自分勝手に振舞う人のことを、「あの人はわがままだね」と表現することがあります。

わがままな人は周りにあまり良くない影響を与えることが多いため、「わがまま=性格の悪い人」と思われることが多いです。

そんなわがままと似た意味を持つ言葉には、どのようなものがあるのでしょうか?

また、わがままを良い言い方で表現する方法はあるのでしょうか?

わがままの類語やさまざまな表現方法についてご紹介していきます。

「わがまま」の類語を知ろう

あなたはどんな人に対して「わがまま」だと感じますか?

他人の都合や事情を考慮せず、自分勝手な振る舞いをする人、人の気持ちも考えずに自分の思ったことをずけずけと口にする人、または自分の主義主張だけを強引に押し通して、他の人の主張は無視する人など、往々にして他人よりも常に自分中心で、自分のことだけしか頭にない人のことをわがままだと表現することがあります。

そして、そうした性格の人は、周囲の誰からも同じように迷惑に思われていたり、嫌がられていたりします。

自己を少しでも振り返ったり、反省をしたりする人は、そうした周囲の評価を気にして自分の性格や振る舞いを改めようとします。

しかし、本当にわがままな人というのは、周囲の反応などまったくお構いなしで、わがまま三昧を繰り返します。

そんなわがままな人を称する時に、わがまま以外の言葉でも表現することがありますが、どんな類語があるかあなたは知っていますか?

同じ意味の言葉にもいくつかのバリエーションがあるように、わがままにもいくつかの類語があります。

それをご紹介していきますが、その前にまずはわがままの意味についてきちんと理解しておきましょう。

「わがまま」の意味


「わがまま」は、「我が儘」と書きます。

「我」は自分を意味し、成り行きに従うことや、思い通りであることを意味します。

この漢字の意味が示すように、わがままとは「他人のことを考えず、自分の都合だけを考えて行動することやさま」や「思う通りに贅沢をすることやさま」という意味があります。

主に使われる意味としては前者です。

どんな人間にも自我がありますので、自分ことが何よりも大切だったり、優先したりすることは何も悪いことではありません。

しかし、集団の中で生活していく上では、わがままに振舞ってばかりもいられません。

そもそも、みんながみんなわがままに振舞っていては、社会や組織など成立しませんし、協調や協力もなく誰もが自分のことだけを考えて争い合っていることでしょう。

しかし、人間には同時に自我を抑える理性も存在しますので、私たち一人ひとりがそれをコントロールして、必要なところではわがままを言うことなく、みんなで協力し合って生きています。

そう考えるとわがままとは、人間に本来持ち合わせている本能的な感情でもあると言えるでしょう。

「わがまま」の使用例

まだ自我の抑制が上手くコントロール出来ない子どもの日常を見ていれば、どんなことに対してわがままが当てはまるのかということがよく理解出来ます。

例えば子ども同士でおもちゃの取り合いをしているのを目にしたことがある人は多いでしょう。

どちらも「おもちゃは自分のだ!」と主張して譲らずに、実力行使でおもちゃを奪おうとします。

この行動自体がわがままそのものであり、上手く理性を働かせることが出来ない子どもだからこそ、どちらかがおもちゃを奪ってどちらかが泣くまで、そのわがままは続きます。

これが大人になると、対象がおもちゃではなく他の何か欲しいものになった時に、本心ではそれが欲しいけれども、理性や思い遣りの感情を働かせて、相手に譲るという行動が取れるようになります。

もちろん大人になったら常に自分が我慢して譲らなければならないというわけではありません。

自分が譲る時もあれば、同じくわがままを抑えた相手から譲られることもあります。

このお互いに気遣い合うということが出来ずに、大人になってもわがままに振舞っている人は、周囲から嫌われたり呆れられたりして、周りには人が集まり辛くなってしまいます。

「わがまま」の対義語

「わがまま」には、正式に辞書に載るような対義語はありません。

そのため、それに近いと思われる言葉が、わがままの対義語になります。

わがままの対義語として最も多く挙げられるのは「素直」です。

素直とは「ありのままで飾り気のないさま」や「性質・態度などが、穏やかでねじれていないさま」「物事が支障なく、すんなり進行するさま」「従順」などの意味があります。

わがままも自我のままに振舞うことですので、ある意味では素直と言えるかもしれません。

しかし、世間一般的にはわがままな人は「性格がひねくれている・ねじ曲がっている」「トラブルや揉め事を起こしやすい」といった、正しい姿からは少々歪んだイメージとして捉えられていますので、そのイメージから見ると対する言葉が真っ直ぐなイメージのある「素直」となるのでしょう。

他にも、「気遣い」や「思い遣り」「優しさ」などのように、他者を思いやれるイメージの強い言葉がわがままの対義語としては挙げられるでしょう。

「わがまま」の類語16選


「わがまま」の意味が理解出来たところで、次はわがままの類語についてご紹介していきます。

わがままという言葉には類語がたくさんありますが、その中から比較的意味が近いと思えるものを以下にご紹介していきます。

たくさん類語があると、場面によって使い分けることも出来ますので、参考までに覚えておくと良いでしょう。

1、エゴイスティック

「エゴイスティック」とは、「利己的であるさま」や「自分本位であるさま」などの意味があります。

英語の響きも悪くはないため、時々テレビや雑誌、ネットなどで「エゴイスティックな人」「エゴイスト」などの言葉が使われています。

最近では「利己的」や「自分本位」という元の意味よりも、単純に「わがまま」という意味として知られていることも多いです。

2、我が強い

「我が強い」という言葉も時々耳にすることがあると思います。

「我」とはまさに自分自身のことで、自分の感情や本能など、自己のあらゆるものを指す言葉です。

また、「我意」ともいい、自分本位の考えを意味します。

この「我」が強いということは、それだけ自分本位の考えが強いということです。

誰でも自分本位の考えを持っていますが、それを常識の範囲外にまで持ち出したり、その場の空気や他人の事情、気持ちなどにまったく考慮せずに自分の意志や主張を通そうとしたりすることなどが、「我が強い」と言えるでしょう。

自我を強く持つことは大切なことですが、それを集団の中でも発揮してしまうと、周囲と上手く調和して生活していくことは困難になってしまいます。

【我が強い人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

3、野放図

「野放図」は「のほうず」と読み、「慣習や規則にしばられず勝手気ままなさま」や「際限・しまりのないこと」という意味があります。

誰に何を言われても気にせずに、自分のしたいように振舞うということですので、集団生活や全体での規律を重んじる人たちにとっては、目の上のたんこぶのように迷惑な存在と言えるでしょう。

例えば指定の制服で通わなければならない学校内で、一人だけ指定外の服装で登校していたり、皆がボランティア清掃に汗を流している中で、一人だけダラダラと好き勝手に過ごしていたりと、とにかく周りとは違う行動を取る人のことを指します。

わざとそうした行動を取っている、いないに関わらず、一人だけ集団の中から外れた存在に対して使いますが、日常生活の中で野放図という言葉を使うことはほとんどありません。

4、自分勝手

「自分勝手」とは、「他人のことは考えず、自分の都合だけを考えることやそのさま」という意味があります。

例えば二人一組で仕事をする必要がある時に、もう一人の身内が急逝してしまい、急きょ仕事を休まなければならなくなったとします。

一般的な常識や思い遣りの気持ちがある人ならば、「こっちは気にしなくていいから、ゆっくり休んで。

」と本心はどうであれ相手を気遣う言動をするでしょう。

しかし、自分勝手な人は、相手がとても大変な状態であるにも関わらず、「○○さんがいないと仕事が出来なくて困る!こっちが大変になる!」と自分の都合だけを考えて不満や文句を言います。

そのくせ、いざ自分が同じような状態になった時には、誰かが自分に文句を言ってきたら、「こっちは大変なんだ!」と同じく自分の都合を最優先させるでしょう。

自分勝手とは、「もしも自分が相手の立場だったら」という考え方が出来ない人に対して使うことが多いです。

5、手前勝手

「手前勝手」とは、「自分の都合よく考えたり行動したりすることやようす」という意味があります。

「自分勝手」と意味はほとんど同じですが、手前勝手の方があまり一般的に使われることはないでしょう。

「手前」とは、「私・自分」を指す言葉ですので、「私の勝手」という意味になります。

「自分勝手」と同様に、わがままに最も近い類語と言っても良いでしょう。

6、自由勝手

「自由勝手」とは、「勝手気ままなことやさま」という意味があります。

「自分勝手」「手前勝手」とよく似た言葉です。

とはいえ、「自由」という言葉が使われている分も、より常識やルールには囚われないといった印象が強いです。

いつでもふらふらと自分の好きに振舞って、勝手な行動を取る人に対し指すことが出来ます。

自由勝手という言葉は、自分勝手よりは一般的に使われていませんが、「自分勝手」や「手前勝手」という言葉に代わる言葉として使うことが出来ます。

7、自己中心的

「自己中心的」とは、「何事に対しても、自分を中心において考え、他人については考えが及ばないさま」を意味します。

よく「自己中」と省略された言葉が使われることが多いです。

子どもや学生でも頻繁に「あの子は自己中だ」などと使うことがあるように、私たちが物心ついた頃から日常的に聞く機会の多い言葉でもあります。

何事に対しても自分を中心において考えるというのは、例えどんな状況下であっても、周りにいる人たちが誰であっても、自分のことが何よりも最優先ということです。

例えば何十人が一度に遭難した際に、怪我をしている人や高齢の人がいる中で、「まずは自分から救出しろ!」と声高に主張する人や、自分が急いでいるからと法定速度を遵守して走っている車に対してしつこく煽ったりする人が、自己中心的な人と言えるでしょう。

誰でも自分のことが一番大切ですし優先ですが、それをどんな状況下でも周りや他人に対して強いる人は、周りの人たちからは嫌われてしまいます。

8、一歩的

「一歩的」とは、「自分の方の考えだけに偏っているさま」や「一方だけに偏っているさま」という意味があります。

あまり聞き慣れない言葉ですので、普段使いをしている人も少ないでしょう。

例えば二人で協力し合って一つのことを成し遂げようとする時に、自分の意見ばかりを押し付けて、相手の意見はまったく聞かずに勝手に事を進めてしまうような人を、「一歩的な人」と表現することがあります。

普段使いはしませんが、知っておくことでもし誰かにそれを言われた時には、自分のことを自分勝手だと思われていることに気付くことが出来ますので、覚えておくと良いでしょう。

9、勝手

「勝手」には、「他人のことはかまわないで、自分だけに都合がよいように振舞うことやさま」という意味があります。

これ以外にもいくつかの意味がありますが、「わがまま」の類語の意味としてはこれになります。

そのため、「自分勝手」や「手前勝手」のように、前の部分に「自分」と付けなくとも、「勝手」の言葉だけでその意味を表わしています。

よく「勝手なやつだ」「そんな勝手なことは許さない」などと使うことがありますが、これらは全て「自分勝手」という意味で使われています。

10、利己的

「利己的」には、「自分の利益だけを追求しようとするさま」という意味があります。

すなわち、自分さえ利益が上がれば他人の利益はどうでもいい、例え他人が損をしても構わないといった考えを持っていることになります。

競争化社会の中では、そうした利己的な考えを持っている人の方がより成功しやすく、昇進もしやすいです。

しかし、競争化が良いとされる世界や場面以外では、あまり利己的な人は周囲からは浮いてしまいます。

常に自分の利益や得だけを考えて動いていますので、例え友人や仲間と一緒にいても、心底から心を許すことはありませんし、いざとなれば友人を蹴落としてでも自分だけは前に進もうとするでしょう。

それがいけないとは言いませんが、周りに手を差し伸べることもなく、自分のことだけを考えて進もうとする人に対して、自然と周りも心からの信頼や友情を向けることはないでしょう。

利己的という言葉は、プライベートではそこまで使われることはありませんが、職場では時々使われます。

【利己的な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

11、放漫

「放蕩」は、「思うままに振舞うこと」という意味があります。

よく「放蕩息子」などと男性に対して使われることが多いです。

その理由として、放蕩には「酒や女遊びに耽ること」という意味もありますので、昔から男性に対して用いられることが多いです。

周りを気にすることなく、自分の思うままに好きに振舞うという意味では「わがまま」と意味が近いですが、「放蕩」の場合には使い方が限定されていますので、普段からあまり聞く言葉ではないでしょう。

放蕩は、ビジネスシーンよりはプライベートのシーンで使われることが多いです。

放蕩が意味するものは遊びや堕落、怠けなどが多いためです。

12、身勝手

「身勝手」とは、「他人のことは考えず、自分の都合や利益だけを考えて行動することや、そのような態度」という意味があります。

まさに「わがまま」と意味が近いため、「あの人はわがままだ」という代わりに、「あの人は身勝手だ」と表現することも少なくはありません。

また、わがままという言い方は子どもではよくしますが、大人になってからも使うことはそこまで多くありません。

大抵は大人になると「身勝手」や「自分勝手」という言葉を代わりに使います。

周りの人や一緒に働いている人、家族や友達などに囲まれていながら、自分のことだけを常に最優先する人が身勝手であることが多いです。

13、好き放題

「好き放題」とは、「自分の好きなだけ気ままに振舞うこと」です。

「食べ放題」や「飲み放題」のように、「放題」と付いていると際限なく自由に好きに振舞えるというイメージがありますが、好き放題はまさに好きなだけ自由に振舞うといった場合に使われます。

例えば会社の社長や城の殿様のように、一番偉い地位にある人間は、自分のテリトリーの中においては法律に触れない限り、どれだけでも好き放題することが出来るでしょう。

とはいえ、誰しも好き放題に出来る範囲には限界があります。

部下には好き放題出来る上司といえど、そのさらに上司を前にすれば途端に委縮してしまいますし、また年下には好き放題出来る人でも、自分よりも年上を相手にすると、縮こまって大人しくなってしまいます。

好き放題とは、あくまでも自分が好き放題出来る環境でのみ好き放題が出来るのが普通です。

中には相手や場所に関係なく好き放題しようとする人がいますが、集団の中においては好き放題しようとする人は弾かれてしまいやすく、また厄介者扱いされてしまいやすいです。

14、虫がいい

「虫がいい」とは、「自分の都合ばかり考えて身勝手であるさま」や「ずうずうしいこと」などの意味があります。

この「虫がいい」という言葉は、元々江戸の遊里で作られたものです。

江戸時代の頃、人間の体には9匹の虫がいると考えられていました。

この虫たちが感情や意識を呼び起こして人間を操作するとされていました。

そのため、良い意味としても悪い意味としても「虫」を使ったことわざがあり、不幸や急な出来事を知らせる「虫のしらせ」や、不貞を意味する「悪い虫」など、さまざまな虫に関する言葉やことわざがあります。

「虫がいい」もその内の一つだとされています。

自分に都合のいいことばかり言ったり行動したりする人に対して、誰かが「虫のいいやつだなぁ」と言うことがありますが、「虫がいい」という使い方をすると、不思議と嫌な印象を与えなくなります。

そのため、親しい人に対してちょっとした意地悪で言ったり、からかったりする時に使うことも少なくはありません。

15、独善的

「独善的」は、「独りよがりであるさま」という意味です。

自分の好き勝手に振舞うことや、他人の都合を考えないという部分では「わがまま」と似ていますが、まだわがままの方が可愛らしく、捉えようによってはそれが周りの人から許され、愛されている状況でもあります。

しかし独善的の場合には、わがままのような可愛らしさは一切感じさせません。

自分の好きなように身勝手に振舞い、そして本当に周囲の人たちからは見放されて、孤独な状態にある人に向けて使う言葉でもあります。

独善的の「独」とは、「独りきり」という意味でもあります。

他に理解者もおらず、たった独りだけの孤独な状態でもありますので、独善的な人は自分が好きなように振舞える反面、わがままを言って困らせることが出来るような人も周りにはいないことが多いです。

16、自由奔放

「自由奔放」とは、「何にもとらわれず、自分の思うままに振舞うさま」です。

自由奔放は身勝手や自分勝手、わがままと同じような意味ですが、良い意味として使われることもあります。

例えば「自由奔放な生き方に憧れる」や「あの人の自由奔放さが羨ましい」など、自分勝手さやわがままな振る舞いに憧れることはなくとも、自由奔放な生き方や性格には憧れる人が時々います。

それは「何にもとらわれることなく、自由に振舞っている」という部分で憧れるのであって、決して「他人よりも自分の都合を優先すること」や「周りに迷惑をかけて自分の思うままに振舞うこと」に対して憧れているというわけではないのでしょう。

自由奔放には、周りからの評価を気にすることなく、自分で好きに自分のやりたいことに取り組めるという、そんな精神的な自由さのイメージがあります。

そうした自由さに憧れた人が、自由奔放さに憧れるのでしょう。

しかし、周りを気にせず、何にもとらわれずに、自分の思うままに振舞うということは、すなわち少なからず周りの人に迷惑をかけるということになります。

何もとらわれないというのは、例えばその社会におけるルールや常識であり、また自分の思うままに振舞うことで、それに迷惑する他人の存在は必ずどこかにいます。

自由奔放という魅力の裏側では、どこかで誰かが困ってしまうことが起こるのだということを、きちんと理解しなくてはなりません。

言葉の響きがどれだけ良くても、その裏では自由奔放さに迷惑している人間がいるのです。

いい意味な「わがまま」の類語

「わがまま」は、悪い意味として使われることが大半です。

子どものわがままであれば、それが可愛いものに思えることもありますし、甘やかされたり許されたりすることも少なくはないでしょう。

しかし、大人になってからも同じようにわがままな言動を繰り返していると、周りの人からは見放されてしまいますし、人間関係が悪くなってしまうこともあります。

大人になれば誰でも自分のわがままや欲求を我慢出来て当たり前だとされていますので、その当たり前が出来ない人に対しての周囲の反応や評価はとても厳しいです。

しかし、そんなわがままも、時には良い意味の言葉として使うことが出来ます。

どんな言葉でわがままを表現すれば良い意味として捉えてもらいやすいのでしょうか?以下にご紹介していきます。

マイペース

「マイペース」とは、「自分に適した速度で、物事を進めること」です。

周りがせかせかと速いペースで進んでいても、自分は自分のペースを崩すことなく、ゆっくりと確実に歩みを進めていきます。

個人的なことであればマイペースにやっても問題はありませんが、ある程度期限が定められていたり、みんなで同じペースでやらなければならなかったりした場合には、一人だけ違うペースで進んでいると周りからは迷惑がられたり、疎まれたりすることもあります。

しかしそれを「わがまま」と表現するのではなく、あくまでも「マイペースにやっている」と表現することで、一気にその人の行動に対する悪評や嫌味がなくなることがあります。

とはいえ、マイペースを嫌う人もいますので、みんながみんな良い意味として捉えてくれることはありません。

それでもわがままと言うよりは、マイペースと言った方が周りが納得しやすいのは確かでしょう。

曲げない

わがままな行動も、「自分の意志を曲げない」と表現すると、良い意味として捉えられやすくなります。

もちろん単に自分の好みや趣味、都合などを周りに押し付けるのは自分の意志を曲げないことでも何でもなく、ただのわがままでしかありません。

しかし、例えばそれが仕事の内容や個人の信念に関わるものであった場合には、わがままではなく自分の確固たる意志を曲げないのだと表現することがあります。

自分の意志を曲げないということは、誰にでも出来るようでいて、意外と簡単に出来ることではありません。

周りの評価や視線を気にして周囲に合わせる人の方が多い中で、頑なに自分の意志を曲げないということは、ある意味で器の大きな人にしか出来ることではありません。

そのため、単なるわがままではなく、個人が絶対に譲れない部分でのこだわりや意志を曲げないことは、むしろ良いことでもあるでしょう。

「わがまま」な人は嫌われる?

「わがまま」の意味や類語、良い意味での類語についてご紹介してきました。

わがままな人は世間一般的には嫌煙されたり、周りから浮いたりしていることが多いです。

しかしそれも、その人のキャラクター性によって変わってきます。

例えばおどけて周りを笑わせることの出来る人であれば、多少のわがままは周りに大目に見てもらえることがあります。

また、わがままの理由が個人的な信念によるものであれば、それを許してもらえる時もあります。

常にそうだというわけではありませんが、場合によってわがままは嫌われたり、嫌われなかったりします。

どんなわがままは許されて、どんなわがままは嫌われるのでしょうか?

可愛い小さなわがままはOK!

わがままの中でも、可愛い小さなわがままは大抵の場合周りの人は大目に見てくれることが多いです。

例えば一緒に食事をしている時に、相手の食べているものを一口欲しがったり、恋人に対して「いつも連絡をくれないと寂しい!」とわがままを言ったりと、そうした小さなわがままであれば相手が笑って許してくれることは多いです。

もちろん人によって許せるわがままと許せないわがままとがありますが、ちょっとしたわがままであれば、本人に愛嬌があれば大抵の場合はOKとされています。

また、人的被害が少なく、実害がほとんどないようなわがままも許してもらえることが多いです。

限度を考えて!

わがままには限度があります。

とくにわがままを言う相手によって、どのレベルまでそのわがままを許してくれるかは人によって大きく差がありますので、わがままを言う時にはよく見極めなければなりません。

ささいなわがままに対しても直ぐにイラついてしまう相手には、頻繁にわがままな振る舞いをすることは出来ませんし、一方でかなり器の深い人であれば、それなりのわがままであっても笑って許してくれる可能性もあります。

そのため、わがままを言う側は相手に対して限度を考えなければなりません。

人に迷惑をかけるのはやめよう

わがままとは、相手がいて初めて成立するものですので、どんなに小さなわがままであっても、少なからず周りには迷惑をかけています。

しかし、それもほとんど実害がないものであれば、度量のある人なら大抵の場合は許してくれるでしょう。

しかしだからと言って、わがままを言っていいというわけではありません。

わがままを言う側は、相手を選んで言っていることも多いです。

「この人ならば許してくれるだろう」「この人ならわがままを聞いてくれるだろう」という気持ちからわがままを言っていることも少なくはありません。

しかし、どんなに許してくれる相手でもあっても、本心から許してくれているというわけではありません。

実際には相手の迷惑になっていることも大いに考えられますので、極力人にわがままを言うのは止めた方が賢明でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?わがままには笑って許せるものもありますが、とても許せなかったり、周りを怒らせて浮いてしまったりすることもあります。

自分がわがままだと自覚している人は、「この人なら許してくれるだろう」「この人なら大丈夫だ」と考えていると、その内本気で相手を怒らせてしまい、周りに誰もいなくなってしまうかもしれませんので、極力わがままを抑える努力をしましょう。

また、これまでにご紹介してきた中で、「もしかして自分はわがままかも・・・?」と当てはまる部分があった人も、今後の自分の言動に注意しましょう。

さらには、わがままを別の言葉で表現する時には、シチュエーションに合わせた類語を選ぶようにしましょう。