CoCoSiA(ココシア)

器用貧乏な人の9個の特徴と、抜け出...(続き6)

分析能力やITに興味がある人でなければ慣れない職業でしょう。

また、作業が細かく複雑ですし、時間短縮を求められるなど業務において特に要領の良さを求められます。

なので器用貧乏のような要領の良さや、すぐに仕事をこなしてしまう能力を非常に活かせる職業といえます。

コミュニケーション能力も必要なのでなおさら向いているしょう。

心理カウンセラー

心理カウンセラーは人の心裡を探り、その人がどのような状況なのか、どんな気持ちなのかを判断しカウンセリングしていく職業です。

もちろん専門的な資格や知識は必要ですが、とにかく人を分析する能力が必要ですし、人に対する印象なども良くなくてはいけません。

コミュニケーション能力の高さが必要となるので、客観的に物事見れる視点が必要ですし、時には相手のためを思ってきつい一言も言わなくてはいけない場面もあります。

ネットショップ経営

ネットショップ経営をするには、通常よりも優れた販売力が必要になりますし、ネット特有の集客力が必要となるので、

普通の考え方ではできないですし、様々な視点から分析し改善を繰り返していかなくてはいけません。

専門知識も必要になりますし、頭が良くないと成り立たない職業でしょう。

器用貧乏は賢い人が多いので、適している職業といえます。

総務


総務は会社の事務系の仕事から、会社の細かいところまで目を配って様々な業務をしていかなくてはいけません。

使う能力は、心配りや配慮といってところでしょう。

縁の下の力持ち的な役割で見返りを求めずに、どれだけ人の役に立てるか?という部分を考えなくては出来ない職業になります。

器用貧乏の人は、見返りを求めずに自分の能力を発揮できる特徴があるので向いています。

「器用貧乏」とは?

実際に「器用貧乏の人がどのようにして器用貧乏から抜け出すのか」や「器用貧乏の人に共通する点」などを紹介してきました。

では、そもそも器用貧乏とはどのような意味があるのでしょうか?

一般意味

器用貧乏の一般的な意味としては、「器用で色々なことをこなすことができるが、それが原因で成功を収める事が出来ない人」のことをいいます。

色々とこなせることにはメリットばかりと思われがちです。

しかし、逆にそのせいで成功できない人は多く、そのような人と器用貧乏といいます。

類義語

器用貧乏には巧者貧乏などの類義語があります。

どちらも同じような意味で、器用がゆえにひっつの物事に熱中できなかったり、他の人にいいように利用されてしまう人のことです。

器用貧乏はわるいものじゃない!

器用貧乏はその器用さゆえに、損している事も多いでしょう。

しかし、決してわるいものではありません。

生まれついて持っている能力に疑いの余地はありません。

他の人より優れている点においてはたくさんあることでしょう。

しかも、器用貧乏を抜け出す事だって可能です。

抜け出す事ができれば、それはもう器用貧乏ではなく普通の能力の高い人間です。

なので、向上心を持ち今以上自分の成長させようという気持ちを持つ事ができれば、器用貧乏はどこにでも通用する優れた人間となることでしょう。