日本語の中には常に新し言葉が登場します。

その為、日本の勉強は一生続いていくと言っても過言ではありません。

いくつになっても新しい言葉を学び、日々しんかしていく流れにきちんと乗る事により、今よりずっと充実した日々を過ごす事が出来るでしょう。

だからこそ、言葉を知る事はとても大切な事なのです。

近年登場し、若い方を中心として当たり前となりつつある言葉があります。

それは『KY』です。

KYとは『空気が読めない』の頭文字をとった言葉です。

空気を読むという言葉自体も、どちらかと言えば最近の言葉でしょう。

その言葉を更に進化させたのが、このKYという言葉なのです。

これを使用する事によって、日々の生活の中にいかに多くのKYが居るという事実に気がついた方も居るのでは無いでしょうか。

意識していないだけで、この世の中にはKYの人が沢山居ます。

それと同時に空気を読み過ぎて自分を見失ってしまっている人も、また沢山居るでしょう。

正直どちらも良いとは言えません。

相手の顔色ばかり見る人生もつまらないとはもいますが、多くの人に迷惑をかけてまで過ごすものでも無いでしょう。

その為、丁度いい塩梅で過ごす事一番の得策です。

とはいえ、そう簡単に行かないからこそKYという言葉が流行したのでしょう。

そこで今回は、まずKY・空気の読めない人の特徴や対策についてご紹介させて頂きます。

自分の周りに居る付き合いにくいKYの人とも上手く付きあうきっかけを掴む事が出来るかもしれません。

あなたは大丈夫?空気が読めない人は致命的!

KYと聞いていいイメージを持つ人など居ないでしょう。

KYと言われた次点で、悪口だと感じる場合が殆どです。

空気を読むという事は、相手の考えている気持ちを考えたり今の状況を冷静に判断すると言う事です。

だからこそ、それをする事が出来ないと言う事は他人と上手くコミュニケーションを取る事が出来ないと言う事なのです。

他人と上手くコミュニケーションを取る事が出来ない人は、現代社会に多く居ます。

そのせいで、自分の世界を広げる事が出来ず余計にコミュニケーション能力を上げる事が出来ないという悪循環に陥っているのです。

その場合、自分を変える以外に方法はありません。

ですがKYの人の場合にはその事実にすら気がついていない事もあります。

だからこそ、より厄介なのかもしれません。

自分自身は大丈夫だと思っている人も、自分がそう思っているだけで周りの人からは厄介な人だと思われているかもしれません、KYだと思われ嫌われている事だってあるのです。

だからこそ、自分の性格を冷静に判断する事が必要です。

空気が読めないの現代語は「KY」

日本語は常に進化していくものです。

空気が読めない人に対しても、昔はそのまま使用されていましたがインターネットなどが普及する事によって言葉その物を略す流れが出来ました。

その流れもあり、空気が読めない人の事を『KY』と言うようになったのです。

つまり、KYという言葉を使用する人はどちらかというと若い人が多いという事なのでしょう。

年代によって使用する言葉が違う事は仕方の無い事です。

それぞれ生きている時代が違えば経験する出来事も違います。

今の60代が生きた高校生の時代と今の高校生都ではまるで環境の違う中で生活をしている事になります。

だからこそ、その違いの中で新しい言葉が出てくる事は当然と言えば騒然のけっかでしょう。

自分の知らない世界のから出てきた言葉に対して、苦手意識をもってしまう人も居ます。

『今どきの若者は』と排除してしまう人もいるかもしれません。

ですが、そうしたと頃で、結果は何も変わらないでしょう。

時代の変化を受け入れ、自分の知識を知識を広めて行く事によって、日々の暮らしはより豊かな物になっていくのです。

今まで使用した事が無かったとしても、KYという言葉を耳にした事がある方は是非それを新しい知識として自分の中に取り入れてください。

そうしなければ、自分が悪口を言われているのにも関わらず気がつく事が出来ないなどという、残念な結果になってしまう事もあるでしょう。

空気が読めない人の13個の特徴

それではここからは空気の読めない人の特徴についてご紹介させて頂きます。

あなたの周りにも空気が読めないなと思う人が居るのでは無いでしょうか。

そんな人にピッタリ当てはまる特徴がいくつも出てくる事でしょう。

また、自分は大丈夫だと思っている人も、意外と当てはまってしまう事があります。

自分が気がついて居ないだけで、周りの人からはKYだと思われている可能性があと言う事なのです。

それをそのままにしておけば、自体はどんどん悪化して行きます。

自分の周りから人が居なくなってしまう事もあるかもしれません。

そうなってしまわないようにする為にも、自分自身の欠点には早く気がつくべきでしょう。

空気が読めない人の特徴を知る事により、その人との付き合い方を学ぶ事が出来ると同時に自分自身を見直すきっかけを作る事が出来るでしょう。

1、自我が強く、かなり頑固


空気が読めないと言う事は、そもそも相手に合わせようという気持ちが無いのかもしれません。

相手に合わせるつもりがないからこそ、空気が読めない行動をとってしまうのでしょう。

相手に合わせる気がないと言う事は、逆を考えれば自分自身にとても自信があるという事なのでしょう。

自分に自信があるからこそ、相手に合わせる必要が無いのです。

自分に自信を持つ事は良い事です。

それによって自信も生まれより強く生きていく事が出来るでしょう。

ですが、その反面その自信に偏った判断ばかりするようになると頑固で面倒な人になってしまう可能性もあります。

こだわりや考え方を持つ事は必要な事ではありますが、それに固執しては意味がありません時には柔軟に対応する心を持つ事が重要です。

人間として、常に成長して行きたいと思うのであれは自分だけの考え方に囚われるのでは無く他人の意見を取り入れる余裕を見せる事も必要な事でしょう。

だからこそ、自我が強く頑固な人はKYになりやすいと言わざるを得ません。

2、自分のことをよく知らない

自分の事を知らないと言う事は、それだけ他人の事もしらないと言う事になります。

つまりは、どんな物事に対してもあまり興味が無いのです。

興味が無いからこそ、深く考えもせずに発言をしたりして周りの人を困らせる傾向にあるのです。

自分を知る事は一見簡単そうに見えて難しい事でしょう。

自分の心の中だけでは無く、周りからどう見えて居るのかという客観的な意見もきちんと身に付けて行かなければならないからです。

だからこそ、意外と分かっている人は少ないのでしょう。

いつもKYな発言をしている人は、それだけ適当で何に関してもあまり関心の無い人なのでしょう。

3、承認欲求が強い

承認欲求とは『他から認められたい』『自分を見て欲しい』という気持ちの現れでもあります。

それを持つ事は決して悪い事ばかりではありません。

それがあるからこそ、努力したり前向きに行動し成長するきっかけを掴む事が出来るようになるのでしょう。

ですが、それが強すぎてしまう事が問題なのです。

承認欲求が強すぎると、ついつい目立ちたいと思うようになります。

多くの人に注目して欲しい。

認められたい。

そんな気持ちが強く出た結果、全く関係無い行動をあえてとってしまったり、話の腰を折って自分の話をしたりするような行動にでてしまう事もあるのです。

それをしてしまえば、周りの人からKYだと言われてしまう事もあるでしょう。

他者から評価されたい気持ちも分かりますが、その際周りの人の意見や気持ちを全く考えずに行動してしまえば、批判される材料になる事は容易に想像がつくはずです。

4、性格が真面目すぎる

KYは何も自分勝手な行動を取る人だけが言われる言葉ではありません。

時には真面目過ぎるが故に言われてしまう事もあるのです。

というのも、楽しく遊んでいる時に『今は阿曽五時間ではない』と言われたらどうでしょうか。

確かに正論なのでしょう。

ですが、周りの人は盛りさがってしまいます。

それと同じように、盛り上がっている時に、ネガティブな発言をされたり真面目な意見を言われる事によて、その人にして面白くない感情を抱く事があるのです。

それが結果的にKYと言われてしまうのでしょう。

正しいい事をしているのにも関わらず周りから文句を言われる事は不本意な結果でしょう。

ですが、人間付き合いとはそういったものなのでしょう。

それを理解する事が出来ず、正しい事を正しいままに伝えてしまうからこそ、KYといわれるのです。

5、空気が読めない人同士で集まる

空気が読めない人が一人いるだけで周りの人は困ってしまうものです。

だからこそ、そんな人と一緒に居たいと思う人は少なくなります。

ですが、それでも一緒に居る人と言うものは居る物です。

その場合、その人の特性を感じてもなお一緒に居たいと思っているのかもしれません。

ですがそうで無かった場合、実はその人もまたKYである可能性があるのです。

類は友を呼ぶという言葉があるように、同じ感覚をもった人は集まりやすい傾向にあります。

自分勝手な行動を取る人に対して多くの人がいやな気持ちになったとしてもその人自信もKYだった場合何も感じる事無く過ごす事が出来るのでしょう。

お互いがお互いの思ったままに行動する事が出来るので、ある意味一緒にいて楽なのかもしれません。

周りか見ればバラバラなその二人も本人同士が良いのであればそれで良いのです。

友情など所詮他人には分からない部分が多々あるのですから。

6、人の話をあまり聞いてない


KYの人の大きな特徴は、他人の意見を聞かないと言う所があります。

これは故意に聞かないのでは無く、自然と聞かないような素振りをとってしまうと言う事なのでしょう。

自分の意見を相手に伝えたいと思うあまり、相手の話を聞く余裕が無いのです。

話を聞かない事によって、周りの人との間に亀裂が出来てしまったとします。

ですが、そんな事に対してもあまり興味を持たず気にしないのです。

話を聞いていないからこそ、相手と話が合わなかったとしても全く気にせず過ごす事が出来るのです。

それはある意味ではKYの人の特権なのかもしれません。

他人からの目を気にしていると、どうしても相手の話す言葉一つ一つが気になってしまうものです。

ですが、それを気にせずに過ごす事が出来る人はある意味ではとても強く幸せ人と言えるのかもしれません。

7、基本的な挨拶ができない

挨拶は物事の基本です。

だからこそ、どんな相手に対しても挨拶をする事は重要なのです。

大人から子供まで、挨拶をする事によって周りの人とのコミュニケーションを作って来たのです。

ですが、KYの人の中にはきちんと挨拶する事が出来ない人も居ます。

世の中の考えとは全く違う世界を見ている場合、挨拶をするという概念が欠落してしまうのかもしれません。

ですが、それでは周りに居る人達が嫌な思いをする事もあるでしょう。

せっかく挨拶をしているのにも関わらず、何も反応して貰う事が出来なければ嫌な思いをする事だって十分考えられます。

コミュニケーションを取る事が苦手な人の場合でも、挨拶暗いする事が出来るはずです。

その事も考えず、自分の世界に浸っている人はKYと言われても仕方がありません。

8、人によって態度をコロコロ変える

人間に優劣は本来無いはずです。

誰が偉いと言う事は無く、みな平等な人間です。

ですが、それは幻想です。

どうしたって優劣は出来てしまい、会社や学校など狭い世界の中では上下関係も出来てしまうでしょう。

それは必ずしも悪い事では無くそれがある事によって、周りの秩序を保つ事が出来る場合もあるでしょう。

しかしながら、そういったことがある反面それによって態度を変える人も出てくるのです。

偉い人に媚びを売る事によってより自分の立場を確かな物にしたいという気持ちの現れなのでしょう。

それもまた平和に生きていく一つのきっかけとなり得ます。

ですが、それを実際にされた人はどうでしょうか。

嫌な思いをすると思いをするはずです。

自分の事はどうでもいいんだなと、感じる事でしょう。

相手がそう感じている事にすら気がつく事が出来ないと言う事は、既にそれだけKYな行動を沢山とってきた証なのでしょう。

9、話しに平気で割り込む

KYな人は基本的に話をきいていません。

だからこそ、大事な話をしている時にも平気で会話に割り込んでくるような真似をしてくるのです。

話の腰を折られた人は、嫌な気持ちになるでしょう。

邪魔をするなとイライラしてしまうかもしれません。

そういわれたとしても、全く悪気の無いKYの人からすれば相手が何故怒っているのかに気がつく事が出来ないのでしょう。

自分の非の原因を全く理解する事が出来ないので、改善するにしてもとても時間のかかるものなのです。

10、人の顔色をうかがえない

本来、日本人は奥ゆかしいと言われる国民性を持っています。

他の国に比べれば自己主張が少なく協調性を優先して行動しているのです。

だからこそ、子供の頃は自由気ままに遊んでいた人達も、いつの間にか周りに合わせる事を学び、相手の無難な付き合いをするようになるのです。

ですがKYの人はそれをする事が出来ません。

相手の顔色を伺うと言う事が出来ないのです。

相手の顔色を伺う事が出来ないと言う事は、何を考えどんな気持ちで居るのかを推測する事が出来ないと言う事です。

そうした場合、他人との関係性に大きな問題が出てくる事は容易に騒動する事が出来るのでは無いでしょうか。

もしかしたらKYの人はまったく気がついていない人と同時に気がつこうとしていない人なのかもしれません。

それによって、自分の周りに居る人が困っている事に興味をもって居ないのです。

だからこそ、結果的に周りの人を困らせる行為を取るようになってしまっているのでしょう。

11、口が軽くて隠し事ができない

自分の言葉かり優先して、相手の事を考える事が出来ない人は相手がどんな事をされたら嫌だと感じるのかとという基本的な事に考えを広げる事が出来ないで居ます。

だかたこそ、話す内容も何も考えずに行っている場合が多々あります。

例えば、生活している中で他人に知られたくないような話があるとします。

多くの人の場合は、それを心の中に留めて置く事が出来るでしょう。

しかしKYの人はそれをする事が出来ないのです。

皆でサプライズを計画していたとしても、それを当たり前のように他の人にばらしてしまう可能性もありのです。

そうなればサプライズは失敗となってしまいます。

周りの人から批判されたとしても仕方がない事でしょう。

多くの人の場合、それらは何度か繰り返していくうちに学ぶものです。

子供の頃に破格仕事が出来なかったとしても、大人になるに連れて隠し事をする事が出来るようになるものなのです。

ですが、KYの人の場合にはその学習しようとする気持ちが欠如しているのかもしれません。

だからこそ、いつまで経っても成長する事が出来ないのでしょう。

12、時間にルーズor厳しい

KYの人の場合には優柔が聞かない場合があります。

自分が正しいと感じた事を曲げる事出来ないのです。

つまり他人との関係を上手く作る事が出来ない場合が多々あるのです。

自分を曲げる事が出来なせいで、周りの人が困っていたとしても『自分は正しい』と意見を変えないのです。

時間などに関しても、臨機応変に対応する事が出来ず、忙しい時にのんびりしていたり反対に少しゆっくりしようという空気の中で、一人だけ時間通りにきちんと生活しようとしていたり。

時間を守る事は大切な事ではありますが、周りとの調和を見だす行為は決して良い事dとは言えないでしょう。

時間を守っているけれど、臨機応変に対応する事が出来る人こそが周りにいる人から評価を与えられる人なのです。

にも関わらず、正しい行為と勘違いして自分が正しいと思う行動ばかりをとってしまう人は結局周りの人から浮いてしまう結果となるでしょう。

13、見栄っ張り

見栄っ張りがKYに直接繋がるかどうかは分かりません。

ですが、基本的にKYの人は自分に注目して欲しいと願って居ます。

だからこそ、人から注目を集める為にいつもとは違った行動を取ったり、周りの人を驚かせるような行動をとってしまう事があるのかもしれません。

見栄を張る事によって、日々の生活を頑張ろうと噴気する事が出来るのであればそれも良いでしょう。

ですが、ただ見栄を張るだけで何も得る物が無いのであればそれは意味が無い行為です。

自分の行動を良く見直し、きちんと行動する事を心がけてください。

空気が読めないのは原因がしっかりあった!

KYな人というと大抵変わった人があげられます。

人に合わせる事が出来ず、何となく周りから浮いてしまう。

そんな人が多く見受けられるでしょう。

それは性格的な問題も勿論あります。

育ってきた環境によって、分からない部分も多々ある事でしょう。

ですが、それ以外にも大きな問題を抱えて居る場合もあるのです。

原因を知る事によって、状況を改善する事が出来るようになる場合もあります。

自分は勿論、自分の周りに居る人も『どこか人と違うな』と感じる人には根本的な原因があるはずです。

その原因を知り、今後の改善方法に役立ててみてはいかがでしょうか。

一般常識を知らない

一般常識は、誰かによって教えられるものではありません。

自分が生きていく中で培うものなのです。

その為、頭が良いかどうかは関係無いのです。

いかに自分の知識を広げるべく行動をする事が出来るかどうかが大切になってくるのです。

だからこそ、どんなに賢い人でも仕事が出来る人でも一般常識を知らない人というのは沢山居ます。

自分の常識がまちがってる事を知らないからこそ、つい間違った言動が出てしまう場合もあるのです。

その場合、ワザとでは無いにしろ、周りの人から浮いてしまう事となり結果的にKYだと思われてしまう可能性もあります。

自分を客観視できない

自分の事を冷静に判断する事は、難しい物です。

自分ではとても優秀だと思っていたとしても相手から見ればそうでもないと言う事もあるかもしれません。

相手の評価が自分が思っているよりも低いせいで、その差によって発言がおかしいと判断されKYと言われてしまう事もあります。

自分を客観視する為には、冷静な分析をする事が出来るようにならなければなりません。

それは簡単な事では無いでしょう。

多くの経験を積む事によって、自分より優れている人の存在をしったり、より多くの人との関りによって自分の評価を再確認していくものなのです。

だからこそ、他人と上手くコミュニケーションを取る事が出来ない人は自分を客観視する事が出来ず、結果的にKYとなってしまうのでしょう。

発達障害が原因かも?

最近では、発達障害と言う言葉が良く聞かれるようになりました。

これは、生まれつき脳の発達にばらつきがあり、そのせいで周りの人と上手くコミュニケーションを取る事が出来に人の事を指します。

発達障害には色々な種類があり、人によって大きな違いがある物です。

この発達障害によってコミュニケーション能力に問題が出る場合があり、KYといわれてしまうような少々川田行動をとってしまう原因になる場合もあります。

広汎性発達障害(PDD)

広汎性発達障害とは、発達障害の中での大きなくくりに対して使われる言葉です。

小児自閉症やアスペルガー症候群などが含まれており、社会での生活に関連する領域でなにか問題が出やすい障害について使われて居ます。

この障害だと診断された場合、周りと上手くコミュニケーションを取る事が出来ない場合が多々あります。

そのせいで、結果的に自分勝手な行動をとってしまったり周りの人に迷惑をかける事になってしまう事もあるのです。

これは一つの障害なので、自分の力だけではどうする事も出来ない場合もあります。

ですが、見た目的にも障害があると気がつかれない場合も多く、そのせいで単に変わった人として周りに溶け込む事が出来ない場合もあります。

この障害は、知的な障害が出ない場合もあります。

そのせいで診断を受けずに大人になってしまうケースもあるのです。

自分では頑張って居るのにも関わらず他人と上手くうコミュニケーションが取れないという人はもしかしたらこれが原因なのかもしれません。

世界的に有名な科学者や天才だと言われてきた人も、発達障害があった可能性がある事が分かって居ます。

それはそれだけ一つの物事に固執している結果、成果を出す事が出来たとも言えなくはありません。

だからこそ、発達障害がある事は必ず霜マイナスな事とは言い切れません。

ですが、社会で生きていく中で少なかれず不利になってしまう事があるのもまた事実です。

だからこそ、その原因と改善方法を自分や周りの人が理解する事によってもう少し生きやすい社会にして言う事が出来るのでは無いでしょうか。

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群とは、主にコミュニケーション能力に対して大きな障害をもって人達の事を指します。

しかし、彼らは知的な障害が無く自閉症の症状として出やすい言葉の発達の
遅れもありません。

ですから、周りの人に気がつかれないケースも多々あります。

その為、本当は障害によって周りと上手くコミュニケーションが取る事が出来ないのにも関わらず、なんとなく変わっている人と言う事だけで孤立してしまうケースがあります。

アスペルガー症候群という診断は、最近になって広く知られるようになりました。

だからこそ、今でも周りの人に理解されずに、困っている人が多く居るかもしれません。

自分の周りにいる人が、どうも会話が成り立たない。

おかしな言動をしていると感じたら一度一緒に病院に出掛けてみてはいかがでしょうか。

そうする事によて今まで気がつかなかった事に気がつく事が出来るようになるかもしれません。

最近では、大人になってから自分の障害に気がつくというケースもそう珍しい事では無いのです。

自分の特性の理由を知る事によって、今よりもう少し生きやすい世の中にして行く事が出来るかもしれません。

障害と言われると少々嫌な気持ちになる事もあるかもしれません。

ですが、周りの人と上手くやっている為にも事実は事実としてきちんと受け止めるべきなのでしょう。

空気が読めない人へのとっておきの対処法

それではここらは、空気が読めない人に対する対処方法をご紹介させて頂きます。

どうやって関わったら良いのか分からないと言う人は、これからご紹介する方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。

関わらないようにする

まず一番簡単な方法は、関わらないようにする事です、一緒にいる時間を減らす事によってストレスを軽減させる事が出来るようになるでしょう。

毎日一緒に居る事によって感じるストレスも距離をとる事によって、それほど多きなストレスとして感じなくする事が出来る場合もあります。

距離を置く時はさりげな〜く

距離を置く事は大切な事ですが、いきなり急に疎遠にしてしまうと相手も同様してしまいます。

かえってあなたに固執してしまう事があるかもしれません。

そうなってしまえばより一層めんどくさい形になってしまう事もあるでしょう。

そうならないようにする為にも、距離を置く際にはちょっとずつ慎重に行動していきましょう。

空気が読めてないことを指摘する

相手が自分行動に全く気がついて居ない場合には、思い切って指摘してしまうと言う事も一つの方法です。

相手にたして何がいけないのか。

どうしてKYと言われてしまうのかを明確に提示するのです。

そうする事によって、自分の非を理解させるのです。

人によってはホントに全く気がついていない場合もあります。

指摘する事によって、自分の行動を改める事が出来るのであれば、その方がより良い方法だと言えるでしょう。

自分の行動は意外と分からない物です。

気がつかずに相手に対して失礼な行動をとってしまっているのであれば、言わて傷つく場合もあるかもしれませんがそれにめげずに、改善を努力してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。

あなたの周りにいるKYの人に当てはまる物はあったでしょうか。

単に性格的に変わっている人も居れば、発達障害などが原因の場合もありその理由を判断する事が難しい事もあるでしょう。

ですが、まずはその原因を知ろうとする事も大切な事なのかもしれません。

一緒にいて嫌な思いをするくらいなら、距離を取る事も大切な事です。

そうする事によって自分の気持ちが晴れるのではあればそれでも良いでしょう。

ですが、場合によっては距離取る事が出来ない場合もあります。

そういった時には、原因を一緒に考えて見る事も必要なのでは無いでしょうか。