CoCoSiA(ココシア)

好き避けする女性が職場にいる時に素...(続き3)

本当はその人のことが好きなのに、恥ずかしさなどから過剰に反応してしまい、つい素っ気ない態度をとってしまったり、冷たくしてしまったりする女性がいるんです。

自分のことを好きすぎて避けられるとか、なんてあまのじゃくで可愛らしいんだ!と思う人もいるかもしれません。

しかし、それが好き避けなのか本当に避けられているのかはなかなか分かるものではないので、対応にも困ってしまうのではないでしょうか。

その好き避け女子ですが、実はその中でも色々な種類があります。

好き避けしてしまう理由には、例えばどんなものがあるのでしょう。

好きすぎて目も合わせられない

好きすぎて目も合わせられない好き避けする女性
好きすぎて好きすぎて目も合わせられない!なんて純粋少女のような女性もいるようです。

こういった態度にでてしまうのは、自分に自信がなかったりする女性に多いんだとか。

ただ、全く見ないわけではありません。

好きな人のことは目で追うのに、いざ相手と目が合いそうになると、とたんに目を逸らしてしまうんです。

また、このような女性の場合、好きではない人とは何も問題なく、目を合わせて会話をしたりすることができるので、男性は自分だけ嫌われているのでは?と考えてしまうのかもしれませんね。

好きだとバレるのが恥ずかしい

また、好き避けしてしまう理由の中に、自分の気持ちがバレてしまいそうで恥ずかしいという女性もいます。

自分に自信がないと、自分の気持ちを相手が受け取ってくれるとは考えられないので、拒否されてしまいそうで怖くなってしまうのです。

たしかに、よく目が合うと、男性も心のどこかで『あの子自分のことが好きなのかな?』と思ったりするでしょう。

そう思われてしまうのが怖くて、恥ずかしくてできないのです。

また、これは二人だけの問題ではなく、周りの人にバレてしまって茶化されてしまったり変に協力されたり、逆に反感を買ってしまったりするのを恐れている女性もいるかもしれません。

少なくとも、こういった行動をとってしまう女性は、引っ込み思案の恥ずかしがり屋な性格だったり、なかなか自分に自信を持てない女性が多いようです。

あえてそっけない態度を取る人も

しかし、中には意識してわざと素っ気なく冷たい態度をとることもあるんだとか。

男性には本能的に追われるよりも追うほうが燃えるタイプや、手に入らないからこそ手に入れたくなる心理があり、これを利用して、男性の気を自分に向けようとするんです。

また、恋愛の記事にも、気がある素振りをしすぎないほうが男性のほうから来てくれるといったものや、冷たい態度をとることで男性が気にして、そこから好意を持たれるといったことが書かれているものも多くあるんです。

そして、それを参考にあえて冷たくして、男性の興味を引いている女性もいるはずです。

さらに、プライドが高かったり高飛車な性格の女性も、自分が誰かに好意を持っていることをバレるのに抵抗があり、それを悟られないように冷たい態度をとっていることもあります。

このように好き避け女子の理由には、様々なものがあると分かりますよね。

しかし、そのどれもが男性のことを好きだからこそなんです。

それを軸に置くと、そのどれもが健気で可愛らしく感じてしまうでしょう。

好き避けと嫌い避けを間違えないように!

ここまで『好き避け女子』について説明してきましたが、中には『嫌い避け』だったということもあります。

これは想像の通り、単純に嫌いだから避けているということです。

好きなのと嫌いなのとでは、まるで逆なので、その勘違いだけは避けたいですよね。

しかし、この見分け方がまた難しいんです。

好き避け女子と嫌い避け女子の行動はほとんど同じで、なかなか見分けがつきません。

見分けるには、目が合った時や話しかけたときの顔など、ちょっとした『好きアピール』を見逃さずする必要があります。

また、周りとの対応の違いや周りの意見なども参考になるかもしれません。

そして、好き避け行動をとってしまう女性にはいくつかの特徴もありますので、その特徴に当てはまる女性なのかどうかも基準になるでしょう。

勘違いすると大変なことに!

仮にあなたの周りの好き避け行動をする女性が、実は嫌いだからこそ避けているのだとしたら、これまでにご紹介したポイントを行動に移すと、大変なことになってしまいかねませんよね。

好意を持っている人にされるのと、苦手だったり嫌いな人にされるのとでは、同じ行動でも受け止め方は大きく違うはずです。

なので、女性の態度を観察せずに突っ走ってしまわないように気を付けましょう。

分かりにくい女性でも、どこかにあなたへの気持ちは見え隠れしているでしょう。

それを見逃さないことが必要になってきます。

好き避け女子はただでさえ臆病な人が多いです。

なので、あなたの行動次第では好き避けが嫌い避けに変わってしまう可能性もゼロではありません。

慎重にゆっくり進めていくことが大切です。

ますます嫌われてしまう

嫌いで避けている人から、何度もアイコンタクトをとられたり、メールやラインなどを送ってこられたりしたら、不快な気持ちになってしまうのは回避できないでしょう。

また、嫌いな男性から『俺のこと嫌い?』なんて聞かれたら、さらに嫌いになってしまったり、嫌いだと正直に言ってしまいたくなるかもしれません。

なので、『好き避け』なのか『嫌い避け』なのかは、きっちり見極めておく必要があります。

そして、好き避け女子だと確信を持てたら、距離を縮めるための行動に移すのが最適だといえるでしょう。