唐突ですが皆さん、ご自身の頭の回転は早いと思いますか?

著者は頭の回転が速いとは言えず正直そのような方たちをうらやましいなと思います。

確かに、じっくり取り組むタイプだとは言われていますか、やはり頭が回転が速くぱぱっと多岐にわたることを実行できる人がうらやましいと思いますね。

著者と同じく、頭の回転が良いと思っていない人そのような1,000近づけたらいいなと思いますよね。

ではそもそも頭の回転の速い人とはどのようなこと人を言うのかということや、頭の回転を良くするための施策があるらしいのでその方法を見ていきましょう。

頭の回転が早い人に憧れる…

著者もそうですが、頭の回転が速い人って憧れますよね。

今はスピード化社会ですのでどんどんと早く物事を処理することが求められます。

そして、最近は機械的に頭が良くてもそれはAIが取って変わると言われており、やはり人間らしい臨機応変に対応する力が求められています。

この臨機応変さは人間でないと難しいと思います。

皆さんは頭の回転が速い人憧れますか?

著者は憧れる気持ちが大変よくわかりますので、その頭の回転の速い人を目指せるのであればどのような方法でめざしていったらいいのかが知りたいですよね。

ではそのあこがれの頭の回転が速い人についていろいろと見ていきましょう。

頭の回転ってどういうこと?

頭の回転が速いと一言で言ってもそもそもどのようなことなのでしょうか?

それは、賢い人と言うイメージもあります。

ですが、その時に応じて臨機応変に的確な対処できる人を頭の回転が速いと指すことが多いようです。

やはり、そのような人は基本的に仕事の場で求められることも多いです。

じっくりと取り組むのも素晴らしいのですが、やはり今はスピードを求められる時代ですので、頭の回転の良い人こそが求められるところがあるのです。

ただ闇雲に頭の回転が速いとは具体的に?と聞かれると、あまりぴんとこない人も多いのではないのでしょうか?

では、頭の回転が速い人の特徴についていろいろと見ていきましょう。

もしかしたら皆さんにも当てはまるのかもしれませんし、少し努力をしただけですぐに要領を得られるかもしれません。

頭の回転が速い人の10個の特徴

では、頭の回転が速い人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?

それをおさえることによって、もしかしたら皆さんの頭の回転が速い人の仲間入りができるかもしれません。

では、頭の回転が速い人の特徴を見ていきましょう。

1.早口である


頭の回転が速い人は基本的に早口であることが多いです。

その頭の回転に合わせて話すので、その人にとっては普通なのだけれど他の人にとって非常に早口に感じるところがあります。

皆さんの中にも、もしかしたら早口だと言われた人もいるのではないでしょうか?
もしかしたらそのような人は頭の回転が速い人かもしれません。

著者も、早口な人に出会ったことがありますが、そのような人は大抵頭の回転が速く、何でもそつなくこなす人が多いです。

ですので、そのような人は必然的に仕事ができる人が多かったですね。

そのような人がうらやましいと思って見ていました。

仕事ができる人が皆が皆そうなわけではないけれど、結構な比率で早口な人が多く、頭の回転が早いのだなと思いましたね。

2.会話の広がりが早い

著者は頭の回転が速い方だと思わないので、その人の頭を頭の中わかりませんが、基本的に話しているうちに頭の中で色々と話が展開していくようで、だんだんと会話が広がっていくのが非常に早いようです。

ですので、そのような人をうらやましいと思いながらも、それについていくのが結構忙しかったりします。

逆に、著者は話をうまく広げられずにむしろ話をしてぶっちぎってしまうことがあるので、そのような人は非常に勉強になります。

頭の回転が速い人には自然にできているのかもしれないけれど、著者のように頭の回転がそこまで速くない人であれば、基本的に雑談や事態別にどのようにしたら良いのかという知識を持った方が良いのかもしれませんね。

例えば、話のプロのホステスさんによると、ある程度の話題作りのキーワードを決めているのだそうです。

それは天気の事、ニュースのこと、趣味の事などなど、そのようなことでだんだんと話を調べで広げていくところがあるのです。

衣食住など人間の生活に欠かせないようなことでもいいようですよ。

そして、基本的にポジティブな話題になるように決めて接しているのでそうですね。

頭の回転が速い人はそれを無意識にすることができているのです。

それがちょっと羨ましいですね。

3.話の要点をすぐ理解する

基本的に頭の回転が速い人は、話し合い要点をすぐ理解し、実行することができます。

そのような人は、たとえ口下手だったり話すのが苦手な人であっても、その人の話をちょっと聞いただけで頭の回転早く理解をし、整理することができるところがあるようです。

ですので、言葉足らずな人であっても、そのような特徴をカバーし良い方向性にまとめていくことができるのです。

著者も、そのように基本的に口下手なところがあるのでそのような人は大変ありがたいです。

4.まとめるのが得意

頭の回転が早い人は、話を聞いたらそれを項目別に頭の中で整理をし、さらにそれをまとめるのが大変うまいです。

相手の言いたいことをすぐに理解し「これはこういうことですね。」とまとめるのがうまいのも頭の回転が速い人の特徴です。

ともすれば、頭の回転が速く口に出すのも早い人であれば、知らず知らずのうちに他の人が言いたいと思っていたこともすっと言ってしまう可能性があり、それが玉に瑕です。

著者もそのような人に会ったことがありますが、やはり頭の回転も速く、さらにそれを発言するスピードも速いので、その人だけの独壇場になってしまうこともあります。

ただ、それをうまくわきまえている人だと、頭の回転は早いけれど、他の人に発言する余地を与えることもできている人がいるのです。

5.決断が早い

頭の回転の速い人は、話の要点をすぐに理解し、それをまとめるのが得意で一面があります。

それだけでもうらやましいのですが、さらには決断の早い一面があります。

著者は結構長々と悩んでしまうタイプですね。

そしてすぐに決断をすると、良くない方向に転ぶことから、いろいろなことを長時間悩んで決めるところがあります。

そして決めるときはこんなに悩んだのだから、もうこれ以上以上にベストの選択はないと思うほどになってから決めるところがあります。

ですが、頭の回転が速い人は、基本的に即決する人が多いです。

確かに、長時間悩んでいたがばかりに、チャンスを流してしまうこともあります。

著者も確かに悩んでチャンスを逃してしまったという経験があります。

著者は、今投資をしていますが、やはり投資についても即決が必要なところがあります。

こんなに悩みがちな著者であっても投資に関しては即決を決めています。

それはなぜかと言うと、同じ状況が来ると言う保証は無いからです。

頭の回転が速い人はどんなことであっても、素早く要点をまとめ素早く決断をするところがあります。

6.優先順位を常につけている

逆に仕事ができない人は優先順位をつけるのが苦手だと言われています。

例えば締め切りが明日の仕事を後回しにして、1週間後に出したらいいような仕事を優先的にしていたりすることがあると、やはりその人は仕事ができないと言うレッテルを貼られてしまうところがあります。

優先度が高いこと、そして締め切りが近い事を先にやるのが当然と言うのはわかっていても、それを決断するのが難しい人もいる一方で、頭の回転が速い人は無意識のうちに優先順位をつけているところがあります。

そして、頭の回転が速いのでこの優先順位の付け方は常に正しいところがあり、話を聞きつけて早く決断をし、早く実行することができるのです。

このような点から頭の回転は素晴らしいなと思いますね。

そして、やるべきことが明確に分かっていることから、それに集中することができ、よりパフォーマンスの高い仕事ができるところがあるのです。

7.知識が豊富である


そして、そのような人は知識が豊富なところもあり、仕事やいろいろな場面においてその知識をつなげていくことができます。

著者は、忘れっぽいところがあるのでこの知識学豊富な一面をちょっと羨ましいですね。

そして、その知識が豊富であることについて、あまりひけらかさないため、そのような一面がある事はあまり知られていないことも多いです。

ですが、仕事などの場面でそれが生かされることもあり、一目置かれることもあるのは確かです。

自慢しない

そしてそのような知識の豊富さについて自慢する事はあまりありません。

やはり、その知識の豊富さを自慢する事は、それだけ頭の回転の良さにおごりがあるということです。

そして、その自分より知識が豊富ではない人を馬鹿にするのは、賢い人間のすることではありません。

賢い人はひそやかに知識の豊富さを持っており、必要な場面で出すということができるのです。

常に情報収集している

そして、なぜこのように知識が豊富なのかと言うと、常に情報収集をしているからです。

むしろ情報収集が趣味といっても良いのかもしれませんね。

著者が昔通っていた学校で、そのような物知りな先生がいました。

なぜその先生は物知りだったと思いますか?それはわからないことがあれば常に情報収集をして調べているからです。

ですのでそのような人と話すのは楽しいところがありますよね。

情報収集をしているのでその情報も新しいですし、知識が広いところがあります。

最近はインターネットなども発達していますので、このような情報収集の方法は比較的簡単になりつつあります。

ですので、皆さんもそのような情報収集に力を入れてみてはいかがでしょうか?

著者のように、あまりそのような知識を俊敏に出すのが苦手な人であっても、情報収集であれば努力次第でいくらでもできることです。

電車通勤など公共機関での通勤をされる方であれば、電車に乗っているような時間であっても、スマホ1つ取り出し調べ物するだけで簡単に情報収集ができます。

お仕事の内容にもよりますが、できれば仕事内容のことに近いことについて調べると、仕事のことに関する情報収集ができていいですね。

8.効率を意識している

そのような人は常に効率を意識しているところがあります。

効率が良いことで、いろいろな仕事を瞬時にこなすことができるのです。

そのためには、先ほども触れたように優先順位の付け方を上手にできるようにしましょう。

この情報の優先順位をしっかりつけることによって、どのように仕事を進めていったらいいのかが見えるようになります。

とはいっても、初めからそうなるのも難しいかもしれません。

仕事に関して言えば、うまく仕事をこなしている人を研究してみると良いでしょう。

そのような人は、無意識のうちに効率良い仕事方法を身に付けているところがあります。

色々な人ところがあるので一概には言えないけれど、そのような人が実際にいないのであれば、ネット上でそのような仕事のこなし方について書いている人がいれば参考にしてみるといいかもしれません。

効率を意識すればうまくいくことがあるかもしれないけれど、うまく自分のオリジナルで進めていくのが難しいのであれば、人のまねから入ってみるのも1つの手です。

9.記憶力がいい

また、頭の回転が速い人は記憶力が良いところがあります。

著者は忘れっぽいので、そこ羨ましいですね。

そしてそのような人は昔のことも覚えているようです。

記憶というのは何気なく過ごしていると忘れていくものです。

ですが、そのような人は、いつか使えるかもしれないと思って、その記憶を大事に取っておくと言うのです。

確かに、過去から学ぶ事はたくさんあります。

歴史の勉強がなぜあるのかと言うと、過去を振り返ることで、未来をどのように進めていくかを考えていく事ができるからです。

戦争の歴史があればなぜ戦争になったのか、戦争にならないためにはどうしたらいいのかという過去を振り返ることで考えていくのです。

歴史と言うと壮大かもしれませんが、人1人の一生についても同じことがいえます。

やはり同じ失敗を繰り返さないようにするにはどうしたらいいのかを考えていくことでより良い人生を歩むことができるようになります。

ですので、過去の記憶と言うとついつい見ないで通り過ぎてしまいたいところがあるかもしれませんが、あえてそれをせず振り返るということが大切なのです。

頭の回転が速い人はその記憶力を生かし、うまく成功に結びつけているところがあるのでしょう。

些細な事も覚えて周囲を驚かす

ささいなことを覚えていて、周りの人を驚かせるようなこともあるようですね。

例えば、この人はこれが好きというようなささいなことを覚えていたら、そんな些細なことも覚えていてくれてうれしいと思うでしょう。

やはり、覚えていると言う事は、それだけその人に興味があるからです。

この傾向は、女性に多く見受けられますね。

やはり女性はそのような興味を持つ人が多いので、例えばその人の誕生日を聞いていたら、ずっと覚えていて誕生日に何かプレゼントを準備したり、何も言われなくてもおめでとうと言ったりすることがあるのです。

話題が豊富である

また、そのような人は非常に話題が豊富なところがあります。

それは何故かと言うと色々なジャンルに興味を持つからです。

そして、広く浅くいろいろな情報を調べ、それを記憶に留めておくということができるので、話題が豊富になるのです。

先ほども触れた、雑談のプロがどのような話を話題に出すのかということをまとめたものがあるのですが、それをそのテーマで当てはめていくとうまくいくでしょう。

例えば衣食住の事、ニュース、趣味、家族、仕事などなどいろいろなジャンルを調べていくいくことで、その人との話が膨らんでいくところがあります。

そして、その中で共通点が見つかれば非常に盛り上がりますので、広く浅くいろいろな情報を仕入れていくということが大切です。

著者も、そのような雑談があまり得意な方ではないけれど、これを見ると少し調べて準備するだけでうまく雑談をこなしていくことができる気がします。

ですので、頭の回転が速い人は無意識にそれができるようですが、著者のように苦手な人は色々と準備をすることが必要なようです。

10.好奇心旺盛

頭の回転の速い人は、基本的にそのような話題豊富な一面があることがわかりました。

では、なぜそのように話題豊富になれるのでしょうか?

それは好奇心旺盛で知りたい気持ちが強いからです。

やはり、何事も興味を持たないと知りたいという気持ちにはなれませんよね。

子供は、基本的に勉強が嫌いですが、ゲームのことに関しては驚くほどの知識を持っている子が多いです。

それは何故かと言うと、勉強にはそこまで興味がなくても、ゲームのことに関しては非常に興味があるからです。

ですので、興味があることについては人間はすごい速さで色々と吸収していくところがあります。

好奇心旺盛な人は基本的にそのような知りたい気持ちが強く、どんなジャンルでもスポンジのように吸収していくことから、話題が豊富になり、いろいろな知識を蓄えることができるようになるのです。

知らないことを知りたいと思う気持ちが強い

知らないことを知りたい気持ちがあるからこそ、いろいろな知識を蓄えることができます。

ですので、口癖は「どうして?」とか「なぜ?」というのが多いようです。

確かに、子供はそのような質問を繰り返し、だんだんと知識を得るところがあります。

なんでも「どうして?」と聞かれると親は鬱陶しい気持ちがありますが、それは基本的にどんどんといろいろなことを知りたいと言う気持ちがあるからです。

そのような純粋に「なぜ?」と思う心をずっと持ち続けられた人が、そのような頭の回転の速い人になるのかもしれませんね。

頭の回転を速くする方法5選

著者のように、頭の回転が速いと思えないような人で、頭の回転が速くなるにはどのようにしたら良いのか?と思っている人もいるのではないでしょうか?

確かに、頭の回転が速いのはもう生まれつきのことであって、後天的に何かを身に付けるのは難しいのではないかと思ってしまいます。

ですが、ちょっとした心がけで、そのような頭の回転が速い人に近づける可能性があります。

では、頭の回転が速くなる方法にはどのようなものがあるのでしょうか?
もしかしたら、皆さんもそのような頭の回転の速い人の仲間入りができるかもしれません。

1.日記をつける

日々の出来事、ついつい忘れてしまいますよね。

頭の回転の速い人は、ささいなことでも覚えているということを書きましたが、それは頭の中に記憶を留めることが出来なければ、難しいことなのではないか?と思ってしまいますね。

ですが、たとえどんなに忘れっぽい人でもそれのに近いことができます。

それは日記をつけることです。

確かに日記をつけておけば、たとえその人のことを忘れてしまっても見れば思い出すことができます。

そして、日記の付け方にもコツがあります。

そうすることで記憶を留めておき、同じような出来事があったときに、それをもとに解決することもできるかもしれません。

特に若い頃はまだしも年齢を重ねると、ついつい日々の出来事を忘れてしまうところがあります。

ですが日記をつけておけば、それを思い返す事は容易な事です。

最近は、日記をつけるにしても、アプリ等でどうにかできる所があります。

ですので、比較的気楽に始めることができるのではないのでしょうか?

朝からの出来事を思い出しながら細かく

日記をつけると言うと、ついつい主な出来事だけを描き、その感想書くところがあります。

ですが、そのような頭の回転の速い人を目指すのであれば、朝からの出来事を思い出しながら、そしてなるべく細かく書いていくことが大切です。

たとえどんなに些細な事でも良いのです。

それを思い出しながら書いていくことが大切です。

もしかしたら、明日の朝の些細な出来事が、今悩んでいることの解決の突破口になることだってあるかもしれません。

何が役立つのかが分からないので、たとえどんな些細な事でも思い出しながら書いていくと良いでしょう。

案外、同じように感じられた日常が、違う一面があることに気づくこともできるかもしれません。

声に出してしっかり思い出す

日記を書くだけではなく、声に出してしっかりと思い出すことが大切です。

やはり人間は五感を持ちながら身に付けたことっていうのは忘れられないところがあります。

人によってこの違いがあるとは言え、勉強方法にしても、見て、書いて、声に出すことでしっかりと記憶に定着するところがあります。

ですので、朝からの出来事に関しても色々と日記をつけて声に出してしっかりと思い出す作業をおこないましょう。

著者でしたら、今はiPhone持っているので、ついつい音声入力で色々とやってしまうかもしれません^^;。

しっかりと思い出そうと言うことをすれば書くのも大事かも知れませんね。

2.ストレッチをする

基本的に頭の活動をしっかりさせようとすると、脳に血液が行き届いている事は大切です。

そのためにも運動は非常に重要なのです。

確かに運動をするのもいいかもしれません。

ですが気楽にできるものとしてストレッチがあります。

ストレッチをして血行良くすることで、頭にも血液が行き届き、そのような脳の働きを活性化することができるのです。

血流をよくして、脳の働きを活性化

やはり、何事も体に関しては血行を良くするということが大切ですよね。

そのためにも、ストレッチなどの簡単な運動が大切です。

人間は疲れると伸びをしますよね。

例えば腕をぐっとのばしたりするのを行います。

それは何故かと言うと、そうすると気持ちいいと言うことを人間が無意識に分かっているのです。

ストレッチとは違いますが、人間はため息をつくことがあります。

ため息と言うと、辛いことや嫌なことがあってつくものと思われがちですが、実際には大きく息をすることで酸素行き届かせて脳の働きを活性化しよ働きがあるっていわれているのです。

このように、ストレッチや深呼吸などで、血行良くし脳の働きを活性化することも頭の回転が速い人に近づく事も可能です。

こまめにくせづけて、疲れを残さない

ため息は、周囲が嫌な思いをさせるかもしれないので静かに深呼吸をするとして、ストレッチについてはこまめに癖付けをして疲れを残さないようにしましょう。

やはり人間が疲れると、どんなに頭の回転が早い人でも思考が鈍るところがあります。

ですので、疲れのない元気な状態でこそ、頭の回転の速さが生きるのです。

3.新しいことに挑戦

基本的に、頭の回転の速いした好奇心が強く新しいことに挑戦する人が多いです。

よく認知症予防として、いろいろなことに好奇心を持ち新しいことにチャレンジしていくことが挙げられています。

やはり人間はルーティンワークをしていると、だんだんと惰性でものを行うようになり、脳を使えなくなるところがあるのです。

だけど、新しい事と言うと、その今までやっていたことが通用しなくなるところがあります。

ですので、色々と考える必要もあります。

たとえまだ認知症の事についてまだ早いと思われるようなことでも、新しいことに挑戦していくことが非常に重要です。

そして、できれば新しい人と付き合っていくのも良いでしょう。

脳を刺激しよう

なぜ新しいことにチャレンジしていくのが良いことなのかと言うと、脳を刺激するのです。

ルーティンワークで行っていると、あまり物事を考えなくても順調に進んでいくことが多いです。

ですが新しい事は、それが通用しません。

ですので必然的に頭を使うようになり、脳を刺激するようになるのです。

やはり、脳が活性化している状態は、新しいことにチャレンジしていたり新しい人と付き合っている時が多いです。

頭の普段使わない部分を活性化

このような新しいことにチャレンジしていくことで、脳を活性化することができます。

それは何故かと言うと、普段使わない部分を使うところにあるのです。

例えば人間はあまり苦手な事はやりたくないと思い、得意なところに傾くことがあります。

例えば運動が苦手であれば、基本的にインドアになり室内でできるような遊びばかりをするところがあります。

ですが、思い切って運動すると普段使わない体を使うことができますよね。

それは、脳に関しても同じです。

普段使わないところを使うことがあると、脳が活性化し、いろいろなことを吸収する力にもなります。

4.人と接する時間を増やす

そして、認知症予防として、人と接することが最も大切だと言われていますよね。

それは何故かと言うと、やはり人間は人と接することで色々と脳を使うところがあるからです。

ですので、付き合いが苦手という人であってもできるだけ人と接する時間を増やすようにしましょう。

ただできる範囲でよく、あまり嫌々やっていても周囲とトラブルになって、うまくいかなくなってしまっては本末転倒です。

ですので、月1回週1回で、ボランティア活動するような感じでもいいのです。

そして楽しいところがあれば、そこドンドンと出向くようにし、無理のない範囲で人と接する時間を増やしていきましょう。

話すことで脳を鍛える

そして、なぜ人と接するのは良いのかと言うと基本的に話すと脳を鍛える効果があるのです。

やはり人と話す時は考えて話す必要があります。

そして、どのような人なのかというのを頭に入れながら、その人が嫌な気持ちにならないように気をつけて話すということが、最も脳を活性化させるのです。

ですので、家に帰るどっと疲れが増すのは、そのように脳を使っているからです。

情報を記憶したり理解する場面を作る

そして人と話す事は情報を記憶したり理解する場面がどうしても出てきます。

そして、できる範囲で話した時ことをメモに残しておくと良いでしょう。

例えば妻の場合だと、子供の名前とかは覚えておかないと話すときに少々支障が出るということで、その人の子供の名前を覚えるようなこともあるようです。

もちろん著者のように社会人であっても、いろいろな人と話すにあたってその人の情報や、その人の話を理解する場面は多々出てきます。

5.脳に負荷をかける

基本的に、脳が疲れないようにするのは脳を使っていない状態になりますので、基本的に脳に負荷をかけていくことが重要です。

では、この脳に負担をかけるというのはどのようなことをすれば良いのでしょうか?

倍速で音声を聞く

倍速で音声を聞くのは脳に負荷がかかり、非常に良いと言われています。

例えば皆さんは何かテレビ番組を録画することありませんか?いろいろな機具があるので一概には言えないけれど、倍速でそのようなドラマを見ることができるものがあります。

昔、掲示板で見て「なるほどな」と思ったのが、そのような録音したものを倍速で聞くということです。

脳トレーニングの問題を解く

そして、大人であっても脳トレーニングの問題を解くのも重要です。

とはいっても、これが苦手な人はあまりやりたくないと思ってしまうかもしれませんね。

できたら1日1問でもいいので少しずつやっていくっていうことが重要なのかもしれません。

頭の回転を速くしたいなら毎日コツコツ鍛えよう(まとめ)

脳の回転を速くしたいのであれば、できる範囲で色々とコツコツと鍛えていきましょう。

無理をすると習慣がつきませんので、本当に少しずつで良いのです。

そして、著者とともに頭の回転の速い人を目指していきましょう。