CoCoSiA(ココシア)

頭の回転が速い人の10個の特徴と頭...(続き3)

8.効率を意識している

そのような人は常に効率を意識しているところがあります。

効率が良いことで、いろいろな仕事を瞬時にこなすことができるのです。

そのためには、先ほども触れたように優先順位の付け方を上手にできるようにしましょう。

この情報の優先順位をしっかりつけることによって、どのように仕事を進めていったらいいのかが見えるようになります。

とはいっても、初めからそうなるのも難しいかもしれません。

仕事に関して言えば、うまく仕事をこなしている人を研究してみると良いでしょう。

そのような人は、無意識のうちに効率良い仕事方法を身に付けているところがあります。

色々な人ところがあるので一概には言えないけれど、そのような人が実際にいないのであれば、ネット上でそのような仕事のこなし方について書いている人がいれば参考にしてみるといいかもしれません。

効率を意識すればうまくいくことがあるかもしれないけれど、うまく自分のオリジナルで進めていくのが難しいのであれば、人のまねから入ってみるのも1つの手です。

9.記憶力がいい

また、頭の回転が速い人は記憶力が良いところがあります。

著者は忘れっぽいので、そこ羨ましいですね。

そしてそのような人は昔のことも覚えているようです。

記憶というのは何気なく過ごしていると忘れていくものです。

ですが、そのような人は、いつか使えるかもしれないと思って、その記憶を大事に取っておくと言うのです。

確かに、過去から学ぶ事はたくさんあります。

歴史の勉強がなぜあるのかと言うと、過去を振り返ることで、未来をどのように進めていくかを考えていく事ができるからです。

戦争の歴史があればなぜ戦争になったのか、戦争にならないためにはどうしたらいいのかという過去を振り返ることで考えていくのです。

歴史と言うと壮大かもしれませんが、人1人の一生についても同じことがいえます。

やはり同じ失敗を繰り返さないようにするにはどうしたらいいのかを考えていくことでより良い人生を歩むことができるようになります。

ですので、過去の記憶と言うとついつい見ないで通り過ぎてしまいたいところがあるかもしれませんが、あえてそれをせず振り返るということが大切なのです。

頭の回転が速い人はその記憶力を生かし、うまく成功に結びつけているところがあるのでしょう。

些細な事も覚えて周囲を驚かす

ささいなことを覚えていて、周りの人を驚かせるようなこともあるようですね。

例えば、この人はこれが好きというようなささいなことを覚えていたら、そんな些細なことも覚えていてくれてうれしいと思うでしょう。

やはり、覚えていると言う事は、それだけその人に興味があるからです。

この傾向は、女性に多く見受けられますね。

やはり女性はそのような興味を持つ人が多いので、例えばその人の誕生日を聞いていたら、ずっと覚えていて誕生日に何かプレゼントを準備したり、何も言われなくてもおめでとうと言ったりすることがあるのです。

話題が豊富である

また、そのような人は非常に話題が豊富なところがあります。

それは何故かと言うと色々なジャンルに興味を持つからです。

そして、広く浅くいろいろな情報を調べ、それを記憶に留めておくということができるので、話題が豊富になるのです。

先ほども触れた、雑談のプロがどのような話を話題に出すのかということをまとめたものがあるのですが、それをそのテーマで当てはめていくとうまくいくでしょう。

例えば衣食住の事、ニュース、趣味、家族、仕事などなどいろいろなジャンルを調べていくいくことで、その人との話が膨らんでいくところがあります。

そして、その中で共通点が見つかれば非常に盛り上がりますので、広く浅くいろいろな情報を仕入れていくということが大切です。

著者も、そのような雑談があまり得意な方ではないけれど、これを見ると少し調べて準備するだけでうまく雑談をこなしていくことができる気がします。

ですので、頭の回転が速い人は無意識にそれができるようですが、著者のように苦手な人は色々と準備をすることが必要なようです。

10.好奇心旺盛

頭の回転の速い人は、基本的にそのような話題豊富な一面があることがわかりました。

では、なぜそのように話題豊富になれるのでしょうか?

それは好奇心旺盛で知りたい気持ちが強いからです。

やはり、何事も興味を持たないと知りたいという気持ちにはなれませんよね。

子供は、基本的に勉強が嫌いですが、ゲームのことに関しては驚くほどの知識を持っている子が多いです。

それは何故かと言うと、勉強にはそこまで興味がなくても、ゲームのことに関しては非常に興味があるからです。

ですので、興味があることについては人間はすごい速さで色々と吸収していくところがあります。

好奇心旺盛な人は基本的にそのような知りたい気持ちが強く、どんなジャンルでもスポンジのように吸収していくことから、話題が豊富になり、いろいろな知識を蓄えることができるようになるのです。

知らないことを知りたいと思う気持ちが強い

知らないことを知りたい気持ちがあるからこそ、いろいろな知識を蓄えることができます。

ですので、口癖は「どうして?」とか「なぜ?」というのが多いようです。