ずばり!あなはた浮気と聞いてあなたならどんな事が浮かぶでしょうか?

テレビからは「またか」と思うほど、浮気をした芸能人や政治家、ニュースキャスターの報道が聞こえてきます。

数年前ならこれほど浮気報道が出てくることもなかったように思います。

これもネットワークの発展にともない、浮気が発覚しやすくなってきているのかもしれません。

しかし、この浮気ですが、芸能人だけのもので現実的に自分は関係ないもの、そう考えている人も多いと思います。

もしもあなたの彼氏や彼女、夫や妻が浮気ををしているとなったらまさか自分のパートナーが?と他人事ではなくなってしまいます。

「私の彼氏は大丈夫」「まさかあいつに限ってそんな勇気もないだろう」と思っているみなさん。

浮気のボーダーラインはどこにありますか?この浮気の定義ですが、男性と女性では違いがある、という事はご存知でしょうか?女性のみなさん。

男性の中では「これくらいなら浮気ではないだろう」なんて都合のいい線を引いているかもしれませんよ。

しかし、本当に男性と女性とでは浮気の見解が違うことが多いんです。

ではみていきましょう

️男女で異なる?浮気のボーダーラインはどこ?

さて、男性のみなさんは、どこからが浮気でどこまでなら浮気ではない。

と言い切れるラインがあるでしょうか。

少し掘り下げてみます。

実は、男性には子孫を残すという本能が誰にでもあります。

それを押さえることができるか、少し緩んでしまうかはその人の理性次第、と言えます。

「本能なら仕方ないな」などと考えてしまう人もいますか?そう思ってしまう人は、本能が強いのでしょう。

女性からしてみれば考えられないかもしれませんね。

ここが男性と女性の本脳の違いです。

では、女性はどうでしょうか。

女性の方が理性の面から見ると、コントロールがしやすく、理性が働く力があります。

女性は子孫を残すという理性は強くはありません。

反対に母性の気持ちが強くあります。

女性が浮気をするのには理由があり、現在のパートナーでは満たしきれない不満や不安など、心の穴を埋める為に別の男性との関係をもつことがあります。

男性や女性の誰でも浮気をする。

と言っているわけではありません。

そこは誤解しなでくださいね。

しかし、男性は子孫を残す本能が強いということです。

また、女性の場合は気持ちを満たすためにパートナー以外の男性と浮気をするということになります。

結果、男性と女性では浮気のボーダーラインは大きく違ういえるかもしれませんね。

️浮気のボーダーラインを徹底調査!

浮気のボーダーラインを男性、女性目線から掘り下げてみます。

男性と女性では大きく違います。

先ほどもお伝えしましたが、男性は本能があります。

この本能、困ったことに気持ちとは違う働きをしてしまうことがあります。

愛情があるのは、今の彼女や奥さんで間違いありません。

しかし、この本能を揺れ動かす女性からのアプローチがあった場合、男性は必死の想いで理性を働かせ本能を閉じ込めようとします。

これは無意識である場合もあれば意識的におこなう場合もあります。

女性からしてみれば「私という存在がありながら気持ちが動くなんて!」となりますが、男性自身の気持ちが動いているわけではないんです。

綺麗な女性をみれば振り返る。

どうしても視線がそっちにいってしまう。

これは本能がなせる行動です。

では女性はどうでしょうか。

女性は意外と器用に気持ちを分ける事ができます。

彼や夫と一緒にいる時には、目のまえの相手に愛情を注ぎます。

しかし、もし浮気相手がいれば、その相手と過ごす時間はその相手に愛情を注ぎます。

なんとも器用に感情を分散することができるんですね。

もちろんすべての男性、女性が当てはまるわけではありませので一般論としてとらえていただければと思います。

男性が考える浮気のボーダーライン


まずは男性から見ていきましょう。

男性が、考える浮気のボーダーラインはどこでしょうか。

本能が揺さぶられる相手が目のまえに現れ、自分を誘ってきた場合、感情のコントロールが大変です。

そしてこころの声が頭の中に聞こえてくるかもしれません。

「これくらいなら浮気と言えないだろう」こんな言葉ではありませんか?

恐らく頭の中では葛藤を繰り返していると思います。

ひとりが「そんなことできるわけがない」といえばもうひとりの自分が「こんなチャンス2度とないかもいれない。バレなければ大丈夫」これは大変です。

どちらの声に自分が勝つかにもよりますね。

男らしく「自分には大切な人がいるんで」ときっぱり言い切れるのにこしたことはありません。

しかし、倦怠期に入っている。

相手との関係に息苦しさを感じている、また不満を持っている。

などという状況のときなら、断る自信がないと思う男性は意外と多いのではないでしょうか。

浮気をするなんて、そんな勇気がない、という男性もいるかもしれないですね。

反面浮気グせなとどいうやっかいな感性をもっているなら思わず行動にうつしてしまうかもしれません。

では、男性が考える浮気のボーダーラインはどこにあるのでしょうか。

1、定期的に2人で会っている

定期的に2人で会っている、この程度では浮気と考えていない場合があります。

彼女は友達だから、別に愛情があるわけではない。

でも一緒いいると楽しいから会っている。

また相談相手として会っている、別にやましいことはない、だから浮気ではない。

ぐらいの感じでとらえていませんか。

「気持ちあるわけではない」男性がよく使う言葉ではないでしょうか。

その通り。

彼女や妻にいだく愛情という感情が動いているわけではない、そうなんです。

しかし、一緒に過ごすことで、愛情とは別の感情も動いているはずです。

しかし男性としては、これくらなら浮気とは言わない。

と考えているのではないでしょうか。

しかし、すべての女性に理解があるわけではありません。

女性としては、パートナーが自分とは別の女性とふたりで会っている、そう知った時にはあまり気持ちのいいものではないでんすよ。

またやきもちやきのパートナーの場合、この段階でも修羅場になりかねませんのでご注意ください。

女性と二人で会う事をきちんとパートナーにも了解を得ているから、だから大丈夫。

そんな風に理解を示しているふりをしているだけかもしれません。

あまり、うれしいものではないという事は、覚えておきましょう。

2、恋人より頻繁に連絡を取っている


恋人より頻繁に連絡を取っている、こではいかがでしょうか。

連絡内容にもよりますね。

例えば、仕事の連絡をしないといけない相手である。

もしくは彼女にはあまり言いたいことも言えない、でもこの人にはなんでも話すことが出来る。

そんな感情が動いていませんか?付き合っているのは恋人。

連絡しあっているのは友達。

と男性の中で分けていたとしても、彼女からすればあまりうれしいことではありませんね。

もし、彼が他の相手に心を許していて、その人と話す方が楽しい、気持ちはとても楽だと、そんなふうに思ってしまっているのであれば、恋人関係を見直す必要がでてくるかもしれませんね。

恋人には他の女性と頻繁に連絡しあっている、そのことは秘密にしているのでしょうか?気が付いたら今の彼女より好きになってしまっていた。

なんてことにもなりかねません。

浮気ではないと思っていたの気が付けば本気の恋になっていた。

そんな感情に気が付かなかった、気が付いた時にはもう戻れなかった。

なんてことも男性にはあることです。

やはり、男性の心理としては、女性に対して、常にドキドキする関係よりも、気持ちが安らげる、そんな相手を求めてしまうものではないでしょうか。

そうかもしれない。

と納得してしまった人もいるでしょうか。

しかし、彼女とは別れたとして、その友達に告白しても相手から「そんな気持ちはない」と、結局は両方の女性から別れを告げられてしまうことにもなりかねません。

お気をつけくださいね。

3、キスした

男性からすると「キスぐらい挨拶程度なものだ」と思う人もいるでしょうか。

さすがにキスをする行為は浮気とわかっている。

わかっていながらキスをした、そんな場合もあるのではないでしょうか。

この辺りで浮気ととらえるラインが変わってきます。

大半の男性は明らかに浮気と取れる行為である。

とは思うものの「キスぐらいなら」と思っているのではないでしょうか。

愛情という感情がなくても本能が勝ってしまうと理性も働きにくくなります。

綺麗な素敵な女性からキスをせがまれたらどうしますか?酔っぱらっていて、そんなシュチエーションもありますね。

しかし、男性は気持ちのない女性とはキスをすることは好みません。

キスをする。

これは多少気持ちがある女性に対しての行為だと言えます。

意外に男性は、キスをする事と肉体関係を持つこと、そこは別の感情で分けることができます。

つまり、愛情はなくても肉体関係はもてる、しかし、気持ちのない相手とはキスはできない。

そんな風に考えることはないですか?キスをしたい、キスされたい、そんな気持ちになっているのであれば、女性に対して好意をもっている、そう言えるかもしれませんよ。

4、体の関係をもった時点で

この段階であれば男性も浮気と自覚しているでしょう。

浮気とわかっていながら本能が勝ってしまい理性が働かなくなってしまった状態です。

ここまでくれば「どうすればバレずにすむだろうか」「このままバレずに関係をもっていきたい」などといろんな気持ちが頭の中をよぎっている状態かもしれません。

なによりこの段階ではすべての男性が浮気をした。

と自覚をもつと言えます。

女性が考える浮気のボーダーライン

次に、女性の場合を見てみたいと思います。

女性の場合はどこからどこまでを、浮気のボーダーラインと考えるでしょうか。

女性の場合、男性と違うところは愛情を分散できるところだとお伝えしました。

ですから、女性の場合早い段階からすでに浮気をしている、そんな意識は高いと思います。

本命は彼氏だけど、また別の人も好きになった、しかし、しっかり順位をつけます。

つまり、二人の男性に対して、その時その時で愛情を注ぐことができると思います。

1、手を繋ぐ

手をつなぐぐ段階では「これくらいならいいかな」という気持ちがあるでしょうか。

ちょっとしたいたずら心が働いた段階だと思います。

しかし、この段階ですでにちょっとした浮気心もあるといえるでしょう。

女性は受けつけない相手や少しも感情の動かない相手とスキンシップを取ることはありませんからね。

少し気持ちがキュンとしている自分に気が付いているのではないですか。

ひとりの男性一筋だ、そんな女性もいるでしょう。

しかし、まったくタイプの違う男性からアプローチを受けた、また、自分の気持ちが動いている。

そうわかったとしても、気持ちの整理をつけることができない、二人の男性の間で気持ちが揺れ動いている、そんな人もいるのでは?その場合、浮気をしている、その認識はもしかしたら薄いかもしれません。

女性の心って難しいですね。

2、ハグをする

挨拶代わりにハグをすることはありますね。

フレンドリーな関係であればハグをすることもあると思います。

少しふざけてのハグもありますね。

気持ちの入ったハグもあるでしょう。

ハグに関しては浮気の観念には大きな幅があります。

彼や夫以外の男性とハグをする。

その相手に関して女性は好意がないとは言い切れません。

女性は、嫌な相手とはハグはしません。

ハグをする行為だけで浮気のラインは引けない、とはいえ多少の気持ちの揺るぎはあると言えるでしょうね。

ハグをする、そうすると相手の体温を感じる事ができます。

心臓の鼓動も聞こえるでしょうか。

もし、ぎゅっと強くハグをされた瞬間、恋のスイッチが入ってしまうことも、ハグをした段階では浮気をした。

そんな認識はうすいかもしれませんが、その後、もしかしたら気持ちが端ってしまうかもしれません。

3、キスをする

キスをする段階で、女性は浮気しているという認識はあるでしょう。

きっと今までとは違う感情が芽生えていることにも気が付いているのではないでしょうか。

今まで忘れていたドキドキなど、そんな気持ちを感じていると思います。

そんな自分の気持ちに蓋をするのか、走り出してしまうのかはその人の気持ち次第ですね。

女性も、男性と同じく、酔った勢いでキスをした、そんなシュチエーションもあるでしょう。

しかし、その後何か相手のことが気になってしまう。

やはりそこから浮気へと発展してしまう人も中にはいるかもしれません。

4、体の関係をもつ

体の関係を持つ段階では男性と同じく完全に浮気をしている。

その認識はあります。

ただ女性の場合、体の関係をもった後の感情が男性とは違うのではないでしょうか。

男性はこのままの関係を続けていけるものなら。

と思う人もいると思うのですが、女性は意外と「どうしよう」などと後悔や不安が先にたってしまう人もいるでしょう。

しかし、そう思うのも初回だけかもしれませんね。

その関係がもし続くようなら、また、回数を重ねていくと、慣れてしまい、何食わぬ顔で浮気を続けていける。

これが女性の心理ではないでしょうか。

もし、そのまま後悔だけが続いてしまう、この考えるタイプの女性は、もとから浮気、という行動を起こすことはないと思います。

後悔し続け、自責の念に耐えられない女性であれば、もし浮気をしてしまった。

その時点でパートナーに打ち明けてしまうかもしれませんね。

見事にふたつのタイプに分かれるのが女性の特有だと思います。

男性は「こいつに限って」なんて
思い込みは危険です。

女性であっても、恋のスイッチが入るとシラっと他の男性に気持ちがいっているかもしれませんよ。