけますが、人の話を聞かない人は人に迷惑をかける事はありません。

しかし、相談に乗ってもらっていたにもかかわらず人の話を聞いていない人を見ると、がっかりした、残念な気持ちになってしまう事は免れません。

このようなことから、高校生の場合裏切られたと感じる人も多いのではないでしょうか?

️男女別!友達がいない高校生の解決策

それではここからは、男女別に友達がいない高校生の解決策を探っていきたいと思います。

️友達がいない男子高校生編

友達がいない男子高校生について、さらに詳しく掘り下げて調べていきましょう。

協調性を高める

友達がいない男子高校生の場合、ひとりでいることが楽な人も含め、協調性を高める行動をとっていきましょう。

協調性を高めることで、周りの人と歩幅を合わせやすくなり、また作業の円滑が可能になります。

社会に出てからもこのようなことが求められますので、ぜひ高校生のうちに体験経験しておくといいですね。

明るく元気になる

これまで、暗い印象だった人は、これを機に明るく元気になってみてはいかがでしょうか?明るく元気に振る舞ることで、一気に友達が増えることも予想されます。

明るく元気な男の子は、男性のみならず女性からモテるポイントになりますよ。

自分の長所を見つける

自分の長所を見つけることで、その良いところを伸ばし続けていきましょう。

悪いところは一定のレベルまで持ち上げることができます。

しかし良いところを伸ばし続けていくことであなただけにしかない才能を開花することができるのかもしれません。

【自分の長所を見つけるには、こちらの記事もチェック!】

️友達がいない女子高生編

ここからは、友達がいない女子高生編についてお伝えしていきます。

人を褒める

まずは、人の顔色伺うのではなく人を褒めてみることに集中してみましょう。

人を褒めることで人の良いところを探そうとします。

人の良いところをたくさん見つけることで、あなたもポジティブ思考になるかもしれません。

おしゃれを勉強する

おしゃれを勉強することで、素敵な女子高生になりましょう。

おしゃれで素敵な女子高生になることで自然とあなたの周りに女友達が集まってくることになりそうです。

またおしゃれなことで楽しい会話をすることもできそうですよね。

笑顔を忘れない

常に笑顔忘れずに接していきましょう。

笑顔忘れ暗い女子高生になってしまうことで、ネガティブな印象になります。

爽やかでかわいらしい顔振りまける女子高生になっていきましょう。

️友達をつくるためには男女共に自信を持つことが大切

いかがでしたか?

友達を作るためにあなたなりの試行錯誤を繰り返していきましょう。

努力をすれば必ず友達ができます。

素敵な友達を作ることができればいいですね。

【自分に自信を持つには、こちらの記事もチェック!】