あなたの周りにもいませんか?

ファンタジーが好きで、非日常のものに憧れていたり、独特の世界観を持っていたり、ちょっと不思議っ子な女子って、結構多かったりしますよね。

たしかに、ファンタジーは非日常を味わえてワクワクしますよね。

今回はそんなファンタジーが好きな女子の性格的な特徴や有名なファンタジー映画をご紹介していきます。

きっとファンタジー好き女子と言われないまでも、共感できることがある人もいるのではないでしょうか。

ファンタジーの世界とは?

元々ファンタジーとは小説などの文学のジャンルでした。

超自然的、幻想的、空想的な事象を軸に置いたり、設定などに使ったフィクション作品のジャンルのことをそう呼んでいます。

そして現在ではゲームや映画などの数多くのフィクション作品を分類するのにも使われている言葉です。

多くのファンタジー作品は、現実とはかけ離れていて、幻想的で夢に溢れています。

そういった日常とは違った世界に心が惹かれたり、踊ったりする女性が多いのも無理はないといえますよね。

非現実的で幻想的

ファンタジーの世界は、現実ではありえない世界のことを指します。

日本では中世時代のヨーロッパを舞台にした魔法使いやモンスター、ドラゴンや精霊、神などのものが題材になっているゲームも多いですよね。

そして、その多くはシリーズになっていて、根強い人気があります。

ゲームの中でも映画や小説の中でも、どれも非現実的で幻想的な見たこともないような綺麗な景色が多いでしょう。

その日常とはかけ離れた綺麗な世界観に魅せられて夢中になる人も多いと思います。

きっと男性の中にもあまり表に出さないだけで、ファンタジー好きは多いはず。

忙しくて、色々なものに追われている日常を忘れることのできるファンタジーの世界は、とても魅力的だといえます。

ファンタジー好きな人に共通する特徴13個


ファンタジーが好きな人は多いですが、そんな人たちが見せる特徴には、どんなものがあるでしょう。

共通している特徴がいくつかあります。

根強い人気を誇るファンタジーの魅力に魅せられた人たちに共通している特徴とはどんなものなのか、なぜそんな特徴が出てくるのか考えながら見ていくと、気持ちが分かってくるかもしれません。

日常に満足していない

ファンタジー=“仮想空間”や“架空の世界”ですよね。

不思議な魔法が使えたり、ドラゴンを倒したり、モンスターと戦ったり、そのどれもが現実世界では有り得ないことばかりです。

そんな現実世界では起こりえないファンタジーが好きな人は、日常に満足していないのかもしれません。

ファンタジーの世界には、その人の理想やロマンなどがたくさん詰め込まれているのでしょう。

現実世界に満足していないからこそ、ファンタジーの世界にハマってしまう人もいるようです。

日常色々なことに追われていても、ファンタジーの世界でやることが多いとわくわくしてしまいますよね。

そうした日常との違いで気分転換をして、また仕事や勉強を頑張っている人もいるのではないでしょうか。

現実世界にはないワクワク感

ファンタジーの世界では、魔法で戦ったり、ドラゴンやモンスターに乗って空を飛んだり、自ら空を飛べる世界もあると思います。

そんな現実世界にはないことに、わくわくする人もいるはずです。

そして、ファンタジーの世界では、何かを探して広い世界を冒険したり、仲間を助けるために戦ったり、夢がいっぱいですよね。

その世界観や仲間との絆などに魅入られてしまう人もいるのではないでしょうか。

現実世界では経験したことのないものは、いわば未知との遭遇ですよね。

未知との遭遇は、これから先どんなことが待ち受けているのか、何が起こるのかという先の見えないワクワク感や期待感をどんどん膨らませます。

そうした現実世界では体験することのできないワクワク感に、ファンタジーの世界の虜になってしまう人もいるんだとか。

独自の世界観を持っている

ファンタジーの世界の定義は現実世界とは違うものということしかありません。

そのため、ファンタジーにとても多くの世界観があります。

たとえば人間やエルフ、魔法使いやドワーフなどの様々な種族が登場し、一緒に力を合わせて冒険をしていく世界もあれば、魔法を学ぶ学校に入り、様々なことを学び、強くなっていく世界もあります。

中には人間の子供が小さくなって自分の住んでいた世界とは違う世界で冒険をする世界もあったりと、主人公の年齢も周りの登場人物も取り巻く世界の環境も全く違うものなんです。

ファンタジー作品は作る人の想像力によっては、無限に新しい世界が出てくるかもしれません。

そして、ファンタジー作品は“自分が住んでいるこの世界のどこかに、本当にあるのではないか”と考えさせるほどに、完成された息を飲むような世界観もありますよね。

このファンタジー作品独特の世界観が好きだという人は、その世界に魅了され、頭がいっぱいになることを楽しんでいて、それが自分にも移ってきているのかもしれません。

頭の中でファンタジー作品のことを考えているからこそ、独自の世界観を出せるともいえますよね。

ファンタジー好きな人は、たまに想像もつかないような、誰もが驚くアイディアを出してきたりするのも、ファンタジーの世界からインスピレーションを受けているのだと思います。

未来を想像するのが好き!

ファンタジーの世界には、杖をひと振りすれば散らかった部屋が片付いてしまったり、くるっと回るだけでドレスに洋服が変わってしまうなど、現実世界では有り得ないことがたくさん起こります。

その他にも生活を便利にしたり、魅力的な魔法や方法が数多くありますよね。

その中には、科学の力を使って現実になったものもあると思います。

ファンタジーが好きな人は、こういった現実世界でも使えるのかもしれないと考えたり、色々なことを想像することを楽しんでいる人もいるんだそうです。

ファンタジー映画やファンタジー小説、映画などの中でしか出来なかったものが、現実の世界でできるようになったら、誰でもワクワクしてしまうと思います。

ファンタジーが好きな人は、科学の力が進歩していったら、いつか現実になる日がくるかもしれない、という想像をして、ワクワクしたりすることも、楽しみにしているのかもしれませんね。

人間ドラマに興味を持っている

ファンタジーの世界は現実世界とはかけ離れているところが魅力ですが、すべてが現実世界とかけ離れていることは実は少なかったりします。

現実世界と同じことが多いのは、登場人物や主人公に現実世界と同じ人間だという点です。

ファンタジーの世界の人間は、様々な困難や試練にぶつかります。

大切な人の死やかけがえのないものを奪われてしまったり、色々な悲しい目にも遭います。

そんなとき、ファンタジーの世界の登場人物たちも、現実世界の私たちと同様に、悩んだり悲しみからなかなか立ち直れなかったりしながら、色々な方法で解決しようとしたり、乗り越えていこうと必死になります。

もちろん現実世界では起こりえない困難や試練も多いですが、中には現実世界と同じ困難や試練もあると思います。

それは人間関係です。

ファンタジーの世界の登場人物たちは、その困難や試練を解決するために、協力して立ち向かったり、時には喧嘩になってしまったり、対立して敵になってしまうこともあるでしょう。

そんな人間ドラマはファンタジーの世界でも、数多く生まれます。

その世界ならではの人間ドラマも、ファンタジーの魅力の一つだといえますね。

そういった人間ドラマが好きな人も多いからこそ、ファンタジー映画や小説は何編ものシリーズになり、大人気となるのかもしれません。

かっこいい戦闘シーンに憧れる

ファンタジーの物語には、戦闘シーンがつきものだと思います。

中にはファンタジー=バトルだと感じている人も多いのではないでしょうか。

たしかに現実世界では有り得ない魔法や超能力などの超常現象を使って敵と戦ったり、体の大きさほどある武器などを使って戦う戦闘シーンは、必ずといっていいほど出てきますよね。

現実世界では有り得ないそんな戦闘シーンがファンタジーの好きなところと挙げる人もいます。

そして、時には仲間と戦ったり、仲間と協力して強い敵を倒すことで、ファンタジーのゲームの世界にハマっていく人もいるかもしれません。

ファンタジーの物語と戦闘シーンは切っても切れないものだからこそ、そこに期待し、そこから生まれる人間関係や達成感などに惹きつけられる人もいるはずです。

こういった現実世界では起こりえないバトルもファンタジーが好きだという理由の一つになるでしょう。

アツイ展開やハラハラドキドキするのが好き

ファンタジーの物語の多くは、主人公が決まっているものがほとんどだと思います。

そして、この主人公の身に何か起こったり、巻き込まれていくうちに様々なことに立ち向かっていく冒険に発展するようなこともあるでしょう。

そんな目まぐるしく状況が変わっていき、主人公や仲間たちが敵に立ち向かっていく展開にわくわくしたり、絶望的な状況からこの先の展開にハラハラドキドキしたりするのも、ファンタジーの物語の醍醐味かもしれませんね。

激しいバトルを繰り返し、仲間との絆をより強くしながら一致団結して、さらに強い敵に立ち向かっていく姿を求めている人も多いんです。

さらに、ファンタジーの物語の中には大事な仲間との別れのシーンなどもよく見られます。

戦うだけでなく、そんなホロリと切なくなってしまうシーンも多くの人を夢中にする部分かもしれません。

現実世界ではなかなか経験できない展開に、心を鷲掴みにされて、ファンタジーの虜になる人が増え続けている要因だといえると思います。

可愛いもの、かっこいいものが好き


ファンタジーの世界の多くは、現実世界ではなかなか見られない幻想的な世界が多いです。

色とりどりの花や緑の多い森の中を冒険したり、生き物も妖精や精霊などの可愛らしいものだったり、ドラゴンやユニコーンなどのとてもかっこいい生き物など。

現実世界では目にすることのできなかったり、現実には存在しない動物なども多いと思います。

そんな魅力的な風景に魅了される人もいるんだそうです。

そして、ファンタジーの物語の中の主人公や周りのキャラクターも、可愛いキャラクターや綺麗なキャラクター、イケメンや惚れ惚れするほどの筋肉美のキャラクターなど、ビジュアルも魅力的なことが多いように感じます。

そういった視覚的な魅力もファンタジーの良さかもしれませんね。

美しいものも好き

可愛さやかっこよさだけでなく、息を飲むような美しい情景もファンタジーの物語の中にはよく見られます。

そんな見たこともないような美しい生き物や風景、ときには空を飛んでいるときの空や下の町並みなど、ファンタジーの世界にはそれぞれの世界観があり、特徴なども様々だからこそ、美しい魅力も物語それぞれです。

だからこそ、現実世界では見ることのできない美しいものに心奪われる人もいるんだとか。

自分好みの世界観を想像する

人にはそれぞれ自分の好みがありますよね。

それは人とぴったりハマることもあれば、人とは全く違ったものになったりと、本当に人それぞれ様々だと思います。

現実世界では自分の好みに完全に100%ぴったりハマるというものはなかなか出会えないのではないでしょうか。

たとえ良いと思っていてもどこかで“もう少しこうだったら”と思ったりすることも多いと思います。

同じように人は自分に対して、それぞれ理想やこうなりたいと思う願望が存在し、現実世界の中ではそれが完璧に成し遂げられている人はほぼいないに等しいといわれています。

周りには完璧だと思われている人でも、心のどこかでは“自分がもう少しこうだったら”と思ったり、中には“もう少し世界がこう変わったら”なんてことを思っている人だっていると思います。

そういった部分から現実世界に満足している人はいないかもしれません。

その点、ファンタジーは架空の世界、フィクションです。

ファンタジーの中では数百、数千通りもの世界を作ることができます。

ファンタジーの良さは、人それぞれ想像したものを形にすることができるということだともいえると思います。

そのため、自分好みの世界観を想像することができるのもファンタジーが好きな人にとっては、とても魅力的なのです。

夢の中で、自分好みの完璧の世界を見たことがある人もいるのではないでしょうか。

ファンタジー映画はそれを映像にしたといってもいいかもしれません。

誰かが夢見ていた美しい世界を、映画の中で実現しているのです。

夢はだんだんと薄れていってしまいますが、映画はたくさんの人に見られ、いつでも見返すことができますよね。

そんなところもファンタジーの魅力だといえるのかもしれませんね。

妄想するのが得意

ファンタジーの魅力は、想像力を働かせて、様々な妄想をすることが好きだったり、得意だったりする人が多いような気がします。

仮想空間や架空の世界は、現実にはないという意味ですよね。

ファンタジーを映画やテレビゲームなどの映像で視覚を使って見ているときには、あまり感じないかもしれませんが、小説などの文字や最低限の絵しかないものに関しては、当然絵が動いたり人が話したりはしません。

そんなとき、人は頭の中でその情景や人物などを想像し、頭の中で小説の世界が広がっていくのです。

ファンタジー小説が好きな人は、この頭の中で繰り広げられる世界を想像することがとても楽しいといえます。

そういった頭の中で想像するのが楽しいと思う人が多いからこそ、ファンタジー小説は根強い人気なのかもしれません。

そして、ファンタジーが好きだということは、想像力を働かせて色々な妄想をすることに長けていて、それをとても心地よい魅力的なものだと感じている証拠だともいえるでしょう。

ファンタジーの世界を多く見たり想像することによって、想像の幅はどんどん広がっていきますよね。

想像が広がっていくと、さらにファンタジーの魅力にハマっていき、想像力はどんどん鍛えられていくでしょう。

ファンタジーの魅力は、楽しんで見たり読んだりすることで、想像力が鍛えられて、さらにファンタジーが好きになっていくということにもあると思います。

何かの野望を持っている

ファンタジーの物語には、何か目標がある場合が多く、その目標に向かって冒険をしたり、強い敵に立ち向かうために自分を強く鍛えたりするシーンが数多くありますよね。

そのためファンタジーが好きな人は、自分自身にも何らかの野望を持っていることがあるんだそうです。

もちろん野望といっても現実的なものです。

そして、その野望に向かっていく糧に、ファンタジーの物語の登場人物になることもあるんだとか。

たとえばあのキャラクターが頑張って成し遂げたから、自分も頑張ろうなど。

見ようによってはオタクと言われてしまうこともありますが、ファンタジーが好きな人は、ファンタジーの世界に魅了されて、自分の価値観に影響をされてしまうこともあるのです。

ファンタジーの物語のキャラクターは、まっすぐで魅力のある性格の人物が多いですし、それに影響されるのは、かえって良いことだと言えるかもしれませんね。

表現力が豊かで幅広い

ここまでも何度も出てきたように、ファンタジーの世界は実際には存在しない架空の世界です。

そのファンタジーの世界が好きで、多くのファンタジー作品に触れている人は、そうでない人より想像力が富んでいて、表現力も幅広く豊かなことが多いんだそうです。

たしかにファンタジー映画であれば、目で見て現実世界では味わえない世界観や色味などを目を通して自分の知識として蓄積していくことができるでしょう。

ファンタジー小説も、その小説の言い回しや想像から得た言葉などが役に立つこともあるかもしれません。

表現力が豊かになれば、それだけ引き出しが増えますし、様々なタイプの人と仲良くなることもできると思います。

そして、仕事でアイディアを出す際や何か物事を考えるときに、表現力が豊かで幅広いことはプラスになるはずです。

こういった部分で見ると、ファンタジーの物語は現実世界にも影響を及ぼしていると言えると思います。

メンヘラな一面を持っている

ファンタジーの世界にハマリすぎていると、現実の世界での自分との差に嫌気が差し、病んでしまうことがあるんだそうです。

メンヘラの特徴としてよく言われているのが、構ってちゃんだったり寂しがり屋だったり、すぐ落ち込んでしまったりするなどだと思います。

そのメンヘラな一面が発揮されてしまったときに、現実世界とは別の場所に行けるような感覚になれるファンタジーの物語は、メンヘラな人にうってつけなのかもしれません。

ファンタジーの物語の中では、恋愛関係や友情を育む場面も多くでてきますよね。

そんな恋愛や友情に憧れている人って、意外といるんです。

そして、その憧れのファンタジーの世界と同じように進んでいかないことで病んでしまったり、ファンタジーの仮想空間にふさぎ込んでしまったりすることがあるんだとか。

そのため、ファンタジーの物語が好きなことや憧れることは良いことですが、現実世界の自分が理想と違うことに対して、あまり落ち込んだり深く考えてしまわないようにするほうがいいと思います。

超有名なファンタジー作品選

ここからは、ファンタジー映画として知る人ぞ知る超有名な映画を紹介していきます。

ファンタジー映画には、全世界を魅了する作品が数多くあります。

その中でも根強い人気があるもの、多くのファンタジー好きに人気のあるものの代表を見ていきましょう。

ロード・オブ・ザリング

シリーズ通して大人気で、別のシリーズも出ているロード・オブ・ザリングです。

元々ロード・オブ・ザリングはJ・J・R・トールキン作の「指輪物語」を原作に、実写化したファンタジー映画です。

ロード・オブ・ザリングは三部作になっており、2001年から1年ずつ公開され、全世界でブームになりました。

そして、その後にはロード・オブ・ザリングよりも前の世界が舞台となる「ホビット」も映画化されました。

この作品も三部作で、2012年から1年ずつ公開されたことで、ロード・オブ・ザリングシリーズをそれまで見ていなかった人も、新たにファンタジーの魅力にハマっていった人もいると思います。

ロード・オブ・ザリングは、原作の指輪物語という題名の通り、指輪を破壊するために旅をはじめます。

そして、その冒険の旅の中で様々な種族との出会いや戦いがあり、強大な闇の力に立ち向かっていくという壮大な物語なんです。

登場人物や世界観の綺麗さなどに、魅了されてしまった人も多いかもしれません。

美女と野獣

美女と野獣といえば、ディズニーアニメ映画として、ほとんどの人が知っていると思います。

そして近年ディズニーによって実写化されたことで、再ブレイクしましたよね。

ディズニーによるリメイクだったこともあり、アニメ映画とのシンクロ率がとても高く、多くのファンタジー好きが心躍らせたはずです。

主人公のベルやガストンはもちろんそっくりだと話題になり、ルミエールやコグスワース、ポット夫人などの屋敷の使用人がハイレベルな再現をされていることも大きいのではないでしょうか

誰もが幼い頃に見たアニメ映画がそのまま実写化されたことで、ファンタジーが日頃苦手な人も好きな映画なのかもしれませんね。

ハリーポッター

ハリー・ポッターシリーズも知らない人はいないと思います。

元々はイギリスの作家、J・K・ローリングによる児童文学が原作になっています。

2001年から2007年の間に7作品公開され、様々なブームを起こしましたよね。

杖を使って魔法を自由自在に使い、大きなクモや動く階段や絵画など、夢がたくさん詰まった作品に、子供の多くは魅了されたのではないでしょうか。

魔法学校に通い、そこで出会う様々な人との友情や恋愛、そして因縁の敵との対決など、ファンタジー作品の魅力がたっぷり詰まっている作品だといえると思います。

そのブームは冷めることなく、テーマパークにアトラクションやハリー・ポッターの世界が広がるスポットがあるほど、多くの人を人気にした作品です。

シザーハンズ

続いてシザーハンズは、1991年に日本で公開されたアメリカの映画です。

ファンタジー映画に多く登場しているジョニー・デップが主演でしている作品です。

そして、監督も有名なティム・バートン。

物語は少女の祖母が語るおとぎ話の世界の話です。

触れるものすべてを傷つけてしまう人造人間の青年と美しい少女の悲しい恋の話は、多くの少女が虜になったはずです。

ファンタスティックビーストと魔法使いの旅

ハリー・ポッターの原作者、J・K・ローリングの新シリーズとして話題を集めました。

世界観はそのままですが、主人公は少年ではなく魔法生物学者がメインの話です。

その魔法生物学者が危険な魔法生物を逃がしてしまって、様々なところに魔法生物が現れて大騒動が怒ってしまいます。

この中に出てくる数多くの魔法生物が可愛らしいと、日本でも話題になったので、見た人も多いのではないでしょうか。

ハリー・ポッターの世界では、人間はほとんど出てきませんでしたが、ファンタスティックビーストでは、人間のコワルスキーも魔法生物の事件に巻き込まれてしまうのです。

また、美人の魔法使いクイニーとの恋愛模様も描かれるなど、ハリー・ポッターの世界観などはそのままに、新たな魅力もたくさん登場するファンタジー映画です。

ナルニア国物語

イギリスの文学者であるとともに、キリスト教の信徒伝道者C・S・ルイスによって書かれた子供向けの小説が原作となっているのがナルニア国物語です。

小説自体は1950年から1956年にかけて全7巻が刊行されました。

実写映画となったのは、2005年のことです。

日本では2006年に公開され、多くの人を虜にした作品といえるでしょう。

その後、第三章まで公開されています。

物語は創造主のライオンによって閉ざされてしまたナルニアが舞台となります。

そこで、少年少女が異世界と自分たちとの世界を往復しながら、使命を果たすための冒険をしていく物語になっています。

現実世界では有り得ない動物が喋ったり、関わったりする様子は、ファンタジー映画ならではであり、情景も綺麗で、とても話題を呼んだ作品だといわれています。

チャーリーとチョコレート工場

シザーハンズでタッグを組んだティム・バートン監督とジョニー・デップによって作られ、今でも好きな人が多いのが、チャーリーとチョコレート工場かもしれませんね。

原作は、ロアルド・ダールの「チョコレート工場の秘密」という児童小説です。

そして、現在までに二度映画化されており、チャーリーとチョコレート工場は二度目の映画化なんだそうです。

お菓子の会社として全世界で大人気のウィリー・ウォンカの工場が舞台で、夢のように不思議で魅力的なことがたくさん起こります。

その世界観だけでなく、チャーリーとウォンカの人間関係などもポイントです。

この映画の中では、とても多くのお菓子が登場します。

それは、子供にとってはまさに夢の世界だと思います。

映画の中で登場するチョコレートは、実際に販売され、購入した人も多いのではないでしょうか。

この映画の中にはこだわりのシーンも多く、途中に登場するリスは、CGではなく実際に生きているリスを調教しているんだとか。

そんな現実と夢の世界が見え隠れするのも、魅力なのかもしれません。

独特の世界観を持ったファンタジー好きな人は面白い!(まとめ)

今回は、ファンタジーが好きな人についてまとめてきました。

これまでファンタジーに興味のなかった人も、ちょっと興味が出てきたり、実際に映画を観てみようと思った人もいるのではないでしょうか。

ファンタジーが好きな人というのは、ちょっと夢見がちなところもありますが、表現力が豊かだったり、アツくなってしまうところがあったり、魅力的なところもたくさんあります。

そして、ファンタジーの世界には、たくさんの人に夢を見せることができ、やる気や活力などを与える素敵な力があるともいえるかもしれませんね。

このようにファンタジーの世界は数多くの人に愛され、ファンタジーが好きな人もとても多いので、きっとあなたの周りにもいるのではないでしょうか?

ぜひ、探してみてください。

もしかしたら、おすすめのファンタジー作品を教えてもらって、あなたもファンタジーの魅力にハマってしまうかもしれませんよ。

「悩んでしまうのは、これが原因かもしれません。」

記事下_無料でオーラ鑑定