デリカシーがない人は、人格の面で基本的な部分が欠落していることを裏付けています。

ですから、日常生活で人間関係を築くことができないことが少なくありません。

このため、話し合える親しい友人を持てず、孤独感を抱える結果となります。

孤独感を抱えた人は、寂しい心を気付かれないようにするための『隠れミノ』として、無神経すぎる発言を周りの人に吐き、自身を守る『防御壁』をつくることがあります。

また、日常生活の中で様々な出来事により劣等感を抱えることになってしまい、自身の弱点になってしまった劣等感を忘れる手段としてデリカシーさを捨ててしまう人が居ます。

劣等感を感じないように、自ら無感動な振る舞いを繰り返していく過程で、無神経な発言をするようになっていきます。

また一方では、子供時期の家庭環境や周りの大人の言動環境の影響により、『純真な子供』から『デリカシーを失った子供』へと変貌させられてしまうこともあります。

あなたの周りに、デリカシーのない人が居たなら、心を傷つけられないように対処するための方法について、巷では観られない斬新な切り口でお伝えします。

悪気なくトンデモ発言するデリカシーない人達

トンデモ発言をする人は日頃から、自身の周りに忠告や注意をする人が居ない孤独な生活を送っている人に多いといえます。

このため、自身の無神経な発言により周りの人が傷ついていることに気づきません。

自分本位に物事を考える体質が染みついているため、周りの人からの忠告や注意を聞き流し無視する傾向があります。

また、デリカシーのない人の中には、友達関係や様々な人間関係に身を置いた経験が少ない人生を送ってきたため、周りの人の感情や考えを顧みることをしてこなかったとも言えます。

『井の中の蛙』人生を送ってきたため、周りの人の『心』を大切にしない無神経な人になってしまったのです。

自分が発した無神経な発言を客観的に顧みることができず、『自分の考えは正しい』と思い込んでいる人です。

最も扱いの難しい部類の人達といえます。

悪気ない行動ほど手に負えないものはない


周りの人の心を傷つけているにも関わらず、気付かない悪気ない行動をする人は、扱いが難しいと言えます。

自身の行動で人の心を傷つけたにも関わらず、全く認識できずにいるため、自分に向けられた忠告や注意の言葉には耳を貸さずに、他人事のように聞き流してしまうため、手に負えないと言えます。

悪気ない行動をする人は、自分は正しいと思い込んでいるため、自身の行動を反省する意識が芽生えてきません。

このため、周りからの忠告やアドバイスが自分に向けられていると認識できず、自身の行動を反省する意識が起きません。

あなたの周りにも居ませんか?

デリカシーのない人は、周りの人との関係づくりに消極的で、他人の話しに誠実に耳を傾ける態度ができない傾向があります。

あなたの周りを見渡してみると、デリカシーに欠ける人は少なからず居るものです。

デリカシーの欠落から無神経な発言をしてしまい、一層周りから距離を置かれ孤立するケースがあります。

デリカシーに欠ける人と積極的にコミュニケーションをとることは避けたほうが賢明です。

あなたの心を傷つけられないようにするために距離をおきましょう。

相手するのも疲れる


デリカシーのない人は、相手の言葉に耳を傾けることが少ないため、会話が成り立たないことがあります。

また、相手をする立場の人が、無神経な発言を浴びせられて心が傷つき、疲れてしまうことも少なくありません。

デリカシーに欠ける人との間で円滑な人間関係を築くことは難しいといえます。

ですので、お互いの関係が良くない方向へ進んでいくことを避けるために、距離を置いていくことが賢明です。

デリカシーがない人の6個の特徴

デリカシーのない人の特徴として、主なものは次のとおりです。

(1)他人の存在を二の次にして、自身の保身を最優先にするため、場の空気を読むことをしない人。

(2)自分の内面を知られたくないため、見た目の話に終始する人。

(3)自分独りの世界をもち孤独感を抱いていて、他人の存在に興味をもたない人。

(4)自分を客観的に顧みることができないため、デリカシーの無さを自覚できない人。

(5)自分を理解してくれる人が居ないことの苛立ちから、自身の価値観を押しつける人。

(6)自己顕示欲の強い自信家で、自慢話を振りまく人。

1、場の空気や雰囲気を読まない

自分を守るためだけに気持ちを集中させている人は、周りの空気を読む余裕がないまま、発言をしてしまうことがあります。

この結果、場の雰囲気を壊す結果となり、無神経な発言をする人というレッテルを貼られてしまいます。

また、場の雰囲気に馴染めず、その場の雰囲気に心を惑わされることを避ける人が居ます。

場の雰囲気に巻き込まれることを避ける自己保身が働いているためです。

このような人は、あえて、場の雰囲気を読まずに無視し、場を壊す発言をすることがあります。

『烏合の衆』になることへの警戒心の表れと言えます。

足並みを乱すような言動を取る

自分の考えやペースを第一に考えているため、周りの人との意識違いやギャップに無関心になっている人です。

周りの人の考えや感情に興味を抱くような心配りをしないため、自分本位の言動となり、周りとの足並みが乱れる結果になってしまいます。

2、見た目に関する話をする

自分の内面を隠したい人は、周りの人に向かっても、見た目に関する話しかしません。

自身の性格や欠点を周りの人に知られないように隠すために、外観にこだわった話に終始する人がいます。

また、日常の生活圏が狭く交友関係も少ない人は、話題や話のネタに乏しいことから、安易に見た目の話しを話題に持ち込む傾向があります。

見た目に関する話しは話題にし易い反面、聞くに従い後味の良くない空虚な気持ちになっていきますので、見た目を話題にする人とは距離をおきましょう。

言いにくい事も言ってしまう

周りの人の気持ちや考えに無神経な人は、自分の存在感を誇示するために、言いにくい事も言ってしまうことがあります。

『言いにくい事』とは、言い換えると人の『心を傷つける言葉』と言えます。

良識のある人なら、言いにくいことは言わないように心配りをするものです。

しかし、デリカシーの心を持ち合わせていない人は、自ら発した言葉で人の心を傷つけてしまうことに無神経です。

『俺が!俺が!』という自分本位な人生を送ってきた人は、平気で、言いにくい言葉を放ってしまい、周りの人の心を傷つけてしまいます。

3、他人に興味がない

自分を守ることを第一に考えている人は、自身の保身に集中しているため、周りの人の存在にまで心を向ける余裕がありません。

自分本位で、自分のためなら人を踏み台にする無神経な人は、他人の気持ちや感情に興味を持つことはしません。

自分のことで精一杯になっている心のユトリのなさ、自己中心な人であることを物語っています。

他人に興味がない人は、観方を換えるならなら、周りの人から距離を置かれた孤独な人と言えます。

誰に対してもデリカシーがない発言をする

誰に対してもデリカシーがない発言をする人は、心が幼いと言えます。

年齢は大人であっても心の年齢は反抗期真っ只中の10代と同じです。

あなたの交際相手が、10代の反抗期と同じなら、心を傷つけられる前に距離をおいて遠ざけるようにしましょう。

また、孤独な寂しい人は、人目を惹くために敢えて、周りの人にデリカシーのない暴言を吐くことがあります。

ペットのワンちゃんが寂しいときに、かまって欲しくて鳴きわめく姿と一緒です。

4、『デリカシーがない』と無自覚

自分自身に『デリカシーがない』ことを自覚できないまま年齢を重ねてきた人に観られる傾向があります。

無自覚な人に忠告や注意をしても、『馬の耳に念仏』、『馬耳東風』になってしまいます。

子供時期から友人関係を持つことが少なかった人といえます。

『デリカシーがない』ことを忠告してくれる身近な人が居ない人生を送ってきたことを物語っています。

改めようという意識を持つ事がない

デリカシーがない人の特徴のひとつは、自分の考えは正しくて疑う余地がないと思い込み、感性が凝り固まっているといえます。

デリカシーさが少しでもあれば、『改めよう』という意識が生じるものです。

『改めよう』という意識は、自分の言動がどれだけ周りの人に影響を与えているか顧みる心配りのできる人に芽生えてきます。

裏を返せば、自分を取り巻く様々な人との関わりの中で、自分の言動の影響を顧みることができなければ、改めようという意識を持つことはないと言えます。

5、自分の価値観などを押し付ける

相手を見下す傾向の強い人は、自分の価値観が正しいと思い込み、周りの人に押しつけることをします。

周りの人の立場や存在よりも自分の存在を優先させます。

自己優先で考えるクセが身についてしまっている人です。

また一方、自分の価値観に自信がない人は、周りの人の価値観と比べて、お互いに助言しあうことを避けようとし、相手の価値観を無視して、一方的に自分の価値観を押しつけてくることもあります。

他人の人生にずかずか足を踏み入れてくる

他人の人生にずかずか足を踏み入れてくる人は、他人の存在を見下して、自分と同等に観ることのできない人です。

他人の人生に心配りができない『心が幼い』人です。

ずかずか足を踏み入れてくることは、他人のプライベート面へ『無断侵入』してくることになります。

無神経なため、『無断侵入』していることに気づかずに、人の心を傷つけてしまいます。

6、自信家で自慢話が多い

自信家は裏を返せば劣等感の持ち主と言えます。

自慢話は劣等感を包み隠すための『隠ミノ』となります。

良識のある本当の自信家は、自慢話は慎むものです。

確たる揺るぎない自信を持っている人は、自慢話をしなくとも、周りの人が自然に自信家として認めてくれるようになるからです。

自称自信家は、周りの人から自信家として見られていないために、自分に注目してもらいたくて自慢話をします。

しかし、聞かされる周りの人は、実体験を伴わない空虚な自慢話にウンザリするはずです。

相手の話を聞く姿勢をしない

相手の話を聞く姿勢を示さない人は、思慮深さを持ち合わせていない浅はかな人と言えます。

相手の話を聞く心の余裕のなさ、心の狭さを表しています。

また、独善的な面をもっている人にも観られます。

相手の話に真摯に向き合わないことは、物事に真摯に向き合わない中途半端な人柄を表しています。

日常の様々な出来事を安易に判断して軽々しく行動してしまう人は、相手の話に耳を傾ける姿勢を持たないものです。

そんなこと言う!?無神経発言集(男女別)

無神経な発言をする人は、世間知らずの『井の中の蛙』な人です。

自分の考えや発言、価値観だけが優れていると勘違いしている人です。

また、無神経な発言をしてくる人の中には、心の通う分かり合える身近な友人が居ないため、助言や忠告をしてもらうこともない孤独な人に観られる傾向といえます。

無神経女性の発言6選

無神経な発言をする女性には、大きく2通りあります。

ひとつは、子供時期から、親など身内から無神経な環境で育てられた女性です。

無神経に包まれた環境で育った結果、無神経な心を持った女性になってしまったのです。

もう1つは、過去に男性から無神経な扱いを受けて心が傷ついてしまった女性です。

このため、男性を敵視するようになり、自分を守るために、男性に向かって無神経な言葉を発するようになってしまったのです。

1、「彼女何年いないの?」など女性遍歴を聞いてくる


男性に向かって女性遍歴を聞いてくる女性は、自分自身に男性遍歴が少ないため、同類の仲間を探そうとする寂しさを抱えた心理状態を表わしていると言えます。

人間関係には様々なケースがあるにも関わらず、人間関係=異性関係という狭い捕らえ方しかできない女性にみられます。

人間同士の交友関係を広く見ることができず、男性を品定めする物差しとして男性の女性遍歴で計り、男性の価値を決めつけてしまう女性にみられます。

2、「男を感じないから安心」と男として見ていない発言

男性に向かって「男を感じないから安心」と言い放ってしまう女性は、男性を観るとき、うわべの性的外見だけで決めつけてしまう心理状態を表しています。

男性を観るときに、性的関係を第一に考えている女性が放つセリフが『男を感じないから・・・』です。

つまり、『男を感じる』男性を求める性的欲求を秘めていることを物語っています。

ですから、『男を感じないから安心』という言葉を向けた男性とは飽きてしまい、『サヨナラ』の言葉を放って去って行きます。

人柄や人間性を二の次に考えて、遊び相手となる男を求めている女性と言えます。

3、「〇〇なのに~~だよね」と微妙な褒め発言


相手の男性に不満を抱いている女性は時として、微妙な褒めセリフを放つことがあります。

男性に向かって、褒め言葉にケナシ言葉を織り交ぜながら、別れたい気持ちを小出しにしてくるセリフです。

女性は相手の男性に物足りなさを感じて、不満な感情を微妙な褒めに乗せて露わにしていきます。

無神経な女性のテクニックのひとつと言えます。

微妙な褒めセリフは、女性の心の奥で『別れのスタートを切った』ことを意味します。

4、「ダサい」と外見をけなしてくる

男性に向かい『ダサい』というセリフを放つ女性は、過去に男性から『ダサい』と言われた経験のある女性です。

男性から『ダサい』と言われた女性の心の奥に潜んでいた『傷』が男性への復讐心として顕れ、男性に『ダサい 』というセリフをぶつけてしまうのです。

男性への仕返し心を、遠慮なく露わにしたセリフと言えます。

元をただせば、無神経な男性が無神経な女性をつくってしまったと言えます。

また、『ダサい』という言葉を向けられた男性は、女性の心を晴らせるなら仕方がないと悟り、聞き流すことが賢明です。

男性は時には『スポンジ役』となり、女性の心に住みついている『ダサい』という言葉を吸い取り、女性の心をスッキリさせることも必要です。

5、「暗い性格だね」と難癖付ける


男性に向かって『暗い性格だね』という言葉を向けてくる女性の多くは、女性自身が暗い性格の持ち主であることが多いです。

女性が男性と付き合う目的のひとつに、自身の暗い性格を忘れさせてくれる男性を求めることがあります。

性格が明るくない女性は、楽しい話しをしてくれて一緒に居ると楽しくなる男性を求めてしまう傾向があります。

ですから、相手の男性の性格が暗いと感じてしまうと、男性に向かって無神経に『暗い性格だね』というセリフを放ってしまいます。

6、「〇〇してあげても良いよ」と上から発言

男性にたいし優越感を持ちたい女性が『・・・してあげても良いよ』というセリフを向けることがあります。

男性の目の前に『エサ』をぶら下げる無神経な女性にありがちな言動です。

男性に性的な期待感を抱かせる『エサ』をチラツかせて、男性の心理をもてあそぶ無神経な女性の発言と言えます。

しかし、こうした無神経な発言をする女性は、過去に男性から同じように上から目線で蔑まされた体験をもっていることがあります。

無神経男性の発言6選

無神経な男性には大きく2通りあります。

ひとつは、子供時代に父親や身内の男性から無神経に扱われてきた環境で育てられて、無神経さが染みついてしまったケースです。

もう1つは、学校でのイジメにより、心が傷つけられしまい、心を閉ざしてしまったケースです。

心を傷つけられないように自分を守るために心を閉ざしてしまい、周りの人に無神経な発言をしてしまうのです。

1、「太った?」と聞かれる

女性に向かって最も口にしてはいけない『太った?』という言葉を向ける男性は、無神経さを最も象徴するものです。

この言葉により女性がどれだけ傷つくか省みない全く無神経な男です。

もうひとつは、女性の方から別れたい言葉を言わせたいときに、あえて相手の女性に嫌われる言葉を向けることがあります。

『太った?』という言葉は、好きな女性には絶対に向けない言葉です。

女性が男性から『太った?』という言葉を向けられたなら、あなたへの興味が薄らいぎ、別れたい心境になっていると受けとめることも必要です。

2、「彼氏いそう」と言われる

別れの口実を女性のせいにする言葉です。

男性があなたのことを詮索するように『彼氏いそう』と無神経な言葉を発することは、信頼をしていないことを意味しています。

男性が女性との間に『心のすき間』を感じ取るとき、その理由を探るように問いかける言葉です。

女性の言動に不自然さを感じたとき、その原因を探ろうとする言葉です。

また、女性のことが好きで、もっと自分に注目し心を寄せて欲しいと、相手の女性に期待を抱いているときにも発する言葉です。

3、「化粧すれば可愛いね」と言ってくる

女性にとって最もデリケートな容姿について男性が無神経に口に出して言うことは、女性を傷つけることになります。

女性に向けて『化粧すれば可愛いね』と言ってくることは、男性が相手の女性に物足りなさを抱いている表れです。

また、男性が女性を見るとき、外見を第一にし、内面的な性格や人柄を二の次に考えていることを表しています。

4、風邪で寝込んでいるのに「なんでご飯作ってないの?!」

相手の女性への心配りに全く欠ける無神経極まりない男の言うセリフです。

相手の女性の体調に無神経で思いやりが欠落した男です。

女性の体調の状態は二の次にして、何でも女性に頼ってしまう『おとな子供』と言えます。

心の年齢は、自立できない子供のままの男が言うセリフです。

5、「あの子の方が可愛い」と比較する

相手の女性と他の女性を安易に比較する男は、女性を自分と対等に考えていない無神経な価値判断を持っていると言えます。

女性をみるときの判断基準が外見の見かけだけで決めつけて、内面の性格や人柄まで思いを巡らすことのできない『無神経男』がもつ特徴のひとつです。

女性を観るとき、自分と対等な人間として観ることをしない旧来の男女観を持ち続けるデリカシーが欠落した男の特徴と言えます。

6、「生理どう?」などと聞いてくる

女性のからだのことを口走る男は、無神経極まりないです。

一見女性のからだを気遣うような印象を与えますが、全く逆で、女性の身体が持つデリケートさに全く無神経な男が放つセリフです。

また、一方、女性との関係の中で、生理がとまる原因をつくってしまった男の『失敗観』の表れとも言えます。

決して女性のからだを気遣っての言葉ではないといえます。

男が自分の『身を守る』、責任逃れするために放つセリフです。

デリカシーない人への対処法

デリカシーが欠落している人の言動により、心が傷つけられることがあります。

時には、大きな傷跡として消えずに心の奥で『うずく』こともあります。

心が傷つく経験は絶対に避けなければなりません。

あなたの身近にデリカシーのない人が居るなら、距離を置きながら関わりを持たないように振る舞うことが大切です。

デリカシーを持たない人は、自分本位の価値観や考えを平気で押しつけてくるので、絶対に相手に弱みをつくらないように、日頃から『心のバリケード』をはって、近づけない雰囲気を遠慮なく醸し出しましょう。

『心のバリケード』は、あなた自身を守るヨロイの役割を果たします。

”なぜ言ってはいけないのか”をしっかりと説明する

デリカシーの欠落した人は、自身が発する言葉で、どれだけ人を傷つけてしまうのかについて、全く無神経です。

ですから、あなたの身近に無神経な人が居るなら、忠告をして『言ってはいけないこと』を、シッカリと説明することが大切です。

しかし、無神経な人は、周りの人からの忠告を素直に受け入れることをしないケースが少なくないので、素直に受け入れてもらえる関係を、日頃から築いておくことが必要です。

理解出来れば素直に謝ってくれる

無神経な言葉により、周りの人を傷つけてしまったことに気づき、後悔する心を持っている人なら、あなたの忠告に素直に謝ることでしょう。

デリカシーに欠けた人に向かって、『あなたの暴言が身近な人の心を傷つけた』ことを悟らせるためには、日頃からの信頼関係が築かれていることが前提となってきます。

無神経な人に理解してもらうためには、当人と最も身近な影響力のある人に、忠告や説明をお願いする方法があります。

身近な人にお願いすることで、素直に謝ってくれることもあります。

「いろんな考え方があるんだな」と割り切る

デリカシーに欠けた暴言が軽微な内容なら、様々な考え方のひとつとして割り切ることが出来ることもあります。

しかし、軽微な暴言であっても、周りの人の心を傷つけることがあります。

軽微であっても、受け取る側の感性により大きなダメージをもたらすこともあります。

ですから、『いろんな考え方があるんだな』と割り切ることは、暴言がエスカレートする危険をはらんでいます。

割り切ることは、無神経なセリフがもたらす新たな被害者を生む素地を残すことになります。

無理に説明をする必要はない

デリカシーを持たない人に無理に説明をすることで、反発を招き無神経な言葉が一段とエスカレートすることがあります。

周りの人からの忠告を拒否するような人に向かって、無理に説明することで無神経さに『油を注ぐ』結果になります。

デリカシーに欠ける人が持つ無神経さの度合いを観て、無理な説明を避けた方が賢明なケースもあります。

ありがた迷惑でもお礼を言う

無神経な人の発言を抑えるために、ありがた迷惑でもお礼を言うことで、抑制効果となるケースがあります。

相手のデリカシー欠落度合いを進行させないためには、あえて、お礼を言う心遣いが必要となってきます。

デリカシーが欠落していても、お礼の言葉に心を動かされやすい人には、効果があります。

マイナスになることはない

無神経なセリフを口走る人には寂しさを抱えている人が少なくありません。

寂しさを抱えた無神経な人に説明することで、効果を生み出すことがあります。

寂しさの『隠れミノ』として、無神経な発言をする人に寄り添うことで、寂しさを和らげ、無神経さが軽減していくことがあります。

このようなケースでは、マイナスになることはありません。

発言に対して注意する

デリカシーに欠ける人に注意するとき、逆効果にならないためには2つの心がけが必要になります。

ひとつは、無神経な人の中には自尊心が強い人が少なくありません。

ですから、自尊心を刺激しないように、注意言葉に褒め言葉を織り交ぜながら伝えていくことで、無神経さが和らぐことがあります。

もうひとつは、心を許せる友人がなく、寂しさを抱えている無神経な人が居ます。

このような人には、話し相手になってあげる雰囲気を出しながら注意の言葉をヤンワリと向ける方法があります。

理由も付け足す事が大事

無神経な暴言を吐く人に注意するとき、注意言葉だけに終始することは逆効果になります。

暴言を吐かれて心を傷つけられた人の立場になって考えることができるような理由を添えながら注意していくことが大切です。

理由を添えることで、なぜ人を傷つけてしまったのかを理解してもらえ易くなります。

必要以上に避けない

無神経な人には近づきたくないものです。

しかし、人を傷つける発言をする無神経な人を避けていると、暴言がエスカレートしていくことがあります。

ですから、必要以上に避けることはせずに、毅然とした言葉で注意し、無神経な発言のエスカレートを食い止めることが必要です。

避けるとさらに暴走する

無神経な人は、自身の発言により相手が傷つくことに気づかないケースが少なくありません。

自分に注目して欲しいために暴言を吐く人は、忠告しなければ更にエスカレートしていきます。

ですから、身近な人が忠告して発言の暴走を食い止めることが必要です。

無神経な人は、例えるとウイルスと同じです。

身近な人がワクチンの役目を担い、注意や忠告をして無神経な発言を食い止めましょう。

上手く付き合っていくには『動じないこと・反応しないこと』も必要

デリカシーに欠ける人と上手く付き合っていくためには、暴言にたいし感情的に反応しない冷静さが求められます。

暴言を聞き流したり、無視する心の強さが必要になります。

無神経な人と『同じ土俵に立たない』ことが大切です。

無神経な暴言を向けられたなら、身をかわすように無視して、翻弄されないように冷静な振る舞いをすべきです。

翻弄されない冷静な対処ができるように、無神経な発言をする人と距離を置き、浅い付き合いに終始しましょう。

また、無神経な発言がエスカレートしていくなら、『暴言を吐く人とは住む次元が違う』と自分に言い聞かせることで、『同じ土俵に立つ』ことがなくなり、他人事のように、やり過ごすことができます。

こうして、あなたの心は、『動じないこと・反応しないこと』ができ、暴言から『心を守る』ことができるようになります。