友人関係においても恋愛関係においても順調なときはあまりよくわからないものがあるのですが、何か悪いことが起こった時の対応で、その人の本当の人間性が出ることがあります。

恋愛関係においては、風邪をひいたときにその対応でわかってしまうところがあるのではないのでしょうか?

できれば今の恋愛関係をずっと続けて生きてゆくゆくは夫婦になりたいと考えているのであれば、そんなときの対応について押さえておきたいものです。

やはり、そのような困ったときにどれだけ助けてくれたかと言うのも将来を考えることにおいて重要な判断材料になります。

ただ、あまりご自身が風邪をひかないような人だと、風邪をひいたときにどのような対応したらいいかわからないこともありますよね。

では、彼氏が風邪をひいたときにどのような対応したらよいのかというのを一つ一つ見ていきましょう。

風邪を引いた時の対応で結婚を決めた男性も!


巷では、風邪をひいたときに彼女がした対応で結婚を決めたと言うような人もいます。

やはり、この人と一緒にずっと生きていきたいと思うような時はそのような困ったときの対応しっかりとしてくれたと言うところがあるようです。

ですので、彼の未来を考えているのであればぜひともその時の対応を押さえておきたいものですよね。

風邪のときの対応は、やり過ぎてもあまり過干渉で良くありませんし、放置も良くありません。

彼女としての対応を知っておこう

では、彼女としてどのような対応すれば、結婚を決められるようになるほどの気持ちを引き出すことができるのでしょうか?

そのために、彼女としてどのようなことをしたら良いのか押さえておくことが大切です。

ですので、そのような対応の仕方についていろいろと知っておきましょう。

彼氏が風邪を引いたときの彼女のベスト対応

このような困った時にこそ、人生を共にすると言う決断する人もいます。

巷の掲示板を見ていると、その対応方法について不満を抱くということもあり、困ったときの対応こそが大切になってくるのです。

では、彼女としてのベストな対応について一つ一つ見ていきましょう。

1.差し入れをする

彼氏と彼女の関係ですので、一人暮らしをしているような人でない限りはずっとそばにいて看病するという事は難しいかもしれません。

でも、そのような状態なってもできることがあります。

それは差し入れをすることです。

やはり食事の準備というのは意外と体力を使うものです。

ですので、普段はなんて事なくても、そのような風邪をひいている時ばかりはしんどいところがあります。

できなくはないのもあるのかもしれないけれど、そこを引き受けてあげることで、彼氏も作るという対応をすることがないので体力の消費をすることなく、おいしいものを食べてゆっくりとすることができます。

ですので、もしお料理の腕に自信があるのであれば差し入れをしてあげましょう。

さらには、差し入れてあげるものについても色々と考える必要があります。

そして、料理が苦手でも、簡単に差し入れできるものもありますのでそれを確認しておくと良いですよ。

消化に良い食べ物

風邪をひいたときに差し入れるもののオススメとしてはやはり消化に良い食べ物です。

例えば、お粥やうどんなど色々とあります。

(ただうどんに関しては消化にあまり良くないのではないかと言う説もあり、諸説あります。)

後は、おじやとかもいいですね。

個人の好みによるので、彼氏さんに詳しくは好みを聞いていただきたいのですが、お粥が嫌いな人でも、梅干しを入れて梅がゆにすると食べやすい人が増えます。

中には、風邪をひいてもあまり食欲が減退するということがない人であれば、グラタン等の差し入れをする人もいるようですが、それはやめておきましょう。

彼氏さんがそれがいいと言ったのであればそのように好みを合わすのは良い事ですが、大抵の事は風邪をひくと食欲があまりなくなる人も多いですので、もしそのような好みが分からないのであれば、消化に良い食べ物にしておいた方が無難です。

スポーツ飲料や水

本当に食欲がない状態だと、あまり食べ物受け付けない状態であることも多いです。

そのような時はスポーツ飲料や水を準備しておきましょう。

スポーツ飲料で言うと、比較的ポカリスエットが向いていると言われています。

さらに、お腹を下していたりするなどであれば、OS1がオススメです。

ただ、OS1については、本当に体の中の電解質に問題が起きてない限りはあまり美味しくないと感じるようです。

比較的軽症であればポカリスエットの方がいいかもしれませんね。

また、うちの次女がそうなのですが、そのようなスポーツ飲料好きではない人もいるのではないのでしょうか?

そのような人であれば、水が1番確実です。

やはり、実際に水を購入するとなるとかなり重いですし風邪をひいた体にはかなりこたえるところがあります。

ですので、水を届けてあげるのは非常に嬉しいものではないのでしょうか?

栄養ドリンク

やはり、風邪の時は体力を消耗するものです。

発熱などがあると、疲れやすくなるところがあります。

そのような時に栄養ドリンクの差し入れは非常に嬉しいものがあります。

栄養ドリンクの中には、タウリンと言う成分やビタミンBが入っているということを何気なく聞いたことがある人も多いのではないのでしょうか?

そのような成分の中には、疲労回復はもちろんのこと、粘膜を正常にする効果や、肝臓の働きの助けがの効果を期待できることから、風邪に非常に有効だと言われています。

ただ、この栄養ドリンクを風の時に過剰摂取するのはあまり望ましくないと言う事ですので、栄養ドリンクとさらに何かというような形にするのが1番でしょう。

もし、どうしてもお料理が苦手であれば、その栄養ドリンクプラスアルファ、お粥のレトルトなども喜ばれるのではないのでしょうか?

確かに、サポートしようと言う気持ちは嬉しいですし、料理が下手でも頑張れるのは非常に良いことです。

ですが、あまりにも負担になると言うことであればそのような無理のない対応が1番なのではないのでしょうか?

のど飴

やはり、風邪をひいた時は喉が痛むこともあります。

そんな時に、喉に効くようなのど飴の差し入れは非常にうれしいです。

こちらも比較的購入しやすいですし、もらった方も比較的簡単に食べることができることから、のどあめはあげる側も貰う側も負担が少なくて良いものだと思います。

こちらも、好みを聞けるのであれば聞いておいた方が良いでしょう。

風邪薬

風邪薬については本当は病院に行ってからもらったほうが1番良いのは確かです。

ですが、一人暮らしをしている人だと、やはり病院に1人で行くのさえ大変ということもあります。

環境によっては、病院に行くには車で行かないといけないとか、交通機関を乗り継いで行かないといけないような人もいるかもしれません。

そのような時はやはり風邪薬は病院でもらうのが非常に難しいです。

そんな時に市販でもいいので風邪薬の差し入れがあると彼氏さんも非常に助かるのではないのでしょうか?

ただ、家にすでにあることもあるかもしれないですので、できるのであれば彼氏さんに聞いたほうが確実です。

マスク

もしくは、基本的にウィルスなどをまき散らさないようにと言う意味でされることも多いですが、同時に喉の保湿にもマスクが一役買うところがあります。

ですので家の中でもマスクがあると非常に良いです。

そして、もし咳が出るのであれば、喉の保湿は非常に大切です。

ですのでできれば加湿器等で部屋を頭割すると良いのは言うまでもないのですが、住環境等の事情でなかなか加湿器を導入できない人もいるでしょう。

そんな人は加湿機能があるマスクを使うと良いです。

よく「濡れマスク」と言う商品名で販売されています。

実際に、それをすることで、子供の咳が和らぐと言うこともあります。

そして、喉が痛いのは乾燥が原因になることもあるので、風邪をひいてダメージを受けた喉に対して非常に優しいところがあります。

ですので、咳がひどいとか、喉が痛いのであれば濡れマスクの差し入れは大変喜ばれるのではないかと思います。

しかも、もちろんいろいろな商品があるので一概には言えないですが、基本的に1パック3つと言うような感じですので、そこまでかさばるものではないですので、そのような点でも負担は少なく非常に喜ばれる差し入れだと思われます。

冷却シート

さらには、冷却シートはよくおでこを冷やすのに使われますが、実際にはそこまで熱をさます効果はないと言われています。

本当に医学的に熱を覚まそうと思ったらリンパなどを冷やす必要もあるようです。

ただこの冷却シートに関しては本当に好みがあり、貼りたいと言う人もいます。

やはり、医学的な根拠より大切なことは風邪をひいている本人が気持ちが良いのが1番です。

ですので、そのような人には冷却シートの差し入れは喜ばれるでしょう。

もちろん、おでこに貼るだけではなく、脇の下や、足の付け根などのリンパのところに貼ると本当に熱が下がることもあるようです。

ただ、冷却シートに関しては、寒気を訴えている人にはやめておきましょう。

風邪をひいている人が寒気を訴えるときはそこからさらに熱が上がる可能性が高いのです。

熱が出ると、体がしんどくなる一面がありますが、その一方で発熱することで悪い菌を殺すことができます。

ですので、寒気を訴えている人に対しては、毛布をかぶせてあげるなど、体を温めるようにしてあげましょう。

2.ご飯を作る


もちろん、ご飯作れればそれが1番なのかもしれませんが無理がない程度にしましょう。

そして、風邪をひいているときはそこまで豪勢にする必要はありません。

無理なく食べれるもの、無理のない量を作ってあげるようにしましょう。

そのためには先ほども触れたようにやはり消化に良いものにした方が良いです。

では、具体的にどのようなものが良いのでしょうか?

お粥

やはり、食欲がないときの定番としてのお粥は大変お勧めです。

基本的に、塩味のみで味をつける非常にシンプルな料理です。

ですので、手料理がそこまで得意ではない人も、そこまでハードル高くなく作れるものでは無いのでしょうか?

先ほどもあげたように、そのようなお粥をあまり好まない人もいます。

著者自身もそうなのですが、お米だけのおかゆはあまり好みではなく、あまり食が進まないところがあります。

そのような人であれば、先ほども少し触れましたが梅粥にするなど少々味にバリエーションをつけましょう。

さらには、料理が味付けの段階での自信がない人であれば、お粥に梅干しを溶かすと非常に塩分制度もちょうど良いものができますので、そのようにするのも手です。

うどん

さらにはうどんは消化に良いと言われています。

ただ、何かのテレビ番組で見たのですが、うどんだとあまり噛まずに食べる人がいるらしく、逆に消化が良くないのではないかと言う説はあるようです。

ただ、こちらも風邪をひいた人の好みに合わせてあげることが大切です。

やはり、もし食べれるのであれば食べて回復を早めた方が良いのは言うまでもありません。

ですので、彼氏さんが、うどんが食べたいと言えばうどんを作ってあげましょう。

言わずもがなですが、その時に天ぷらうどん等消化に悪いものはやめましょう。

あっても、ちょっとのネギや、かまぼこなどにとどめましょう。

3.さっと家事を済ませる

風邪をひいたときにこそ張り切って色々とやってあげたいと思うところがあるかもしれませんが、やはり基本的に風邪をひいている人は食べて寝るということが大切です。

ですが、家事を色々とされると、この寝ることがなかなかできなくなります。

ですので、さっと家事を済ませ、さっと帰るような感じにしましょう。

実際に、家事をずっとするために家にいるとなると、なかなかゆっくり寝ることができず、ありがたいけれどちょっと困ったと思う彼氏さんも結構いたようです。

ですので、風邪をひいているときは、さっと家事を済ませることが大切です。

もし、家事をやってあげたいのであれば、彼氏さんに聞き了承得られたら、元気になったらしてあげるようにしましょう。

4.静かに寝かせる

ついつい心配で「大丈夫?」と聞きすぎてしまったり色々としてしまいがちになりますが、やはり先ほども触れたように、風邪をひいた時は静かに寝るということが大切です。

ですので、やることをやったら静かに寝かせてあげましょう。

やはり、体力を回復するには寝るのが1番です。

そして寝るときは基本的にこちらの助けはまず不要です。

ですので、食事作りや、簡単なあと片付け等はいいかもしれませんが、バタバタと掃除をする等はやめておきましょう。

5.早めに帰る

心配なのでずっと一緒にいてあげたくなるかもしれませんが、やはり彼女であってもやはりそれなりに気遣いをするものです。

ですので、後は1人でゆっくり寝たいと思っている人もいるのでようです。

ですので、食事作りや、簡単な後片付け、差し入れ等が済んだら早めに帰るようにしてあげましょう。

そして元気になってからまたゆっくり会うようにしましょう。

やはり、まだ結婚していないのに家にずっといる状態だと気遣うことがあり、風邪をひいているときはまたそれがしんどくなるものです。

もちろん、皆さんの都合にもよりますので無理は禁物ですが、「何かあったらまた来るから、困った時は声をかけてね。」と言うような言葉を残し帰るようにしましょう。

6.気遣うメッセージを送る

確かに頻繁なメールなどは考えものです。

ですが、完全に放置するのも寂しく感じる人が多いようです。

ですので、一度だけ気遣うメッセージを送りましょう。

「調子はどう?」とか「何か困った時は言ってね。」と言うような気遣いのメッセージを送るのです。

やはり、何でも過剰な事は禁物です。

程良い感じにするというのが大切なのですが、それが初めてだと難しいかもしれません。

付き合いが長くなるごとに、風邪をひいてしまうという事は何度かある可能性があります。

ですので、様子を見ながら彼氏さんはどのようなことをして欲しがっているのかは場数を踏んで把握していきましょう。

彼氏が風邪を引いたときの彼女がやってはいけないこと

彼氏さんが風邪をひくと色々とやってあげたくなるところもあると思います。

ですが、やり過ぎは何でも良くないものがあります。

やはり、それ相応に距離を保つことが大切なのです。

完全放置もだめだけど構すぎるのもダメと言うと、経験がない人だとどうしたらいいかというのがわからないところがありますよね。

もちろん人によるので、100%の対応になるかと言えば一概には言えませんが、下記のようなことを押さえておくとあまり間違いないと思います。

では、彼氏さんが風邪ひいたときにやってはいけないことについていろいろと見ていきましょう。

1.多すぎる連絡

先ほど、「大丈夫?」などの気遣いのメールが大切ということが言いましたが、連絡が多すぎるのもまた負担になります。

中には、既読スルーを平気でするような人もいるのかもしれないけれど、たいていの人は返事をしないといけないと思っています。

ですので、この多すぎる連絡に対して、その都度返信しないといけないと思うとかなり負担になります。

また、メールの音や着信音が、寝ているときに邪魔になってしまうこともあります。

やはり風邪をひくと、基本的には食べて体力をつけて寝て体力を回復させるということが大切になるのです。

ですので、寝かせてあげるという意味を込め、多すぎる連絡は控えましょう。

大丈夫?と何度もきかない

心配だとついつい何度も聞いてしまいますよね。

ですが、何度も聞かれると、「うん大丈夫」とそのたびに回答しないといけないので、だんだんとそれが億劫になってきます。

かなり状態が悪い時だと、「大丈夫なわけないだろ!見りゃわかるのに聞くなよ!」と思われる可能性もあります。

確かに心配なのはわかりますが、あまり逐一「大丈夫?」と聞かないように気をつけてください。

基本的に、それはお見舞いに来た時に1回聞く位と、夜に熱が上がったり風邪の状態が悪くなりやすくなるので、夜7時台など迷惑にならない時間帯にもう一度聞いてみる位に止めた方がいいかもしれません。

ただ、これは正解はありません。

ですので、いろいろな人のやり方をインターネットなどで研究をし、自分が丁度良いと思ったものを取り入れたり、彼氏さんの反応を見たりして決めるようにしましょう。

過剰にかまおうとする

確かに、色々とやってあげたい気持ちは尊いものがあります。

ですが、彼も大人ですので過剰に構われると、あまりゆっくり休めないところがあります。

子供では無いですので、基本的に食べることなどができて眠れればあまりそこまで構わなくても良いです。

ですので、やることやったらすっと帰る位がちょうど良いのです。

ただ、彼氏さんがもっと家にいて欲しいと言ったり、こういうことをしてほしいと具体的に言った時は話は別です。

彼氏さんが望むことをやってあげましょう。

ただ、頼まれもしないのに、色々と可能とするとそれがうっとうしく感じる人は多くの比率でいるようです。

そこは男性らしいのかもしれませんね。

2.ずっと看病される

先ほどもあげたように、ずっと看病してあげたい気持ちは非常に尊いものがあり、その気持ちは彼氏さんの嬉しいはずです。

ただ、やっぱりいろいろな観点から、ずっと看病されるのがしんどく感じる人もいます。

では、そのようなずっと看病されるのは嫌と言うような男性にはどのような心理があるのでしょうか?

気になって休めない

付き合いが長いとか、結婚して何年も経つとような状態であればまだしも、まだ付き合って間もなかったり、そこまで関係性が深まっていない状態だったら気になって休めないことが多いです。

ですので、風邪をひいているのにさらに気遣いをして気力を使うことで、風邪をひいて疲れている体には非常にこたえるところがあります。

看病されて困ったときのアンケートでも、ずっと家にいられるとかずっと看病されるという項目は一定数上がっていました。

女性は世話好きな人が多いですので、ついあれもこれもとやってあげたくなる人が多いようです。

ですが、やはり風邪をひいた時はゆっくり休みたいと思っている人も多いですので、その「やってあげたい」気持ちを抑え、最低限をするだけに止めましょう。

うつしたくない

基本的に、やはり付き合っている彼女には風邪をうつしたくないと思っています。

ですので、やることやったらあまり長居して欲しくないと言う気遣いの気持ちがある人も多いです。

やはり、自分の風邪がうつったとなると、罪悪感を感じてしまうことがあります。

もちろん、負担をかけないように休ませるという意味合いですんなりと帰ることも大切ですが、ご自身のマスクをしに来たり、うつされない気遣いもすることが大切です。

自分の風邪が治ってから彼女が風邪をひいてしまうと、自分の風邪がうつってしまったのでは?と罪悪感を感じてしまうことがありますのでマスクをしてくることも大切ですが、彼氏さんの家に少し看病に行ったら手洗いうがいなどもしっかりとして、ご自身も風邪ひかないように気をつけてください。

風邪ひくと、遊びに行くことも難しくなりますが、元気な時こそそのような遊びが楽しいのです。

ですので、彼氏さんが治ったらまた2人で楽しくデートが出来るように、ご自身の体調も万全に整えましょう。

3.掃除

風邪をひいたときは、キレイな空間で休んで欲しい気持ちからついつい色々と掃除をしすぎてしまうところもあるのではないのでしょうか?

きれい好きな女性であれば、あれもこれもと気になって色々とやってあげたいと思ってしまうかもしれません。

ですが、風邪をひいていないときでも掃除をされたくない人がいるかもしれませんが、風邪をひいている時だとその掃除されたくないと思う人の割合はもっと増えるようです。

では、なぜ掃除をされると嫌がられるのでしょうか?

バタバタされたくない

基本的に、風邪をひいた時はゆっくりと眠りゆっくりと休みたいものです。

ですがやはり掃除をするとなると、静かにと言うのはなかなか難しいものでしょう。

何かを片付けるとやはり物音はしますし、よほど静かな性能の良い掃除機でない限りは、掃除機の音がうるさいところがあります。

ゆっくりと眠りたいのに横でバタバタされると、ゆっくりと休めずストレスに感じることがあります。

基本的にそれは治ってからすると良いでしょう。

もちろん部屋の程度もありますが、よほどゴミ屋敷でない限りはむやみに掃除しない方が良いと思われます。

ただ、食事を作ったら、食事の後片づけなどはやってあげてください。

後はちょっとした後片付けやってあげる程度であれば喜ばれるかもしれませんが、大掃除のような感じの掃除する必要がありません。

また、掃除機はもってのほかということを覚えておきましょう。

ほこりっぽい中で休めない

やはり、掃除を色々とバタバタすると埃が立つことがあります。

やはり、ほこりっぽい中ではなかなか休みづらいところがありますし、喉が痛い症状があれば、それがさらに喉を痛める原因になります。

ですので先ほども触れたように、ちょっとした片付けでしたらまだしも、埃が立つほどの掃除はやめましょう。

きれい好きな女性であれば、快適な空間でこそゆっくり休めると思って色々とやりすぎてしまいますが、それはありがた迷惑になってしまう可能性があります。

ですので、ちょっとした片付け程度に止め後はゆっくりと休ませてあげるようにしましょう。

4.放置

もちろん風邪の時に冷たい言葉をかけると言うのはもってのほかですが、この放置は悪気なくやってしまうことがあり、判断に迷うところです。

頻繁すぎるメールは考えものですが、完全放置もいけません。

ですが、これは個人的な感じ方がに差があるために起こることで、自分が風邪の時は基本的にあれこれ言わずにそっとしておいて欲しいと思う人が、この放置と言う手段を選んでしまいます。

彼女は良かれとしてそのような方法とっていると思っても、彼氏さんにとっては風邪をひいているのに全く心配はしてくれず冷たい!と思われてしまうことがあります。

ですので、自分だったら完全に放置してほしいと思っていても、風邪をひいたことを知ったら、「大丈夫?できることがあったら言ってね。」とか、「調子はどう?」と気遣いを見せてあげるようにしましょう。

遅い連絡は不安に

連絡は基本的にメールでもいいです。

とにかく、彼氏の風邪を知ったら早めに連絡をとってあげましょう。

「大丈夫?」と連絡が来るだけでも彼氏さんも大変うれしいものです。

逆に、連絡が遅いと、自分のことなんて心配する価値もないどうでもいい存在なのかな?と疑いを持たれることになります。

ただ、こちらも感じ方次第なのかもしれないけれど、仕事が忙しかったりして連絡が取れなかったら、「遅くなってごめん。」と言ったので少し事情説明してあげると、自分が放置されたのではないと安心してもらえる可能性もあります。

連絡が仕事の都合などでどうしてもできない時は仕方がないものがあります。

ですので、できないことに関して無理をしようとするとだんだんと負担になってしまいますので無理がない程度で、彼氏さんを気遣ってあげましょう。

優しい言葉をかけてほしい

やはり、風邪をひくと精神的にも弱ってくるところがあります。

そのような時に、追い打ちをかけるセリフはかけてはいけません。

例えば、「毎日夜更かしをしてるからじゃないの?」とか「また風邪をひいたの?体が弱いね。」というような声かけは厳禁です。

中にはついそう思ってしまうような生活習慣の人もいるのかもしれないけれど、風邪の時は、その事は封印しましょう。

「大丈夫?」と聞いたり風邪の症状を聞くだけでも嬉しい人が多いです。

看病にいければそれが1番なのかもしれないけれど、距離的に看病に行くのが難しい事情があったり、彼氏さんが実家暮らしでお見舞いに来られると困るような時であれば、お見舞いは無理をしなくてもいいです。

ただ、そのような優しい言葉をかけてもらえたら、非常に精神的にも嬉しいものです。

どのような言葉かけはお金もかかりませんしメールなどで声かけをしてあげればそこまで時間がかかるものではありません。

進んで声はかけてあげるようにしましょう。

治ることを第一優先に(まとめ)

彼氏さんが風邪をひいたとき、ついつい自分基準で考えてしまい、そこで温度差が露呈してしまうことがあります。

自分が風邪を引いたらこうして欲しいということも、彼氏さんにとってはあまり嬉しくないケースもあります。

例えばですが、風邪をひいたらあれこれとかまって欲しい人であれば、彼氏さんの風邪の時はついつい過剰にかまってしまうところがあるかもしれません。

自分が風邪を引いたらとにかく何ももせずにそっとしておいて欲しい人であれば、完全放置をしてしまうところがあります。

ですが、それだと不安を感じる人がいるようです。

ですので、彼氏さんがどのようなタイプなのかがよくわからないのであれば、やることをやってさっと帰るようなあっさりとした看病や、メールなどで「大丈夫?」と言うような最低限の声かけに留めてあげてください。

そうすることによって、いろいろなタイプの彼氏さんも多くの人が納得いく対応になるのではないのでしょうか?

ただ、彼氏さんにこうして欲しいという具体的な要望があったときはそれに従うようにしてあげてくださいね。