CoCoSiA(ココシア)

水瓶座(みずがめ座)B型の性格9個の特徴。あるあるな行動パータンも紹介!


血液型や星座によって性格の傾向は違います。

絶対に当てはまるわけではありませんが、その人がどのような人かを知るための参考になりますよね。

今回は、みずがめ座B型の性格の特徴や、あるあるな行動パータンをご紹介していきます。

この記事を読めば、みずがめ座B型の人について理解できるでしょう。

みずがめ座のB型

みずがめ座のB型という人は多いのか少ないのかと気になるという人もいるかもしれません。

もちろん全国でこの様な人はいない、という事はありませんが、血液型まで特定されると大幅に少なくなってしまうのではないかと思います。

日本の人口で多い血液型はA型、次点でO型となっていますが、その次に多いのがB型です。

では星座の方ではどうでしょうか?

星座で多いのはうお座であったり、またさそり座も多い星座の1つです。

それに比べるとみずがめ座の人達は平均的な人数なのです。

みずがめ座のB型の人に友達がいるという人は、その人がどの様な人かを考えると良いかもしれません。

身近にその様な人はいませんか?

もしいるのであれば、当てはめてみると、共感できることであったりあるあると感じることが多いかもしれません。

血液型はともかく星座で性格が分かる!?

血液型の占いはよくあるというお話をしましたが、星座でも性格が解るというのは凄いことですよね。

その月の産まれだけであっても、性格が解るようになってきたのです。

みずがめ座生まれの人は1月20日から2月18日までの間ですが、これだけでもどの様な人が多いというような傾向が解るのです。

みずがめ座の性格

みずがめ座の性格というのは様々あります。

その中でも代表的な性格というものがあり、人により「いあ違うだろう」と感じることもあるでしょう。

言うのであれば星座などでも性格が解ると言っても先ほど言ったように確定ではありません。

「みずがめ座だからこういう性格!」というものが無いという事です。

もし仮にその様なことが解ってしまうと、全国の人達が皆同じような性格になってしまいます。

言うのであれば星座は12種しかいないので、その12種類の性格に皆がなってしまいます。

その様な状態になってしまうと、人の個性というものが失われてしまいますよね。

同じ星座で同じ血液型となると似た性格というものがあると思いますが、全てが似ているという事は絶対にありません。

確定として言われなくても、あくまで傾向があるという事を頭に入れておくことが必要になるのです。

みずがめ座の性格というのは基本的に行動に関することであったり、サッパリとした人も多いかもしれません。

何事も自分の空間を大事にするような人も多いので、誰かと行動をするというような事が苦手だという人もいるでしょう。

またみずがめ座の特徴としては、ずっと同じような作業をするのが苦手だという人も多いです。

暇のように感じるということや、この仕事をしていて楽しくないと感じた場合は続くことが少ない傾向があるのです。

なので人に指示をされて動くというものではなく、基本的に自由に動けるような職種を好みがちなのです。

他の星座によっては仲間と行動をすることが好きな人であったり、1人でいるのが不安になりやすいなんていうものもあるでしょう。

しかしみずがめ座というのは1人でもやっていけるという行動力、そしてサバサバした性格、何よりも自分の空間を大事にするマイペースというような性格が代表的な性格になります。

これはみずがめ座の人達が皆この様になっているというような事はありません。

先ほども言ったように確定で言えるというような事は少ないです。

ではこの3つのことについて詳しく見てみたいと思います。

行動力がある人が多い

行動力がある人が多いというのがみずがめ座の特徴の1つです。

この様にしよう!と思っていたらその通りにしたいという気持ちが強いのも特徴的でしょう。

例えば仕事などでも「この様にしたい」と思うのであればそれを上司などに相談をして行動を起こすというような事をします。

どんな事に対しても行動力があると、積極的になり物事なども有利に進めることができますよね。

行動力があるからこそ、様々なところで力を発揮できるようになります。

この性格というのは他の人達からすると羨ましい性格の1つにもなるのです。

最近の人達は基本的に内気な人が多く、行動に起こすという事が苦手だという人がいます。

何故ならその行動によっては反感を受けたりすることもあるからです。

誰しもその人のことを肯定をしたりするという訳ではなく、時には否定的な意見もする人もいるでしょう。

上司などに相談をした際に快く承諾してくれる上司もいれば、拒否をする上司もいるという事です。