あなたは周りから「サバサバした性格だね」と言われたことはありませんか?一見誉め言葉のように聞こえますが、もしかするとオブラートに包んで「がさつな性格だね」と言われているのかもしれません。

がさつな性格とは、自分自身では気付かない場合も多いのです。

生まれ育った環境も影響していますので、自分の中では普通なことでも周りの人から見たらがさつだと思われていることもあります。

がさつな人になっていませんか?

周りを見渡して、「あの人はがさつだなぁ」と思う人はいますか?もしあなたが、そのがさつな人の振る舞いに気付いているようなら、あなたはがさつな人ではないかもしれません。

ですが、そうでないなら、あなた自身ががさつな人になってしまっているかもしれません。

がさつな性格とは自分では気づきにくいものです。

あなたはがさつな人になっていませんか?

がさつな人の特徴

では、どんな人ががさつな人なのでしょうか。

いくつかご紹介していきます。

あなたに当てはまるものがあるようなら、あなたも周りの人から「がさつだ」と思われているかもしれませんよ。

空気が読めない


がさつな人の最大の特徴は、空気が読めないことです。

人の気持ちを深く考えることができず、思ったことをすぐに口に出してしまうので、周囲の人とのトラブルが頻繁に発生します。

問題なのは、そのことを本人が自覚していないことにあります。

周りが凍りつくようなことを言っても、本人は至って普通です。

注意して改善されるようならまだ救いはあるのですが、がさつな人には何を言っても聞き入れられません。

他人の話を聞いていない

空気が読めないことを注意しようとしても無駄な理由に、がさつな人には「他人の話を聞かない」という特徴があります。

人からアドバイスを受けることが嫌いで、そのことが自分の為になるとは微塵も思っていないのです。

友人関係なら許されても仕事となるとそうはいきません。

人の話を聞かないわけですから、当然ミスをします。

そのことを注意してもその注意すら聞き入れられません。

その結果、周りの人はそのがさつな人のしりぬぐいをするハメになるのです。

声が大きい

空気が読めないということに類似しますが、がさつな人は共通して声が大きいです。

TPOをわきまえず、どんな話の内容でもとにかく声が大きいのです。

もちろん本人は声の大きさに自覚はありません。

ですが周りの人からしたらうるさくて仕方ありません。

声が大きい人は態度も大きく見えます。

そしてそのような人に対して声の大きさ注意しても、やはり聞き入れられることはないでしょう。

面倒くさがり


がさつな人は面倒くさがりな人が多いです。

細かいところに目が行き届かないので、整理整頓がとにかく苦手です。

食べた食器をそのままにしてしまう、使ったものをもとの位置に戻さない、そんな傾向があります。

それはすべて、「面倒くさい」という言い訳で片づけられてしまうからです。

面倒くさがりな人は物の管理が苦手な上に、仕事も雑です。

少しでも楽な方に逃げようとするのです。

これも厄介なのですが、本人にはそれが普通なので、周りがいくら注意しても面倒くさがりな性格は治りません。

開き直りが早い

色々と周りに迷惑をかけるがさつな人ですが、周りの人から注意されれば落ち込むこともあります。

ですが開き直って反論してくることもあります。

しかも子どものような言い訳を返してくるのです。

「だって」「でも」を繰り返し、注意している方が「もういい」と匙を投げてしまうほどです。

そういう人は、自分はがさつな人間であると自覚していることが多いです。

「私はがさつな性格なんだから仕方ないでしょ!」と開き直るのです。

逆に「あなたは神経質すぎる!」と言い返してくるほどです。

自覚していながさつな人も厄介ですが、自覚があり、それを改善しようと努力しないがさつな人はもっと厄介です。

不器用

がさつな人の中には悪気がないがさあつな人もいます。

不注意でよく物を壊してしまったり、目測を誤ってデスクにぶつかったりと、注意力が足りない人もがさつな人だと思われがちです。

そういう人はがさつなのではなく、発達障害の一種であるかもしれません。

物事を同時進行することが苦手で、集中してしまうと周りの声が耳に入らない、そういう人もいるのです。

言葉足らずで相手にうまく意見を言えない不器用な人だということが周りにわかってもらえれば、がさつな人だと嫌厭されることもないかもしれません。

生活や身なりにがよくない

生活習慣が不規則で、常に目の下にクマを作っているような人は、自己管理ができていない、がさつな人だと思われてしまいます。

職場であくびばかりしていたり、ボーッとしている人を見ると、私生活もがさつなんだろうなぁと思ってしまいます。

また、髪型や服装にこだわらず、よく言えば飾らない人ですが、悪く言えばだらしがない人というのもがさつな人という印象を与えてしまいます。

お酒が好きで、毎晩飲み歩いて、翌朝ひどい顔をしている人は、周りからがさつな人だと思われてしまいます。

生活態度を改め、身だしなみをきちんとすれば印象は変えられます。

仕事はこなすだけ

がさつな人は、細かいところまで意識が向かない為、言われた仕事をこなすことしかできません。

仕事ができる人は、作業効率を上げるために試行錯誤したり、その後の仕事がやりやすいよう、一緒に働く人のことも考えて仕事をします。

ですが、がさつな人は自分のことしか考えていない場合が多く、全ての仕事をただ業務的に行う傾向があります。

信頼があまりない

がさつな人は、物の管理も苦手、仕事もこなすだけ、面倒くさがりであるがゆえに、どうしても職場では信頼がありません。

仕事を任せても、雑にこなされて、結局誰かが尻拭いをしなければならない為、重要な案件は任されなくなっていきます。

自分に非があるにもかかわらず、「私だけ雑用ばかり」と愚痴だだけは一人前にこぼします。

そんな態度が、更に周りからの信頼を無くしてしまうのです。

がさつな女性だと思われる行動

がさつな人の特徴をいくつかご紹介しましたが、ここからはがさつな人の具体的な行動を紹介していきます。

脱いだ靴は脱ぎっぱなし

がさつな人の行動は細かいところに現れます。

玄関で靴を脱いだ後、ちゃんと揃えていますか?自宅でならまだしも、他人の家に上がった時や、お座敷のある居酒屋へ行った時に、そういう行動が自然とできるかどうかで、あなたのがさつ度が分かります。

ご両親にしつけられたという人もいらっしゃると思いますが、もはや礼儀作法の一部です。

いくら小綺麗な格好をしていても、脱いだ靴を脱ぎっぱなしにしただけで、あなたの評価は下がってしまいます。

逆に一見ヤンチャそうな格好の女子がサッと靴を揃えると、周りの人の見る目は一気に変わり、ギャップ萌えされてしまうかもしれませんよ。

バッグや財布がごちゃごちゃ

カバンの中に入れた鍵が見つからない、定期ケースが見つからない、そんなことはありませんか?カバンの中味が整理されていないと、まわりからは「がさつな人」と思われてしまうかもしれません。

特に男性は、そういう細かいところはちゃんとチェックしています。

デートで食事をした後のお会計の時、サッと財布が取りだせるか、その時カバンの中もチラッとみているのです。

普段からカバンの中を整理して、誰に見られても恥ずかしくないカバンにしましょう。

無駄に声が大きい

空気を読めない人に多いのが、TPOをわきまえず大声でしゃべることです。

接客業をしている人がバックスペースで大声でしゃべる、雰囲気のあるレストランで周りを気にせずしゃべるなど、本人にとっては普通の音量でも、周りからすれば十分大きな声であることもあります。

しかもそのことについて本人に自覚がないことが厄介なのです。

本人は人生今までこの音量で生きてきたわけですから、急に音量を変えることは無理な話です。

なるべく周りが意識して声かけをしないと、本人は悪気なく大声でしゃべってしまうのです。

がさつな人の一番意識しにくい部分かもしれません。

借りたものも粗末に扱う

がさつな女性は態度だけでなく、物の管理もがさつです。

人から借りた物を雑に扱っていませんか?借りた雑誌の表紙が折れ曲がってしまった、CDケースに指紋がベタベタついたまま返した、こんな行動に心当たりがある人はがさつな性格であることを認識した方がよさそうです。

借りた物をそのまま自分のカバンに入れるのではなく、別の手提げバッグを用意すると、貸した人も気持ちよく貸せます。

また、返却するときは、メッセージカードやちょっとしたお礼のお菓子などを添えるととても好印象です。

爪が汚い

指先というものは意外と人の目に留まるものです。

そんな爪の間が黒いと、人から不衛生な人だと思われてしまいます。

特に念入りにケアをしていなくても、せめて短く切りそろえるようにしましょう。

また、マニキュアを塗っている場合は特に気を付けましょう。

剥げたマニキュアはいくらきれいに形を整えていたとしても、一気にがさつな印象を持たれてしまいます。

過度にデコレーションが施された魔女のような爪も男性から見ると凶器でしかありません。

服で手を拭く

お手洗いに行って手を洗った後、つい洋服の脇腹付近で拭いていませんか?自分ではサッと拭いたつもりでも、周りから見れば洋服で手を拭いたことがバレバレです。

そんなことを気にしないがさつな女性だと思われても仕方がありません。

手を洗わないよりはマシですが、外出時にはハンカチを持ち歩くように心がけましょう。

口に食べ物を入れたまま話す

食事中というのはその人の育ちが現れる場所です。

幼い頃、親に「口にものを入れたまましゃべらない!」と怒られた経験はありませんか?食べている途中でしゃべると、相手に口の中が見えてしまい、一緒に食事をしている相手はとてもいい気分ではありません。

がさつというよりはマナーの問題です。

ですが、がさつな女性は人にどう見られていようと気にしません。

相手を不愉快にさせないための配慮や努力を怠ると、がさつな女性だというレッテルを貼られてしまいます。

髪・服に興味がない

がさつな女性は自分の身だしなみに無頓着なことが多いです。

髪の毛がボサボサのまま外出したり、何年も同じ洋服をきていると、周りからがさつな人だと思われてしまいます。

ちょっとコンビニまで出かけるのに、ノーブラ、スウェットで出かけるなんてことはありませんか?誰も見ていないと思っていても、意外と周囲はあなたのことを見ています。

デートの時だけでなく、普段のちょっとしたお出かけの時も、せめて髪の毛をとかし、ラフな格好でも下着はちゃんと着けて出かけるようにしましょう。

毛の処理が甘い

男性が意外とみているのが女性のムダ毛です。

腕や足はもちろん、顔の細かい産毛までよく見ています。

そんな毛の処理がされていないと、がさつな女性と認定されてしまうでしょう。

冬場は洋服を着るからと処理を怠る場合がありますが、洋服では隠れない指の毛、鼻の下、眉毛、顔の産毛は季節に関係なくちゃんと手入れをするようにしましょう。

モノ扱いが雑

がさつな人は物の扱いが本当に雑です。

携帯電話やテレビのリモコンを放り投げたり、化粧道具や鏡も汚れたまま、デスクの上は散らかり放題になっているでしょう。

自分の物だし、人に迷惑をかけていないからという人もいますが、そういった言動を人は気にするものです。

そして、そういうがさつな人とは距離をおこうとします。

几帳面な人から見れば、がさつな人の行動はイライラしてしまうのです。

性格の違いと言えばそれまでですが、人間関係を円滑にするには、最低限の物の管理はできるようにならなければいけません。

言葉が汚い

言葉遣いが汚い女性はそれだけでがさつな女性だと思われてしまう可能性があります。

女性っぽいしぐさや服装が自分には合っていないと、ジーパンであぐらをかいて汚い言葉遣いで話すと、男性からはがさつを通り越して女性として見てもらえなくなってしまいます。

がさつな人にならないように注意しよう!(まとめ)

ここまでがさつな人の特徴をまとめてきましたが、あなたに当てはまるものはありましたか?半数以上当てはまるようなら、あなたは知らない間に周りの人に迷惑を掛けているかもしれません。

そしてそのうち、あなたの周りから人がいなくなっているかもしれません。

がさつな性格は、少し意識すれば改善できるものです。

簡単なことではありませんが、まずは公共の場での振る舞いから気を付けるようにしましょう。