気になるのと恋との境目が自分でもよくわからなくなることはありますよね。

10代なら熱烈で激情的な恋心を抱くこともありますが、年齢とともに恋と日常の境界線が曖昧になっていくものです。

それでも若い頃に経験した恋心を思い出してしまい、どんな風に恋をすればいいのかさえ不明瞭になります。

しかし、それは恋の仕方が変わっただけです。

かの有名な哲学者パスカルは「恋愛に年齢というものはない。それはいつでも生まれる。」という名言を残しています。

まぁ、パスカルは享年39歳だったので老年において同じことを言ったかどうかはわかりませんが、哲学を追求した人の言葉ですから真理に近いといっていいでしょう。

さて、誰しも恋をすることができるという前提に立ち、気になるだけなのか恋なのか、自分の気持ちを確かめてみましょう。

これって好きなの?自分の気持ちを確かめる方法

特定の相手に対して好きという感情はあるけれど、それがLIKEなのかLOVEなのかがわからないというのはよく聞く話です。

とくに、しばらく恋愛から遠ざかっていた時などは気になる感情と冷静な感情が混在して冷静さが勝ってしまうことは多くあります。

しかし、放置していてもモヤモヤするので気分が悪いはずです。

どうせなら早めにケリをつけたいと思うのではないでしょうか。

気になる相手がいるけど自分の気持ちがわからない

まず記載しておかなければならないことは、人間はそもそも「1人の相手を愛し抜くようには設計されていない」ということです。

Aさんのことが好きだけどBさんのことも好きだし、Cさんも気になる、というのは普通です。

全くおかしな話ではありません。

日本で芸能人の不倫問題がやたらとワイドショーで取り上げられていた時期、日本のテレビ番組がフランスの通りを歩いていた仲睦まじそうな老夫婦に「不倫についてどう思うか」とインタビューしました。

すると夫は「僕には(妻以外に)彼女がいるよ」といい、妻は「あら、私にだって彼氏がいるわ」と言いました。

日本の取材スタッフが困惑気味に「いいのですか?」と聞くと、夫婦そろって「妻(夫)のことも愛しているし、恋愛もしているだけだ」と言いました。

日本でもこの感覚は近年になって広まってきており、夫婦公認のもとで不倫をするケースも徐々に増えてきています。

黙認は今までもありましたが、妻に彼女を紹介することすらあるそうです。

そんなわけで、「好き」と「気になる」は同時並行することがあるので曖昧になりやすいといえます。

また、恋愛感情がこれっぽっちもなくても、家族に似ている、恋愛を想像するのは気持ち悪いけど面白い、すごく嫌いだから目につく、おっちょこちょいすぎて目を光らせてあげないといけない、など気になるにもさまざまなパターンがあります。

きになる相手が好きか気持ちを確かめる方法15個

気になるという感情にも色々なパターンがあるとわかったところで、早速、恋なのか否かを確かめる方法を見ていきましょう。

項目は全部で15個ですが、いずれかの方法を試して恋の方向に該当すればただちに恋かというとそうではありません。

かけあわせて試してみる必要があります。

1、一緒にいて安心するかしないか


相手と一緒にいる時のことを思い出してみましょう。

安心するかしないか、どちらでしょうか。

安心すると感じた場合、それは恋ではない可能性の方が高いです。

一見すると、安心する方が好意を感じているようですが、恋愛としての好きであれば、相手の一挙手一投足が気になり、自分がどう見られるかを考えるので落ち着く暇などないはずです。

まだ付き合ってもいない段階から安心してしまうというのは恋愛における好意とは言い難いでしょう。

安心しないと感じる場合も次の場合は恋ではない可能性が高いです。

不快感を伴った気持ちのザワめきを感じる、一緒にいる時終始落ち着かない、離れてからも明るいことを考えられない、いつも笑顔を作ってしまう、などです。

もし一緒にいられることが嬉しくてドキドキするなら、それは確実に恋なのでいいかげん自覚した方がいいですが、そこまでではなくても、相手の言動が気になって記憶に残ったり、自分がどう見られているかに注意が向く場合には恋である可能性が高いといえます。

2、彼がいなくなることを想像してどう思うか

こうやって言うと「死んでしまったとして…」と想像する人がいますが、その想定は極端すぎます。

死んでしまうレベルだと、多少の知り合い程度でも「実はお亡くなりに…」と知らされたら悲しいので、比較になりません。

いなくなるレベルとしては、頑張れば会えなくもない距離への引っ越しです。

違う都道府県や海外など、自分が頑張れるレベルに合わせます。

フットワークが軽い人ほど遠い距離で想定してみてください。

さて、その想像をしたとき、次の段階のどれに当てはまるかで好意の種類がわかります。

①SNSや電話でたまに連絡がとれればいい
②年に何回かは飲み会などで集まりたい
③友人と連れ立ってお邪魔しちゃおうかなと思う
④何かと理由をつけて単独でも押しかけてしまいそう
⑤絶望して耐えられない

この中で確実に恋と考えられるのは④と⑤です。

①は知り合い、②と③は友人です。

3、他の誰かと比べている

気になる人の周囲にいる人物、とくに相手が恋愛対象として捉えそうな人物に対して「私の方が仲が良い!」や「あの人の方が仲が良さそう…」と感じることが多ければ恋といえます。

これが進化すると嫉妬という感情になります。

それが全然気にならなくて「あの人も仲がいいんだ!今度話してみよう」なら完全に友人です。

4、スキンシップを取りたいと思うか、思わないか

これは大きな判断ポイントです。

触られても嫌じゃない、というレベルではなく、自らがスキンシップをとりたいと思うかどうかが分かれ目といえます。

スキンシップもコミュニケーションの一環なので、普段から友達の肩を叩く人もいますが、その場合でもさらに意識的に、肩を叩くなど軽いスキンシップ以外で触れたいと思うかどうかを考えてみましょう。

意識的にスキンシップをとりたいと思うならそれは恋です。

実際にやってみるとなると「拒絶されたらどうしよう」という思いがはたらくので、単に触れたいと思うかどうかだけで判断するようにしましょう。

5、嫉妬するかどうか

気になる人の周囲にいる人間に対して敵対心を持ってしまうならそれは嫉妬です。

自分よりも仲が良さそうな人、気になる人と2人でいたのに割り込んでくる人にイライラしたら恋といっていいでしょう。

ただ、性格がお人好しの場合は、自分よりも仲が良い相手に対して嫉妬という感情は湧かず、むしろお邪魔しないように身を引く傾向もあるので、嫉妬という感情を持ったことがあるかどうかによります。

今まで一度も嫉妬したことがない人は、元々嫉妬するような考え方を持っていないので、嫉妬心がないからといって、恋以外の感情であるとは判断しきれません。

6、他の人とは違う気持ちを持っているか


これは曖昧な部分です。

気になっている時点で大多数の人間に対するよりは違う気持ちを持っているわけですから、判断しづらいのです。

この点を追求するなら、その相手をカテゴリ分けできるかどうかを考えてみましょう。

周囲の人たちをカテゴリに分類していきます。

仕事ができる人、面白い人、落ちつく人、趣味が合う人、嫌いな人などさまざまなカテゴリがあるはずです。

気になる相手がその中のどれにも分類できない、あるいは好意的なカテゴリの全てにまたがっている場合には恋である可能性が高いといえます。

また、大きな違いとしては、相手に対して感情を求めるかどうかもポイントです。

たとえば、知り合いや友人になら「好きだよ」と言われても言われなくても仲良く付き合えますし、合わなければ適度に距離を置くことができます。

一方、恋愛感情を持っている相手に対しては、拒絶されたくない、褒めらたい、好意を寄せられたいと考えるものです。

このように相手の感情や言動に対して求めるものがあれば恋です。

7、少し距離を置いてみてどう思うか?

毎日顔を合わせていて連絡も頻繁にとる相手だと、いて当たり前なので恋なのかどうかよくわからなくなることが多いです。

そこで、少し距離を置いてみたときに、自分から連絡したくなったり会いたくなったりするかどうかを確認してみましょう。

ただ、この方法は物理的な距離を長期間取り続けるのは避けた方がいいです。

「気になるだけなのか恋なのか、どちらだろう」と冷静に考えるような人は、熱が冷めやすくなっています。

そもそも恋愛というものは、会う回数が多い相手ほど好意を抱きやすいという単純接触効果を代表として、脳科学的な反応によるものです。

錯覚といっても過言ではありません。

そこで物理的な距離を置いて至極冷静になると、それまで出ていたはずのドーパミンも引っ込んでしまい、あらゆる恋も恋ではなくなってしまいます。

距離を置いてから少しして「会いたいな」と思うかどうかを限度にしましょう。

「会いたいな」から「会いたかったけど、別に会えなくても困るわけじゃないか」までいくと恋は1つも始まりません。

なぜなら、会えなくて困る相手なんてこの世にいないからです。

8、その人とキスができるか?

「よっぽどタイプじゃない相手以外なら誰とでもキスできるぜ!」という猛者はおいておくとして、キスをする想像をしても嫌ではないかどうかで考えてみます。

嫌ならもちろん恋じゃありません。

「嫌じゃないけど恥ずかしい」という迷いがある場合には恋と判断しましょう。

キスしたい場合はどうして恋を自覚していないのか意味不明です。

もし、キスという行為そのものが大嫌いで、恋人であろうとキスなんかしたくないという特種な場合には、その嫌悪感と同時に、キスが嫌いで申し訳ないな、と思うかどうかで判断しましょう。

9、2人きりでいたいか

何かのタイミングで2人きりになったとき嬉しく感じたり、食事に誘ってみたい、もしくは誘われたいという思いがあれば恋の可能性は高めです。

とは言っても「この人とは一度サシ飲みしたいな」というような軽めの気持ちのことではありません。

また、単に2人だけで食事に行きたい、会話がしたいという場合は相手のことを尊敬していたり、相談したいことがある時にも抱く感情なので、多少のムードやトキメキを欲しているかどうかで判断しましょう。

2人きりで“いたい”というのが重要で、2人きりでも問題ない、楽しいというレベルだと友達の可能性があります。

10、電話がかかってくると嬉しいか嬉しくないか

急な電話かつとくに用事もない電話で考えるとわかりやすいです。

単に愚痴りたいだけだったり、暇だからといってかかってくる電話は、中高生ならまだしも大人になるとイラッとするのが普通です。

しかし、気になっている人からの電話で、とくに用もないけどなんとなくかけたというものですら嬉しいと感じるなら、間違いなく恋をしています。

11、季節のイベントに一緒に行きたいか

季節のイベントというのは特別感があります。

正月、バレンタイン、ひなまつり、お花見、ゴールデンウィークのイベントや、あじさい見物、花火や海にお祭り、紅葉狩り、ハロウィン、そしてクリスマスなど、これらの季節のイベントは情緒がある分、恋人と行きたくなるものばかりです。

このイベントに行きたい時、まず真っ先に浮かぶ相手が気になる人ならそれは恋といってもいいはずです。

統計によると、夏と冬で人恋しさが増して恋人を欲する人が多いらしいので、夏と冬のイベントで考えるとよりハッキリします。

12、その人の私生活に興味があるか

詮索好きおばさんも他人の私生活を根掘り葉掘りしてきますが、そういうレベルではなく、休日なんとなく「あの人は何をしているかな」と考えたり、好きなものや趣味を聞いた時その人の話だけ妙に覚えているのであれば、恋に近しい感覚です。

近しいというのには理由があります。

単純に人間としての興味の場合があるからです。

たとえば、学生時代、別に好きというわけではないけれども、いつもテストで良い点数がとれる秀才のことが気になったりします。

これは、何故良い点数がとれるのか、毎日どんな勉強をしているのかが気になっているので「休日なにをしているんだろう」となるわけです。

大人の場合、仕事がよくできる人や、考え方が大人びていて尊敬できる人に対して思うことがあります。

私生活に興味を持つ理由に具体的なものがあるかどうかで話が変わってきます。

13、気になる相手の汗の臭いなどを気にしない

これは判断基準というより、相性の良し悪しに近いです。

人も動物的な感覚が残っていて、遺伝子が近い異性の体臭をクサイと思うようにできています。

中高生の女子が「お父さんクサイ」と言うのもこれが理由です。

近しい遺伝子をもつ異性との接触を避けることで、異なる遺伝子の子孫を残しやすいようにする防衛本能といわれています。

つまり、相手の臭いが気にならない、あるいは良い匂いと感じる場合は遺伝子の相性がいいので、好きになりやすいというわけです。

14、寝ている姿も愛おしいと思うか

気になる人の段階で寝姿を見るというのもなかなかレアだとは思いますが、徹夜残業や朝までの宅飲みなどで寝顔を見る機会があれば、愛おしいと思うかどうかチェックしてみましょう。

「よく見たら結構ブサイクだな」などと冷静になるようであれば恋とは呼び難いです。

好きな人、とくに恋が始まりの場合には、どんな寝顔でも寝相でも可愛く思えてくるものですから、寝姿を見る機会があれば気持ちを確認するチャンスです。

15、気になる人が何か失敗した時も許せるか

失敗の程度によるので一概には言えません。

好きになりかけの状態なら軽微な失敗によって急に冷めてしまうこともありますし、逆に大きな失敗でも許せるレベルであれば、すでに恋心の自覚はあるでしょう。

気持ちが曖昧な状態では、些細な失敗で考えるのがコツです。

物を落としたとか、ドアを閉める音がうるさかったとか、待ち合わせに寝坊して遅れたとか、嫌いな人やそんなに仲が良くない相手がやったら確実にイラッとする項目でチェックします。

多少イラッとはするものの許せるレベルなら友達か親友クラス、イラツともしない上に何かフォローしてあげられることはないか考えるなら恋の可能性が大です。

仕事の失敗は確認基準には含めません。

顧客相手への失敗や利益の損失、納期遅れなどは利害関係が絡み過ぎていて、プライベートの感情を確認するのには適していないからです。

気になる相手から好きに変わる気持ちはどこから?

気になる人と恋をしている相手との差がわかったら、気になっている状態から完全に好きになることがあるのかどうかも見てみましょう。

今のところまだ気になっているだけの相手だったとしても、これからどう感情が揺れ動くかわからないので、参考になりそうな感情の変化を具体的に紹介します。

気になるは恋の前兆、好きは心が惹かれている

少女漫画をよく読む人なら大体わかると思います。

まず、全然意識していなかった男の子となんらかのイベントが発生し、異性として意識する絡みがあり、なんとなく目で追うようになります。

その中で相手の良い所が見えてきて、会話が増え、優しさに触れ、好きになるというのが王道の流れです。

大体序盤は会話形式が続きますが、恋心が盛り上がってくる場面になると主人公の心の声が羅列されたりしますよね。

現実世界もこの流れは大して変わりません。

気になるから目で追うし、その中で相手の良いところがわかってきて、気づくと心がガッチリつかまれています。

目で追う、聞き耳を立てるといった視覚や聴覚からの情報収集をしている内は気になっているレベル、嗅覚や皮膚感覚が反応したら恋の前兆、脳内(心の中)での妄想に切り替わったら好きの合図です。

気になるは女性の影が気にならない、好きは嫉妬する

「なんかこの人きになるなぁ」の段階では相手の周囲に女性がいるかどうかなんて微塵も気にしない人が大半です。

気にする人がいるとすれば、全世界の男を相手にモテたい小悪魔タイプの女性でしょう。

多くの人は、恋愛感情をもたない相手に対して異性の存在の有無は全く気にしません。

「こんなに良い人なのになんで彼女いないんだろうな」と気にすることはあっても、それは良い人という評価に対する素朴な疑問で、単純な興味です。

しかも良い人止まりで自分が彼女に立候補したいわけでもないので恋ではありません。

しかし、好きな相手となると嫉妬の感情が湧きあがってきます。

別に恋人同士でもないのに、自分のものだと言わんばかりに周囲の女性を牽制するなど、嫉妬心を行動に移す人もいます。

傍から見れば「恋しているんだなぁ」で終わりですが、牽制された側からすると迷惑きわまりないので心の中で嫉妬するだけにしてほしいものです。

気になるは気軽に誘える、好きはなかなか誘えない

好きな人ほど誘いづらいというのが多くの人の心理です。

この傾向は男性の方が多いともいわれていますが、女性でも好きな人を目の前にすると恥ずかしくて挙動不審になったり、思いを伝える勇気が出ていない段階で好きなことがバレたくないと思ってしまうので誘えなくなります。

あるいは、断られたときを想像してしまうというのも理由の1つです。

気になる人、友人レベルなら断られても「じゃあ次誘おう」「別の人を誘おう」とすぐに切り替えられます。

しかし、好きな人に断られれば、それがたとえスケジュール上の都合であっても、本心では嫌われているのではないかと勘繰ったりして、自ら抉るものも含めて精神的ダメージが大きいのです。

気になるは知るだけ、好きは共有したくなる

これには2つの意味があります。

1つ目は、気になる人の場合、その人が何を考えているのか、何が好きなのかを単純に知りたいという思いに留まり、好きな人の場合は、その人の考え方を自分にも取り入れたり、好きなことを一緒にやりたいと思うようになるという意味です。

また、その好きという気持ちが気になるレベルからの進化以上に発展すると、自分の好きなものも受け入れて欲しい、自分の考えを理解してほしいというように、相手にも共有を求めるようになります。

2つ目は、自分が知り得た有益な情報を伝えたくなるかどうかです。

たとえば、相手が辛い食べ物が好きだということを知っていて、たまたま友人と行ったレストランの料理が辛くて美味しかったとき、そのことを教えてあげたくなるかどうかを考えてみましょう。

後日相手に会った時に思い出して「そういえばこの前行ったレストランがね」と話し出す程度なら気になるレベルや友人、レストランにいる間も相手に伝えることを想定して写真をとったり、即座にメッセージを送るなど相手のことを考えて行動しているなら恋愛感情といえます。

気になるは見て満足、好きは自分は見て欲しい

アイドルとして好きなのか、振り向いてほしいかの差といえばわかりやすいでしょう。

ほとんどのアイドルファンは、アイドルに対して振り向いて欲しいとは思っていません。

CDやグッズを大量に購入し、貢ぎ、崇め奉ることはしても、その思いは一方的なままでいいと考えます。

これは、アイドルのことを異性として魅力的だと思っているのとは別に、作られたキャラクターであることを本心では理解している、あるいは人間関係が発生しないからこそ純粋に思い続けられることを知っているからです。

しかし、恋心となるとそうはいきません。

人間関係を構築し、より仲良くなりたい、近づきたいと考えます。

そして、自分のことを見てもらえるように振舞うようになります。

アイドル狂信者がストーカーじみたマネをして、しばしば逮捕されるのも、アイドルとして好きだったのが恋心に変わってしまったからです。

こうなると、自分のことを見てもらえるまで頑張ろうとし、アイドルとファンの垣根はなかなか越えられないことから手段を選ばなくなるのです。

ただ、そこまでの手段には至らない人がほとんどです。

女性であれば、自分が好きなメイクやファッションよりも好きな人の趣味に合わせるようになったり、言葉づかいや声色が変化するといった、あくまで好かれるための努力の範疇といえます。

このように、自分が好きなことより相手の好きなことを優先するようになれば恋です。

気になる相手から好きな相手になるきっかけ

気になるという感情が恋の前兆であることも少なくありません。

それがはっきり恋だと自覚できたときは自然とドキドキしたり、相手の言動に一喜一憂するなど感情のコントロールがうまくいかなくなったりします。

徐々に恋心へと変化していくことが大半ですが、それでも恋と自覚するには何かしらのきっかけがあります。

どのようなパターンがあるかチェックしてみましょう。

好きな人として意識された

「気になる」から「好き」に移行したのか否か曖昧な頃も、自分のことを見て欲しいという気持ちは既に高まっていたりします。

そんなとき、相手からの好意を感じて嬉しいと思えば恋を自覚するでしょう。

男性はあまり面と向かって「好きだ」とは言わない傾向がありますが、それでも好意を感じられる言動はあります。

優しい視線を感じたり、「一緒にいると楽しい」という言葉だったり、表現はひとそれぞれですが、あきらかに他者への接し方とは違うとわかったとき、特別になれたことを確信して嬉しいと思った時が「好き」を自覚するきっかけとなります。

とはいえ、男性の「好き」は女性の「好き」より幅が広いので、本命彼女になれるほどの好意なのかどうかは、明確な言葉がないかぎりちょっとわかりません。

結婚まで考えるほどの感情なのか、ただ恋人になってほしいのか、それとも短期的にまずはお試ししてみたいのか、はたまた一夜限りに関係なのか、これら全てが「好き」の範疇です。

将来のことを話した

単にそれぞれの夢や目標を語るだけなら友人でもあることですが、将来像を描いたとき、相手の存在が含まれていれば好きだということを自覚するでしょう。

相手が語る将来の中に自分が含まれているならなおさらです。

壮大な夢や目標ではなくても、たとえば「来年もまたこのイベントに来よう」だったり「次の長期休暇で遠出しない?」といった近い未来の話もきっかけになりえます。

また、将来像が合致している時に異性として好きだと認識することもあります。

理想の過程や金銭感覚、価値観も含めて一緒に暮らせそうな相手は魅力的に感じるからです。

年齢を重ねるほど、恋愛においては感情と同じくらい価値観を重要視するようになるので、欠かせないポイントです。

ずっと一緒にいたいと思った

「いなくなったら嫌だな」という以上に、楽しいことがあったら報告したくなったり、美味しいものに出会えたら連れてきたくなったり「一緒にいたら良かったな」と感じる回数が多いことに気付くと、好きを自覚するきっかけになります。

将来のことを話すという項目にも近しく、自分の未来に相手がいないことが考えられないときは、確実に恋愛としての好きに変わっています。

距離を置いてさらに好きになった

付き合う前から熟年夫婦のような関係になっている男女もいます。

その場合、いて当たり前すぎて失うことを想像すらしていません。

この場合、恋愛感情よりも人としての愛情が育ちすぎているので、改めて「好き」を自覚することがないまま、長年親友のような関係が継続しています。

しかし、ふと出張あるいは単身赴任、遠方への引っ越しなどで物理的な距離が置かれた時、当たり前だった日常が変化するので、急に寂しさや恋しさを感じることがあります。

その思いが強くなって初めて好きを自覚する人もいるようです。

時すでに遅し、になる前に、頻繁に会ったり連絡することが多いなら回数を減らすなり、1人で旅行に行ってみるなどして距離を置いてみましょう。

寂しさを紛らわせてくれる友人を同行させず、本当に1人の時間を過ごしてみたときに、真っ先に会いたくなるのが好きな人です。

まとめ

気になるだけなのか恋なのか、その境目について詳しく見てきました。

項目は複数ありましたが、総じて言えることは、気になっているだけと割り切っておらず、恋かもしれないと悩んでいるなら、それはおそらく恋です。

年齢を重ねるとトキメキや鼓動が早くなるような熱烈な恋ではなくなってきます。

それは、動物的な本能による恋愛ではなく、精神的な癒しを求める恋愛にシフトしていくからです。

そのため、熱烈な感情だけを恋と認識するのではなく、自分が持っている好意が、その人でなければならないのか、他者でも構わないものなのかくらいは見極めてみましょう。