女として生まれてきて良かったなあ〜と思える瞬間は、メイクやファッションといったオシャレを、目一杯に楽しめる時間ではないでしょうか?
洋服の一つをとっても、男性と比べると女性向けのファッションブランドの数は桁違いに多く、靴、アクセサリーなどを含めれば、何万とのブランドが名を連ね、色や形といった種類も豊富にあります。

そこに、メイク用品も含んで考えていくと、とてもじゃないですが、数え切れないほどの種類がありますよね。

お値段もピンからキリまで、懐事情も体型もこだわりがなく、女性として生まれたからには、無条件に取捨選択することができます。

これは、商品の絶対数が圧倒的に少ない男性では、味わうことのできない女性のみが持つ特権です。

好みの商品や、お気に入りの商品を見つけて鏡の前で合わせる時、そして、その商品を買って、家のクローゼットや棚に収納するだけでも、幸せな気持ちになりませんか?
メイクもそうです。

可愛らしいコスメがポーチの中にあるとテンションが上がりますし、新しいコスメを手に入れると化粧をする手に気合いが入ります。

気分を変えたい時も、アイシャドウの色、リップの色の一つを変えるだけで、見違えるように気持ちが切り替わりますよね。

このように、可愛らしいファッションやメイクに身を包む瞬間が、女性として生まれて良かったなあ〜と思える瞬間ではないかと思います。

ですが、この幸せを感じる瞬間は背中合わせで、幸せを感じるのと同時に「女として生まれてきて面倒だなあ〜」と思う瞬間でもあります。

例えば、寝坊をしてしまって、会社に遅刻をしてしまいそうな時。

男性であったならば、最悪、歯を磨いて、顔を洗って、髪を整えれば家を出られますが、女性の場合はそうはいきません。

〝化粧〟をしなくてはなりませんし、男性よりも〝髪の毛〟にも気を遣わないといけないのです。

遅刻をしそうな時以外の、普段の時でも、男性よりも身支度に時間がかかる女性は、男性よりも起床する時間を早くしなくてはなりません。

筆者は朝が苦手……というか、朝が嫌いなタイプなので、朝がくる度に男性だったら楽なのに……と思っていました。

中学、高校と学生の時は、寧ろ「化粧をするのは好ましくない」との、世間の目がありました。

なので、思春期特有の「早く大人になりたい」願望と、禁じられると敢えて行いたくなってくる興味とが入り混じって、メイクに憧れすらも抱いていたものです。

しかし、成人して社会人になると、ある程度の化粧をすることが、大人の女性としてのマナーになってきます。

それだけでも毎日の手間でしかないのに、義務化されてしまうと憧れは薄れ、本当に女性というものは面倒臭いなあ……という気持ちになってしまいます。

化粧をしないで、すっぴんでいる日があってもいいいと、思いませんか?

すっぴんが話題になる時代になりました

メイクで自在に変身ができるのは、女性として生まれてきたからこその特権です。

ですが、毎日メイクをするようになった女性には、すっぴんへの憧れがありますよね? 年々、その傾向は高くありつつ感じられます。

やはり、毎日のメイクにかける時間や手間が「面倒だ」と思ってしまう瞬間が、女性の誰しもにあるのです。

そして時代は、ナチュラル、ボタニカル、オーガニック、無添加……と、無駄に手をかけずに、素のままのものが、広く求められています。

だからこそ、すっぴんに憧れる。

メイクをする必要なんかないじゃないか! そんな、キレイなすっぴんに憧れるのです。

SNSやブログですっぴんを公開する芸能人


世の中の〝すっぴん〟への注目度が上がることに比例して、芸能人たちのすっぴん披露も広まっています。

……いえ、昔から世間の〝すっぴん〟への憧れは、ありました。

ブログというインターネットサービスがありますね。

芸能人に限らず、好きな時に自分の好きなことが書け、世の中に配信ができる大変便利なサービスです。

今、すっぴんの話題を書かせていただいているココもそうですし、読んでくださっている皆さんの中にも、自身のブログを持っているという方がいらっしゃるかもしれません。

芸能人が近況を報告する手近なツールとして、今まではナンバーワンを誇っていました。

ですが、最近は、ブログよりも遥かに便利な、SNSが台頭をきっています。

ツイッターやインスタグラムなど、短文での投稿を売りにしているもの、写真の投稿を売りにしているもの。

様々なものがあります。

ブログを持っていない方でも、多くの方が利用した経験があるのではないでしょあか?
スマートフォンが世に広まってから、そんなSNSの爆発的な普及と人気と、やはり世の中のナチュラル志向が合わさって要因となり、芸能人の「すっぴん披露」が数多く出てきたのではないかと思われます。

だからこそ、昔ほど〝すっぴん〟に抵抗もなくなってきているのです。

すっぴんを公開する女性達

今まで、すっぴんを披露した女性芸能人の数は知れません。

もしかしたら、すっぴんを披露したことがない女性芸能人の方が、少ないのではないか? とあうほどです。

すっぴんを披露すれば、ネットニュースにも取り上げられ、一時的に話題にもなりますので、いい宣伝効果もあるのでしょう。

芸能人がすっぴんを披露するのには、話題性という営業の意味合いと、日頃から美への意識が一般人とは桁違いですし、何よりも容姿に自信があるからだと思われます。

ですが、芸能人に限らず、一般の女性の間でも、ブログやSNSですっぴんを披露することが、一種の流行りになり、普通になってきています。

すっぴんを公開する女性達の意図とは?


芸能人でもないのに、ブログやSNSですっぴんを披露する女性たちは、一体何が目的なのでしょうか?
一度ネット上に公開してしまえば、一生残るといっても過言ではないインターネットの世界。

画像に限らず、文章であっても、公開したものを自分が消したところで、誰かがダウンロードやスクリーンショットなどで保存していれば、公開した自分であっても、完全に削除するということはできない世界です。

それでも、自らのすっぴんを披露する女性たちは、このような心理があると思われます。

化粧をしなくてもキレイだと示したい

「化粧する必要ないじゃん!」と、友達に言われるの、嬉しいですよね。

化粧をしなくても、申し分なくキレイだということですので、筆者も友人や知人に言われたら嬉しい限りです。

ですが、筆者には、そう言われるためにすっぴんを披露する勇気がないのですが、すっぴんを公開する女性たちには、その勇気があり、キレイだと言われる自信があるのです。

化粧をしていないすっぴんの状態でも、自分がキレイだという自信を持っているため、美貌を世に知らしめたくなってしまうのです。

すっぴんでも綺麗だと皆に言って欲しい

上記に似ています。

上記は「私ってキレイでしょ」という自己顕示欲でしたが、こちらは「私ってキレイだよね?」という自己の肯定を求めている状態。

キレイだよ! という同意が欲しいのですね。

他者から「すっぴんでもキレイ!」と言われることで、自分の価値を見出し、自信に繋げたいタイプです。

上記は芸能人並みに自分自身に自信を持っていましたが、自分への自信にあまり自信がない様子が見て取れます。

確かに、自分以外の誰かから「キレイだ」「可愛いね」などと言われると、安心してしまいますよね。

言ってほしくなる気持ち、とても分かります。

キレイだね! の言葉が、いつだって、いくつになったって、女性は欲しいんです。

自分の肌に負担をかけないライフスタイルを理想としている

数年前から〝オーガニック〟や〝無添加〟〝ボタニカル〟など、自然由来の天然成分を売りにした商品が、ドッと増えたと思いませんか?
食べものはもちろんのこと、口にする以外のもの、ボディソープやシャンプー、そして化粧品までも、天然成分をうたった商品がたくさん出てきましたよね。

確かに、肌や体に負担をかける化学物質がたくさん配合された品物は、出来れば使いたくがありませんし、100パーセントの天然成分でできているに越したことはありません。

筆者も、ボタニカルやオーガニックと書かれている商品は、なんとなく手にとって眺めてしまうことがあります。

100パーセント天然成分の化粧品……そんなものが本当にあるのかは別として、肌や体への負担を考えるのならば、一番は自然体である〝すっぴん〟が、何の負担もない〝無添加〟状態ですよね。

そういったオーガニック製品にこだわりを持ち、ライフスタイルを持っている方たちは、普段から〝すっぴん〟でいることに違和感がないし、美徳として感じてもおり、それが普通なのです。

自分のいつもと違う一面を見て知ってもらいたい

普段の自分と、インターネットの中の自分とを比べて、全く遜色ないと言える方は、何人いらっしゃるでしょうか。

おそらく、ほぼ全ての人が、オフ(現実)の自分と、オン(インターネット上)の自分は違うものだと思っているはずです。

普段は全然喋らない人なのに、インターネットの世界では途端に饒舌になる人がいますよね。

オフでは温厚な人柄であったのに、オンになると攻撃的な批判を繰り広げていたり、暗い人だなあ〜と思っていた人のツイッターを見てみたら、フォロワーが何万といて、誰? と思ってしまうほど、明るくリプライのやりとりをしていたり。

現実世界では想像がつかないようなことを、インターネットの世界では行っていたりします。

程度は違えど、全く充実していないのに、ネットではリア充を気取ってみたり……逆に、ネガティブな愚痴ばかりを繰り広げていたり……思い当たる節がある人が、たくさんいると思います。

インターネット上に、普段とは違う自分を作ってしまう人は、思っているよりも、実はたくさんいるんです。

SNSなどには、会ったことがない知り合いがたくさんいますから、理想の自分を演出するのも簡単ですし、顔が見えないからこそ口も大きくなってしまいますよね。

そんな中、いつもとは違う自分を演出し、知ってもらうために、すっぴんを披露することがあります。

もちろん、SNSやブログで繋がっている知り合いが、インターネット上だけとは限りません。

現実世界での知り合いであっても、実際にすっぴんを見せるのは難しくても、ネット上では簡単に公開ができ、容易くいつもとは違う自分を見せることができるんです。

女性がすっぴんを見せても良いと思う相手とは?

ここまでの話で、すっぴんを見せる女性は自分に自信があり、自己顕示欲が強いように思いますよね。

ですが、SNSやブログなど、インターネットにすっぴんを公開するのと、実際にすっぴんを披露するのとでは問題が違ってきます。

インターネット上に公開がされているすっぴん画像は、9割方が自撮り写真ですから、自分自身の写りが良い角度や場所で、ベストショットを撮ることができます。

加えて、最近の写真加工アプリは凄いですよね。

シミやシワなどを消せる肌加工の機能はもちろんのこと、スマートフォンで手軽に目も大きく見せることができるので、一斉を風靡したプリクラの衰退も頷けます。

このように、インターネット上にあるすっぴん画像は、すっぴんであって本当のすっぴんでない場合があります。

まあ、いずれにしてもインターネットに自画像を載せること自体、自信があるのであろうと思われますが、SNSやブログにすっぴん画像を公開していない女性の場合。

すっぴんを披露するのは、どういった時なのでしょうか? 化粧が面倒な場合や、身だしなまに無頓着な場合を除いて、考えていきたいと思います。

自分のことを綺麗だと思ってくれそうな人

女性であるからには、どんなに開き直ったとしても「ブス」の言葉は、心に突き刺さります。

自分自身で自覚をしていたとしても、心無い言葉にショックを受けますし、何度も言われて耐性ができたと思っていねも、それは心が麻痺しているだけで、痛い言葉であるには間違いがないのです。

選ばれた美貌の持ち主であれば別ですが、普通レベルの女性は、ブスという言葉を怖れています。

実際にブスと言われることだけではなく、思われてしまうことも怖いものなのです。

なので、すっぴんに自信がない女性が、すっぴんを披露する時は、自分のすっぴんを見ても「キレイ」と思ってくれるだろう相手だったりします。

ある意味で、信頼してくれているということです。

自分のすっぴん肌が綺麗であることを自慢したい相手

すっぴんを披露するとなると、一番に気掛かりで気にってしまうのは、肌のコンディションです。

お肌の悩みって底を尽きませんよね。

シミ、ソバカスはもちろんのこと、ニキビなどの肌荒れや、毛穴の開きに黒ずみ……改善や予防するためには、洗顔から化粧水に乳液、美容液にクリームやパックなどと、多大な苦労が見込まれます。

しかも、肌のお手入れは、たまにのことではなく日々のことです。

そんな苦労を重ねて、とっても素肌の調子が良い時、人は自慢したくなるものなんです。

すっぴんの肌が、つるん! もちもち! だと、誰かに見てもらいたくなるし、触れたくなってしまいますよね。

すっぴんを披露する理由の一つには、キレイな素肌を自慢したいとの気持ちも込められています。