噛み癖というのは、おしゃべりのことではなく、物や人を噛んでしまう癖のことです。

子供に多いですが大人でも噛み癖のある人がいます。

頭の掻き毟りや貧乏揺すりなどと同様、あまり好まれる癖ではありません。

恋人や友達にこの癖があると直して欲しいと思うかもしれませんし、自分がそうであれば止めたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

改善するために噛み癖を持つ人の心理を知り、対策方法を考えてみましょう。

迷惑!彼氏・彼女に噛み癖が見られるのはなぜ?

赤ちゃんが何でも口にはこんで齧ってしまうのは物を学ぶためだというのは理解できます。

乳離れして間もなくの子供は口さみしさや母恋しさで親指をしゃぶったり物を噛んだりすることもあります。

しかし、大人は物を齧って認識するということはありませんし乳離れを引きずるような年頃でもありません。

そのため、食べ物以外を噛むことに道理がなく、家でやるだけならまだしも、人前で噛み癖を出されたら恋人としては恥ずかしくてたまらないでしょう。

噛み癖が出てしまうシーン

噛み癖を持つ人の心理を確認する前にまずはどんなシーンで噛み癖が見られるのかを見てみましょう。

物を噛むことが多いですが、人を噛んでしまう人もいます。

付き合ってから知るとそれだけで気持ちが冷めてしまうことがあるので、チェックする意味でもシーンを確認しておけば役に立ちます。

ストローを噛む


噛み癖を持つ人の中でもストローを噛んでしまう人が多いです。

ジュースなどを飲んでいるときにストローを噛みながら吸ってしまったり、飲むわけでもなく何度も噛んでしまうことがあります。

意識しなければそんなに目につきませんが、飲み終わったカップに刺さっているストローに噛んだ跡を発見すると気になってくるでしょう。

ストローのみならず紙コップの縁や割り箸、タバコのフィルター部分を噛む人もいます。

ファストフード店ならを自分でゴミ箱に捨てられますし、遠出先で一回こっきりであろう店でならいいとしても、行きつけのお店だと店員さんにバレている可能性が高いので勘弁してほしいものです。

爪をずっと噛んでしまう

爪を噛んでいる人は単に噛む姿が子供っぽいというだけでなく、手元が見られることの多い大人の社会ではギザギザな深爪が悪い印象を与えます。

不衛生でもありますし、好きな人でもない限り口に運んだ手で物に触れている姿は不快極まります。

音もするし、噛みちぎった爪のカケラの行方も気になるし、職場で隣の席の人がこの癖を持っていたら席替えしてもらわないとストレスがたまるはずです。

恋人だとしてもすごく嫌でしょう。

とくに、他人との距離が近くなる映画館で恋人が爪を噛んでいたらポップコーンをクチャクチャ食べるのと同じくらい恥ずかしくて抜け出したくなります。

酔っ払うと噛み癖が出てしまう


酔っ払った時だけ割り箸を噛んでしまうくらいなら、まぁなんとか許容範囲かもしれませんが、酔っ払って出る噛み癖は大体人を噛むタイプです。

いきなり飛びついてきたと思ったら首筋や二の腕をガブリとやります。

お酒の力で自制心がなくなっているので恋人のみならず職場関係の人だろうと誰彼かまわず噛むことが多く、噛まれる側としては恐怖以外の何物でもありません。

その場ではお互いへべれけで、対応がうやむやになったとしても翌日の朝、首筋にハッキリのこる歯型を見たら血の気が引いていきます。

厳しいことをいえば、無防備な相手に噛みつくのは傷害罪に問われてもおかしくないです。

また、女性がこの癖を持っている場合、男性に噛みついたらそういうプレイだと思われてお持ち帰りされても文句が言えません。

自分の身の安全のためにも即刻やめることをおすすめします。

恋人の腕や太ももなどを噛んでしまう

恋人限定で腕や太ももなど皮膚の柔らかい部分を噛んでしまう人がいます。

食いちぎる勢いで噛みつくタイプもあれば、甘噛みタイプなどさまざまです。

プレイとして互いに納得しているなら問題ありませんが、特殊な性癖ではあるので噛まれる側が耐えているのだとすれば辛いでしょう。

噛み癖がある人の心理的特徴10個

ではここから本題の、「何故噛むのか」について見ていきましょう。

噛み癖のある人の心理は何か1つの要因によりものではなく、人によってさまざまであり、噛むシーンによっても分かれます。

それぞれの心理的特徴の中で、それぞれどんなシーンとして表れるのかもご紹介します。

1、ストレスが溜まっている

ストローや爪など他者によらない噛み癖のある人はストレスが要因の可能性が高いです。

噛むという行為にはストレスを軽減する効果があるとされており、その理由は噛むことで脳の前頭前野が刺激され活性化するからです。

前頭前野は感情や行動のコントロール、物事の判断を司っています。

ストレスが溜まっている時は感情などのコントロールがしづらくなるので噛むことによって落ち着こうとするようです。

また、交感神経と副交感神経のバランスで成り立っている自律神経はストレスによってバランスが崩れてしまうのですが、噛むことでストレス物質が減るということがわかっています。

人間の無意識の行動には脳のはたらきが深く関係しているので、気づかぬうちに生じている何らかの問題とその対策が「噛む」という行為に現れているといえます。

2、愛情表現を確認したい

恋人を噛んでしまう人は恋人からの愛情を再確認したいという心理があります。

これは子供の試し行動と、とてもよく似ている心理です。

子供の試し行動は、わざと親が困ることをして親の反応を見るというものです。

わざと食べ物をこぼす、物を投げる、悪態をつく、噛みつくなど、悪いことだとわかっていること、とくに親が困ることを行います。

これは自分が悪い子だったとしても親が愛してくれるのかどうか、そもそも自分が愛されているかを確認するための手段です。

虐待されている子供に多いと言われますがそれだけではありません。

たとえば、小さな子供のお手伝いは微笑ましく成長を喜べるものであっても、本当に忙しい時は申し訳ないけど迷惑に感じてしまうことがあります。

そこで忙しい親が急に「余計なことしないで!」と怒鳴りつけてきたとしましょう。

普段はお手伝いをすると親が褒めてくれるに、急に怒られたのでは戸惑いますし、日によって言うことの変わる親に不信感を抱きます。

また、兄弟のいる場合、親が下の子ばかりに構っていると上の子は自分は下の子より愛されていないんじゃないかと感じるようになります。

これらの結果、自分が愛されていることが絶対的なものではないかもしれないと感じると、子供は「どんな君でも愛しているんだよ」という言葉や対応を求めて試し行動に出ます。

下の子との待遇に差を感じている子の場合は、叱られるのであっても無視されるよりはマシだと思っていることもあります。

恋人への噛みつきもこれに類似しており、どこまでやっても愛してくれるのかを試しています。

自ら嫌われるようなことをやって、それでも愛してくれるというなら絶対的な愛情だと感じることができるからです。

3、相手を独占したい

これは人のことを噛んでしまうタイプの心理です。

食べたいほど好きという愛情表現だったりもしますが、恋人に歯型を残すような人は相手を独占したいという心理が表れています。

キスマークをつける人よりも攻撃的ですが心理は同じです。

恋人ならまだしも、酔っ払って好きな人に噛みつくというのは問題があります。

両想いかつ性癖とも合致しているなら許してくれるとしても、周囲の人からすればその牽制行動にドン引きしますし、噛まれた人も大半はドン引きします。

本当に少しも好きでなければ恐怖すら感じるほどです。

4、相手に甘えたい

恋人に噛みつくのが代表的ですが愛情不足を感じている人は物や爪を噛んだりもします。

子供の頃からの癖になっていることが多く、本能的に赤ちゃんが母の乳首を求めることとも関連していて、口さみしさと甘えたいというのが一緒になっているからです。

甘えたい場合は恋人にじゃれつくように軽く噛んだり、寂しさをまぎらわすためにストローや爪を噛みます。

物を噛んでしまう人は甘えたいという気持ちを相手にぶつけづらいタイプなので察して愛情の言葉をかけてあげたり抱きしめてあげるとやめる傾向があります。

5、恐怖心を軽減するため

恐怖心や過度の緊張状態にあると誰でも歯を食いしばるもので、噛み癖のある人はそれを物や人を噛む形で表します。

感情をコントロールするために何かを噛んで落ち着こうとするためであって、恐怖心による噛み癖のタイプはむやみやたらと噛むわけではないので頻度は低めです。

怖いから噛むというのはとても動物的です。

とくに人に噛みつく場合、自分の攻撃性、強さを示して自分を守ろうとする行動であり、飼い犬などにも見られます。

ちょっかいを出され過ぎてイラッとしたとき「怒ると怖いんだぞ!」と示すために飼い主などの手を噛んだりする行動のことです。

6、自分にかまってほしい

かまって欲しいという心理の場合も物を噛むタイプと人に噛みつくタイプにわかれます。

かまって欲しいけど言葉に出せない人は物を噛むことでストレスを発散し、率直なタイプは犬のじゃれつきのように恋人に甘噛みします。

恋人でもない人にじゃれついて噛む人は…両想いだと勘違いしているかもしれないので危険度高めです。

7、肌の感触を味わいたい

人を噛むタイプは単純に噛みたいだけという場合があります。

酔っ払うと発現することが多いです。

柔らかそうな二の腕やお腹など、噛み心地の良さそうな部位を見つけると噛みたいと思ってしまい、アルコールのせいで自制心がぶっ飛んでいるので欲望のままに噛んでしまうわけです。

恋人の場合はプレイの一環として噛む人もいます。

ぽっちゃり好きな人はもともと肉感や肌の感触を好む人が多いので納得です。

これは食欲と性癖がごっちゃになっているともいえます。

団子や大福などモチモチの食べ物をを噛むのが好きだったり、肉を食べるときの噛み応えに快感を覚えている人はお酒に酔えばとくに恋人を噛んでしまうかもしれません。

8、不安の解消

感情をコントロールしづらくなっているときは不安やストレスを抱えているのでストローや爪を噛んで落ち着こうとします。

愛情不足を感じるのも不安の一種なので恋人に噛みつくことも同じです。

噛むことで落ち着かせているだけで根本的な解決にはなっていないことから、不安の根源が解決されない限り噛み癖がなおることはありません。

9、許してくれるのが心地よい

相手がとても大人で何をしても許してくれる場合、人間とは贅沢なもので、どこまでやったら怒られるかを試してみたくなります。

その1つが噛みつきです。

物や爪を噛むこととは違い、人に噛みつきます。

しかし、それすらも許してくれるとなると、ひどいことをしても存在を認めてもらえていると思えるので心地よくなるのです。

親の大事な物を誤って壊してしまった子供が、怒られるのを覚悟で告白したところ「けがはなかった?」と物への悲しみより自分のことを心配してくれる親に深い愛情を感じるのと近しいものがあります。

10、相手を信頼している証し

物や自分、酔っ払って理性が完全に飛んだ状態で噛むタイプではなく、シラフなのに人を噛むタイプの心理です。

愛情の確認でもありますが、どこかで許してくれると思っていないと人に噛みつくことはしないでしょう。

知らない人に噛みついたら普通に刑事事件ですし、そんなに親しくも無い人でもただドン引きされておしまいです。

シラフで噛むからには、ある程度好まれているという自信を持てる相手、あるいは恋人など信頼関係のある相手といえます。

相手の噛み癖を対処する方法

噛み癖のある相手と過ごす時間が長かったり回数が多い場合は気になってしかたがないですよね。

目につくし、音もするし、噛まれるのであればなおさらです。

噛み癖をやめてもらうにはどうしたらいいのか、方法を4つ見てみましょう。

正直にやめてほしいと伝える

一番はハッキリ「噛むのをやめてほしい」と言ってしまうことです。

とくにストローや爪を噛む人の多くは無意識にやっているので、本人はそんなに目につく頻度でやってはいないと思っている傾向があります。

「気づいていますよ」というのも含めて伝えれば恥ずかしくてやめるかもしれません。

ただし、物や爪を噛む人はストレスが溜まっているから噛んでいるという場合が多いため、逆ギレを食らう可能性もあります。

これが怖いので「言えたら苦労しないよ」と思う人も多いでしょう。

そういう場合は、直接的には伝えないという方法をとってみます。

直接言わない方法の1つめは、噛めない状況をつくってしまうことです。

爪を噛んでいるのが女性ならネイルアートを勧めてみましょう。

ネイルアートをほどこした爪を噛んでしまう人はまずいません。

次に、その人の話としてではなく誰か別の人の話として暗に伝えるという方法もあります。

「名刺交換した相手の爪がボロボロで、印象悪くってさ、自分では気を付けようと思ったんだ」などと、あえて話題にしてみます。

複数人かつ爪を噛む癖に嫌悪感を持っている人がいる時がベストです。

完全に嫌味ですが、直接言うよりも逆ギレされるリスクは低いですし、本人がまだバレてないと思っているならこちらの前では噛まなくなるはずです。

ちなみに、酔っ払って噛んでくるなど、露骨に被害を受けている場合は警察に被害届を出すことができます。

あまりにひどいなら「次やったら警察に被害届を出すからね」と言えば多分やめるでしょう。

それでもやめないなら、いつかどこかの誰かに本当に被害届を出されますから脅してでも今すぐやめさせるべきです。

弁護士に相談できるサイト「弁護士ドットコム」には噛まれたこと、噛んでしまったことに関する相談が寄せられています。

ホテルで一夜をともにした人の性癖が噛むことで、痣が消えず精神的苦痛もあるという相談に対し、弁護士は傷害罪が成立する可能性があるので告訴できるとしています。

また、酔っ払って噛んでしまった人が被害届を出され、どうなるかを心配しているという相談については、送検されることもあるし、送検されれば正式起訴・略式起訴と罰金なども考えられるとのことです。

本気で怒る

ストローを噛んでいる人に対してマジギレするというシーンは想像しがたいですが、噛まれたとなれば話は別です。

先ほども記載したとおり、噛まれれば警察に被害届が出せるレベルですから、金輪際会わないくらいの勢いで怒っても問題ありません。

恋人の場合は噛み癖だけで別れを選択するのはもったいないし、怒って関係をギクシャクさせたくないと思う気持ちもわかります。

ただ、冷静に考えれば噛み癖に耐え続けて長年一緒にいられるとは考えられません。

そのうち耐えるにも限界が来てしまえば、抑えきれない怒りとなって表面に出てしまう恐れもあるので、まだ理性を取り戻せるうちに本気のトーンで怒っておいた方がいいでしょう。

適度にストレス発散を促す

ストレスや不安が理由となって噛み癖として表れているケースが多いので、それらを適度に発散させておけば回数が減っていく可能性があります。

ストレスの出方は人それぞれで、見方をかえればストローや爪を噛んで発散できているのは悪いものではありません。

人に当たり散らしてストレスを軽減しようとする人、暴飲暴食などで発散する人もいれば、何も発散する術をもっていない結果、肌や内臓に現れてしまう人もいて、それらと比べればマシな方です。

ただ、みっともないという1点においてとても目につくので、噛み癖をやめて欲しいならストレス発散を促すことが効果的です。

噛む以外でストレスを発散

噛むという行為でストレスを発散している人は、それ以外のストレス発散方法を知らないために無意識にやっている状態です。

そのため、噛む以外のストレス発散方法を提示してあげましょう。

恋人なら一緒にやることもできるし、会社の同僚などあまり首をつっこみすぎてもいけない相手だとしても会話の中で興味を持たせるくらいのことはできます。

てっとり早いストレス発散方法は大声を出すことです。

大声を出すにはお腹から声を出す必要があり、その時に自然と横隔膜が動きます。

横隔膜が動くと自律神経のバランスを整えやすくなります。

爪やストローを噛む行為も自律神経のバランスの崩れを直そうとしてのことなので、代替方法としては効果が期待できます。

カラオケやライブ、スポーツ観戦など大声を出しやすいイベントをつくってみましょう。

次にお手軽なのは日光を浴びることです。

日光を浴びると脳内でセロトニンのバランスがとれ、精神的に安定します。

また、朝起きて十分に日光を浴びることで体内時計がリセットされて睡眠サイクルの改善にもつながり、結果的に疲労回復にもなります。

現代人は思うより日光を浴びていませんから、意識させるだけでも結構変わるはずです。

その他、有酸素運動やリズム運動、ドラマや映画を見て泣いたりするのもストレスを発散できるとされています。

また、促すのは難しいですが自己コントロールをするという意味では、自分のストレスの要因を紙に書きだして客観的に眺めてみると、なんとなく感じていた不安や焦燥感に理由がついて安心するようになります。

うまくコミュニケーションができてない証拠かも?!

恋人の場合、噛みつくということは寂しさや不安を表しているのかもしれません。

その寂しさや不安は会える時間が少ないということよりも、コミュニケーションの密度からくるものが大半です。

大人の恋愛においてはコミュニケーションの質が問われてきます。

一昔前の、恋人同士ならツーカーの仲で言わなくてもわかりあえるというのは古い考え方で、あれが成り立っていたのは女性が3歩下がって男性のために動いていたからです。

サザエさんに出てくる波平さんみたいに「母さん!」と言っただけでお茶を出してくれることなんて現代ではまずありません。

というわけで、お互いのことをよく知り、不安の余地がないことを理解するためにもコミュニケーションは積極的にとっていく必要があります。

また、職場などでストローや爪を噛んでいる人も、実は周囲との間に壁を感じていて、それがストレスになっていることがあります。

爪を噛んでいるのは不衛生だし近づきたくないという気持ちもわかりますが、その嫌悪感が態度に出ていて余計にコミュニケーション不足に陥り、爪を噛むのがやめられなくなっていることも考えられるので、やめさせられる可能性があることに賭けるならば、ほどほどにコミュニケーションをとってみましょう。

愛情表現の仕方を変えてみる

愛情の感じ方は人それぞれです。

ただ隣を歩いてくれるだけで愛情を感じる人もいれば、手を繋ぐと愛情を感じる人、愛の言葉を囁かれて初めてわかる人や、プレゼントをくれないとわからない人もいます。

愛情というのは相手に伝わらなければどんなに強く思っていても意味がありません。

そもそも愛情を告白しない限り付き合えもしないのに、付き合ったら愛情を伝える必要がなくなる、あるいは自分なりの表現でも十分伝わるはずと考えるのは根本的に間違っています。

愛情を伝えたいなら伝わる形に変える必要があります。

噛みついてくるくらいには愛情不足な状態なので、今の伝え方では相手に愛情が伝わっていないということは明確です。

愛情表現の仕方を変えるなんで造作もないことですから、恋人の噛み癖になやむ時間があるなら表現を変える方向に動いてみましょう。

どうしても噛みたくなる人へ…

では最後に、自分が噛み癖を持っているという人に伝えたい4つのことを記載します。

見栄えのいい癖ではないので、本人も止めたいと思っているのではないでしょうか。

噛み癖にはそれをしてしまう心理的理由があるため、闇雲に非難するつもりはありません。

しかし、自分を客観的に見つめ直す材料として下記を確認してみましょう。

噛むことは自傷行為になります

自分の爪を噛むことは自傷行為です。

手の爪が伸びる早さは1日平均0.1mmですが、爪を噛むと歯の厚みがあるのでおそらく0.1mm以上噛んでしまうでしょう。

そうなると、伸びる速度に対して噛む長さの方が勝っていますから、どんどん深爪になっていくはずです。

時には出血を伴うこともあります。

指の先を軽く押してみるとわかりますが、骨は指先ギリギリまであるわけではありません。

骨が無いということは、力を込める支えが無いということを意味しています。

その分を爪が支えとなって補っているのです。

爪がとても薄い、または短すぎて骨の無い部分の支えにならない場合、細かい物を掴むことができなくなります。

また、成長期においては爪を噛むことで歯や歯茎に負担がかかったり、受け口になってしまうことがあります。

大人の場合はそこまで歯には悪い影響がないとされていますが、良い影響も無いことは明らかです。

噛む対象が“人”にならないようにする

噛むこと以外にどうしてもストレス発散方法がみつからない場合も人を噛むのは止めましょう。

噛むことで得られる精神的な安定よりはるかにやっかいな出来事が待ち受けています。

警察に被害届を出される、慰謝料請求される、会社をクビになるなどたくさんのことが考えられます。

いかに愛する恋人同士であっても、その仲が果たして永遠のものであるかはわかりません。

当然噛み癖が別れる原因になることもありますし、噛み癖は別としても他に別れる要因があったり、相手の心が離れることがあれば痣などを証拠にDVとして訴えられることも考えられます。

愛情を確認したいがために愛情を遠ざけてしまうことになるのです。

周りから引かれているかもしれません

酔っ払って周囲の人を噛んでしまうなら間違いなく引かれています。

中には許容してくれる人もいることはいますが、大半は自分が被害者にならないように避けるはずです。

もし今まで周りの人に噛みついて痣を残していながら治療費を請求されてこなかったのであれば、とても寛容な人々に囲まれている状況に感謝しましょう。

恋人に噛みつく場合も、恋人がいくら許してくれるからといって、痛々しい痣をつくっていたら周囲の人が心配します。

噛むような恋人はやめておけと言うこともあるでしょうし、周囲から認められない恋愛というのは長続きしません。

爪を噛むのは営業マンや接客業では致命的です。

ボロボロで清潔感の無い爪先のせいで顧客を遠ざけている恐れがあります。

バレていないと思っていても手元というのは目に入りやすいので、皆言わないだけで気づいていますし、できれば別の人に変えて欲しいと思うものです。

ストローを噛む行為も、一緒にいる人が恥ずかしい思いをするので行く店を選ぶようになるし、恋人の場合は親に紹介するのを躊躇する要因にもなりかねません。

噛み癖は人を遠ざけるため、できることなら全てやめておくことをおすすめします。

無理に癖を直そうとしないで…

そうはいっても、癖というのはそう簡単に止められるものでもないでしょう。

今までだって止めたいと思ったことはあるはずですし、それでも止められていないという結果がそれを物語っています。

先述の通り、噛むこと以外での表現の仕方、ストレス発散の仕方を知らないことが癖を直せない主な要因ですが、自分に合わない方法でストレスを発散させようとしても結局解消できずに噛み癖はなおりません。

代替方法を用意せずにただ辞めると、肌や内臓にストレスが出る恐れもあるため、噛み癖を無理に直すというよりは、噛まなくていいくらいの精神状態にするための方法を模索するという手順は守っておきましょう。

その中で自分に合う代替方法が見つかれば自然と噛み癖は消滅するはずです。

まとめ

噛み癖はストレスや不安からくることが多いので、むやみやたらと注意すると状況が悪化するかもしれません。

噛み癖に関わらず、他者に対して何かしらの改善を求める時は、その人の心理側に立って、何故そのような言動に出てしまっているのかを冷静に見つめることが大切です。

その心理がわかれば、逆効果になるような行動をとらなくて済みます。

本人が悩んでいて直したいと思っている場合も同じです。

まずは自分が何故そのような振る舞いをしてしまうのか、根本的な要因を分析することで自分を見つめ直した上で、的確な対処法を取るようにしましょう。

この考え方さえ覚えておけば、噛み癖がなおった後また別の癖が出てきてしまったとしても対応できるはずです。

また、人から指摘されたら怒らず、むしろ気づかせてくれたことに感謝できるくらい心の余裕を持つことをおすすめします。