CoCoSiA(ココシア)

O型女性の恋愛の特徴13個(続き3)

彼氏に尽くす

良くも悪くも彼氏に尽くすので、将来的には良い奥様にはなるでしょう。

ただし彼氏が働きもしないダメ男だった場合は、確実にヒモになってしまうと思っておきましょう。

友達でビジュアル系バンドの好きな友達がいるのですが、その子が良い例かもしれません。

その子は好きになったビジュアル系バンドにめちゃくちゃ尽くしていました。

近年CDを購入すると握手券を貰えるというおまけがあり、そのおまけ目的でCDを購入する人はいると思いますが、友達は20枚以上軽く購入していましたからね。

大体10万円くらいしたと話していた事があります。

それだけならまだ良いのですが、ツアーも全国を回るために遠征費用を稼ぐために夜のバイトをしていたのです。

夜のバイトというのはお水系ではなくコンビニの夜勤バイトなのですが、深夜帯で働いた後少し寝てから本職で働くというものだったので、身体を壊さないか本当に心配でした。

共通の友達があまりの哀れさにご飯をおごってあげた事もあったそうです。

何せバンドにお金を使い過ぎて家にはお米しかないと言っていたくらいですからね。

尽くすのは悪い事ではありませんが、むちゃくちゃしすぎるのと健康面がやや崩れてしまう可能性があるので友達としては不安で溜まりません。

遠征をしたいがためにお休みが気軽に取りにくい正社員ではなく、契約社員やバイトの状態が多かったです。

その子も30代なのですがまだ20代の頃と変わらず同じ生活を送っているのが恐ろしいですね。

大学まで行かせてもらっていたのに、ロクな生き方をしない人間もいます。

第3者からみればロクでもない生活ですが、当人は満足しているようなのでそっとしておいてあげて下さい。

独占欲がかなり強い

彼氏に一直線なので独占欲は相当強いです。

束縛はしませんが嫉妬はします。

これはO型の女性だけでなく男性も強いですよ。

酷い人だと平気でキスマークを残す人もいますからね。

独占欲が強すぎるあまり、別れる時は相当もめると考えておきましょう。

彼の話を聞かず自分の話ばかりする

彼氏は好きなのは山々ですが、どうしても自分本意になってしまうようです。

それゆえ彼氏の話を聞かず、自分の話ばっかりするのですぐに飽きられてしまう可能性もあります。

聞き役であれば良いのですが、どちらかと言えば男性は聞き役ではなく話したがりなので女性は傾聴に回っておく方が良いのです。

しかしO型の女性の大半は聞き手に回るどころか、自分の話ばっかりをしたがるので結構うんざりしちゃうんですよね。

反対に相手側の話は基本的に適当に聞き流したり、明らか興味ない感が出てしまうのでちょっと嫌だという人も少なくありません。

典型的なO型でないのであれば、そこまで自分の話ばっかりはしないでしょう。

自分の話ばっかりするO型の女性は、マシンガントークで話す上に時系列でものを話すため、何が言いたいのか分からないケースも多いです。

女性は共感をしてもらいたい生き物なので、自分の話に共感をしてもらいたいという気持ちがO型には強いみたいですが、ほどほどにしておきましょう。

お互い興味のあることであれば良いのですが、相手がそうでもない場合は自分の話ばっかりすると確実に嫌がられてしまう原因に繋がります。

正直な話、会ってる時ずーっと自分の話ばっかりされてると精神的にしんどいんですよね。

疲れてくるので面白くとも何ともないです。

そういう相手は3ヶ月もしくは半年に1回くらい会うペースで構いません。

彼女としては嫌ですね。

ロマンチックなデートをしたがる

ロマンチックなデートをしたがる人って結構多いですね。

基本的にO型の女性は夢見がちなので、ロマンチックな人ばかりです。

それゆえにロマンチックなムードを求めるのですが、相手に理解してもらえないと怒り出す傾向にあります。

ロマンチックなデートというのは綺麗な夜景
が見える場所や、ロマンチックなムードが漂うレストランなどに行きたいという感じですね。

ただ一くくりにロマンチックと言っても、O型の女性はそれぞれ価値観が違うので、どんなデートが良いか性格や好みを考慮しておいた方が良いでしょう。

面倒くさがりの人であれば、わざわざドレスアップして綺麗なレストランで食事をするのが嫌という人もいますからね。

ただ付き合う前であれば、ロマンチックなものを演出すると確実にO型の女性を落とす事が出来ます!

彼の家族のこともとても大切にする

O型は家族想いです。

それは自分の家族だけではなく、彼氏の家族の事もとても大切にしてもらえるでしょう。

たまたまかもしれませんが、O型の女性から家族の悪口なんて聞いた事はありません。

どちらかと言えばみんな仲が良さそうな感じですね。