CoCoSiA(ココシア)

パクツイとはどういう意味?見つける...(続き3)

しかし、一部分をパクったり、他の媒体でパクったりしている場合はたまたまと言ったことを言い訳にしてくる人もいるので、非常に厄介です。

また、ただ検索するだけでは見つからない場合もありまして、根気よく探さないといけないといった感じのことにもなっています。

最近では企業でアカウントを持っている所もあり、企業によっては1日ツイートの監視をしている部署を作るほど、ネットに敏感になっている企業もあるほどです。

このように自分で探さないとパクツイは見つからないのです。

️みんなも気をつけて!パクツイになるケース

やられると非常に不快な思いを抱くパクツイですが、実は知らず知らずにパクツイをしてしまっている危険性が実はあるのです。

情報があふれ出る社会であり、また、簡単にどなたでも情報を発信できてしまう環境になっているので、パクツイは簡単にしやすいのです。

なぜ、知らないうちに起きてしまうのかと言いますと、まず法律で規制されていないのと、ガイドラインがはっきり浸透していないからです。

そのため、本当はいけないことなのですが、わからずに行ってしまっている人も中にはいらっしゃるのです。

そこでここからはパクツイになるケースをご紹介します。

しっかり読んでいただき、知らず知らずにパクツイをすることのないように努めましょう。

では、じっくり拝見してくださいませ。

文章をそのままコピーするのはNG

ブログやSNSでよくあるのがそのままコピーです。

いいなと思った文章をそのまま使ってメディア媒体などに載せる方がいらっしゃいます。

やる人のほとんどはどうせばれないだろうとおもってしていますが、そのままのコピーでは検索した時に引っかかります。

また、最近ではAI(人工知能)によって認識する機能をもっているツールもあるので、ばれないというのは安直な考えです。

気に入った文章だから私も使おうと言った感じに軽々しく使用するのは控えた方が身のためです。

日本では著作権などにはそんなに厳しくありませんが、外国などでは少しでも商売目的などで利用された場合は、莫大なお金を請求してくる危険性が高いのです。

千葉県にある某テーマパークが某テーマパークと表現されるのはそのためです。

文章とはいえどもそのままコピーはいけません。

画像をダウンロードしてアップする

自分が取った写真や作った画像を一度ネットに乗せると、削除してもどこかで残ってしまっている危険性が高く、簡単にダウンロードできるので、勝手に使用されている可能性があります。

もはやネット上には数えきれないほどの画像があふれているので、ご自身でも取締まれないほどになっています。

また、著作権がしっかりついているものでもネット上にあふれているので、本当は有料のコンテンツであるのに簡単にダウンロードできたらからと言って使ってしまうのは危険な考えです。

誰のものなのかもわからない画像を簡単に使用するのはよろしくありません。

また、使用した後にいろいろとトラブルになっているケースもあります。

ご自身の身を守るためにも画像をダウンロードしてアップするのはよしましょう。

著作権違法になる

画像の転載や文章の丸コピなどは場合によっては著作権の違法になってしまう恐れもあります。

特に芸能人などの人の文章をそのままコピーして使った。

画像を無断で使用としたとなると、場合によっては著作権で訴えられて莫大なお金を請求されるか、もしくは罰則が与えられてしまう危険性があります。

軽い気持ちで使用でしている人がほとんどですが、本人が監視していなくても会社で監視していることもあるので、簡単にばれてしまいますよ。

一般の方にはあまり浸透していないのが著作権です。

実はこれが相当な罰則になっているので、軽い気持ちで芸能人などの文章や画像を使用するのは辞めましょう。

芸能人などは自身が事務所の商品なので、商品を勝手に使用されたら誰だって怒りますよね。

一般人でも十分に著作権で訴えられるのです。

️パクツイを見つけた時の対処法

自分にはそんな心配はないと思っている人でも、仮にパクツイを見つけた時はどう対処すれば良いのかわからない方は多いと思います。

そこでそんな時のためにここからはパクツイを見つけた時の対処法を説明したいと思います。

いつどこでどんな形でパクツイが行われているかわかりません。

パクツイを放置しているとたとえあなたがよくても、他の方のツイートなどもパクられてしまい、他の方々にも迷惑になってしまう危険性があります。

パクツイを放置してはいけません。

あなたのツイートを使って設けたりしているので、ある意味良くありません。

パクツイを撃退して安心してネットの世界で活動できるようになるのがこれからは必要になってくるのではないでしょうか。

これからは情報社会です。

情報をいかに正しく使えるかが鍵になってくると言えます。

直接訴えると警告する

パクツイに対しては行っているユーザーやアカウントに対して、パクツイを続けるようなら告訴するなどと警告するのは意外と聞き目があります。