CoCoSiA(ココシア)

がさつな人の特徴


あなたは周りから「サバサバした性格だね」と言われたことはありませんか?

一見誉め言葉のように聞こえますが、もしかするとオブラートに包んで「がさつな性格だね」と言われているのかもしれません。

がさつな性格とは、自分自身では気付かない場合も多いのです。

生まれ育った環境も影響していますので、自分の中では普通なことでも周りの人から見たらがさつだと思われていることもあります。

がさつな人になっていませんか?

周りを見渡して、「あの人はがさつだなぁ」と思う人はいますか?もしあなたが、そのがさつな人の振る舞いに気付いているようなら、あなたはがさつな人ではないかもしれません。

ですが、そうでないなら、あなた自身ががさつな人になってしまっているかもしれません。

がさつな性格とは自分では気づきにくいものです。

あなたはがさつな人になっていませんか?

「がさつ」とは

がさつな人の特徴を読み進める前に「がさつ」とは何かを念のため確認しておきましょう。

辞書の上での意味と、周囲に与えやすい印象を紹介します。

がさつの意味

がさつの意味は「細かいところまで気がまわらず、雑で荒っぽいさま」です。

類語は「粗野」「無骨」「大雑把」「いい加減」「野蛮」などが挙げられます。

動詞の「がさつく」から

「がさつく」自体にピンとこないかもしれませんが、「映画館で隣の男が絶えず紙袋をがさつかせるので気が散ってしまった」などと使います。

要するに、ガサガサ音を立てることで、ニュアンスとしては「うるさいなぁもう」を含んでいる言葉です。

なお、「がさつく」は「ガサガサ(擬音)」+「つく(動詞)」の動詞なので、それを形容動詞として使うにあたって「く」が切られて「がさつ」になったと考えられています。

(◾️がさつな人になっていませんか?に追加)

がさつな人は印象が悪くなりやすい

がさつで印象が良い人っているんですかね…。

がさつキャラを演じてはいるけれど、本当は繊細というタイプなら好かれることもあるとは思います。

動作はうるさいけど気遣いはできるようなタイプと言いますか。

でも、本当にがさつな人は辞書の通り、細かいところまで気がまわらないので、とにかく何でも雑。

その人と関わるだけで振り回される人多数で「極力一緒にいたくない」という嫌われ方をします。

がさつな人は育ちが悪いと思われる

がさつなお嬢様やお坊ちゃまって想像できないですよね。

がさつと聞けば、割り込みおばさん、電車で新聞広げちゃうおじさんなどを想像するはずです。

そのイメージ通り、どうにも育ちの悪さが際立ちます。

一般常識を知らない、自分がおかしなことをしていると気付かない無神経なタイプで、そりゃ嫌われます。

がさつな人は異性からモテにくい

引っ込み思案でそれがコンプレックスな人が、がさつな人を見て憧れてしまうケースが無きにしもあらずですが、基本的には異性にモテません。

一緒にいて恥ずかしくなることばかりするので、デートをする想像がし難いところにモテない理由があります。

がさつな人の特徴

では、どんな人ががさつな人なのでしょうか。

いくつかご紹介していきます。

あなたに当てはまるものがあるようなら、あなたも周りの人から「がさつだ」と思われているかもしれませんよ。

空気が読めない

空気が読めないがさつな人
がさつな人の最大の特徴は、空気が読めないことです。

人の気持ちを深く考えることができず、思ったことをすぐに口に出してしまうので、周囲の人とのトラブルが頻繁に発生します。

問題なのは、そのことを本人が自覚していないことにあります。

周りが凍りつくようなことを言っても、本人は至って普通です。

注意して改善されるようならまだ救いはあるのですが、がさつな人には何を言っても聞き入れられません。

他人の話を聞いていない

空気が読めないことを注意しようとしても無駄な理由に、がさつな人には「他人の話を聞かない」という特徴があります。

人からアドバイスを受けることが嫌いで、そのことが自分の為になるとは微塵も思っていないのです。

友人関係なら許されても仕事となるとそうはいきません。

人の話を聞かないわけですから、当然ミスをします。