CoCoSiA(ココシア)

新人類!平成生まれとそれ以前の人で圧倒的に感覚が違う15個のこと。待ち合わせ時間など…


年によっては生活が一気に変わることもありましたよね。

昔では日本はバブルというものがきていて、お金は皆が持っているというような感覚になっていたと思います。

皆が裕福にしているような環境というのが多かったのではないかと思います。

ですが今ではどうでしょうか?その様な環境というのは全然ありませんよね。

また、今では「ゆとり」とも呼ばれる人達がいると思います。

もしかしたら今見ている人も「ゆとり世代」の人達がいるのではないでしょうか?

ゆとり世代と言われていますが、実はゆとり世代と言っている人達も似たような言葉で言われてた時代というものがあります。

それがいわゆる新人類というような言葉です。

初めて聞くという人もいるのではないかと思います。

実は新人類というのは基本的に、年代が61年から70年代に生まれた人のことを指し、その頃はちょうどバブルであったり、インベーダーゲームなどが流行っていた頃でもあるのです。

新人類という言葉は今ではあまり聞かないと思いますが、言った人物がいます。

その人が言った言葉が新聞や広告などのマスメディアで広がり、新人類という言葉ができたのです。

いわゆる造語になりますよね。

今でもその様な造語というのはあるのではないかと思います。

ゆとり世代というのもその一部なのではないでしょうか?

実際にゆとり世代と言っている人達の中には、昔似たようなことで新人類と呼ばれる時期があったのです。

時代というのは進んでいくうちに、大きく変わることもありますよね。

1年の間で変わるようなものもあると思います。

身近なもので言えば、コンビニなどが無くなってしまった、人気のあるお店が無くなったというようなものです。

更に言うのであればアニメが終わってしまったというような感覚ですね。

様々な種類がある中で終わるものというのはたくさんあると思います。

時代の流れというのは必ずこのような事があるので、今はあっても昔はない、昔はあっても今はないという物がたくさんありますよね。

今回はそんなゆとり世代の事ではなく新人類、いわゆる昔の時代のことについてお話をしたいと思います。

昔の新人類を生きてきた人達と、今の平成生まれの人達というのはどの様な差があるのでしょうか?感覚というのも違ってくることが多いですよね。

その圧倒的感覚について詳しく見てみたいと思います。

この記事の目次

️新人類とは

ではそんな新人類とはどの様なことがあるのでしょうか?例えば1961年から1970年に生まれた人のことを指します。

それぞれの時代にとってはその特徴というものがありますよね。

例えば今で言うところのゆとり世代というのは、基本的に楽をしているというようなイメージを思われがちですが、新人類の場合は無気力な若者のことを指すという事で、いわゆるゆとりと同じような言い方をされていました。

今ではこの言葉は一切聞かないので死語という形になってしまいますが、新人類というのは基本的に意味はゆとりとほとんど同じです。

ですがその時というのは社会にまで影響をするというような事で、直ぐに広まったのではないかと思います。

ゆとり世代というのも直ぐに広まってしまいましたよね。

これは誰かがメディアで発信をしていたりしたからというのもあるでしょうが、今の日本というのはその様な情報が早いです。

昔の環境ではあまり考えられないほどに便利になったのではないかとも思います。

更に昔になってしまうと、戦争などもあり、とても人々は苦しい思いをしてきました。

ですがその人達が今の環境を見るとどの様に思うのでしょうか?ずいぶんと変わったものではないかと思います。

またそれにつれて言葉などの意味も変わってきたという事も多いのではないかと思います。

例えば、今で言う「出会い系」というような言葉はあまり良いイメージを持たないですよね。

ですがこれの別の言い方をするのであれば、婚活というような表現で捉えることもでると思います。

昔では手紙などのやり取りで会って付き合ったりするというような事でしたが、今では全てスマートフォンなどでしてしまいますよね。

昔は携帯というようなものがありませんでした。

なので雑誌などに載るような手紙などのやり取りが主になっていたという事です。

新人類というのは基本的にこの様に今とは考えられないような生活などを送ってきた人達のことも指します。

様々なことがある中、実際にはどの様なことがあるのかも詳しく見てみたいと思います。

1961〜1970年に生まれた人を指す


新人類というのは先ほども言ったように1961年から1970年代に生まれた人のことを言います。

この言葉はマスメディアとして広められてしまい、当時とその一昔前の生活とを比べて若者は無気力な状態にというような感覚になったのが始まりです。

いわゆる画一化というようなものがあり、それに対して「自分はそれに従う」というような、いわゆる集団の中でそれに従うというような傾向に対しても言った言葉です。

簡単に言うと自分自身の尊重となるものが薄れてきているという事になるのではないかと思います。