CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

テクノカットはどんなヘアスタイル?その意味とブームの変遷ややっている芸能人などを紹介!


あなたは自分自身の身だしなみに関して気を使っていますか?

自分自身の身だしなみに気をつけたり、常に人からどう見られるのかということなどを気にすることはとても大切なことです。

なぜならば、自分の身だしなみ次第で相手に与える印象などは大きく変化するようになってしまうからです。

簡単に例を挙げるとすれば、きっちりとした自分の体のサイズに合ってるスーツを着こなしている人とシワシワででサイズの合っていないスーツの人がいたとします。

この二人を比べてみると、おそらく後者の人のほうが圧倒的に悪い印象を与えてしまったり、かっこ悪い印象を与えてしまうようになるはずです。

なぜならば、服装という身だしなみがきっちりできていないことによって、周りにだらしない印象を与えてしまったり、頼りない印象を与えてしまうようになるからです。

これは服装に限らず髪型なども同様であり、自分の髪型をしっかりと整えている人と寝癖でボサボサな人を比べてみても全く同じ結果になると思います。

このように自分自身の身だしなみを整えていないと様々な悪い印象を与えてしまう可能性があるのです。

なので、身だしなみなどに関しては十分に気を付けるようにしなければいけないということになるのです。

そこで、今回は身だしなみの中でも比較的大きな影響を与える要因である髪型をテーマにして、魅力的な髪型であるテクノカットについてご紹介していきたいと思います。

テクノカットとはどのような髪型なのか、そしてテクノカットをしている芸能人などについてもご紹介していきたいと思います。

テクノカットって知ってる?

そもそもあなたはテクノカットという髪型を聞いたことがありますか?

おそらくそれなりに年齢が高めの方であればどのような髪型なのか理解しているかもしれませんが、年齢が幼い方などに関してはわからないと感じる方もいると思います。

なぜならば、テクノカットという髪型は今の時代ではあまりしている人が多くはない髪型になっており、少し昔に流行った髪型の一つとして存在しているからです。

なので、今の若い方でテクノカットを知っている人などはあまり多くないはずなのです。

ただ、テクノカットはかなり個性的な髪型でもありますので、場合よってはテクノカットにすることによってとても大きな恩恵を受けることができる可能性があります。

なぜかと言いますと、先ほどもお伝えした通り自分自身の髪型は相手に対する印象を変化させる大きな要因の一つになりえます。

つまり、髪型の特徴的な髪型にしたり、おしゃれな髪型に変化させることによって相手に対して良いイメージを与えたり、自分の印象を強く残すことができるようになります。

相手に対して強く心の中に印象付けることができるようになれば、相手とコミュニケーションを取ったりする上で非常に有利な立場に身を置くことができるようにもなります。

そもそもまず相手に対して覚えてもらうことができるという大きなメリットもありますので、髪型をおしゃれにしたり特徴的にしたりするということは良い効果があるのです。

それを踏まえた上で、改めてここからはテクノカットとはどのような髪型なのか具体的な特徴などについて詳しくご紹介していきたいと思います。

どんな髪型?

テクノカットとはどのような髪型のか気になる方も多いと思いますので、簡単にテクノカットの定義などについてご紹介していきたいと思います。

そもそもテクノカットとはどのような髪型なのかというと、テクノカットとはもみあげを鋭角にそり整えて、襟足を刈り上げたヘアスタイルとして知られています。

これらの特徴を踏まえて髪型を想像してみるととても個性的な髪型になるということは考えるまでもないと思います。

まず一般的に考えて、もみあげをきれいに鋭角に反り整えるということ自体があまり行っていないようなことになりますので、十分インパクトがありますよね。

襟足の刈り上げに関してはそもそも刈り上げヘアにしている人は珍しくないので、そこまで特徴的ではありません。

しかし、もみあげの鋭角の整えられたラインと組み合わさることで、特徴的に磨きがかかるようになるので、結果的に特徴的な髪型やおしゃれな印象に変化するようになります。

なので、テクノカットに関してはかなり特徴的な髪型であると一般的には判断されています。

今の時代でテクノカット行っている人はあまり多くはなく、見かけると必ずインパクトがありますので記憶に残るようになります。

なので、強い影響力を持っている髪型であると考えることもできます。

流行らせたのは「本多三記夫」

簡単にテクノカットの特徴についてご紹介していきましたが、そもそもなぜここまでテクノカットが世の中に広まったのか不思議に感じる方もいると思います。

そもそもテクノカットが世の中に広まったきっかけの一つとして知っていただきたいのが「本多三記夫」の存在です。

本多三記夫は様々なミュージシャンやアーティストなどのヘアメイクを担当しており、美容室などのサロンワーク行いながら、TVCMなどのヘアメイクなども行っている人物です。

もともとテクノカットが広まったきっかけとして、この本多三記夫がモード系の要素を取り入れた髪型として、テクノカットを行ったのが大きなきっかけになっています。

そこからテクノカットは世の中の様々な人から反響が生み出されて、とても魅力的な髪型も一つとして認識されるようになっていきました。

先ほどもお伝えしたように本多三記夫はミュージシャンやアーティストなどのヘアメイクも行っていたので、そこから高い影響を与えた背景が存在しています。

実際に芸能界でもテクノカットを行っている人物などが非常に増えた時代があり、YMOやチェッカーズなどがテクノカットを披露しています。

なので、テクノカットが広まった大きなきっかけ、そして根本的な理由はもともと本多三記夫がテクノカットを行ったということが根源になっているということになります。

テクノカットがブームになった時代

先ほどテクノカットは今の時代ではおこなっている人が少なくなっているということについて触れました。

事実として、テクノカットは昔の時代に流行ったもので今の時代では積極的に行っている人は圧倒的に減少していることは否めません。

では、テクノカットはいつの時代に流行ったのかというと、もともとテクノカットは1980年代に流行した髪型として知られています。

つまり、テクノカットは今の40代や50代の年齢の方などが関心を寄せていたということになります。

実際に、男性アイドルなどが1980年代から1990年代初頭にかけて積極的にテクノカットを行って定番的なスタイルとして認識されていました。

なので今の時代ではなく昔の時代に流行した髪型の一つであると考えることができるのです。

しかしながら、ブームに関しては一定時期ごとに再び波が来るようなことなどはよくあることでもあります。

ページトップ