好きな人が出来た時・好きな人に会えた時・スキンシップが出来た時・告白をする時……こういった恋愛の様々な瞬間で”ドキドキ”を体験したことがあるという人はきっとかなり多いはず。

でも、そんなドキドキの正体について皆さんきちんと考えたことってありますか?

もちろん人がドキドキする瞬間というのは恋愛以外にも色々あるものですし、決して珍しい症状というわけではないんですが。

けどだからこそ、どうしてそんな症状が起きるようになるのか?なぜ恋をした時もドキドキを感じるようになるのか?

改めていろんなことをきちんと考えてみると結構疑問だったりするんですよね。

そこで今回はそんなドキドキについて、特に恋愛におけるドキドキについて徹底分析!

ドキドキの厳密な症状や原因・そうなってしまった時の対処法など、ドキドキに関する色々なことについて詳しく見ていきたいと思いますよ。

またおまけとして、好きな人をドキドキさせるためのとっておきの方法なんかも一緒にご紹介。

なので現在恋愛中なんていう方はぜひそちらも参考にしてみてくださいね。

それでは見ていきましょう。

恋愛のドキドキの正体は?

それではまずは、恋をしている時のドキドキについて詳しく見ていきましょう。

冒頭でもお話したように、人は恋愛をしている時にドキドキを感じることも多くなってきますが、どうして恋をするとそうなってしまうのか?

恋のドキドキは他の瞬間に感じるドキドキとは何か違いがあるものなのか?

そこのところを分析していきたいと思いますよ。

恋愛とドキドキにはどんな関係性があるのか、まずはここでしっかり知っていってくださいね。

恋をするときのドキドキって何?

そもそも恋をしているドキドキの正体とは一体なんなのか?これって実は恋をすることで人が極度に緊張・興奮して、それによって起きている様々な症状のことを指しているんですね。

もっと細かく言えば、緊張・興奮状態になることで心拍数が上がり同時に血圧も上昇、そして心臓も激しく動き頭もカーッと熱くなる。

それにより人は胸が痛い・息苦しいというような症状を感じるようになり、これをドキドキと認識するようになるわけです。

「アドレナリン」が出る


ちなみにもっと詳しく説明すると、人は緊張・興奮状態になった時脳の中で”アドレナリン”というものが分泌されていると言われています。

このアドレナリンとは神経伝達物質の一種で神経を興奮させる作用があり、やる気や意欲を高めてくれるものになるのですが。

これが分泌されることでその興奮が神経を通じて全身に伝わるようになり、心拍数・血圧が上昇し、人はドキドキを感じるようになる、という原理になっているわけなんですね。

自分が恋愛をする可能性があると自覚するから

さらにさらに、恋愛のドキドキの原理というのはここからが面白いところ。

実はこのアドレナリン単純に緊張・興奮をした時よりも、なんと人がときめきを感じた瞬間に特にその働きが活発化するという、ちょっと不思議な特徴を持っているんです。

しかもその特徴は誰かに恋をした時の本当のときめきにのみしか反応しないのだとか。

実際ルックスなどが魅力的な素敵な人に会っただけでは何の反応もなかったのに、相手を異性として意識し始めた瞬間から反応を示すようになった、なんていう結果もある実験で出ているほどなんですよ。

つまり恋愛のドキドキは先程の原理に加え、人が恋愛をするという自覚を持った時、初めて症状として出るようになるということ。

なので恋愛のドキドキと他の瞬間に感じるドキドキというのはやっぱり微妙に違うものになる、ということになってくるんですね。

ドキドキする瞬間

やっぱり恋愛のドキドキというのは他の瞬間に感じるドキドキとは違うもの。

好きな人だけに感じる特別なものになってくるんですね。

では人はそのドキドキを恋愛のどんな瞬間に感じるようになってくるのでしょう?

人によってドキドキする瞬間というのは色々とあると思いますが、みんなが共通して特にドキドキを感じるのは一体どんなシチュエーションの時なのでしょうか?

次はそこのところを詳しく見ていくことにしましょう。

好きな人と会った時


好きな人と会った時。

この瞬間というのはやっぱり誰でもドキドキしてしまうものでしょう。

何故なら好きな人に会えた時というのは当然誰でも嬉しいものだから。

自然と気持ちも高揚して興奮状態になって、先程の原理でドキドキも起きやすくなってくるわけです。

特に片思い中や付き合い立てという人がそういう機会が多くなってくると言えるのではないでしょうか。

片思い・付き合い立てというのは気持ちが新鮮で常に好きな人に会いたいと思ってしまうものですし。

実際に会えた時はもう嬉しくて嬉しくてたまらなくて、心臓も痛いくらいドキドキしてしまったりするんですよね。

恋愛においてはまさに幸せだと言える瞬間ですね。

緊張する時

恋愛をしている時というのは喜びや幸せを感じるのと同時に緊張する瞬間も増えてくるもの。

今お話した好きな人に会えた時もそうですが、他にも会話をする時・2人きりになる時など、結構色々なシチュエーションで緊張することが多くなってくるんですよね。

そして先程も説明したように、アドレナリンというのは緊張状態になった時でも分泌されやすくなるもの。

だからこういった緊張する瞬間も当然ドキドキしやすくなる瞬間と言えるわけですなんですね。

ただこういった恋愛での緊張というのは好きな人を意識するあまり起こるものなので、決して悪いものというわけではないのではないでしょうか?

もちろん緊張のし過ぎも痛いくらいドキドキを引き起こすようになってしまうかもしれませんが…でもこれもまた幸せな瞬間だと言えますよね。

ドキドキとワクワクの違い

ちなみに恋愛をしていると”ワクワク”といった感情も起きやすくなり、よくこの感情をドキドキと勘違いする人も多くなってきたりします。

というのもワクワクという感情も嬉しさのあまり興奮状態になったりするので、ドキドキと似た症状になりどうしても勘違いしやすくなってしまうんですよね。

ただワクワクの場合は大抵は嬉しさ・喜びといったプラスの感情から起きやすくなるというパターンがほとんど。

さらに心拍数・血圧なども上昇したとしても多少程度になってきます。

対してドキドキというのはお話してきたように嬉しさだけでなく、緊張状態などからでも起こりやすくなります。

心拍数などもかなり上昇して心臓が痛い・息苦しいなんていう症状も見られたりします。

なのでドキドキの方が恋愛のあらゆる瞬間で起きやすくなってくるものですし、自分の感情に合わせて症状の強さも変わってくるもの。

つまり恋愛中の自分の気持ちがストレートに出やすいものと言えるんですね。

そこがワクワクとの違いになってくるというわけです。

ドキドキの別名

さて、ではここからはドキドキという感情そのものについてもっと焦点を当てていくことにしましょう。

どんなに恋愛のドキドキについて知っていたとしても、ドキドキがどんな症状なのかについてきちんと分かっていなければ、いざ恋をした時にそのサインを見逃してしまうかもしれませんからね。

ドキドキした時、人はどんな状態になるのか・具体的にどんなことが原因で症状が出やすくなるのか、色々知っておくと良いと思いますよ。

ちなみにまずは、ドキドキの別名についてのお話。

この別名を知ればドキドキがどんな症状かというのが、皆さん一気にイメージしやすくなるのではないでしょうか。

動悸

よく薬のCMなどで耳にすることが多い”動悸”という言葉。

皆さんの中にも聞いたことがあるという方がほとんどになってくると思いますが、この”動悸”がドキドキの別名になってきます。

実際の症状などを見てみても、緊張・興奮・ストレス状態になることで交感神経の働きが高まり心拍数・血圧が上昇すること、とまさにドキドキの症状そのまんま。

ドキドキという名前の由来も動悸動悸→ドウキドウキ→ドキドキから来ていると言われているんですよ。

ただ…この動悸、本当にただ緊張・興奮しやすいシチュエーションや恋愛によるものなら特に心配はないのですが。

もしもそういったシチュエーションでないところで頻繁になるようだと病気の可能性も考えられるという、ちょっと怖いサインにもなってきます。

しかも心臓ということだけあってその病気も狭心症や心筋梗塞など、深刻なものが当てはまる場合も。

なので恋愛以外でもしもこういった症状が見られるようなら早めに病院などで診察をしてもらった方が良いと言えるでしょう。

ドキドキするってどういうこと?

続いてはドキドキの詳しい症状についてのお話。

ドキドキの症状についてはここまでも色々お話してきましたし、何度も体感してなんとなく分かっているという人も多いかもしれませんが。

実際そういった状況の時自分の体にどんな変化が起きているのか、というのをよりきちんとご理解していただくために、ここでその症状についてさらに細かく具体的にまとめていきたいと思います。

先程も言ったようにドキドキというのは病気の恐れだって考えられるものですし、恋愛においてもとても大事なサインと言えますから。

どのようなものかというのをしっかり認識して変化を見逃さないようにしていきましょうね。

心臓の拍動が速くなる

恋愛をしている時、あるいは何か大事な場面で緊張している時など、胸や脈に触れたら心臓がいつもより早く動いていた。

こんな経験をしたことある方って多いのではないでしょうか?

お話してきたようにドキドキというのは心拍数・血圧の上昇によって起こるようになるので、このようにまずは心臓の拍動が速くなるという症状が見られるようになってくるんですね。

もちろんシチュエーションや状況によってどれだけ速まるかというのはまた違ってきます。

ですが、緊張・興奮によるドキドキの場合は多少どころではなくかなり速まるということがほとんどなので、「あ、自分はドキドキしているんだな」と誰でもすぐに認識ができると思いますよ。

また心拍数が上がるとそれだけ息苦しく感じるようにもなるので、そういったところからも変化が分かるようになってくるかもしれませんね。

心臓の拍動を強く感じる

心臓の音がハッキリと大きく聞こえる。

ドキドキしている時はさらにこんな症状を感じることも多くなってくると思います。

分かりやすく言うならまるで心臓を何かに叩かれているような、ドッドッドッと脈打っている音が聞こえるような感じですね。

実はこれは厳密には心臓の音が聞こえているというわけではなく、心臓の拍動を強く感じるようになっているという症状になるのですが。

緊張・興奮すると心臓は激しく動くようになりそれだけそのリズムも体に伝わりやすくなるので、人は普段よりも拍動をハッキリ認識できるようになるという原理なわけなんですね。

なのでこちらは先程お話した拍動が速まった時よりも、さらに自身でも分かりやすい症状となるはず。

よりドキドキを認識しやすくなる症状と言えるのではないでしょうか。

ドキドキする原因

ドキドキの具体的な症状が分かったところで、次はドキドキが起こる具体的な原因についてもご紹介していきたいと思います。

もちろんこれまでお話してきたようにドキドキというのは緊張や興奮状態が原因になっているということが多くなってくるのですが…

実は恋愛以外だとお酒などの生活習慣や服用している薬など、他の様々な要因によって引き起こされているという可能性も考えられたりするんですよ。

中には体に悪影響を与えて悪いドキドキを起こしてしまっているものもあったりするので……

ここでその原因についてしっかり知って、自分に起きているのはどんなドキドキなのか。

今後きちんと見極められるようにしておきましょう。

過剰な興奮や緊張状態

ここまでずっとお話してきたように、ドキドキは過剰な緊張・興奮状態になった時によく起こりやすくなります。

先程も説明しましたが、人は緊張・興奮をすると脳の中で神経伝達物質の一種であるアドレナリンが分泌されます。

それにより心拍をコントロールしている交感神経というものの働きも高まるようになるので、心拍・血圧の上昇などが上昇しドキドキが起こるようになっていくというわけなんですね。

ちなみに具体的に言えば恋愛はもちろん、何か自分にとって大事な瞬間で緊張している時。

または不安な時・恥ずかしい思いをした時など、そういったシチュエーションが特にドキドキしやすくなる瞬間となってくるでしょう。

もちろんこういったドキドキは感情の高まりによるものなので体への害なども一切なし。

状況によってかなり心拍数が上がったりもするかもしれませんが、特に心配する必要はありませんよ。

カフェインやアルコールの摂取

実はドキドキというのは緊張・興奮状態になった時だけでなく、あるものを摂取することで起こりやすくなる場合もあったりします。

そのあるものというのがカフェインやアルコール。

この2つの成分といえばコーヒーや紅茶・お茶類、そしてお酒全般に含まれているものになりますが…

これらには交感神経を刺激し血圧を変化させ心拍を早める作用があるので、ある程度の量を摂取することでドキドキが起こるようになっていくというわけなんですね。

ただ、これは要するにカフェイン・アルコールの成分によって血管や心臓が影響を受けているということになるので、当然健康にまったく害がないとは言い切れませんよね。

もちろん多少の量なら問題はありませんが、あまり摂取をし過ぎると激しい動悸を引き起こすことになり、最悪自身が危険な状態になってしまう恐れだってあるかもしれません。

なのでどなたでも飲む時は過剰に飲み過ぎない様くれぐれも気を付けるように。

特にアルコール類は自己管理をしっかりして、嗜む程度にするよう心掛けるようにしましょう。

薬の副作用

もう1つ、体に摂取することでドキドキが起きやすくなるあるものがあります。

それは、薬。

特に、低血圧・狭心症の治療に使われるような血管を拡張させる作用のある薬や、副交感神経を弱める作用のある薬などがそう。

そういった薬を摂取するとまれに副作用が出て、ドキドキの症状が引き起こされることも増えたりしてくるんですね。

まぁ薬の影響でその程度の症状が見られることは珍しくないので、この場合のドキドキも基本的には危険はありませんが……

ただやはり薬は薬ですし、副作用というのも決して体に良いものというわけではないので、100%安心しきらず多少注意はしておいた方が良い症状と言えるでしょうね。

薬も人によって合う合わないがありますし、副作用の出方なども違ってきますからね。

なので皆さんももし何か薬を飲む機会があってドキドキの症状が見られるようだったら一応気にかけて。

もし万が一、少しでも様子がおかしいなと思ったらすぐに飲むのを止めて、医師に相談するようにしましょう。

ドキドキしたときの対処法

さてここまでは具体的な症状や原因など、ドキドキについて色々と徹底分析をしてきましたが……

次は実際にそんなドキドキの症状になってしまった時の対処法について詳しくご紹介。

ドキドキした時って心臓が痛くなったり息苦しくなったり、頭がカーッとなったりと、いろんな症状が一気に出てきてパニックになってしまうって人結構多いのではないでしょうか?

特に好きな人を前にした時なんてそうだという人がほとんどのはず。

そこでここではいざそんな状態になってしまった時、まず取るべきオススメの行動についてレクチャーしていきたいと思いますよ。

パニくったからといって後々後悔するような変なことをしてしまわないよう、ここでその対処法をしっかり頭に入れておくようにしましょうね。

冷静になる

お話したようにドキドキしている時というのは緊張・興奮状態の時が多く、そこにさらに様々な症状も一気に出てきたりで、余計にパニックになりやすくなっているもの。

そしてそんなパニック状態になってしまった人というのは冷静に物事を判断することができないので、勢いで変なことを口走ったり変な行動を取ってしまったりする可能性も高くなり、非常に危険と言えますよね。

もしかしたら周りに迷惑をかけてしまったり、最悪好きな人に引かれてしまうなんてこともあるかも……

なのでそんなことをして後で後悔をしないよう、ドキドキが起きた時はとにかく冷静になるよう心掛けることが大切になってきますよ。

例えば胸がドキドキしてきたなと感じたら、まずは何も言わず行動も起こさないようにして、自分の気持ちを落ち着けることから始めてみると良いでしょう。

できれば1人で居られるような場所でゆっくり時間をかけて落ち着けるようにしていくとベストですね。

そうして落ち着いてしっかりと物事を考えられるなと自分で感じられるようになってから、次の行動を起こすようにしていきましょう。

深呼吸する

ちなみに冷静になるための最適な方法としては、やはり深呼吸がオススメになってくるでしょう。

人は呼吸を整えることで自然と気持ちもそれに合わせて落ち着いてくるものですから、冷静になりたいという時にはまさにピッタリの方法になってきますよ。

特にドキドキしている時というのは心拍数・血圧が上昇することで息苦しくなることも多いので、余計に呼吸を整えるということが必要になってきますからね。

息苦しいと最初は深く呼吸をするということがなかなかできないかもしれませんが、浅くても構わないのでまずはとにかくゆっくり息を吸う・吐くということを意識しながらやってみることにしましょう。

やっているうちに段々と深く呼吸ができるようになっていって、そのうち気持ちも一緒に落ち着いてくるはずですよ。

瞑想する

また冷静になるための方法としては、同じく瞑想するというのも最適になってくるでしょう。

ドキドキしてきてパニックになってしまいそうな状況になったら、とりあえずまずはその場で目を瞑って気持ちを落ち着かせていくようにするんですね。

そして何か他のことを考えるようにしてそちらに集中するようにして・あるいは何も考えずにただ無になって。

自分がより落ち着けるという方法で気を紛らわせていくようにするんです。

そうすればドキドキの気持ちの方には意識がいかなくなり、自然と気持ちも落ち着いてくるはず。

先程ご紹介した深呼吸もプラスすれば、さらに効果的にもなってくるはずですよ。

慣れないと最初はなかなか他のことを考えられない・無になれないなんて人もいるかもしれませんが、それでもとにかくまずは目を瞑って周囲と自分とをシャットダウンして、自分だけに意識を集中するようにしてみましょう。

ドキドキが収まらない時は病院へ!

すぐに効果が出てくるかは個人差があると思いますが、ここまでご紹介してきた方法を試せば必ず少しずつ気持ちが落ち着いてきて、そのうち冷静にもなってくるはすです。

つまり逆に言えば、これらの方法を試してもなかなかドキドキが収まらないという場合はもしかしたら気持ち的な問題ではなく、身体的な問題があるということかも……。

なのでもしも様子がおかしいなと感じたらその時は病院できちんと診察をしてもらうようにもしましょう。

先程もお話しましたが、動悸というのは病気などを知らせる怖いサインの時もあり、最悪狭心症や心筋梗塞になる可能性も有り得ますから。

ドキドキがなかなか収まらないなどの症状が出て、様子がおかしいなと思う方は、一応診てもらった方が良いと思いますよ。

もしかしたら病気などではなく本当にただのドキドキということもあるかもしれませんが、仮にそうだったとしても調べておいて絶対に損ということはありませんからね。

少しでも気になる症状があったら1度診察を受けてみるようにしてみてくださいね。

恋してる人必見!相手をドキドキさせる方法

さて、それではここからは最後に再び恋愛のドキドキに焦点を戻して……自分ではなく、気になる相手をドキドキさせてしまうとっておきの方法についてご紹介しちゃいましょう。

ボディタッチやさり気なく距離を縮めるなど、実践するのはちょっと恥ずかしいというものもあるかもしれませんが、どれも効果を期待できる方法ばかり!

勇気を出してやってみる価値は大ありだと思いますよ。

相手をときめかせて自分への意識を高めて、両思いへ大きく1歩前進させてしまいましょう。

ボディタッチ

さり気なく相手にボディタッチ。

やはりこれは恋愛においてもう鉄板であり、非常にドキドキ効果の高い方法と言えますよね。

特に男性は女性に触れられるのが嬉しいと感じている人が多いようですから、片思い中の女性という方はこの手をぜひ使うべきだと思いますよ。

ただし言ったように、大事なのはあくまでも”さり気なく”ということ。

あまりに何度も触りまくったり、人前でベタベタしたりなど、そういう露骨なのは男女共に嫌がる人が多かったりしますから…

狙ってやっているというのを気付かせないくらい、自然な流れで。

肩や腕など、友達同士でもよく触れることが多いような、違和感を感じさせないような場所をタッチするようにしましょう。

そうすれば相手はきっとドキドキして、次第に自分のことを意識してくれるようになるはず。

もしも相手が自分のことも触ってくれるようになったら、それはもうかなり脈ありと言って良いかもしれませんよ。

見つめる

異性に目をじっと見つめられるというのはなんだかドキドキするものですよね?

つまりこちらから気になる相手を見つめるようにすれば向こうもきっと確実にドキドキするようになるはず。

ということでチャンスがあればこの方法もぜひ実践してみると良いと思いますよ。

例えば自然な流れでやりやすい方法なら、やはり話している時などにきちんと目を見ながら相手の話を聞くようにするというのはどうでしょう?

これなら相手を見つめる機会を自然に作ることができるので、相手に違和感を感じられることなくドキドキを感じさせられるようになるはずです。

もちろん見つめている間は相手の話もしっかり聞いて、適度に相槌も打つように。

話の内容にもよりますが、聞いている間はなるべく優しい表情を心掛けるようにするとさらに好感を持ってもらえるようになるはずですよ。

異性と目を合わせるというのもなかなか恥ずかしいことかもしれませんが、これも非常にドキドキ効果が高い方法なので、チャンスがあればぜひやってみてくださいね。

腕を組む

先程ご紹介したボディタッチが自然とできるようになってきたら、次は思い切って腕を組んでみる、というのもオススメの方法になってきます。

腕を組むというのはやはり普通の友達同士ではなかなかしないような、ちょっと特別感を感じる行為になりますからね。

これをされることで相手もきっとよりこちらを意識するようになり、ドキドキを感じるようになるはずだからです。

ただまぁこれは実践するこちらもかなり恥ずかしくハードルも上がる方法と言えるので…

とりあえずまずはふざけている時などにノリで組んでみる、なんていうやり方から試してみると良いかもしれません。

ノリでやったことならまだギリギリこちらの気持ちを濁すことができ、相手のリアクションなどを伺うことができるからです。

そうして試しにやってみて相手が良い反応を示すようなら、チャンスを見つけてまた腕を組む機会を増やしていってみてはどうでしょう?

回数を増やしていけばさすがに相手も段々とこちらの好意を感じるようになっていくはず。

徐々に自然と相手との距離を縮められるようにもなっていくはずですよ。

恋でドキドキするのはいいこと♡(まとめ)

ドキドキの症状について、特に恋愛の際のドキドキについて色々分かっていただけたでしょう?

簡単にまとめさせていただくと、ドキドキの正体というのは人が緊張・興奮状態になった時に心拍数等が上昇することで起きるもの。

さらにそこに恋愛の感情が加わることでアドレナリンが反応を示すようになり、恋をしている時だけのあの特有のドキドキが生まれるようになるんですね。

つまりもっとまとめれば、恋愛のドキドキというのは本気で恋をすることでしか体験できない貴重なものになるということ。

=恋でドキドキするのは非常に幸せで良いことだと言えることになるのではないでしょうか。

もちろん、恋愛というのも常に100%幸せというわけではなく、時には緊張や不安になってそこからくるドキドキもあるかもしれませんが…

でもそれだって一生懸命相手を想っているという立派な証拠になるはずですし、そういったいろんなドキドキが人生をより潤してくれるはずですよ。

ということでこれからは皆さんも思いっ切りドキドキをして、思いっ切り恋を楽しんでみてくださいね。