CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

友達がいない高校生の特徴14個。男女別で解決法を紹介


友達がいない高校生は、どのような特徴があるのでしょうか?

普段、仲が良さそうに友達と群れている高校生でも、ふと見たときにひとりでいることが多い…。

など、男子と女子で友達がいない高校生の特徴も変わってきます。

今回は、そんな友達がいない高校生に焦点を当て、男女別に解決方法をご紹介していきます。

心を許した友達がこれまでになかった人も、ぜひこの記事を参考に、親友と呼べるような素敵な友達ができるといいですね。

この記事の目次

️友達がいない高校生14個の特徴

では実際に友達がいない高校生の特徴って、どんな特徴があるのでしょうか?

ここではそんな、友達がいない高校生の特徴についていくつかお伝えしていきます。

あなたが友達に思い描く様々なことや、自分が1人になってしまわないための対処法などもご紹介していきますよ。

1.暗いイメージ

友達がいない高校生のイメージは、暗いイメージやネガティブなイメージの人が多いかもしれません。

それは外見にも表れます。

前髪が顔にかかって表情が見えなかったり、下を向いていて相手と目を合わせなかったり、いつも無表情で笑顔を見せない人が多いでしょう。

そんな人は、まずは自分の意識改革から始めていきましょう。

プラス思考やポジティブなことを常に頭の中に描き、暗いイメージを少しずつ排除していくのです。

暗いことやマイナス思考は、思わず表情に出てしまうことがあります。

このようなことが表情に出てしまえば、暗いイメージを持たれてしまっても仕方ありませんよね。

暗いイメージを取り払うには、やはりポジティブなイメージを持つことが肝心だと言えるでしょう。

また、顔が見えるように髪型をサッパリさせて清潔感を出すだけでも印象はがらりと変わります。

髪型や服装、メイクなども明るく見えるようなものを取り入れましょう。

2.自分の意見が言えない

相手に気を使いすぎて自分の意見が言えない場合、なかなか友達ができないかもしれません。

自分の意見が言えないことで、人間関係にストレスを感じてしまう人もいますよね。

そうなれば、人との関わりを自ら避けてしまうようになるでしょう。

もし相手のことを思い自分の意見を言わないのであれば、それは相手のためになるとは限りません。

本当に相手のことを思うのであれば、自分の意見もはっきりと言えるのが良い友達関係なのです。

「私はこう思うけど、◯◯ちゃんはどう?」といったように、少しづつでも自分の意見を言うことに慣れていくようにしましょう。

3.相手の目を見て話すのが苦手で、目線が下気味

相手の目を見て話すのが苦手な人は、どこを向いて良いのかわからずに目線がいつも下気味です。

相手の目を見て話すのは緊張するという人は、少し目線を下げて相手の鼻の付け根あたりを見ると良いかもしれません。

そうすれば目を直視せずとも会話ができ、暗い印象も払拭されるでしょう。

また、できるだけ上を見て明るい笑顔で接するだけで、がらりと周りの雰囲気も変わります。

堂々とした印象を与えるためにも目線を上げてみましょう。

4.会話が苦手

会話が苦手なことで、周りの友達と合わせることができず、それがストレスになってしまっている人もいるでしょう。

また会話が苦手な人は自分に自信が持てずにいるため、なかなか友達ができにくいのかもしれません。

最初のうちはコミュニケーションをとらなければお互いを知ることができず、友達になるのは難しいですよね。

相手が話しかけてくれているのに、「うん」「そうだね」だけしか言えないという人は、相手にも同じ質問をしてみると良いでしょう。

例えば、「昨日の宿題やった?」と聞かれたら、「うん、◯◯ちゃんは?」だけでも良いのです。

相手に話しをふることで、相手がおしゃべりな場合は自分の話しをどんどん話してくれます。

それに、質問を返すだけでも「自分に興味があるんだ」と思ってもらいやすいので、友達関係に発展しやすいはずです。

5.内気で消極的

内気で消極的な人も友達ができにくいかもしれません。

消極的な人は、自分から何かをしたり話しかけることが苦手なので、友達との関わりが持てません。

しかし、内気で消極的な人は、言い換えれば大人しいというだけで悪いことではありません。

積極的になりたいと思うのであれば、自分の行動を変えていくべきですが、大人しいというのは個性とも捉えることができます。

そう考えれば少しでも自分に自信を持つことができるのではないでしょうか。

それに学校にいるすべての人が積極的な人ばかりではないはずです。

そのような人たちが苦手な場合は、無理に関わる必要もありません。

大人しい自分の性格と合う友達は必ずいるはずです。

もし自分と似たような人がいる場合、勇気を持って話しかけてみるといいかもしれませんね。

6.基本的に弱腰

基本的に弱腰になってしまうことから、うまく友達ができない状況に陥ってしまうことも考えられます。

しかし、弱腰な人は人との喧嘩や争いを嫌い、平和に穏便に過ごせていけることを望んでいる姿でもあります。

強気で出れない部分を見て、周りは弱いと非難することもあるかもしれません。

ですが、それを気にしすぎてストレスになってしまうよりは、自分は自分だと自信を持った方が良いでしょう。

それをわかってくれる友達はどこかに必ずいるはずです。

7.人の顔色を伺う

嫌われたくないという思いから、人の顔色を伺いすぎてしまう人もいるかもしれません。

これは自分の意見が言えないことにも繋がります。

人の顔色を伺ってばかりいると、流されやすくなってしまったり、自分が思っていることをはっきりと言えなくなってしまいます。

そうなれば友達は一緒にいてもつまらないと感じてしまうため、離れていってしまうこともあるでしょう。

誰しも人の顔色を気にしてしまうことはあるので仕方ないことですが、自分の意見を押し殺してまでするのはよくありません。

まずは自分を大切にしましょう。

8.校外では意外と明るい


学校に苦手意識を持ってしまっている人の場合、学校では暗い印象になりがちですが、校外では意外と明るい一面を見せていることも多いようです。

家族や昔からの友達の前では、明るくてよく話す人も多いのではないでしょうか。

学校内では、校則に縛られ友達のしがらみやみんなと群なければいけない気持ちから、息苦しさを感じている人もいるかもしれません。

そんな人も、心から気の許せる友達を見つけることができれば、本来の明るい自分を出すことができるでしょう。

9.理屈っぽい

高校生なのに理屈っぽい人は、一人ぼっちになりやすいかもしれませんね。

高校生くらいの年齢だと、頭で考えるより直感で動いたり、友達同士でもノリを大切にすることから、理屈っぽい人は苦手だと思われることがあります。

ちょっと大人びた意見や理屈っぽい人に対しては「あいつとは意見が合わない。」「あいつ何考えてるかわからない。」などと言われてしまうかもしれません。

10.人を見下している

人を見下している発言や、人を見下す態度は、周りの人に悪い印象を与えてしまいます。

そうなれば友達はできませんよね。

自分自身がきちんとできているにしても、人を見下す事はしてはいけません。

人を見下してしまっていることで、自分自身の価値を下げ、人を突き放しているということを忘れないようにしましょう。

11.厨二病を引きずっている

厨二病とは、別名中2病ともよばれ、中学校2年生頃のような思春期の状況を表す言葉になります。

いわゆる、いきがっているような状況なのかもしれません。

できもしないことを大きい口を叩いてみたり、まだまだ中学校の頃の感覚が抜けきっておらず、落ち着きのない様子などを表します。

周りの人はどう対処していいのかわからないので、近付きたがらないでしょう。

12.自己中心的

高校生になり、自己中心的な部分が出てくる人も多くなることでしょう。

しかし、自己中心的な部分が強く出すぎてしまうことで、周りから距離を置かれてしまうこともあります。

自分の自己主張もほどほどに、自己中心的な振る舞いはできるだけ避けるようにしましょう。

13.オタク気質

オタク気質が強い人の場合、周りから浮いてしまうことも考えられます。

ですが、アニメオタクやアイドルオタクでも明るく振る舞っていれば、自然と友達はできるでしょう。

同じ趣味を持った気の合う友達も何人かはいるはずなので、そういう人には積極的に話しかけるといいかもしれませんね。

14.人の話を聞かない

人の話を聞かない様子は、自己中の次に嫌われる要素になります。

自己中は人に迷惑をかけますが、人の話を聞かない人は人に迷惑をかける事はありません。

しかし、相談に乗ってもらっていたにも関わらず人の話を聞いていない人を見ると、残念な気持ちになってしまいます。

友達の話はきちんと最後まで聞くようにしましょう。

️男女別!友達がいない高校生の解決策

それではここからは、男女別に友達がいない高校生の解決策を探っていきたいと思います。

️友達がいない男子高校生編

友達がいない男子高校生について、さらに詳しく掘り下げて調べていきましょう。

協調性を高める

友達がいない男子高校生の場合、ひとりでいることが楽な人も含め、協調性を高める行動をとっていきましょう。

協調性を高めることで、周りの人と歩幅を合わせやすくなり、また作業が円滑に進みます。

社会に出てからもこのようなことが求められますので、ぜひ高校生のうちから意識しておくといいですね。

明るく元気になる

これまで暗い印象だった人は、これを機に明るく元気になってみてはいかがでしょうか?

明るく元気に振る舞うことで、一気に友達が増えるはずです。

明るく元気な男子は、同性のみならず女性からモテるポイントになりますよ。

自分の長所を見つける

自分の長所を見つけることで、その良いところを伸ばし続けていきましょう。

悪いところは一定のレベルまで持ち上げることができます。

しかし良いところを伸ばし続けていくことで、あなただけにしかない才能を開花することができるのかもしれません。

そうすれば自分に自信を持つことができ、キラキラと輝いているあなたを見て、周りの人は友達になりたいと思ってくれるはずです。

【自分の長所を見つけるには、こちらの記事もチェック!】

️友達がいない女子高生編

では次に、友達がいない女子高生編についてお伝えしていきます。

相手を褒める

人の顔色伺うのではなく、人を褒めてみることに集中してみましょう。

人を褒めることで人の良いところを探そうとします。

人の良いところをたくさん見つけることで、あなたもポジティブ思考になるかもしれません。

褒められて嫌な気分になる人はいませんので、積極的に褒めていきましょう。

おしゃれを勉強する

おしゃれを勉強することで、素敵な女子高生になりましょう。

おしゃれで素敵な女子高生になれば、自然とあなたの周りに女友達が集まってくるでしょう。

またおしゃれに興味を持てば、周りの女子と楽しい会話をすることもできそうですよね。

笑顔を忘れない

常に笑顔忘れずに接していきましょう。

笑顔忘れ暗い顔になってしまうことで、ネガティブな印象になります。

何か話しかけられたら笑顔で返事をするだけでも印象は違います。

無表情だと怖い印象になってしまうので、毎日鏡の前で笑顔の練習をしてみてくださいね。

️友達をつくるためには男女共に自信を持つことが大切

いかがでしたか?

友達を作るためにあなたなりの試行錯誤を繰り返していきましょう。

努力をすれば必ず友達ができます。

素敵な友達を作ることができればいいですね。

【自分に自信を持つには、こちらの記事もチェック!】

ページトップ