好きな人が出来た時・好きな人に会えた時・スキンシップが出来た時・告白をする時……こういった恋愛の様々な瞬間で”ドキドキ”を体験したことがあるという人はきっとかなり多いはず。

でも、そんなドキドキの正体について皆さんきちんと考えたことってありますか?もちろん人がドキドキする瞬間というのは恋愛以外にも色々あるものですし、決して珍しい症状というわけではないんですが。

けどだからこそ、どうしてそんな症状が起きるようになるのか?なぜ恋をした時もドキドキを感じるようになるのか?改めていろんなことをきちんと考えてみると結構疑問だったりするんですよね。

そこで今回はそんなドキドキについて、特に恋愛におけるドキドキについて徹底分析!

ドキドキの厳密な症状や原因・そうなってしまった時の対処法など、ドキドキに関する色々なことについて詳しく見ていきたいと思いますよ。

またおまけとして、好きな人をドキドキさせるためのとっておきの方法なんかも一緒にご紹介。

なので現在恋愛中なんていう方はぜひそちらも参考にしてみてくださいね。

それでは見ていきましょう。

恋愛のドキドキの正体は?

それではまずは、恋をしている時のドキドキについて詳しく見ていきましょう。

冒頭でもお話したように、人は恋愛をしている時にドキドキを感じることも多くなってきますが、どうして恋をするとそうなってしまうのか?

恋のドキドキは他の瞬間に感じるドキドキとは何か違いがあるものなのか?

そこのところを分析していきたいと思いますよ。

恋愛とドキドキにはどんな関係性があるのか、まずはここでしっかり知っていってくださいね。

恋をするときのドキドキって何?

そもそも恋をしているドキドキの正体とは一体なんなのか?これって実は恋をすることで人が極度に緊張・興奮して、それによって起きている様々な症状のことを指しているんですね。

もっと細かく言えば、緊張・興奮状態になることで心拍数が上がり同時に血圧も上昇、そして心臓も激しく動き頭もカーッと熱くなる。

それにより人は胸が痛い・息苦しいというような症状を感じるようになり、これをドキドキと認識するようになるわけです。

「アドレナリン」が出る


ちなみにもっと詳しく説明すると、人は緊張・興奮状態になった時脳の中で”アドレナリン”というものが分泌されていると言われています。

このアドレナリンとは神経伝達物質の一種で神経を興奮させる作用があり、やる気や意欲を高めてくれるものになるのですが。

これが分泌されることでその興奮が神経を通じて全身に伝わるようになり、心拍数・血圧が上昇し、人はドキドキを感じるようになる、という原理になっているわけなんですね。

自分が恋愛をする可能性があると自覚するから

さらにさらに、恋愛のドキドキの原理というのはここからが面白いところ。

実はこのアドレナリン単純に緊張・興奮をした時よりも、なんと人がときめきを感じた瞬間に特にその働きが活発化するという、ちょっと不思議な特徴を持っているんです。

しかもその特徴は誰かに恋をした時の本当のときめきにのみしか反応しないのだとか。

実際ルックスなどが魅力的な素敵な人に会っただけでは何の反応もなかったのに、相手を異性として意識し始めた瞬間から反応を示すようになった、なんていう結果もある実験で出ているほどなんですよ。

つまり恋愛のドキドキは先程の原理に加え、人が恋愛をするという自覚を持った時、初めて症状として出るようになるということ。

なので恋愛のドキドキと他の瞬間に感じるドキドキというのはやっぱり微妙に違うものになる、ということになってくるんですね。

ドキドキする瞬間

やっぱり恋愛のドキドキというのは他の瞬間に感じるドキドキとは違うもの。

好きな人だけに感じる特別なものになってくるんですね。

では人はそのドキドキを恋愛のどんな瞬間に感じるようになってくるのでしょう?

人によってドキドキする瞬間というのは色々とあると思いますが、みんなが共通して特にドキドキを感じるのは一体どんなシチュエーションの時なのでしょうか?

次はそこのところを詳しく見ていくことにしましょう。

好きな人と会った時


好きな人と会った時。

この瞬間というのはやっぱり誰でもドキドキしてしまうものでしょう。

何故なら好きな人に会えた時というのは当然誰でも嬉しいものだから。

自然と気持ちも高揚して興奮状態になって、先程の原理でドキドキも起きやすくなってくるわけです。

特に片思い中や付き合い立てという人がそういう機会が多くなってくると言えるのではないでしょうか。

片思い・付き合い立てというのは気持ちが新鮮で常に好きな人に会いたいと思ってしまうものですし。

実際に会えた時はもう嬉しくて嬉しくてたまらなくて、心臓も痛いくらいドキドキしてしまったりするんですよね。

恋愛においてはまさに幸せだと言える瞬間ですね。

緊張する時

恋愛をしている時というのは喜びや幸せを感じるのと同時に緊張する瞬間も増えてくるもの。

今お話した好きな人に会えた時もそうですが、他にも会話をする時・2人きりになる時など、結構色々なシチュエーションで緊張することが多くなってくるんですよね。

そして先程も説明したように、アドレナリンというのは緊張状態になった時でも分泌されやすくなるもの。

だからこういった緊張する瞬間も当然ドキドキしやすくなる瞬間と言えるわけですなんですね。

ただこういった恋愛での緊張というのは好きな人を意識するあまり起こるものなので、決して悪いものというわけではないのではないでしょうか?

もちろん緊張のし過ぎも痛いくらいドキドキを引き起こすようになってしまうかもしれませんが…でもこれもまた幸せな瞬間だと言えますよね。

ドキドキとワクワクの違い

ちなみに恋愛をしていると”ワクワク”といった感情も起きやすくなり、よくこの感情をドキドキと勘違いする人も多くなってきたりします。

というのもワクワクという感情も嬉しさのあまり興奮状態になったりするので、ドキドキと似た症状になりどうしても勘違いしやすくなってしまうんですよね。

ただワクワクの場合は大抵は嬉しさ・喜びといったプラスの感情から起きやすくなるというパターンがほとんど。

さらに心拍数・血圧なども上昇したとしても多少程度になってきます。

対してドキドキというのはお話してきたように嬉しさだけでなく緊張状態などからでも起こりやすくなりますし、心拍数などもかなり上昇して心臓が痛い・息苦しいなんていう症状も見られたりします。

なのでドキドキの方が恋愛のあらゆる瞬間で起きやすくなってくるものですし、自分の感情に合わせて症状の強さも変わってくるもの。

つまり恋愛中の自分の気持ちがストレートに出やすいものと言えるんですね。

そこがワクワクとの違いになってくるというわけです。

ドキドキの別名

さて、ではここからはドキドキという感情そのものについてもっと焦点を当てていくことにしましょう。

どんなに恋愛のドキドキについて知っていたとしても、ドキドキがどんな症状なのかについてきちんと分かっていなければ、いざ恋をした時にそのサインを見逃してしまうかもしれませんからね。

ドキドキした時、人はどんな状態になるのか・具体的にどんなことが原因で症状が出やすくなるのか、色々知っておくと良いと思いますよ。

ちなみにまずは、ドキドキの別名についてのお話。

この別名を知ればドキドキがどんな症状かというのが、皆さん一気にイメージしやすくなるのではないでしょうか。

動悸

よく薬のCMなどで耳にすることが多い”動悸”という言葉。

皆さんの中にも聞いたことがあるという方がほとんどになってくると思いますが、この”動悸”がドキドキの別名になってきます。

実際の症状などを見てみても、緊張・興奮・ストレス状態になることで交感神経の働きが高まり心拍数・血圧が上昇すること、とまさにドキドキの症状そのまんま。

ドキドキという名前の由来も動悸動悸→ドウキドウキ→ドキドキから来ていると言われているんですよ。

ただ…この動悸、本当にただ緊張・興奮しやすいシチュエーションや恋愛によるものなら特に心配はないのですが。

もしもそういったシチュエーションでないところで頻繁になるようだと病気の可能性も考えられるという、ちょっと怖いサインにもなってきます。

しかも心臓ということだけあってその病気も狭心症や心筋梗塞など、深刻なものが当てはまる場合も。

なので恋愛以外でもしもこういった症状が見られるようなら早めに病院などで診察をしてもらった方が良いと言えるでしょう。

ドキドキするってどういうこと?

続いてはドキドキの詳しい症状についてのお話。

ドキドキの症状についてはここまでも色々お話してきましたし、何度も体感してなんとなく分かっているという人も多いかもしれませんが。

実際そういった状況の時自分の体にどんな変化が起きているのか、というのをよりきちんとご理解していただくために、ここでその症状についてさらに細かく具体的にまとめていきたいと思います。

先程も言ったようにドキドキというのは病気の恐れだって考えられるものですし、恋愛においてもとても大事なサインと言えますから。

どのようなものかというのをしっかり認識して変化を見逃さないようにしていきましょうね。

心臓の拍動が速くなる

恋愛をしている時、あるいは何か大事な場面で緊張している時など、胸や脈に触れたら心臓がいつもより早く動いていた。

こんな経験をしたことある方って多いのではないでしょうか?

お話してきたようにドキドキというのは心拍数・血圧の上昇によって起こるようになるので、このようにまずは心臓の拍動が速くなるという症状が見られるようになってくるんですね。

もちろんシチュエーションや状況によってどれだけ速まるかというのはまた違ってきますが、緊張・興奮によるドキドキの場合は多少どころではなくかなり速まるということがほとんどなので、「あ、自分はドキドキしているんだな」と誰でもすぐに認識ができると思いますよ。

また心拍数が上がるとそれだけ息苦しく感じるようにもなるので、そういったところからも変化が分かるようになってくるかもしれませんね。

心臓の拍動を強く感じる

心臓の音がハッキリと大きく聞こえる。

ドキドキしている時はさらにこんな症状を感じることも多くなってくると思います。

分かりやすく言うならまるで心臓を何かに叩かれているような、ドッドッドッと脈打っている音が聞こえるような感じですね。

実はこれは厳密には心臓の音が聞こえているというわけではなく、心臓の拍動を強く感じるようになっているという症状になるのですが。

緊張・興奮すると心臓は激しく動くようになりそれだけそのリズムも体に伝わりやすくなるので、人は普段よりも拍動をハッキリ認識できるようになるという原理なわけなんですね。

なのでこちらは先程お話した拍動が速まった時よりも、さらに自身でも分かりやすい症状となるはず。

よりドキドキを認識しやすくなる症状と言えるのではないでしょうか。

ドキドキする原因

ドキドキの具体的な症状が分かったところで、次はドキドキが起こる具体的な原因についてもご紹介していきたいと思います。

もちろんこれまでお話してきたようにドキドキというのは緊張や興奮状態が原因になっているということが多くなってくるのですが…実は恋愛以外だとお酒などの生活習慣や服用している薬など、他の様々な要因によって引き起こされているという可能性も考えられたりするんですよ。

中には体に悪影響を与えて悪いドキドキを起こしてしまっているものもあったりするので……ここでその原因についてしっかり知って、自分に起きているのはどんなドキドキなのか。

今後きちんと見極められるようにしておきましょう。

過剰な興奮や緊張状態

ここまでずっとお話してきたように、ドキドキは過剰な緊張・興奮状態になった時によく起こりやすくなります。

先程も説明しましたが、人は緊張・興奮をすると脳の中で神経伝達物質の一種であるアドレナリンが分泌され、それにより心拍をコントロールしている交感神経というものの働きも高まるようになるので、心拍・血圧の上昇などが上昇しドキドキが起こるようになっていくというわけなんですね。

ちなみに具体的に言えば恋愛はもちろん、何か自分にとって大事な瞬間で緊張している時。

または不安な時・恥ずかしい思いをした時など、そういったシチュエーションが特にドキドキしやすくなる瞬間となってくるでしょう。

もちろんこういったドキドキは感情の高まりによるものなので体への害なども一切なし。

状況によってかなり心拍数が上がったりもするかもしれませんが、特に心配する必要はありませんよ。