「自分の性格が嫌だ」「もっと前向きな性格になりたい・・」自分の性格に不満があり、そんな自分をどうにかしたいと悩む人は多いです。

「どんな自分でも大好き!」という人以外は、誰でも一度は自分の性格で落ち込んだり、悩んだりすることがあるでしょう。

「三つ子の魂百まで」ということわざがあるように、人の性格は変えることが出来ないと思っている人がいるかもしれません。

しかし、実際には習慣や行動、考え方を変えることで、今の性格を変えていくことは可能です。

自分の性格に悩める人のために、性格を変える方法についてご紹介します!

性格を変える8個の方法

人の性格というのは、生まれもったものと、育った環境で形成されるものとがあります。

生まれもったものというのは、両親から受け継いでいる遺伝子です。

人の遺伝子とは面白いもので、性格の明るい・暗いや、ギャンブルや浮気癖、病気などに関わる遺伝子というものが元々存在しています。

それらの遺伝子の何が強いかによって、その人の性格に大きな影響を与えています。

例えば父親が社交的な性格の場合、その社交的な遺伝子を子どもはある程度受け継いでいますので、生まれつき社交的な性質を子どもは持っていることになります。

一方で、遺伝子的な要素ではなく、自分が生まれ育った環境によって、性格が形成される場合もあります。

例えば一人っ子で両親は共働きの環境で育った人であれば、何でも一人で出来るしっかり者に育つ反面、愛情不足で人からの愛情に飢えている性格になることがあります。

このように、人の性格には遺伝的なものと、育った環境によるものとがありますので、大人になってから今更性格を変えるのは不可能だと考える人は多いです。

しかし、果たして本当にそうでしょうか?子ども時代に形成された性格は確かに変えることは難しいかもしれません。

しかし、個人の持つ価値観や考え方は、意識して行動すれば少しずつでも変えていくことは可能です。

では、どんなふうに行動すれば良いのでしょうか?具体的な方法を以下にご紹介していきます。

理想の性格の人をまず真似てみよう


あなたには理想の性格がありますか?

「こんなふうになりたい」という理想の性格がある人は、頭で理想を思い浮かべるよりも、実際に自分の理想に近い性格をしている人の言動や行動を真似る方が、理想に近づきやすいでしょう。

例えば「明るく前向きな性格になりたい」と思っている人は、実際に明るく前向きな性格をしている人に近づいて、積極的にその人と仲良くなりましょう。

一緒にいる時間が長ければ、それだけ相手の考え方や行動を間近で観察することが出来ます。

自分の理想の性格をしている人が、一体どんな考え方をしていて、どんなふうに行動しているのかを学んで、その人の行動を真似るように意識しましょう。

きっと自分では思いつかないような行動をしたり、考え方をしたりすることが多いはずです。

思想であれ技であれ、良いものはとことん盗むことで、その内自分のものにすることが出来るようになります。

真似したいポイントを少しずつマスターする

自分の理想とする性格の持ち主を見つけたら、いきなりその人の考えや行動のすべてを真似しようと思っても無理があります。

真似したいポイントに狙いを定めて、少しずつマスターしていくようにしましょう。

例えば理想の性格の持ち主が、道端で落ちているゴミを拾って捨てるような人物だった場合には、自分も道端でゴミを見つけた時には拾ってゴミ箱に捨てるようにしましょう。

その場限りの行動にするのではなく、それを毎日のように習慣づけることで、自然とゴミを拾って捨てるという行動が身に付きます。

自分でわざわざ意識しなくてもマスター出来るようになったら、また次のポイントに狙いを定めて、真似するように心がけましょう。

人を思いやる優しさを大事にする

誰にでも、人を思いやる優しい気持ちは備わっています。

それが表立っている人もいれば、普段は心に余裕がなくて、表に出てこない人もいます。

けれども、例えば自分の家族や恋人、友人など、誰でも特定の親しい人に対しては、優しい気持ちが表には出てきやすいものです。

見知らぬ人には冷たい性格をしていても、仲の良い人には優しい思いやりの気持ちが持てる人もいますし、見知らぬ人にも思いやりの気持ちが持てる人もいるでしょう。

そうした、自分の中にある人を思いやる優しい気持ちを大事にしましょう。

思いやりの気持ちを大事にすると、人に対して優しい気持ちを普段から抱けるようになります。

人に対して優しくなれると、例え人間関係で何かトラブルがあった時にも、比較的心に余裕を持った状態で対応することが出来るようになるでしょう。

思いやりのある人は周囲に好かれる

思いやりの気持ちを持っている人は、何もしなくても周囲から好かれる傾向にあります。

人を思いやるということは、すなわち他人の心をむやみに傷つけるような真似はしないということです。

本心から心配して叱咤やきつめのアドバイスをすることはあっても、それが相手を傷つけたくて言っているわけではないということは相手にも伝わります。

また、いたずらに人の心中を掻きまわすような真似もしませんし、悪意を持って人を中傷することも決してしません。

思いやりとは優しい気持ちですので、その優しい思いやりの気持ちに惹かれて、周囲には自然と人が集まりやすくなります。

毎日瞑想して自分の理想を強く頭の中に持つ


例えば自分がどうしても欲しいものや、確固たる目的があった時、それが一時でも頭から離れることはないでしょう。

自分が強く意識していることは、何をしていても頭から離れることはありませんし、「忘れないようにしよう」と特別に意識しなくても、脳裏にしっかりと張り付いて離れることはありません。

もしも自分が理想の性格に変わりたいと思うのなら、毎日のように瞑想して、その気持ちを強く頭の中に持つように努めましょう。

ずっと意識し続けることで、次第に何もしていない時や、余所事をしている時にも、「理想の自分になりたい」という気持ちは常に頭の中にあり続ける状態にすることが出来るようになります。

「病は気から」ということわざがあるように、人が強く意識し続けることや、その気になることで、自然とその状態を作り出すことが出来るようになっていきます。

そのため理想の自分になりたい人は、常にそうなれている自分の姿を瞑想するように心がけましょう。

毎朝5分くらいでも良い

瞑想は、毎朝5分くらいでも十分に効果を出すことは可能です。

たった5分だけでも、それを毎日続けて習慣化させることによって、次第に頭の中には意識しなくても常に理想の自分の姿を思い浮かべるようになります。

そしてまた、頭の中に常に自分の理想像があると、実際の行動も、自分の理想に近づこうとして変化が起こってきます。

清潔感を大切にする自分になりたいという意識をしている人なら、「清潔感を大切にする自分」であるために、実際の行動も自然と清潔感を感じさせるようなものに変わってきます。

そして行動が伴い、それも習慣化されるようになれば、もはや理想の自分はただの理想ではなく、現実のものとして存在することが出来るようになるのです。

毎日の習慣を見直して精査する

自分の性格を変えたいと思ったら、自分の行動も変える必要があります。

しかし、どんなふうに行動を変えれば性格を変えることが出来るのか分からないという人も多いでしょう。

そのため、まずは自分の日頃の行動について見直す必要があります。

毎日の習慣を見直して、精査しましょう。

自分が普段どんな生活習慣をしているのかを見直すことが出来れば、その中のどんな行動を変える必要があるのかを考えることが出来るようになります。

例えば毎朝二度寝をしている人なら、意識して二度寝をしないようにすることで、毎朝数十分も時間が短縮出来るようになるでしょう。

また、二度寝をせずに一度でしっかり起きれば、「ちゃんと起きられた」という行動が自分の自信に繋がります。

少しずつでも自分に自信がつけば、言動や行動はさらに前向きになっていきますし、性格も理想とする自分に近づかせることが可能になるでしょう。

無駄を削ぎ落とそう

毎日の生活習慣を見直せば、少なからず無駄な部分が見えてくるでしょう。

寝坊しがちな人は、寝すぎてしまう時間を失くすことが出来れば、朝は余裕をもって行動することが出来るようになります。

行動に余裕が持てれば、髪型やメイクをしっかり整えられますし、荷物を整理して家を出られますので、忘れ物の無駄をなくすことが出来ます。

また、いつもよりも一本早いバスや電車に乗ることが出来れば、席に座れるかもしれません。

もし席に座れたなら、そこで今日の予定を立てることが出来ますので、学校や会社についてから今日の予定を立てる時間を省略することが出来ます。

また、一日の行動で無駄を失くせば、それだけいつもよりも早く就寝出来ますので、翌朝寝坊をする心配がなくなるでしょう。

このように、すべての行動は繋がっています。

一つ無駄を失くすだけでも、その後の行動に大きな影響を与えますので、なるべく無駄を削ぎ落すように見直しましょう。

思い込みを捨てよう

あなたは「自分の性格を変えることは出来ない」と、そう思い込んでいませんか?確かに根本的な性格を変えることは難しいかもしれません。

しかし、それで「絶対に性格は変えられない」と思い込んでいると、本当は変えることが出来たとしても、自分でその可能性を潰してしまうことになります。

私たちが知っているもののほとんどは、実際に私たちが体験したものではないでしょう。

天動説や地動説、宇宙の起こりやこれまでの世界の歴史など、どれも教科書やテレビなどの情報で得ただけの知識を、さも「それが絶対に正しい」と思い込んでいることでしょう。

例えばほんの数百年ほど前まで、海は水平線のところで滝のようになっていて奈落へ落ちてしまうと信じられていましたし、世界から見た日本は黄金の島であると一般大衆にまで信じられていました。

しかし実際にはどうでしょうか?

海は水平線で滝のように途切れていることはなく、また日本も緑の島ではあっても、黄金の島ではないでしょう。

その時代では「絶対にそうだ」と信じられていたものも、現実は違っていたことなどたくさんあります。

個人の性格だって、「変えられない」と思っている人は実際に自分で変えようと努力をしていないか、もしくは努力半ばで諦めてしまっているから、そう思い込んでしまっているのでしょう。

しかし「変えられる」と諦めずに行動し続ける人の結果はどうでしょうか?

少なからず「性格が変わった」と感じている人もいることでしょう。

思い込みの感情はあらゆる可能性を捨ててしまいますので、自分の中にある思い込みを捨てる努力をしましょう。

自分と人を比較する癖をやめよう

人は、自分と他人を比較する生き物です。

優秀な種とそうでない種とを比較してより分けることによって、優秀な種を残そうとする生き物本来の考え方でもあります。

動物的な本能でもありますので、人と人とを比較することは悪いことではありません。

しかし、本能よりも理性の勝った人間の場合、より強い種を残そうとする本能は否定できなくても、わざわざ自分と他人とを比較する必要はないでしょう。

人間も確かに競争社会で生きていますが、一方集団社会で生きている存在でもあります。

自分と人を比較することで自分を高められるのならばまだしも、自分と人を比較して自分が無駄に落ち込んでしまうのであれば、その比較する癖は直した方が良いでしょう。

身の周りの環境を一新する

「性格を変えて、新しい自分に生まれ変わりたい!」という人は、身の回りの環境を一新するという方法も効果的です。

これまでと同じ室内、同じ職場、同じ交友関係など、今まで通りの環境で生活していると、なかなか変わろうと思っても変わることが出来ません。

一時期は努力出来ても、周りの環境が同じだと、中だるみや挫折をしてしまいやすいです。

そんな自分の甘えられる環境をあえて自ら捨てることで、気持ちを一新して変わる努力に取り組むことが出来るようになるでしょう。

また、これまでの環境を捨てることで、まさに「やらざるを得ない状況」に追い込まれますので、嫌でも自分を変える努力に集中出来るようになるでしょう。

引っ越しや部屋の模様替えなど

仕事や周りの人間関係を一新したいという人は、引っ越しをして自分の見知らぬ土地へ移動することで、まったく新しく一から仕事や人間関係を築いていくことになりますので、それに合わせて自分の性格も変えやすくなります。

昔からの知り合いや友人が近くにいると、今まで通りの自分に戻ってしまいやすいので、少し距離を空けた方が良いでしょう。

もし、親しい人が自分の変わる努力を応援してくれるというのなら、遠慮なく相手を頼るのも良いでしょう。

また、引越しをするまではいかなくても、これまでの自分とは変わりたいと思っている人は、部屋の模様替えを行うと、心機一転しやすくなります。

普段過ごしていた環境が少なからず変わりますので、「変わろう」と意識しやすくなります。

もしも気持ちがだらけてしまいそうになったら、その都度部屋の模様替えをして、常に新鮮な気持ちを持つように心がけるのもいいかもしれませんね。

目標や夢を持つ

目標や夢を持つことで、人は人生を前向きに生きることが出来るようになります。

「これが欲しい」「あれがやりたい」といった目標や夢は、ただの個人的な欲望ではなく、生きる活力や原動力そのものになります。

目標や夢のために努力しよう、頑張ろうと思える最大の動機作りにもなりますので、自分を変えたいと思ったら、そのためにも具体的な目標や夢を持つのが良いでしょう。

目標や夢が「自分の理想の性格になること」なら、それを叶えるためには何が必要なのか、どんなことをすればいいのかをまずは考えましょう。

そして、目標や夢を叶えるために必要な工程を全て紙に書き出して、優先順位をつけて、1つひとつそれに取り組んでいきましょう。

1つのことをクリアするごとに、「確実に目標や夢に近づけている」という自信にも繋がります。

自分の性格を変えたいと思っているあなたへ

あなたは、何故自分の性格を変えたいと思っていますか?自分の性格を変えたいと考えている人は、少なからず今の自分に対して不満を抱いています。

「自分は暗いから、明るくなって人間関係を楽しくしたい」「もっと物事に夢中になれる人間になって、自分の好きなことを思い切り楽しみたい」など、理想とする自分のイメージがあるからこそ、それと現状とを比較して不満を抱き、変わりたいと望むものです。

そして、自分が「こうありたい」と思うきっかけとなるものは、ほとんどが自分の理想とする人物の存在です。

自分がいて他人がいて、自分と他人を比較することで他人に憧れて、自分の今の性格を嫌だと考えてしまいます。

つまり、無意識のうちに自分の側に理想となる人物がいることによって、自分自身に変化を望むのです。

それは決して悪いことではないでしょう。

もちろん今のままのあなたにも、必ず素敵な部分は存在します。

しかし、それ以上に自分が素敵になりたいと望むのなら、それに向けて一生懸命に努力すれば、叶わないことは少ないでしょう。

性格はどうやって形成される?

先に、人の性格の形成について軽くご紹介しました。

持って生まれた遺伝的な要素と、自分の生まれ育った環境の要素の2つが組み合わさって、自分の性格は形成されています。

例えば親が物怖じせずに、人前に立ってスピーチ出来るタイプだとしたら、その遺伝を受け継いだ子どもも、物心ついた頃から人前に立つことに抵抗がなかったり、堂々と自分の意見を伝えられたりします。

練習したわけでもないのに最初から得意なことや、出来ることに関しては、親の遺伝が色濃く影響しているのでしょう。

もちろんすべてがそうというわけではありませんので、例えば親と似た部分を持つことにコンプレックスを抱いている人は、酷い場合には親と血が繋がっているということに嫌悪感を抱いてしまう人もいます。

しかし、あくまでも親と似た要素があるというだけのことですので、自分で意識をすることによって、親と同じような行動を取らずに済むこともたくさんあります。

そんな時には「しょせん自分は親と同じなんだ」と思い込まずに、「親とは違う生き方をしたい」と強い意志を持って行動することが大切でしょう。

生まれ持った遺伝的な要素は自分の性格の基盤ともなり得ますが、それをどのように変えていくのかはあくまでも自分自身の意識と行動次第です。

親の育て方

遺伝的な要素以外では、親の育て方によって子どもの性格が決まってしまうことが多いです。

例えば親が子どもを虐待したり、機嫌で子育てをしたりする場合には、子どもは常に人の顔色をうかがう性格になってしまうでしょう。

また、暴力的なことに対して異常に恐怖心を覚えたり、反面自分も感情的になると同じように暴力を振るってしまったりすることがあります。

一方で、両親からたくさんの愛情と思いやりの気持ちを持って育てられた子どもは、大人になってからも自分も同じように初対面の人に思いやりの気持ちを持てたり、愛情深い性格だったりします。

「三つ子の魂百まで」ということわざは、3つになるまでの間に親によって育てられた環境によって、子どもの性格が決まってしまうことでもあります。

そのため、個人の性格の形成において、親が与える影響というのはとても大きなものなのです。

いつも一緒にいる友達の影響

遺伝や親の育て方以外にも、いつも一緒にいる友達の影響で性格が形成されることがあります。

例えばいつも一緒に過ごしている友達がアウトドア派で、遊ぶ時にはいつも野山を駆けまわっていたのなら、成長過程でアウトドア派の自然を愛する性格になってもおかしくはないでしょう。

また、いつも一緒にいる友達が大人しい性格をしていて、いつも読書をしたりお人形遊びをしたりして過ごしていたのなら、友達と同じく大人しい性格になることがあります。

カメレオンほどとは言わなくても、人は長い時間を一緒に過ごす人の影響で、自分の性格にも変化が表れ、その人と似たようなタイプになることがあります。

そのため友人に恵まれれば人間性が豊かな良い性格になることが出来ますし、一方で悪い仲間とつるんでいると、考え方や行動も悪いものに染まってしまうことがありますので、付き合う人間関係も重要なのです。

性格を変えたくなる原因とは?

どんなことがあると、自分の性格を変えたいと考えるようになるのでしょうか?

何不自由なく生活を送っていて、人間関係にも恵まれている人であれば、自分のことも周りの人たちのことも好きになれますし、また自分の性格を変えたいと思うことすらもないでしょう。

一方で、人間関係や自分を取り巻く周りの環境、そして自分自身に不満を持っている人は、そんな自分を変えたいと思うことが多いです。

しかし、自分が「こんな性格になりたい」という理想を持ってはいても、それを実際に行動している人はそこまで多くはないでしょう。

大抵の人は理想を掲げてもそこから行動することが出来ずに、ないものねだりをし続けることでしょう。

自分を変えるというのはそれだけ大変なことでもあります。

まさに一念発起して「理想の性格になろう!」と奮い立たなければ、そう簡単に性格は変えられるものではないのです。

では、どんな原因があって性格を変えたいと思うのでしょうか?原因として多くみられるものを以下にご紹介していきます。

人間関係を上手く構築出来ないから

人間関係を上手く構築出来ない人は、それが原因で自分の性格を変えたいと思うことが多いです。

例えば引っ込み思案な人は、自分から人と関わっていくことや、距離を縮めていくことが出来ません。

本当は仲良くなりたい人とも満足な関係を築くことが出来ないため、そうした自分に対する不満や不安から、「もっと積極的に人と関わっていける性格になりたい」と考えることがあります。

また、ついつい人に対して余計なお節介を焼いてしまうタイプの人がいますが、何にでも首を突っ込むために、それが原因となって人間関係でトラブルになってしまうことがあります。

人間関係でトラブルが起こってから後悔して、「もっと慎重で人との距離感を保てるようになりたい」と理想の性格に憧れることもあります。

人間関係を思うように上手く構築出来ない人ほど、そんな自分に嫌気がさし、もっと自分の理想とする性格になりたいと思うことでしょう。

いじめられた経験があるから

過去にいじめられた経験を持つ人は、人間関係に積極的になれません。

他人の言動が信じられずに人間不信になったり、せっかく友好的に近づいてきてくれた人に対しても、警戒心をむき出しにして邪険にしてしまったりします。

そんなふうに自分の疑ってしまう性格を嫌だと思う人の場合、「もしもいじめられてなかったら」とトラウマの原因となったことをいつまでも悔やんでしまうことがあります。

そして、何の屈託もなく交友関係を広めている人を羨み、「あんなふうになれたらなぁ」と思い悩むこともあるでしょう。

自分の喜怒哀楽をコントロール出来ないから

自分の喜怒哀楽の感情をコントロール出来ない人が時々います。

子どもであればまだしも、いい大人になってからも、自分の機嫌や感情のままに振舞って、周りに迷惑をかけることがあります。

例えば公衆の面前で悲しみの感情から大泣きしてしまったり、仕事でイライラすることがあり、上司や同僚の前でもついとげとげしい態度になってしまったりと、喜怒哀楽のコントロールが出来ないと、自分だけでなく周りにも多大な迷惑をかけてしまうことになります。

時には自分の感情のままに振舞って、ストレスを発散させることも必要ですが、四六時中それをしていては、かえってストレスが溜まってしまいます。

また、そんな自分を自覚している人の場合、感情のコントロールが出来ないことが悩みの種となり、性格を変えたいと思ってしまうことがあるでしょう。

良い性格の定義とは?

性格を直したい、変えたいと思った時に、多くの人は「もっと良い性格になりたい」と考えます。

しかし、「良い性格」という考えはとても漠然としていて、一体どんな性格が「良い性格」なのか、自分でもよく分からないままにそうなりたいと望んでいる人もいることでしょう。

具体的にどんな考えや行動をする人が「良い性格」の持ち主なのか、世間一般的によく言われる内容を以下にまとめました。

もしもあなたが「良い性格」を目指すのなら、ぜひその参考にしてみて下さい。

皆に好かれる爽やかな明るさがある

明るく爽やかな性格の人は、皆から好かれる傾向があります。

明るい人は一緒にいると自分まで明るい気持ちにさせてくれますし、明るいということはにこにこといつも笑顔を浮かべているということでもありますので、自然と自分にも笑顔が移りやすくなるでしょう。

不愛想な人同士が顔を突き合わせていると嫌な気持ちになりやすいですが、笑顔の人と一緒にいると、自分まで不思議と楽しい気持ちにさせてくれます。

また爽やかさは清潔感でもありますので、一緒にいて居心地が良かったり、好印象に思われたりします。

そんな明るくて爽やかな人に対しては、大抵は誰もが好印象を抱くことでしょう。

自分よりも人を大切にする

どんな人でも、最終的には自分が一番大切でしょう。

しかし、そんな切羽詰まった状況でもない限りは、自分よりも人を優先させたり、大切にしたりすることの出来る人は、周りからとても好かれやすいです。

自分よりも人を大切にするということは、周りの人からすれば「困った時には頼りになる存在」「自分に優しくしてくれる存在」でもありますので、そんなふうに自分にとって優しい人を嫌う人など、そうはいないでしょう。

常に前向きな頑張り屋

常に前向きな頑張り屋は、見ているとこちらまで励まされますし、感化されて「自分も頑張ろう」と思わせてくれます。

夢に向かって一生懸命に努力する姿は周りの人の目標にもなりやすいですし、いいお手本にもなります。

また、誠実さも感じさせますので、人から尊敬されたり好かれたりすることはあっても、嫌われることはあまりないでしょう。

性格を変えるのは今からでも遅くない

人の性格は、持って生まれたものだけではありません。

育った環境や、今現在の自分の周りの環境でもどんどん変化していきます。

それはつまり、自分が理想とする性格に向かって一生懸命に努力すれば、誰でも変わることが出来るということです。

自分の性格を変えたいと思っている人は、今からでも決して遅くはありません。

意識と行動あるのみで、ひたすら自分を変える努力をしていきましょう!