CoCoSiA(ココシア)

顔に性格が表れる?顔のパーツから本...(続き2)

そのため、こんな風に誰かに見られたいなぁとか、モテたいなぁなんて思っているのであれば性格よりも見た目を最重要視して変えていかなければなりません。

というか変えていくべきなんですね。

まぁそのせいで見た目で人にだまされてしまった、という人の話もよく耳にするんですが。

また、そんな一瞬で見分ける顔には「性格」がよいのか悪いのかまで、大胆な相手の性格を予想することまでもできます。

それに最初に感じていた相手の第一印象がずれているなんて、なかなかないもの。

その直感ってよくあたるんですよね!

でもなかには、その直感が働かなくて困ってしまっている人もいるでしょう。

特に恋愛中の方だったり、また相手ともっと親密になりたいと考えていたりすると相手がどんな性格をしているのか気になって仕方ないですよね!

そんなときこそ、相手の顔に注目して性格がよいのか悪いのかを確認していきましょう。

顔で性格がわかる説は本当なの?

これまでに少しダラダラと人は見た目が重要であること、そしてそれはどうしてなのかの理由についてお伝えしてきました。

ずばり、そこからいえることは「顔だけでも相手を判断することが出来る」ってことなんですよね。

最終的には相手と仲良くなっていく過程において相手の性格をより深く知っていくことになるでしょう。

しかし、それ以前に相手の顔のパーツだとかその位置によって性格が本当によくわかっちゃうんです。

この記事では、あらゆるパーツごとだけではなく、顔から性格を見るときにポイントとして頭に入れておいて欲しいことをお伝えしています!

ぜひそれらを参考にしてあなたも”あの人の性格”をよみとってしまいましょう。

それに人の顔って年齢とともに変わっていきますよね。

それって、その人の根本的な性格が変化したからなんですよね。

「40代の顔は自分の顔」なんていわれているように、40代には本当の自分の姿が顔にあらわれてくるもの。

それまでに悪い要素をたちきって誰からも好かれるような、やさしい雰囲気の顔になりたいものなんて誰もが感じているのではないでしょうか?

あなたがなりたい性格を目指し、その性格にますます近づくことが出来れば、あなたの顔のパーツも変わってくるもの。

「昔と雰囲気かわったね」なんていわれたことがあるのであれば、数年前の写真と現在の顔を見比べてみるといいかもしれませんね!

顔のパーツからわかるその人の性格

顔のパーツだけで、相手の気持ちや性格を知ることが出来るなんてとてもすばらしいですよね!

だって、いちいち相手の気持ちを察することなんてしなくてもよくなるのですから。

とはいえ、やっぱり少し不安に感じてしまう方もいるのではないでしょうか?

そんなときは、あなたの身近にいる”この人のことならすべて知っている”くらいの人の顔を想像してみましょう。

また、自分の顔を鏡でみながらそれぞれのパーツがどんな性格を現しているのかを確認していくのでもいいですね☆

では、さっそく顔のパーツからその人がどんな性格をしているのかを詳しく見ていきましょう。

それに人相学に基づいてお伝えしているので信じてもらってかまいません☆

「おでこ」は興味・関心・考え方

女性のおでこ
まずは、「おでこ」から見ていきます。

男性であれば、おでこはおおっぴらにだしていることが多い反面、女性はおでこを前髪で隠してしまっていることが多いので少し判断しづらいかもしれないです。

しかし、おでこというのは、その人の興味や関心がどんなところに向いているのか、またその人はいったいどのような考え方をすル人なのかを教えてくれる重要ポイントになります。

あなたは一番に相手の考え方を知りたいのではありませんか?

そんなときこそおでこを見ていきます。

額の横幅

まずは、額の横幅を見ます。

コレで知ることが出来るのが「その人が興味を示すのはどれくらいの規模のものなのか」ということ。

額の横幅が広い人はあらゆる分野・ジャンルに対して興味を示し、そしてそれらに取り組もうとする性格をしていますが、額の横幅が狭い人というのはその逆でひとつのことにとらわれやすかったり、凝り性なところがあります。

額の縦幅

額の縦幅では、「その人が物事を考えるスタイル」を知ることが出来ます。

額の縦幅が広い人は、直感で物事を決めます。

パッと頭にひらめいたものに従っていくので天才肌が多いです。

額の縦幅が狭い人というのは、直感を頼りにするのではなくしっかりと考えてから行動に移すタイプです。

縦幅が広い人と狭い人は、正反対の考え方をしているのでたまにぶつかりあうこともあれば、お互いに理解できないことも。

生え際の形

生え際の形で、その人の考え方に柔軟性があるかどうかを知ることが出来ます。

直線的である人というのは、なかなか柔軟的に物事をとらえることができません。

「コレと決めてたらこれ!」とそれを貫いてしまうんですよね。