仕事選びをする際は、あらゆる視点から物事を判断することが大切です。

自分にはどんな仕事が向いているんだろう、今の仕事はイマイチ性にあわない気がする…なんていう人は、改めて自分自身の適性を見極めてみましょう。

適材適所という言葉があるとおり、人には性格や考え方によって、仕事に対する向き不向きがあります。

最近では、仕事選びに対して、『楽しさ』や『やりがい』を求める人が増えている傾向があるので、特に仕事とのマッチングは重要な部分です。

仕事に対して多くを望まず、お金が稼げればそれでいい、収入や待遇が良い職種が良い、と割り切っている人もいると思います。

しかし、仕事は社会人にとって、生活の中心となる主軸なので、そう簡単に割り切ることは難しいのです。

職場環境や対人関係、仕事に対する楽しさなど、気になる部分は人によってさまざまですが、まずはストレートに『仕事が面白い』『仕事が楽しい』と感じているかどうかが、大切なポイント。

人付き合いや待遇面は、働きやすさに直結する部分ですが、それよりなにより、仕事自体を面白い・楽しいと思えるかどうかで、働くことへのイメージは一転します。

自分を取り巻く環境より、自分自身が打ち込む仕事内容が肌にあっているか考えたことはありますか?

例えば、人と接することが好きな人であれば、コミュニケーションが多い仕事が向いているでしょう。

しかし、その中でも選択肢は沢山あります。

多くの人と出会うことが好きな人は、さまざま人が訪れる賑わいのあるエリアの販売職。

1人のお客様とじっくり向き合いたい人や接客スキルを磨きたい人は、単価の高いブランドショップ。

はたまた、子供が好きな人は保育スタッフや子供向けのレジャー施設のスタッフ、お年寄りの力になりたい人は介護施設員など。

『コミュニケーションが好き』という要素を一つ取り上げてみただけでも、その人の素質や志向性に合わせて選ぶべき方向は異なります。

本当に自分に向いている仕事を探したい、どうせやるならやりがいを持って働きたい、と考える人は自分にとって『楽しい仕事』を見つけたいはず。

楽しい仕事とは、人によって全く異なりますが、今回は『楽しい仕事を探す、楽しいことが好きな人』のために、おすすめの仕事や働き方の選択肢について考えていきたいと思います。

楽しいことが好きな人向けの仕事を紹介!

何を楽しいと思うかは、人によって全く違うものです。

とにかく明るく元気に過ごせる環境を楽しいと思う人もいれば、自分の実力を示して周りに認められることを楽しいと思う人もいますよね。

しかし、『楽しいことが好き』と明言するタイプの人は、共通して前向きで行動的な人が多い傾向があります。

自分にとって一体なにが最善であるかを考え、前のめりに新しいことをドンドン吸収していく貪欲さを秘めていたり、常に刺激的な何かを求める探究心を持っていたりします。

自らすすんで楽しいことを求める人は、ポジティブかつアクティブな精神の持ち主なので、その前向きなエネルギーと上昇志向を活かせる仕事を選ぶと長続きするでしょう。

楽しいことが好きな人におすすめの仕事

楽しいことが好きな人には、どんな仕事が向いているのか、楽しさの傾向別におすすめの職種をピックアップしてみました。

1、営業職

営業職は、わかりやすく目に見える形で成果を出して、評価されることにやりがいを感じる方や沢山稼ぐことに達成感や充実感を感じる人におすすめ。

営業職を選ぶ人は、目標を追い求めるストイックさを強みにして、前のめりの姿勢で仕事に励み、数字として自分の成績を明らかにして自分の力量を示すことで、周囲から一目置かれる存在となることを誇りに感じています。

社歴よりも契約件数や売上成績が大切になる世界なので、能力次第で大きな裁量を任され、インセンティブや賞与などで還元される仕事も多いでしょう。

働きやすさよりも収入面を重視してガツガツ稼ぐことや周りから認められることを楽しいと感じられる人にとって、営業職は天職です。

2、Youtuber(ユーチューバー)


Youtuber(ユーチューバー)は、今の子供たちにとって一番の憧れとなる存在でしょう。

Youtuberは、世界規模の動画投稿サイトYouTubeにおいて、自らプロデュースした企画動画を撮影・編集・投稿することで再生回数に応じた収入が手に入る仕組みです。

人気のYoutuber達は、人が思いつかないようなこと、気になるけど行動には移せないことを動画にして世の中に発信している人が多数。

Youtuberは面白いネタ・美容・実験・実証といったさまざまなカテゴリで、それぞれ自分が楽しいと思うことを体現しており、それに対して共感する人や興味を持つ人たちから支持されています。

プロフェッショナルが手がける完璧な仕事ではなく、どこか手作り感のあるエンターテインメントは、視聴者が親しみやすく、手の届きそうで届かない身近な憧れの存在として評価を集めているのです。

Youtuberの起源は、誰の為でもなく自分が楽しいと思うことをする発信力。

自分の考える楽しいことを表現して認められることが仕事になるなんて、夢のような職業ですよね。

規定の枠にハマらず、自分の思う楽しいことをとことん追求した結果がYoutuberです。

しかし、どんなに楽しいことでも、それを継続して楽しみながら仕事として収入に繋げることはとても簡単なことではないので、相当のセンスと努力、そしてセルフプロデュース能力が必須です。

3、イベントコンパニオン

人に注目されることが好きな人や舞台に立つことに憧れを抱いている人は、イベントのコンパニオンして活躍する仕事がおすすめ。

イベントコンパニオンは、企業のイベントやステージおいて花形となるポジションです。

企業の顔として多くの人から注目され、写真を撮られてメディアに取り上げられたりすることもあります。

コンパニオンは、モデルと同じようにプロポーションや顔立ちの良さも重要です。

自分自身の素質や魅力を最大限に生かして武器にするということなので、自分に自信のある人に向いています。

華やかな世界で活躍することを夢見る人や自身の強みを仕事にしたいと思う人は、コンパニオンとして働くことで自分がこうありたいと思う姿をそのまま仕事にすることができます。

こういうタイプの人は、仕事に対してだけでなく、日常的に意識が高く、注目されることに躊躇いがありません。

常日頃から抱いている願望や夢が、働くことで達成されることはとても刺激的で楽しい体験でしょう。

4、ガイド

新しい知識を吸収して、知見を深めることを楽しいと感じる人はバスツアーや施設のガイドがおすすめ。

ガイドは、自分の担当する分野について、誰よりも詳しくなくてはいけません。

そのために、常日頃から最新情報をインプットすることが重要。

美術館や博物館など、自分の興味のあることについて深学びたい人は、一つの分野に特化した専門ガイドに。

旅が好きな人や新しいトレンドや流行に敏感な人は旅行バスや観光地の施設ガイドなどが向いているでしょう。

多くを学び、知ることを楽しいと思う人にとって、ガイドの仕事は趣味と実益を兼ねた職種です。

それに、自分の学んだ知識が誰かの役に立つのはとても嬉しいことですよ。

5、インストラクター


スポーツが好きな人や体を動かしたり鍛えたりすることが趣味の人は、インストラクターの仕事がおすすめ。

趣味と仕事を両立させて、働きながら自分の好きなことに励みたいという人にとって最適の仕事でしょう。

また、自分の好きなことの楽しさを多くの人に伝えたいと思う人や得意なことを活かして働くことを有意義だと感じる人にはうってつけ。

仕事を心から楽しみながら充実した日々を送ることができるはずです。

6、フリーランス

人に流されることなく自分のペースで働きたい方や、自分のスキルで勝負していきたいと考える人はフリーランスがおすすめ。

フリーランスの仕事は全て自分の能力と采配次第。

人にとやかく言われることなく、仕事の内容・量・単価などを自由に設定して働きます。

自身の裁量でセルフマネジメントしながら働くことを楽しいと思う人には、向いている働き方です。

人に頼らず、独立した人になりたいと考える人もフリーランスになることで、これまでとは違う働く楽しさを感じられるかもしれません。

7、ゲーム系の仕事

とにかくゲームが好きな人や自分でゲームを作りたいと思う人、新しい流行を生み出したいと思う人はゲーム業界の仕事がおすすめ。

一口にゲームを作ると言っても、関わる方法は多種多様です。

ゲームを企画する制作部署の進行管理・キャラクターデザイン・プログラマーといった直接的にゲームづくりに関わる仕事もあれば、完成されたゲームの仕様やバグをチェックするデバッカーや広告販促PRといった仕事もあります。

同じゲーム好きでも、どの段階の仕事に携わることがその人にとって楽しいことなのかは、仕事に何を求めるかによって全く違います。

それこそ、声優になってゲームをに出演したり、有名なYoutuberになってゲームの実況を仕事にすることも可能です。

ゲームづくりに携わることが楽しいのか、自分の作った企画やキャラクターに命を吹き込むことが楽しいのか、ゲームをプレイすることが楽しいのか、それぞれのタイプごとに適切なセクションは違いますので、自分が働く姿を良くシュミレーションしてみてください。

8、映画館スタッフ

映画やエンタメ業界に興味があり、プライベートでも良く触れているような人は、映画館のスタッフがおすすめ。

映画を観ることが趣味で、映画館に特別な思い入れがあったり、たくさんの作品に触れたいと思う人は映画館で働けば常に最新のコンテンツに触れられるので、毎日が楽しくなるでしょう。

楽しいことが好きな人の特徴

楽しいことが好きで、さらにその精神を仕事にも活かしていきたいと考えている人は、性格や考え方に特徴があります。

働くことをイコールで楽しさに直結させたいと考える場合、そこ人がなにより第一に優先しているのは自分自身の掲げる信念です。

妥協せず、こうありたい、と理想とするビジョンを絶対に実現させるのだ!…という強い気持ちや信念がなくては、なかなかその意思を貫くことはできません。

貫ける意思があるということは、すなわち自分自身の考え方に自信があるということ。

こういう人は、目指すべき将来像がハッキリしていて、明確な目標設定ができていることがほとんどです。

楽しいことが好きな人…というと、どこか楽観的なイメージがありますが、実際はある意味、誰より自分自身をよく知るリアリストなのかもしれません。

周りに楽しい人ばかりがいる

楽しいことが好きな人は、自分自身が最もベストでいられる環境づくりを重視します。

仕事もプライベートも、何事も楽しくあることを一番大切にしたいと思うからこそ、その人は、それを実現するために働き方はもちろんのこと、取り巻く環境さえも自ら築いていくのです。

楽しいことが好きで、さまざまなことにチャレンジしていくアクティブな人はとてもエネルギッシュなので、人付き合いも活発になります。

その中で、気の合う相手やリスペクトし合える相手と出会える機会も多く、周囲には楽しいことが大好きな明るく活気づいた人たちが集まります。

楽しいことを求める人の周りには、自然と同じようにポテンシャルの高い仲間が集まるため、必然的に過ごしやすく、やる気に満ちた空間が生まれるでしょう。

仕事も楽しくて仕方がない

楽しいことが好きな人は、どんなことも、自ら楽しさを見出すポジティブなマインドを持っています。

人がつまらない・めんどくさいと思うことも、考え方や取り組み方によっては楽しいことになるもの。

楽しみ方を知っている人は、感性が豊かなので、人が気にしないような細かな部分から小さな幸せや喜びを見つける天才です。

視野を広く持ち、柔軟な思考回路を働かせることで、新しい価値を創造し、何事も有意義で楽しい時間に変えることができるのでしょう。

自分で刺激となるエッセンスを加えたりしながら、楽しさを倍々に広げていくので、仕事もプライベートも関係なく常に楽しいことが溢れています。

完璧主義ではない

楽しいことが好きな人は、全てに完璧を求めません。

周りからの評価や世間体から見た100点満点よりも、自分自身が楽しむことを一番に重視するため、誰からみてもパーフェクトな仕上がりを追求するわけではないのです。

完璧を求める人は、楽しさよりも効率的な方法やより周囲からの評価を得られる選択をするなど、注力するポイントが非常にシビアで、考え方かビジネスライク。

いかに仕事を成功させ、実績やキャリアにつなげるかという部分や、いかに楽して仕事を早く終わらせるか、いかに収入をアップせるか、などという部分を最重視しているので仕事に対する楽しさは求めていません。

それこそ、仕事は興味と関係なく単純で簡単なものがいいという人もいますし、収入さえ良ければ特に職種にこだわりはないという人もいます。

こういうタイプの人は、楽しさを求める部分が仕事ではないということです。

収入・キャリアを求める人、残業ナシの職場を求める人などそれぞれにとって絶対外せないマストの部分が異なりますが、中でもこだわりが強い人は完全に条件を満たした職場選びに情熱を注ぎます。

また、完璧主義で毎日のルーティングやこだわりを死守することを重要視したり、日々の小さな変化を許せないタイプの几帳面な人は、とてもじゃありませんが状況や感情に応じて楽しさを優先した選択をしたりしません。

完璧主義とは程遠く、その時々で自分自身の気が向くままに行動をする人や、これと言った強いこだわりや固定概念がない人の方が自由奔放に我が道を突き進んでいきます。