この世界には、特に日本語には日本人であってもなかなか理解できないような難しいニュアンスを持った言葉が存在していますよね。

そのような言葉はたくさんありますが、なかでも今回は「淡い(あわい)」という言葉の意味が理解できない!と感じているのでしょう。

淡いってよくきくけどどんな意味なの?」「それって程度を表す言葉なの?」なんて、まったくもってその言葉のニュアンスさえも、どんなところで使うべき言葉なのかも想像できない方がいらっしゃるかもしれません。

日本語というのは、日本人が象徴しているようになんとも言えないような小さなところまでも表現しようとする、曖昧な部分までも表現しようとすることがとても多いですよね。

日本人であってもそれを理解することが出来ずにコミュニケーションを円滑にすることができなくなるなんてよくあることです。

しかし、日常生活において「淡い」という言葉が登場したときに、できればその意味を瞬時に理解してそれでいて相手に早くにレスポンスを出したいですよね。

でもその言葉の意味を曖昧にしか理解していなかったり、またはまったくもって理解できていないのであればどのように返事をしたらいいのか分からないはず。

分からないだけではなく、間違った意味で解釈して相手に多大な迷惑をかけたり、のちのちになって自分がどんなにひどいことを話してしまったのかをしって後悔することになるでしょう。

そんなの嫌ですよね。

そんなあなたのために、今回は「淡い」という言葉について特集することにしました。

よく耳にする、目にしたりする「淡い恋」だとか「淡い色」そして「淡い悲しみ」なんていうのは、いったいどんな意味をもっているのでしょうか?

この記事では、「淡い」という言葉の意味をお伝えするだけではなく、その「淡い」という言葉の使い方、また「淡い恋」を例に挙げてそれらの例文をいくつかご紹介しています!

この記事を読めば、確実に「淡い」という言葉を理解できるようになるはず。

ぜひこの記事を読んで、あなたも日常生活のなかで「淡い」という言葉を遣えるようになってくださいね。

淡いってどういう意味?

あなたにここで質問です。

最初っから質問かよ!なんて思われているかもしれないですね。

許してください。

あなたには、今の段階で「淡い」(あわい)という言葉に対して、どのようなイメージを持っているでしょうか?「淡い」という言葉の意味ではなく、「淡い」という言葉のイメージを想像してみてください。

筆者は、この言葉を深く知るまでは「なんとなくみえないもの」「カゲロウのような存在するのかしないのか分からないもの」のようなイメージをもっていました。

あなたの頭の中に浮かんできたイメージってどんなものですか?

ずばり、これから「淡い」という言葉の意味をお伝えしていくのですが、その今アナタが想像してくれたイメージに合致しているのかがこれからわかります。

もしも、まったく違うようなイメージで理解していたのであれば、スグに本当の意味の「淡い」というのを理解してくださいね。

また、なかにはなんとなく合致しているけれどもそこまで明確な意味を知らなかったと思う方もいることでしょう。

そのような方も、「淡い」というのは「こんな意味があるのかぁ」とぜひあなたの中に落とし込んでください。

「淡い」という言葉は、よく耳にするというよりは小説なんかを読んでいるときにでてきたり、もしくはドラマなどのシーンで使われていることがおいことでしょう。

そのため、「淡い」というのはなかなか使う機会ってないんですよね。

それどころか日常生活でよく「淡い」という言葉を使うような人と出会うことがあると、なんだか違和感を感じてしまうかもしれません。

しかし、これから「淡い」という言葉の意味を知ることが出来れば、きっとあなたもそのように感じなくなるでしょうし、もしかしたらその人のように日常的に「淡い」という言葉を使う機会が増えるかもしれませんね。

というのも、「この感情ってどうやってあらわせばいいんだろう」「この気持ちに匹敵する言葉が見つからない」なんていう気持ちほど、今回後消火している「淡い」という言葉にぴったりすることが多いからなんです。

では、さっそく「淡い」という言葉がどのような意味を持っているのかについてご紹介していきます!想像力を働かせてよんでみてくださいね。

色や味、香りなどが際立たず薄いこと


あなたは、濃い色合いと薄い色合いであればどちらが好きですか?

筆者は濃い色合いが好きですが、薄い色合いのことを”淡い”といいます。

「これって淡い色だなぁ」なんて言葉を聴いたのであれば、その色はほのかに色づいているだけですぐにでも消えてしまいそうな色をしているということを示しています。

また、色だけではなく、味や香りなども「淡い」という言葉で表現することが出来るんです。

味であれば、口に入れたときにほんのり味わうことが出来るけれどもその味はすぐに消えてしまう、もしくはすぐに消えてしまうほどに薄い味付けでほんのりしか味わうことが出来ないような状態をさしています。

次に「香り」です。

あなたは香水などをつけたりしますか?

またアロマディフューザーや芳香剤を家においているというのであれば、それを想像してみてください。

それらって最初のうちはとてもこい香りがにおってきますよね。

しかし、次第にその効果が薄れ、だんだんと香ってくる香りの濃さが薄くなってくるかと思います。

ちょっとしたときにほんのりと香ってくるけれどもそれが持続しているということでもなく、それも持続することがあってもすぐにでも消えてしまいそうな香りの濃さのことをさしています。

要するに、色や味・香りなどが”目立つ””際立つ”ことなく、ほんのりと薄い状態でそこに存在しているってことなんですよね。

あなたもそのような香りや味、そして色を見たことがあるのではありませんか?

特にパステルカラーを更に薄めたような色合いって、すぐに消えてしまいそうですよね。

真っ赤な色であれば薄めてもなかなか消えませんが、もともと薄い色合いのものはすぐに消える”恐れ”を感じさせます。

そのように薄いことをさしていることが多いですね。

形や光などがぼんやりしていること

色や味、そして香りなどというのは私たちの持っている”五感”で判断するものでしたね。

しかし、それ以外に視覚で判断できるものとして形や光などがぼんやりしている様子も「淡い」と表現することが出来ます。

簡単にいいますと「淡い」の反対語は「はっきりしている」「明確である」という意味合いになります。

これをしれば、なんとなく理解しやすいのではないでしょうか。

ずばり、輪郭などがぼやけている様子、本当にそこに輪郭だとか形があるの?

境目はどこにあるの?

と深くみてもみても発見できないような曖昧さ。

それこそが”淡い”んです。

また、形だけではなく光も「淡い」という言葉で表現することが出来ます。

では、想像してみましょう。

あなたは光がまったくないところにいます。

そこにずーっと向こう側から光がさしこんできました。

でもその光は強いということではなく、ほんのり光っていて今にでも消えてしまいそうな弱い光です。

そして、その光の境界線を見ることが出来ません。

強い光であれば、その光が具体的にどこから来ているのかを判断することは出来ますよね。

でもそれができないくらいにうつろで、そしてすぐになくなってしまうかのような光をしているんです。

はっきりとしていない、ぼんやりとしているものは「淡い」と表現できるということを頭に入れておきましょう。

こちらの意味も良く使われています。

執着心がなくあっさりしていること

これまでには何かモノなどに対して使う「淡い」の意味をお伝えしてきました。

「淡い」には、執着心がなくてあっさりしているような様子を示すこともあります。

まさにその人の「心」ですね。

心があっさりしている人、そして何に対しても流動的で本当にその人の意思があるのかどうかさえも周りからでは見抜くことが出来ない場合に「淡い」と使うんです。

あなたの周りには、そのような人は存在していませんか?

そこに存在をしているものの、いつそこからいなくなってもわからないような存在感の薄い人。

そして自己主張があまり少なく、たまに自己主張をしてきたとしてもなかなかその自己主張を信じることが出来ません。

なぜならばその言葉に重みを感じられず「すぐにどこかにいってしまうのではないか」と感じさせるからなんですよね。

悪い言葉でいえば風来坊のような人、そしてよくいえば風のような人と表現することが出来るでしょう。

世の中にはしつこい性格の人もいますが、反対にあまりにも流動的で執着心がない人というのも心配になってしまいますよね。

本当に目の前にあることに集中できているのか?

なんて、その淡い心意気が心配させてしまうんです。

軽々しいこと

一つ前の項目で「風来坊」という言葉を使いましたね。

まるで風のようにあらわれて、最終的にはどこかにいってしまような人のことをさしています。

要するに淡い人というのは、どこでも自分の”根”とか”基盤”を築こうとしない人のことをさしているんです。

そのため、基盤を築くことが出来ないので色々なところにいったりきたりします。

その場では良い顔をしているのですが、本心はそのように感じていることはすくなく周りから見れば”無責任な人””軽々しい人”と思われてしまうことでしょう。

あなたの周りにはそのような人はいないでしょうか?

なんだか落ち着かなくて、落ち着いたかと思えばどこかにいってしまう。

そのため、その人がいっている発言こそが「淡い」と感じられるんですよね。

その言葉はすぐに消えてしまうように感じられるからなんです。

すぐに消えてしまうということは、その言葉に重みがないだけではなくその言葉はウソで終わってしまうと分かってしまうんですよね。

もしも、あなたが誰かに「君って淡い人だよね」なんていわれたことがあるのであれば、消えてしまいそうな、すぐにどこかにいってしまいそうな、責任を放棄しそうな人とマイナス要素で思われているので性格を改善していく必要があるでしょう。

そのうち多くの人の信頼を失うことにつながります。

淡いの使い方

これまでに「淡い」という言葉の意味を確認してきました。

「淡い」という言葉には色々な場面で使われるために、色々な意味があるということが分かりましたね。

なかには、何かをひゅオ右舷するときにその存在が薄いこと、曖昧なことを知らせることに使われます。

それではないときには、人の様子としてマイナスな要素で使われるということもわかったかと思います。

そのような「淡い」という言葉の意味を知ることが出来ても、実際に使うのとではまた話が別問題ですよね。

でもせっかく意味を知ることが出来たのであれば、できればすぐにでも使ってみたい、使える場面に出会ったときに挑戦してみたいと感じているはずです。

それに言葉などの新しいものを覚えたときというのは、覚えたままにするのではなく実際に使うことで脳に身につくということは誰もが知っている話。

とはいえ、「淡い」という言葉を使うときに失敗はしたくないですよね!

「この意味で使っているのに相手に通じなかった!」なんて恥ずかしい思いをしないように、ここでは「淡い」という言葉をどのような場面で使うのが正解なのかを詳しくお伝えしていきます!

その要素だけでも頭に入れておくことによって、そのような場面に出会ったときに必ず使うことが出来ているはずですよ。

淡い悲しみを心に抱える


あなたは、悲しい気持ちになったことはありますか?

どんなに短い人生であっても、逆に長い人生であっても誰もがそのような悲しい気持ちにはなったことはありますよね。

そんなときに、はっきりと「悲しい」という気持ちに浸ることもあれば、なんとなく悲しい気持ちがするような気がする・・・なんていうような”曖昧な悲しみ”が訪れたことがあるのではないでしょうか?

また、これまでにそのような感情に出会ったことがない方というのは、これからそのような”淡い悲しみ”に出会うかもしれません。

悲しみというだけでもとても苦しいものがありますよね。

しかし、淡い悲しみだとその悲しみはすぐに消えてしまうこと、曖昧なことをさしているのでそこまで深い悲しみを感じているわけではありません。

しかし、心の中では悲しみを少しでも感じているわけです。

そんな消えてしまいそうな、すぐに解決できるような悲しみでさえも心に受け入れている、それを受け入れることによって悲しみをさらに感じているという状況に対してこのような言葉を使うことがあります。

とはいっても、人によっては「わざわざ曖昧な悲しみを悲しむ必要ないのに」なんて感じるかもしれないですね。

そういう時期がくるんですよ、あなたにも。

淡い夕日を眺める

毎日のようにくれていく太陽。

それは”夕日”とよばれますね。

朝になれば早く一日なんて終わってしまえ!

なんて感じるものですが、それでも夕日を眺めることになると「ああ、今日も一日終わってしまうのか」とちょっぴり寂しい気持ちになったりしますよね。

それこそが”淡い太陽”なんです。

夕日が沈んでいくのをあなたは見たことがありますか?

どこかゆれているように見えて、どこか夕日さえも悲しんでいるように見えて、それでいてすぐに沈んでしまうのも分かっている。

そんな夕日って周りの空との境目を見ることがなかなか出来ないはずです。

「淡い」という言葉には、境い目が曖昧になっていてはっきりしない、という意味があるとお伝えしましたよね。

まさにここではその意味で使われています。

「淡い夕日を眺める」というのは、そうやってぼやけながらも沈んでいく太陽を眺めているシーンのことをさしているんです。

朝日なんかは夕日にくらべるとハッキリト、シャキッと見えることが多いですよね。

対比して使うこともできるかもしれないですね。

もしも、「淡い太陽」をなかなか想像できないというのであれば、実際に夕日を見に行くか、またはグーグルで「夕日の画像」と検索してみてみるといいでしょう。

本当に境界線がはっきりせずにぼやけているのをみて驚くことでしょう。

やや淡い薄暗がり

あなたは、明るいところと暗くなっているところどちらがスキでしょうか?筆者は明るいところがすきなのですが・・・。

この例文をみると「薄い暗がり」となっていますね。

それっていうのは、ほんの少し暗くなっているということをあらわしています。

さらにそこに「淡い」という言葉がついているので、さらにその意味を強めていることになります。

要するに「本当に消えてしまいそうな、薄くなっている暗さ」ということでしたね。

さきほど、あなたに想像してもらう問題をひとつ出しました。

あなたが暗いところにいて、そこに一筋の光がはいってくるのだけれどその光はどこかぼやけているというもの。

ずばり、その反対バージョンだと考えてみてください。

あなたはとても明るいところにいて、隅っこだけ少しだけ暗がりになっています。

それもすぐに明るさにまけてしまうような”ほんのりとした暗さ”なんですよね。

まぁ、日常生活でこんなことがおこったら幽霊でも見えてしまったのかとパニックになってしまいますが・・・。

淡い髪の毛の香りがする

誰かとすれ違ったときにほんのりとシャンプーの香りがして心地よい気分になったことがある人はいませんか?

キレイにしている人だとか美人さん、イケメンさんってほぼすべての人がほんのりとしたシャンプーの香りを漂わせているものです。

淡い髪の毛の香りというとすごく難しく感じてしまいますよね。

しかし、今例に挙げたように”ほんのりと香ってくるシャンプーの香り”といえば、それは想像しやすいのではないでしょうか。

その通りすがりに香ってくる香りっていうのは、すぐに消えてしまいませんか?

その人が横を通っている瞬間には、その香りを強く感じることができるのですが、その人との距離が開くにつれてその香りはなくなります。

でも鼻の中、もしくは脳にはそのほんのりと香ってきた香りを記憶しているのですが、その香りさえもすぐに消えてしまうんですよね。

でも「あの人はいい香りだった」という記憶だけが残るようになります。

まさにそれをあらわしているのがこの例文になります。

それに男女ともにどぎつい香水の香りをただよわせているのではなく、やはりどこか”ほんのりと香るシャンプーの香り”くらいが好感度があがりやすいみたいですよ。

あなたも香りを漂わせるのであれば、スグに消えてしまいそうだけれども香ってくるような”淡い香り”を意識してみるといいでしょう。

コンディショナーやトリートメントをしっかりしておくだけでもそれをすることができます。

泡がはじけるような淡い音

あなたは、泡がはじけるところを見たことがありますか?

多くの方が炭酸水を飲んでいるとき、炭酸系のお酒を飲んでいるときにその泡を見たことがあるのではないでしょうか。

また、泡ってシュワシュワとはじける音がしていますよね。

それもどんどん消えていってしまいます。

そのシュワシュワといっている音こそが”淡い音”なんです。

すぐに消えてしまうのも分かっているし、でもそれをとめることができない。

そうやって泡に注目して考えてみると少し悲しい気持ちになってしまいますね。

もしも泡がはじけるような音がわからないのであれば、ぜひ炭酸水などを買ってきてコップにそそいでみてください。

そうすると「シュワー」という淡い音とともに、消えていってしまう泡を確認できるはずです。

淡い恋心とは?

あなたは、恋愛をしたことがありますか?

この記事の冒頭でも「淡い恋」として「淡い」という言葉が使われることがある、とお伝えしましたね。

なかには、「淡い」という言葉自体の意味は知っているものの”淡い恋”となるとまったく意味が理解できないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方のために、ここでは「淡い恋」とはどういう恋愛をさしているのかについて詳しくお伝えしていきます!

まさにアナタが今している恋愛のことをさしているのかもしれないですし、これまでに経験したことのあるような昔の恋を思い出すかもしれません。

しかし、「淡い恋」ってさきほどお伝えしてきた「悪い意味の”淡い”」の要素をまったくもって持っていないんですよね。

それどころか、自分が経験したことのないような恋であってもどこか心が切なくなってしまうなんていうことも。

こんなことをベラベラお伝えしても意味わかんないですよね!

さっそく「淡い恋心」とはどんな恋心なのかをチェックしていきましょう。

純粋な気持ち

ずばり、純粋な気持ちを持って誰かを好きになったり、愛していることを”淡い恋心”と表現することがあります。

もしもこれまでに人を好きになったことがあるのであれば、純粋な恋心がどんなものなのか理解できるでしょう。

本来、人を好きになるのって純粋に相手に惚れることで感情として現れるものなんですよね。

でも、大人になるにつれて「この人と付き合えば自分にはこんな利益をえることができる」なんて自分のことを考えるようになります。

自分を守るためだったり、自分に利益を得るためだけにその人を好きになることってよくあることなんです。

まだ、そのような恋愛をしたことがない人にとっては”残酷な世界そのもの”でしょう。

しかし、大人の恋愛とはそのようなメリットデメリットがつきまとうもの。

特に結婚となると相手のデメリットな部分までも一緒に考え、そして判断していかなければならないんですよね。

しかし、”淡い恋心”を抱いている人というのは、相手の利益などに目線を奪われていません。

そのような相手を飾り立てるものではなく純粋に”その人自身”を愛しているんです。

その人自身を愛しているからこそ、それを”淡い”といいます。

メリットデメリットを感じながらしている恋愛というのは「ここまでがすき」とか「ここまでは嫌い」なんて境界線をひいているものです。

でも淡い恋心は純粋な恋心なので、そのように境界線を引くことが出来ません。

要するに、その人(相手)全体に恋をしているということなんですね。

筆者から見ればとてもうらやましい恋愛になります。

ほのかな思いの恋

純粋な気持ちという意味のほかに”ほのかな思いの恋”という意味も含んでいます。

あなたは、好きな人が出来たときの”度合い”というのを覚えていますか?

好きになり始めの頃ってだいたいは「ああ、この人のこと好きなのかな」なんて自問自答するような日々であるはずです。

そして月日がたち、相手の魅力を更に感じられるようになると「ああ!やっぱりこの人のことが私は好きなんだ」と確実な気持ちを感じることができるようになるんですよね。

要するに、ほのかな思いの恋というのは恋愛し始めの頃の恋愛心のことをさしています。

すきなのかすきではないのか、はっきりとしないそれどころかすぐにでもこの恋心は消えてしまうかもしれない、そんな気持ちにもなることがあります。

あなたも恋愛しはじめというのは、恋をすることに半信半疑になっていませんか?

あなたもきっと淡い恋心を体験したことがあるはずです。

繊細な恋

恋愛関係によっては、すぐに壊れてしまうような関係になることもありますよね。

お互いにお互いを気を使いすぎて、それで自分の意見を伝えることができていなかったり、もしくは、これまでになにか大きな問題があって次になにか大きな問題に出くわすことがあったらすぐに亀裂が入ってしまうような関係のことです。

たしかにそこに存在してはいるものの、なにかあったらすぐに壊れてしまうかもしれないという繊細な関係や恋も淡い恋心と示されるのです。

忘れられない!淡い恋の思い出5選

ひとつ前の項目で「淡い恋」とはこういう意味だというのをお伝えしてきました!

でももっと具体的にどんな恋愛だか知りたくはないですか?

もしかして今体験している恋愛だとか、これまでに体験したことのアル恋愛がそれこそ淡い恋だったら少し嬉しいですよね。

ここでは、誰もが忘れることの出来ない淡い恋の思い出をいくつかお伝えしてきます!

きっとあなたも体験したことがあるかもしれないですし、これからの生活の中で淡い恋を体験することがあるかもしれません。

ちょっと自分がそのようなことをしていることを想像しながら、読み進めてみて!きっとキュンキュンがとまらないはずです。

1.卒業式の日に告白した

学生時代といえば、卒業式ですよね。

卒業式って大好きな仲間たちと別れるだけではなく、大好きな人とも別れを告げなければなりません。

でもそこで終わらせたくないからこそ、卒業式の日に告白をするんです!

そこで返事をもらうことができたとしても、その場だけで関係が終わってしまうかもしれない。

かといって断られても、そこで終えることが出来るので気持ちの転換もしやすいんですよね。

学生時代に告白をしなかった筆者にとっては憧れのシチュエーションです。

2.転校してきた異性を必ず好きになってしまう

新学期になると蚊なら図のようにやってくるのが転校生ですね。

その転校生ってコレまで一緒に過ごしてきたクラスメイトとは股違ってみ見えるのでとてもかっこよく見えてしまうもの。

または、可愛く見えちゃうんですよね♪

そのため、まだ相手がどんな人なのか分からないのにその恋が持続するかも分からないのに好きになってしまうんですよね。

3.図書室で本を取ろうとしたら手が当たった

図書館で探し物をしているときに偶然に同じ様な本をとろうとした人がいて、その人と手が当たってしまった・・・。

そこで少し運命を感じてキュンとしてしまうのではないでしょうか?

でもそこでしか、その場でしか出会うことの出来なかった2人。

その後に出会いたいと思ってもなかなか出会うことが出来ず、淡い恋で終わってしまうことも。

4.幼馴染にあげた指輪を大人になっても持っていた

あなたには幼馴染がいますか?その幼馴染にもしも指輪をあげたとして、昔の「結婚しよう」という約束を覚えてくれていてさらにその指輪をまだもっていてくれたら・・・。

あのときの思いをほんのりと思い出しますよね。

それによって大恋愛に発展するケースも。

5.姿が見られるだけで満足の毎日

大好きな人って見ているだけで満足できるもの。

本当はお付き合いもしてみたいけれど、告白をして友達までもやめることになったら悲しいですよね。

そのため、見ているだけのほんのりとした恋をしているだけで幸せなんです。

まとめ

今回は「淡い」という少し難しい言葉について特集してきました。

あなたがこれまでにイメージしていた意味と本当の意味との間では、何か違いが見られたでしょうか?

それともあなたが思っている通りの言葉だったでしょうか。

記事の中では、とくに「淡い恋愛」に焦点をあててお伝えしましたね。

そんな淡い恋愛をする機会があったのであれば、もうそれって一生モノの宝物にしてしまってもいいかもしれません。

今回の記事を参考にして、これからの生活において「淡い」という言葉の使い方や理解の仕方などを間違わないように気をつけていきましょう。