仕事でも趣味でもスポーツでも、何でも器用に誰もできないようなことをいとも簡単にこなしてしまう、

しかし簡単にできてしまうがゆえにある程度、そのことを極めるとそれ以上は望まない。

1流までにはなれるけど、プロにはなれない、そのような器用貧乏といわれる人は多いはずです。

周囲から見ていれば、「あの人は何も努力していないのに、何でも簡単にこなしてしまう」「元から才能があり、何でも器用にこなしてしまう」そう思われていることでしょう。

しかし、自身が器用貧乏の人からすれば、器用貧乏なりの悩みもあります。

ある程度のことを簡単にできてしまうため、何か一つに情熱を燃やして行動ができなかったり、本気で何かに取り組もうと何か実践するのが難しいのです。

人は何か自分の前に大きな壁があると、それを超えようと思い必死で努力をしますよね。

その壁を超えたいか、超えたくないかという気持ちは大事になりますが、超えたければ超えたいと思う事こそ、やってやろうという気持ちになるはずです。

しかし、その壁が低いものであったらどうでしょうか?必死で努力しなければ超えれない壁だと思っていたのに、

少しの努力で簡単に突破できてしまった、そうなってしまうとそのこと自体が「簡単なちょろいことだったんだな」と思ってしまうことでしょう。

しかも、そんなことが色々とあれば、どれか一つに情熱を燃やすのは、逆に難しいと考えれます。

何でもできるんだから、どれもそれなりにやってこうなんて考えるものではなないでしょうか?

器用貧乏は、何でもできるがゆえに、色々なことに手を出してしまって最終的にはどっちつかず、という結果に終わってしまっている場合が多いです。

器用貧乏の人たちは、そんな自分に嫌気がさしているのではないでしょうか?

成功する人や何か称賛される人というのは、何か一つのことを徹底的に努力して、一つのことを極めた人が多いです。

器用貧乏の人は、そのような実力や能力を備えているにも関わらず、自分の能力や考え方ゆえに何かに成功するということができないでいるんですね。

今回はそんな器用貧乏さんに向けて、器用貧乏を抜け出すためのマインドセット術をお伝えしていきます。

器用貧乏は長所?それとも短所?

はたして、器用貧乏という性格や特徴は長所なのか、短所なのかどうなのでしょうか?これは人によっても意見や考え方は変わってくるでしょう。

自分が器用貧乏だったから、今まで得したことがあった人も多いでしょうし、器用貧乏だったために損したことがたくさんあったなんて方もいます。

要は捉え方の問題でもありますし、器用貧乏という特徴を最大限生かして生活が出来ている人は、完全に長所になるでしょう。

しかし、器用貧乏な生活が災いして生活などが窮屈になってしまっているのであれば、それは大きな短所となるでしょう。

客観的にみると、器用貧乏には長所も短所もあります。

そうでない人から見れば器用貧乏は「何でも簡単にできるんだから長所でしょう」なんて意見も多いんですね。

しかし、本人からすれば、色々な意見が分かれて出てくるはずです。

これは、自分が器用貧乏であるという人にしかわからないことですし、感じれない部分ともいえるでしょう。

器用貧乏な人に共通する9のこと

では、器用貧乏の人とは、どのような特徴を持っているのでしょうか?

正直、器用貧乏の人は人間的な能力でいえば、普通の人より高いのが特徴的ではないでしょうか?

基本的に器用ですし、どんなことでもこなすことができます。

理解力も高いですし、自分のこともしっかりわかっており、自分の意思も持つことができます。

ある程度、完成した人間であるということが挙げられます。

では、実際に共通することとは、どのようなことなのか具体的にみていきましょう。

①努力家

器用貧乏の人は一見すると努力なんかしなくても、何でもこなしてしまうと思われがちですが、人一倍の努力家であります。

それは、自分がどのくらいの能力があるのかわかっていますし、自分がどれだけ努力すればある程度のことはできるとわかっているからです。

なので、人が見えないところで多くの努力をしている隠れ努力家ともいえるでしょう。

しかも、自分にできないことがあるのが嫌なので、その努力をしているところは誰にも見せません。

なので、他人からすれば、「あの人は努力もしていないのに、何でもできるようになってしまう」と思ってしまうんですね。

できることに対しての、練習や努力は全力でできるんです。

しかし、その逆にできないということがわかると、諦めも非常に早いです。

普通の人であれば、できるかできないかわかっていても、何か自分のやりたいことがあれば、それに向かって努力をしていくはずです。

しかし、器用貧乏は努力家ではありながら、自分で超えられない一線があれば、その一線を超えるような努力はしないです。

ここがプロになれない理由の一つでしょう。

ある意味、自分の能力の限界を決めているということにもなります。

②負けず嫌いじゃない

器用貧乏は、誰かに負けるということに対してそこまで感情的になりません。

負けず嫌いではないということが考えられます。

非常に冷静に客観的に物事を見ることができるので、世間には上には上がいるということをわかっています。

自分でももちろん自慢できることや、他の人よりも優れている点があるのもわかっていますが、それ以上にできるという人がいるのも理解しています。

そして、そのような自分よりも優れている人よりも努力をしたり、その人を上回ったりしようとは思わないということですね。

人の頑張れる原動力の中に、あいつには負けたくない、その人よりは上に行きたいという競争心のようなものがあります。

しかし、器用貧乏の人には、このような競争心などの闘う心が非常に低いといえるでしょう。

誰かをライバル視したり、あの人だけには負けたくないという気持ちがないんです。

自分は自分で、他の人は他の人、自分が満足できる分だけやっていれば納得できるという、向上心があまりないのも特徴的です。

③好き嫌いがハッキリしていない

好き嫌いがハッキリしていなく、何か幅広く手をつけるのが、器用貧乏の特徴です。

幅広く興味があるものがあるので、何か一つのことを極めようとも思わないですし、どれも器用にできてしまうので、特に何か一つのこだわる理由がないんですね。

よく学生時代、部活には所属していないけど、スポーツ全般ある程度のことができちゃうやつっていませんでしたか?

あれは、完全に器用貧乏で、何か一つのことに集中すれば、絶対にトップレベルにいける運動神経をもっているのに、何でもできちゃうがゆえに色々なスポーツに興味をもってしまう。

そんな人が学校にはいたはずです。

④要領がいい

器用貧乏は、基本的に頭の回転が速く要領が良いです。

ビジネスのシーンでも、自分の仕事は簡単にこなしますし、他人の仕事であってもさくっとこなせてしまうことでしょう。

会社において要領が良いのは、仕事ができる人の大きな特徴です。

その人の性格にもよりますが、その自分が仕事において要領よくこなせることを、

鼻にかける人かそうでない人か、そのような性格によってもその人へ対する周囲への見方は変わってくることでしょう。

「あの人は何でもできるけど、性格が悪い」と思われるのか

「あの人はなんでも要領よく仕事をこなすことができて尊敬できる」と思われるのか、その人の仕事における態度が重要になってきます。

何でも簡単にこなしてしまうけど、それ以上がなく自分の興味があることしかやらない人のいるので、能力とは別に性格は非常に大切となります。

⑤弱点が少ない

仕事、私生活などにおいて弱点が少ないのが器用貧乏の方に共通することです。

仕事もある程度できるし、自分の考えや意見をもっているので私生活でぶれることなく充実した日々を送っている。

弱点がなく隙のない人と見ることができます。

しかし、弱点がないのですが、逆に大きな強みが少ないのも一つの特徴かもしれません。

能力も高いですし、自分を客観視することができるので、現在の自分でどのくらいの能力を発揮できるのかということを理解していますから、自分の能力を最大限に発揮している生活を送っています。

しかし、それ以上に能力を大きくしようとも思わないですし、今以上に何か達成しようとも考えないので、

悪い言い方をすれば、毎日が平凡な生活、安定的な生活を送っているともいえるでしょう。

⑥仕事をお願いされやすい

仕事において、要領がよく能力も高いので、仕事をお願いされやすいのも共通点でしょう。

仕事をお願いする方からすれば、なんでもそつなくミスなくこなしてくれるのが一番理想的です。

そのように考える場合、器用貧乏の人に仕事を振っておけば安定感もありますし、何より信頼して仕事を任せることができます。

上司が仕事を部下に振ろうと考える場合、もちろん成長の意味合いも込めることもありますが、

やはりスムーズにミスなく仕事を進めてくれる人に仕事を振るのは当然のことでしょう。

⑦他人からは重宝される

他人からすれば、このような器用貧乏の人が近くにいてくれれば、それは重宝することでしょう。

仕事においては典型的で、何でもそつなくこなせる人が職場にいると、

全ての業務において円滑かつスムーズに業務を進めることができますし、このような人は問題点を見抜く能力も非常に高いです。

なにか問題点があった場合、その問題をいち早く見抜き改善点を出す事ができます。

客観的にみる視野がもの凄く広いんですよね。

上司としては、このような部下がいれば安心できますし、同僚や後輩からしてもとても頼れる職場の仲間ともいえるでしょう。

⑧貯金をよくする


器用貧乏は貯金をよくします。

これは一体どういうことでしょうか?簡単にいえば、現実がしっかりと見えているということです。

将来の夢や目標、なにか向上心をもっている人は、自分の能力を上げるために何かに投資をしたり、

貯金のことなんか関係なく思っている通り、悪い言い方をすれば行き当たりばったりにお金を使っていますが、

器用貧乏の人は、他の人に比べて、自分の人生設計というものができているんですね。

なので、今以上に何か自分の能力を伸ばすとも考えないですし、今後の自分の生活を華やかにしようなんて考えもありません。

背伸びしたり、高望みをしない性格をしています。

今の自分の生活に満足し、しっかりと貯金をして将来のことを考えています。

⑨大企業や古い会社だと出世する

器用貧乏の人には、イエスマンが多いです。

会社において上司や会社の命令を、何の疑問ももたずに実行できる人のようなことをいいます。

大企業や古い会社において、このようなイエスマンというのは、上司の評価も高いですし、会社の評価も高くなるという傾向が多いです。

 仕事において、自分の意見を言うのも大事なんてことはたくさん聞きますが、そのような部下の意見に耳を傾けてくれる上司や経営者ってほとんどいないと考えた方が良いです。

一番理想的な部下、高い評価をつけたくなる部下というのは、自分が言った事に対して忠実にもしくはそれ以上にこなしてくれる部下です。

器用貧乏の人はイエスマンですし、他の人とより能力が高く仕事ができるので、このような大企業や古い会社だと出世する事が多いといえるでしょう。

器用貧乏が短所として扱われるとき

器用貧乏といえば、言葉から想像すれば何かネガティブな感じがしますね、何せ貧乏ですから。

しかし、他の人からすれば、才能があり何でもできるというようなメリットが大きく想像できそうです。

しかし、そんな器用貧乏の人でも短所として扱われることが多いです。

器用貧乏なりの短所とはいったいどのような部分にあるのでしょうか?器用貧乏であるがゆえに今まで苦労した人も多いはずです。

個性がないと思われがち

器用貧乏の人は、何か自分が先頭に立ったり何か率先して意見を発言しようとは思いません。

ムダな争いごとを避けたり、現状を壊したくないという気持ちが強いんですね。

なので基本的に他の人と違う行動は避けたいという人が多いでしょう。

こういったことから周囲からすれば個性がない人と思われてしまいますし、自己主張にかける人という見方もされる場合もあります。

しかし、器用貧乏の人は自分に能力があるからといって、周囲の人よりも個性を出したりするのを嫌がっているんですね。

ある意味目立とうと思ったり、何か人よりも良い成績をとってやろうという競争心や向上心があまりないということです。

どの分野においてもトップにはなれない

器用貧乏は、何でもやるしやったことに関してはある程度器用にこなします。

しかし飽きやすい性格もありますし、ある程度極めたところで満足してしまう、

それ以上を目指そうとしないという特徴があるんで、どんなことに関しても、どの分野においてもトップにたつことができません。

やはりトップにたつには、ある程度のこを極めて、さらにそれ以上に努力を重ねてその先を目指さなくてはいけませんが、器用貧乏の人はそこまでを目指そうとしないわけです。

ある程度極めれば、それで良い、それだったらもっと他のことに手を伸ばしていきたいと考えてしまうです。

周りからは都合のいい人と思われる

このように器用貧乏の人は、何でもできるので色々なことに手を出したいと考えます。

色々なことに挑戦したほうが楽しいですし、しかもやる事なんでもかんでもできてしまうので、自分の幅を広げるのにも色々と手をつけることは悪くない選択だと思います。

しかし、周囲の人からすればおもしろくないと思う事もあるでしょう。