CoCoSiA(ココシア)

性格を変える8個の方法。習慣や行動、考え方


「自分の性格が嫌だ」「もっと前向きな性格になりたい・・」自分の性格に不満があり、そんな自分をどうにかしたいと悩む人は多いです。

「どんな自分でも大好き!」という人以外は、誰でも一度は自分の性格で落ち込んだり、悩んだりすることがあるでしょう。

「三つ子の魂百まで」ということわざがあるように、人の性格は変えることが出来ないと思っている人がいるかもしれません。

しかし、実際には習慣や行動、考え方を変えることで、今の性格を変えていくことは可能です。

自分の性格に悩める人のために、性格を変える方法についてご紹介します!

性格を変える8個の方法


人の性格というのは、生まれもったものと、育った環境で形成されるものとがあります。

生まれもったものというのは、両親から受け継いでいる遺伝子です。

人の遺伝子とは面白いもので、性格の明るい・暗いや、ギャンブルや浮気癖、病気などに関わる遺伝子というものが元々存在しています。

それらの遺伝子の何が強いかによって、その人の性格に大きな影響を与えています。

例えば父親が社交的な性格の場合、その社交的な遺伝子を子どもはある程度受け継いでいますので、生まれつき社交的な性質を子どもは持っていることになります。

一方で、遺伝子的な要素ではなく、自分が生まれ育った環境によって、性格が形成される場合もあります。

例えば一人っ子で両親は共働きの環境で育った人であれば、何でも一人で出来るしっかり者に育つ反面、愛情不足で人からの愛情に飢えている性格になることがあります。

このように、人の性格には遺伝的なものと、育った環境によるものとがありますので、大人になってから今更性格を変えるのは不可能だと考える人は多いです。

しかし、果たして本当にそうでしょうか?子ども時代に形成された性格は確かに変えることは難しいかもしれません。

しかし、個人の持つ価値観や考え方は、意識して行動すれば少しずつでも変えていくことは可能です。

では、どんなふうに行動すれば良いのでしょうか?具体的な方法を以下にご紹介していきます。

理想の性格の人をまず真似てみよう


あなたには理想の性格がありますか?

「こんなふうになりたい」という理想の性格がある人は、頭で理想を思い浮かべるよりも、実際に自分の理想に近い性格をしている人の言動や行動を真似る方が、理想に近づきやすいでしょう。

例えば「明るく前向きな性格になりたい」と思っている人は、実際に明るく前向きな性格をしている人に近づいて、積極的にその人と仲良くなりましょう。

一緒にいる時間が長ければ、それだけ相手の考え方や行動を間近で観察することが出来ます。

自分の理想の性格をしている人が、一体どんな考え方をしていて、どんなふうに行動しているのかを学んで、その人の行動を真似るように意識しましょう。

きっと自分では思いつかないような行動をしたり、考え方をしたりすることが多いはずです。

思想であれ技であれ、良いものはとことん盗むことで、その内自分のものにすることが出来るようになります。

真似したいポイントを少しずつマスターする


自分の理想とする性格の持ち主を見つけたら、いきなりその人の考えや行動のすべてを真似しようと思っても無理があります。

真似したいポイントに狙いを定めて、少しずつマスターしていくようにしましょう。

例えば理想の性格の持ち主が、道端で落ちているゴミを拾って捨てるような人物だった場合には、自分も道端でゴミを見つけた時には拾ってゴミ箱に捨てるようにしましょう。

その場限りの行動にするのではなく、それを毎日のように習慣づけることで、自然とゴミを拾って捨てるという行動が身に付きます。

自分でわざわざ意識しなくてもマスター出来るようになったら、また次のポイントに狙いを定めて、真似するように心がけましょう。

人を思いやる優しさを大事にする


誰にでも、人を思いやる優しい気持ちは備わっています。

それが表立っている人もいれば、普段は心に余裕がなくて、表に出てこない人もいます。

けれども、例えば自分の家族や恋人、友人など、誰でも特定の親しい人に対しては、優しい気持ちが表には出てきやすいものです。

見知らぬ人には冷たい性格をしていても、仲の良い人には優しい思いやりの気持ちが持てる人もいますし、見知らぬ人にも思いやりの気持ちが持てる人もいるでしょう。

そうした、自分の中にある人を思いやる優しい気持ちを大事にしましょう。

思いやりの気持ちを大事にすると、人に対して優しい気持ちを普段から抱けるようになります。

人に対して優しくなれると、例え人間関係で何かトラブルがあった時にも、比較的心に余裕を持った状態で対応することが出来るようになるでしょう。

思いやりのある人は周囲に好かれる


思いやりの気持ちを持っている人は、何もしなくても周囲から好かれる傾向にあります。

人を思いやるということは、すなわち他人の心をむやみに傷つけるような真似はしないということです。

本心から心配して叱咤やきつめのアドバイスをすることはあっても、それが相手を傷つけたくて言っているわけではないということは相手にも伝わります。

また、いたずらに人の心中を掻きまわすような真似もしませんし、悪意を持って人を中傷することも決してしません。

思いやりとは優しい気持ちですので、その優しい思いやりの気持ちに惹かれて、周囲には自然と人が集まりやすくなります。

毎日瞑想して自分の理想を強く頭の中に持つ


例えば自分がどうしても欲しいものや、確固たる目的があった時、それが一時でも頭から離れることはないでしょう。

自分が強く意識していることは、何をしていても頭から離れることはありませんし、「忘れないようにしよう」と特別に意識しなくても、脳裏にしっかりと張り付いて離れることはありません。

もしも自分が理想の性格に変わりたいと思うのなら、毎日のように瞑想して、その気持ちを強く頭の中に持つように努めましょう。