CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

友達がいない高校生の特徴14個。男女別で解決法を紹介


友達がいない高校生は、どのような特徴があるのでしょうか?

普段、仲が良さそうに友達と群れている高校生でも、ふと見たときにひとりでいることが多い…。

など、男子と女子で友達がいない高校生の特徴も変わってきます。

今回は、そんな友達がいない高校生に焦点を当て、男女別に解決方法をご紹介していきます。

心を許した友達がこれまでになかった人も、ぜひこの記事を参考に、親友と呼べるような素敵な友達ができるといいですね。

️友達がいない高校生14個の特徴

では実際に友達がいない高校生の特徴って、どんな特徴があるのでしょうか?

ここではそんな、友達がいない高校生の特徴についていくつかお伝えしていきます。

あなたが友達に思い描く様々なことや、自分が1人になってしまわないための対処法などもご紹介していきますよ。

1.暗いイメージ

友達がいない高校生のイメージは、暗いイメージやネガティブなイメージの人が多いかもしれません。

それは外見にも表れます。

前髪が顔にかかって表情が見えなかったり、下を向いていて相手と目を合わせなかったり、いつも無表情で笑顔を見せない人が多いでしょう。

そんな人は、まずは自分の意識改革から始めていきましょう。

プラス思考やポジティブなことを常に頭の中に描き、暗いイメージを少しずつ排除していくのです。

暗いことやマイナス思考は、思わず表情に出てしまうことがあります。

このようなことが表情に出てしまえば、暗いイメージを持たれてしまっても仕方ありませんよね。

暗いイメージを取り払うには、やはりポジティブなイメージを持つことが肝心だと言えるでしょう。

また、顔が見えるように髪型をサッパリさせて清潔感を出すだけでも印象はがらりと変わります。

髪型や服装、メイクなども明るく見えるようなものを取り入れましょう。

2.自分の意見が言えない

相手に気を使いすぎて自分の意見が言えない場合、なかなか友達ができないかもしれません。

自分の意見が言えないことで、人間関係にストレスを感じてしまう人もいますよね。

そうなれば、人との関わりを自ら避けてしまうようになるでしょう。

もし相手のことを思い自分の意見を言わないのであれば、それは相手のためになるとは限りません。

本当に相手のことを思うのであれば、自分の意見もはっきりと言えるのが良い友達関係なのです。

「私はこう思うけど、◯◯ちゃんはどう?」といったように、少しづつでも自分の意見を言うことに慣れていくようにしましょう。

3.相手の目を見て話すのが苦手で、目線が下気味

相手の目を見て話すのが苦手な人は、どこを向いて良いのかわからずに目線がいつも下気味です。

相手の目を見て話すのは緊張するという人は、少し目線を下げて相手の鼻の付け根あたりを見ると良いかもしれません。

そうすれば目を直視せずとも会話ができ、暗い印象も払拭されるでしょう。

また、できるだけ上を見て明るい笑顔で接するだけで、がらりと周りの雰囲気も変わります。

堂々とした印象を与えるためにも目線を上げてみましょう。

4.会話が苦手

会話が苦手なことで、周りの友達と合わせることができず、それがストレスになってしまっている人もいるでしょう。

また会話が苦手な人は自分に自信が持てずにいるため、なかなか友達ができにくいのかもしれません。

最初のうちはコミュニケーションをとらなければお互いを知ることができず、友達になるのは難しいですよね。

相手が話しかけてくれているのに、「うん」「そうだね」だけしか言えないという人は、相手にも同じ質問をしてみると良いでしょう。

例えば、「昨日の宿題やった?」と聞かれたら、「うん、◯◯ちゃんは?」だけでも良いのです。

相手に話しをふることで、相手がおしゃべりな場合は自分の話しをどんどん話してくれます。

それに、質問を返すだけでも「自分に興味があるんだ」と思ってもらいやすいので、友達関係に発展しやすいはずです。

5.内気で消極的

内気で消極的な人も友達ができにくいかもしれません。

消極的な人は、自分から何かをしたり話しかけることが苦手なので、友達との関わりが持てません。

しかし、内気で消極的な人は、言い換えれば大人しいというだけで悪いことではありません。

積極的になりたいと思うのであれば、自分の行動を変えていくべきですが、大人しいというのは個性とも捉えることができます。

そう考えれば少しでも自分に自信を持つことができるのではないでしょうか。

それに学校にいるすべての人が積極的な人ばかりではないはずです。

そのような人たちが苦手な場合は、無理に関わる必要もありません。

ページトップ