みなさんは「平たい顔族」という言葉を聞いた事があるでしょうか?

平たい顔族とは、簡単に言うと「薄い顔の人々」の事を指し、世界的に見ると日本人(の顔)がこれに当てはまるとされています。

顔立ちがハッキリしている濃い顔に憧れている日本人も多いですよね?

中には薄い顔にコンプレックスを抱いてる人もいるかもしれません…?

今回はそんな平たい顔=薄い顔ならではの7つの苦悩をご紹介します!

さらに、「平たい顔族」について徹底解説しているので、気になる方は是非最後までチェックしてみて下さいね。

️平たい顔族ですけど何か?特徴や苦労などをチェック

日本人の顔立ち欧米人のそれと比べ彫りが浅く顔の作りが薄い傾向にあります。

そんな日本人は「平たい顔族」に当てはまるそうです。

今回はそんな“平たい顔族”に着目し、平たい顔族の特徴や苦労をご紹介していきます。

詳しく知らない人もこれを見れば、平たい顔族についてバッチリ理解出来るはずですよ!

それでは見ていきましょう。

️そもそも平たい顔族って何?

“平たい顔族”という言葉を初めて聞いた人は、「平たい顔族って何…?」といった感じではないでしょうか?

実はこれ、ある漫画から生まれた言葉なのです。

「平たい顔族」という字面から何となく意味は察知出来ると思いますが、ここで“平たい顔族”という言葉について解説していきたいと思います。

語源は「テルマエ・ロマエ」

“平たい顔族”の語源は、漫画『テルマエ・ロマエ』から来ています。

2012年にはフジテレビのノイタミナ枠でアニメ化。

同じく2012年には阿部寛主演で実写映画化、さらに2014年には映画続編となる「テルマエ・ロマエⅡ」が公開されました。

『テルマエ・ロマエ』とは、作者のヤマザキマリにより漫画雑誌『コミックビーム』(エンターブレイン社発行)に2008年の2月号から2013年の4月号に連載されていた漫画であり、『テルマエ・ロマエ』とは「ローマの浴場(テルメ)」を意味するラテン語になります。

日本の銭湯とローマの公衆浴場を中心とした“風呂”をテーマとしており、古代ローマと現代日本のカルチャーギャップが面白おかしく描かれていて、一見ギャグ漫画だと思われがちですが、そうではないらしいです。

ちなみに、ジャンルは“本格歴史風呂ンティア”。

物語は古代ローマ帝国の浴場設計技師である主人公のルシウスが、古代ローマの浴場から現代日本のどこかの浴場へタイムスリップする能力を身に付けてしまうところから始まります。

内容はオムニバス形式でストーリーの流れもほぼ決まっており、ルシウスはタイムスリップした先で出会った“平たい顔族=日本人”と交流しながら日本の文化(風呂上がりのフルーツ牛乳やシャンプーハットなど…)を学び、古代ローマに戻った際にその文化を浴場設計に取り入れる…というがお決まりのパターン。

そして「平たい顔族」とは、主人公のルシウスが現代日本人と出会った時に登場した単語だったのです。

平たい顔族=日本人?

「テルマエ・ロマエ」1話で、ルシウスはタイムスリップにより古代ローマの浴場から現代日本のとある銭湯に飛ばされますが、日本語が全く理解出来ないので、遭遇した日本人達の事を最初はローマによる非征服民の奴隷と勘違い(後に誤解は解ける)していました。

そして、彼らの凹凸のない顔面を見て心の中で勝手に「平たい顔族」と呼んだ訳です。

つまり、「平たい顔族」は古代ローマ人(ルシウス)から見た日本人の呼称という事になります。

顔の彫りが深くて凹凸がハッキリしている古代ローマ人のルシウスにしてみたら、日本人の顔面は平べったく見えたのでしょう…。

ちなみに、その後の話でもルシウスが現代日本人の事を心の中で呼ぶ時は「平たい顔族」という単語が出てきます。

平たい顔族=弥生人説も

漫画では“平たい顔族=日本人の呼称”として扱われていますが、日本人の中にも顔の彫りが深くて目鼻立ちがハッキリしている人もいますよね?

そもそも日本人には「縄文人系」と「弥生人系」と「混血系(縄文系と弥生系が混ざったもの)」の3つの顔のタイプがあり、「縄文系」と「弥生系」にはそれぞれ次の様な特徴があります。

「縄文人タイプ」は彫りが深く立体的な顔立ちで、大きく丸い目・太い眉・二重まぶた・鼻骨が広く高め・厚い唇・四角or長方形の輪郭といった濃い顔が特徴です。

「弥生人タイプ」は彫りが浅く平面的な顔立ちで、細い目・細い眉・一重まぶた・鼻は小さく低い・薄い唇・丸型の輪郭といった薄い顔が特徴になります。

現代の日本人は、縄文系と弥生系の両方の特徴を併せ持つ混血系が多いと言われていますが、平たい顔族は特に弥生系の顔を指す言葉と言えるかもしれませんね。

️平たい顔族が感じている苦労7選

平たい顔族の意味が分かったところで、続いては“平たい顔族が感じている苦労7選”をご紹介します!

日本人なら思わず「わかる!」と共感してしまうポイントが沢山あるかもしれません。

みなさんも「共感出来る!」「共感出来ない!」とジャッジしながら見てみて下さいね。

それでは早速チェックしていきましょう!

1、メガネがフィットしない


平たい顔だと、メガネが顔にフィットしない、という現象が起こり得ます。

メガネを選ぶ時は、自分の顔の形(特に顔のパーツや輪郭)を意識するのが基本ですが、顔の立体感(彫りの深さ)も考えないと、メガネのデザインによってはサイズが合っていても、自分の顔に合わない場合もあるのです。

メガネを掛けている時にしょっちゅう下にずり落ちてきたり、フレームやツルが肌に当たって痛みを感じている場合は、自分の顔にフィットしていない可能性大なので、今すぐ別のデザインの物に変えた方が良いかもしれません。

ちなみに、海外仕様のメガネやサングラスは日本の物と比べてツルが長いそうです。

特に欧米人は顔の彫りが深い分、横顔に奥行きが出るのでツルが長くなるのだとか。

海外仕様のメガネやサングラスを買ったら、ツルがあまって驚くかもしれませんね…。

また、顔の曲線に沿ったタイプ(フレーム全体がアーチ型になっており、顔に立体感を出す)のメガネやサングラスもありますが、平たい顔には上手くフィットしない場合もあるので、購入前に自分の顔のラインに合うかしっかり確認した方が良いでしょう。

鼻が低いから

メガネやサングラスを掛けているとズルズルと下に落ちてしまうのはデザインの他に、鼻が低いから滑ってしまうとも考えられます。

平たい顔族は、鼻が小さく低いのも特徴の1つなのです。

とはいえ、鼻の形を急に変えるのは難しいので、メガネやサングラスを作る際に自分の鼻の高さに合ったノーズパッドを装着して貰うのがオススメです。

ただ、ノーズパッド部分がフレームと一体化しているプラスチックフレームメガネの場合は、パットの高さが足りなかったり、プラスチック素材で余計に滑りやすくなっているとも言えます。

こういう時は、鼻に当たる部分に専用の滑り止めシールを貼れば解決するはずですよ。

それから、日本人の顔を熟知した日本のメガネブランドでは、鼻が低い人用にブリッジ(左右のレンズを繋ぐ鼻にかかる部分)が前に突き出たデザインで顔に立体感や奥行きを出すメガネも取り扱っているので、平たい顔をカバーしたい人にピッタリと言えるでしょう。

2、メガネ・サングラスが合わない

オシャレでメガネやサングラスを掛ける人も多いと思いますが、「平たい顔だとメガネやサングラスが似合わない…」と悩んでいる人も少なくないみたいですね。

しかし、平たい顔にも似合うデザインのメガネやサングラスもちゃんとあるので安心して下さい!

ここで、メガネやサングラスを選ぶ時に失敗しない為のポイントを少しだけご紹介しますね。

まずは、フレームサイズ選びのポイント!

フレームサイズは横幅(メガネを畳んだ時の左右のレンズの端から端まで)と縦幅(天地の幅)のバランスで見ます。

平たい顔族である日本人は額が横に広いので、メガネやサングラスのフレームの横幅は顔の横幅に合わせるのが基本です。

フレームの横幅が合っていないと、左右の目のバランスが崩れて見える恐れがある(寄り目や離れ目の印象を与える)ので気を付けて下さい。

フレームの縦幅は眉から顎までの長さの3分の1サイズにすると、違和感がない自然なバランスになると言われています。

ファッションとしてメガネやサングラスを掛ける時は、フレームの大きさと顔とのバランスをわざと崩してオシャレに見せる場合もありますが、平たい顔だとそれが悪い方向に働き、ダサく見えてしまう事もあるので気を付けましょう…。

かっこよく決まらない

いくらオシャレなデザインの物でも、自分の顔に合っていなければ不恰好に見えるのは当たり前です。

平たい顔だとメガネやサングラスが似合わない、と感じる理由には「かっこよく決まらないから」という意見もあるみたいです。

でもそれは、今まで自分の顔に似合うメガネやサングラスと出会った事がないから、とも言えるのではないでしょうか…?

自分に似合うメガネやサングラスを探すには、自身の顔の特徴を把握しておく必要があります。

そこで顔の特徴に合ったメガネやサングラスを探す方法をご紹介したいのは山々なのですが、1つ1つ説明していたらキリがないので、ここでは一般的な日本人の顔(=平たい顔)に合わせやすい形を簡単に説明したいと思います!

一般的な日本人の顔(=平たい顔)に合わせやすい形と言われているのは、縦幅が細身で横長スクエア型のメガネやサングラスだそうです。

縦幅が長いと輪郭によってはマイナスに作用してしまいがちですが、細身の物の方が日本人顔にはハマりやすいのだとか。

また、スクエア型はベーシックなデザインが多いので、どんな場面にも合わせやすいでしょう。

逆に丸型はカジュアルな場面に似合います。

フレームは細いと知的に、太いとカジュアルに見えるので、自分の雰囲気や場面に合わせて使い分けると良いかもしれませんね。

メガネやサングラスを選ぶ時は参考にしてみて下さい。

3、メイクがうまくいかない


雑誌に載っているメイク法を真似して、「書いてある通りにやったのに全然上手くいかない!」と思った経験はないでしょうか…?

そういう雑誌に載っているメイク方法は、立体感のある顔の方が映える(立体顔向けのメイクと言える)ので、平たい顔だと上手くいかない事もあるのです。

特に日本人女性は、メイクをする上で立体感を重視する人が多いのではないでしょうか?

その理由の1つに「平たい顔だとメイクが映えない」というのがあると思います。

メリハリのある立体顔ならベースメイク(下地やファンデーションのみ)だけでも整って見えるものですが、平たい顔だと立体感を意識したメイクでないと、全体的に白く光ってのっぺりとした印象になってしまうでしょう。

だから、メイクで凹凸を表現してメイクが映える顔を作り上げる訳です。

地味さは変えられない

のっぺりと平たい顔のせいで地味に見えてしまうのも、平たい顔族の悩みの1つだと思います。

しかし、普通に化粧を施しただけでは地味さはなかなか変えられませんよね?

だからといって、単にメイクを濃くしてもケバくなってしまうだけ…。

つまり平たい顔族は、平たい顔に合うメイクを習得する必要があるのです。

平たい顔族が映えるメイクといえば、先程も説明した“立体顔メイク(=立体的な顔に見えるメイク)”でしょう。

メイクで立体感を演出する事によって、のっぺりとした印象を回避する事が出来るだけでなく、色を上手く使えば華やかさも演出出来るはずです!

メイクで立体感を演出するには、シェーディング・シャドウ・ハイライトなどを駆使し、使用する色も部分的に調整していく必要があります。

テクニックは必要ですが、何度も練習すればコツが掴めてくる筈ですよ。

また、自分に似合う色を知りたいならパーソナルカラー診断をしてみるのがオススメです。

ネットで「パーソナルカラー診断」と検索すればいくつかサイトが出てきて、そこで診断する事が出来ます。(※診断は無料です)

パーソナルカラーとは、肌・髪・瞳・頬・唇など、その人の生まれ持った色と雰囲気が調和した色の事。

メイクだけでなくファッションにも使えるので、是非試してみて下さい!

メイクしているのにすっぴんと見られがち

ちゃんとメイクをしているのにも関わらず、「すっぴん?」と言われてしまうと何だかショックですよね…。

最近は濃いメイクよりもナチュラルメイクの方が流行っているので実践している人も多いと思いますが、それで「薄化粧?」「手抜きメイク?」と誤解されるのも平たい顔族のあるあるかも…?

一方、彫りが深く濃い顔の人はナチュラルメイクの方が似合い、逆にガッツリメイクを施してしまうとケバくなってしまうので、ある意味化粧映えしない顔とも言えるのかもしれません。

平たい顔の場合、メイクをする時は立体感と明暗を意識する事が重要になります。

メイクをしているのにも関わらず、周りの人に「すっぴん?」と言われてしまう人は、メイクを濃くするのではなく、立体感とコントラストの2つを意識しながらメイクの仕方を少し変えてみてはいかがでしょうか?

また、先程紹介したパーソナルカラーを参考に、今まで使った事のない色をメイクに取り入れてみるのも、雰囲気がガラリと変わってオススメですよ!

4、印象に残らない

平たい顔族は「薄い顔」とも言え、ハッキリ言って印象にも残りにくいです。

そして、その「印象に残らない」というのも、「人に顔を覚えて貰えない」「存在感が薄くなりがち」「目立ちにくい」などといった理由で、平たい顔族の悩みに変わっています。

ちなみに薄い顔には、眉が薄く細い・目が一重or奥二重・肌は白め・目がやや離れており、小さく細い・鼻が低く小さいといった特徴があります。

上で説明した「弥生系の顔」の特徴と同じですね。

さらに、平たい顔族は顔に立体感がない分、顔面に光と影のコントラストが生まれないので、全体的な印象もボヤッとしがちなのでしょう。

実際、コントラストがハッキリした物は、シャープでくっきりとした印象を与えるものなのです。

顔濃い人のほうが目立つ

やはり薄い顔の人よりも、濃い顔の人の方が目立ちますし印象にも残りやすいと思います。

きっと一度会っただけでも後で再開した時などは、「あの人だ!」とすぐに思い出せるのではないでしょうか?

「顔が濃いと他人にもすぐに顔を覚えて貰えるし、何もしなくても目立つから良いよな」と、平たい顔族にとっては羨ましいポイントでも、濃い顔の人にとっては「目立ちたくないのに目立ってしまう…」という苦労になるのかもしれませんね。

もしかしたら濃い顔の人は、薄い顔の人を羨ましく思っているかも?

5、誤解されることが多い

平たい顔のせいで周りの人に誤解されてしまう事が多いのも、平たい顔族の苦労と言えるでしょう。

薄い地味顔は「静かで大人しそう」とか「あまりフレンドリーではなさそう…」といった、少しネガティブな印象を与える事もあるらしく、特に初対面だと見た目で勝手に性格を判断されてしまうケースも少なくありません。

なので、お喋りで明るかったりフレンドリーな性格だと、見た目の印象とのギャップに驚かれる事もあるでしょう。

他にも、次の様な誤解が生まれる事もある様です。

年齢が若く見られる

平たい顔族は、実年齢よりも若く(幼く)見られる事も珍しくありません。

例えば、アメリカ人と日本人の10代後半の子供を見比べても、アメリカ人の方が大人っぽい顔付きに見えませんか?

実は、白人も子供の頃はそこまで顔の彫りが深くないらしく、成長するにつれ彫りが深くなっていくそうです。

だから余計に、外国人から見た日本人は幼く見えるのかもしれませんね。

眠そうな顔と言われがち

平たい顔族は一重or奥二重で目が細い特徴がある、と話しましたよね?

そのせいか、別に眠くないのに周りの人から「眠いの?」と言われがちです。

顔が原因だと気付くまでは、「何でそんな事を聞くんだ…?」と不思議に思ってしまうかもしれませんね。

また、眠そうに見える顔のせいで「体調でも悪いのか?」と具合を心配されてしまうと、なんだか相手に申し訳ない気持ちになってしまいそうです。

6、くまがあると目立つ

平たい顔の場合、目の下にくまがあると相当目立ちますよね?

これが彫りが深くて濃い顔の人なら、くまが出来ていても、周りの人には「顔の影かな…?」と思われて終わりかもしれません。

ですが、彫りが浅く薄い顔の人の場合は、うっすらと出来たくまでも、「すごいくまだね…」と指摘されてしまうかもしれません。

女性はメイクで上手く隠したりも出来るかもしれませんが、健康の為にも睡眠不足には気をつけたいところですね。

7、プリクラや携帯カメラで顔が認証されない

プリクラや携帯カメラの顔認識機能が上手く作動しないというのも、なかなかショックな出来事かもしれませんね。

「いくら平たい顔だからって、顔として認識されないのはあまりにも酷すぎるのでは…」と思うかもしれませんが、環境や状況が違えばちゃんと検出される場合もあります。

たった数回の失敗で諦めずに、カメラの角度や光の当て方を変えたりして、何度かチャレンジしてみて下さいね!

️平たい顔族は人種差別になる?!

中には「平たい顔族という言葉は人種差別(反日)になるのでは?」と思う人もいるでしょう。

特に「平たい顔=劣っている」という認識がある人からしてみると、あまり良い言葉には聞こえないかもしれませんね。

しかし、実際は差別用語でも何でもなくて、古代ローマ人から見た日本人の顔の特徴を素直に表した言葉(日本人の顔が平たいのは事実ですしね…)であり、漫画の中でも「平たい顔族」という呼称は、あくまで笑いのネタとして扱われているものです。

とはいえ、「平たい顔族」という言葉を人種差別と捉えている人がいる以上、使う時は十分に注意しなければなりませんね。

ネガティブな使い方はやめよう

彫りが深く濃い顔に憧れている人は多いですよね?

だから、例え言った側に悪気はなかったとしても、「平たい顔族だ」と言われて「馬鹿にされてる…」と不快に感じる人は少なくないと思います。

笑える自虐ネタとして使うのは良いかもしれませんが、悪口の様なネガティブな使い方にならない様に気を付けなければいけませんね。

️まとめ

“平たい顔族”について色々と解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

今回は「平たい顔族が抱える苦労」がテーマだったので、日本人が平たい顔族である事に対して少しネガティブな感情を抱いてしまった人もいるかもしれませんが、「平たい顔」「薄い顔or地味顔」だからといって、日本人の顔が劣っている訳でも美しくない訳でもありません!

「美しい」「格好良い」と世界的に認められている日本人は沢山いますし、最近は日本の中でも、特に男性に対して濃くて派手な顔よりも、さっぱりと涼しげな薄い顔の方が人気が出てきていますよね?

「平たい顔族」という言葉もあまりネガティブに捉えず、あくまで笑いのネタとして「こういう表現もあるんだな〜」程度に捉えて下さいね。