よく話題の一環として「アナタって何座?」なんて質問があったりしますよね。

星座はご存じのとおり12星座あり、産まれた月や日によって分けられます。

星座に関して有名なのが、「星座占い」や「星座別性格診断」などですやね。

「占いなんて信じない」という人でも「性格診断はちょっと興味がある」という人も多いはず。

血液型診断もそうなのですが、性格診断は意外と当たっていることも多く、あながち軽視できない部分があります。

星座によって人の性格や行動の傾向を知ることが出来たら面白いですよね(^^)
今回は、魚座の人について色々こまかく掘り下げていきたいと思います!

魚座を解き明かそう!

魚座の人の特徴を知る前に、魚座とはどんなものなのかをちょっと予備知識として知っておきましょう。

12星座にはギリシャ神話にまつわるエピソードがあるので、知っておくと面白いですよ!

魚座はどんな星座?

魚座は黄道12星座の1つです。

魚座はギリシャ神話に出てくるアフロディーテの話から由来していると言われています。

神話の時代、アフロディーテとその息子のエロスが恐ろしい怪物であるテュフォンに襲われます。

アフロディーテ親子はテュフォンから逃れるために魚に姿を変えて川に逃げ込みます。

しかし川の流れで親子がバラバラになってしまうおそれがあったので、お互いの尾っぽを紐でくくってつなぎ、はぐれないようにしたのです。

この姿が魚座の始まりなのです。

この神話のとおり、夜空の魚座は2匹の魚が紐で結びついている姿なのです。

また、黄道12星座中で一番地味で目立たない星座とも言われており、星が散らばる夜空で魚座を探すのはなかなか骨が折れます。

いつからいつまでに生まれたら魚座?

2月19日から3月20日のあいだに産まれた人が魚座に該当します。

学年的に早生まれになり、みずがめ座とおひつじ座のあいだにあり、12星座上では一番最後の星座でもあります。

 

魚座の男性の特徴

自分のことが大好きな魚座の男性。

感性も豊かで彼の周りにはいつもたくさんの人であふれています。

また、魚座の男性は、実はこだわり派な1面があったりします。

ここでは、そんな魚座の男性の特徴をご紹介します!

1. 考え方が現実的ではない

魚座の男性は考え方が現実的ではないところがあります。

自分のなかに理想があり、それに向かって突き進みつづけます。

いくつになっても「夢追い人」であるためいつも活力に溢れていますが、現実的でシビアな女性にとっては「いつまでも夢みたいなことばっかり言って…」とあきれられてしまいます。

2. 自分のことを最優先する

魚座の男性は自分が大好きです。

他のことをする余裕や気合いがなくても、自分の好きなことをするのはどれだけ時間を割いても苦なくすることができます。

やりたいことがあるときは、先約が入っていても断って自分の用事を優先することも。

自分のために生きるのはいいことですが、あまり自分のことばかり優先していると「自分勝手なやつ」「周りとの調和がとれないやつ」など思われて印象が悪くなってしまいますよ。

自分の時間も大切ですが、たまには周りを優先するようにしましょう。

3. 都合が悪いと人のせいにする

物事がうまくいかなかったり、失敗したりすると「自分は精一杯やった」「周りの力がなかった」などと都合が悪くなると人のせいにしてしまいがちなのが魚座の男性によく見られる傾向です。

ちょっと子供っぽいところがあるのでそれも影響しており「自分はこれだけやった!それでもダメなところは○○さんのせい!」と名指しで人のせいにすることもあります。

追い詰められると人間の本性がよくわかるものですが、魚座の男性は顕著です。

自分の都合が悪くなっても、最後まで自分で尻拭いできないと周りから誰もいなくなってしまいますよ!

4. 感情のコントロールが下手

魚座の男性は感情のコントロールがちょっと苦手です。

本来正直に生きている人なので、感情の波にそんなに逆らうことはありません。

しかしその分、感情をコントロールするということをそんなにしてこなかったのでちょっと気に入らないことがあると「そんなに怒る!?」「めちゃくちゃ怒りがむき出しだな…」というぐらいに怒ります。

感情的になりそうだったら、言葉を発する前に一度深呼吸をして精神を落ち着かせるようにしましょう。

そして悲しいことやツラいことがあるととことん落ち込んでるマイナス思考になります。

失恋でもしようものなら周りに迷惑をかけるくらいにへこみまくります。

勉強や仕事にも影響が出てしまいます。

感情をうまくコントロールできないので公私混合を起こしやすいのです。

周りに迷惑をかけないように感情のコントロールができるように「こういうときは自分は○○になるから冷静になるためには△△をする」などを日頃からイメージトレーニングなどしておくといいでしょう。

5. 楽観主義者を装う

本当は内心穏やかではないのに、平気なふりをする魚座。

口では「なんとかなるさ!」と強がっていますが、本当はそうは思っておらず、どちらかというと「なんとかなってほしい」という願望から楽観主義者を装っていることがあります。

また、この偽装楽観主義者は一種の現実逃避のようなものでもあり、「なんとかなる!なんとかなってほしい!なんとかなってもらわないと困る…!」というような苦し紛れのような状態です。

6. 人を利用しても罪悪感をあまり感じない

とても感情が豊かで人間味あふれる魚座の男性ですが、その反面、人を利用しても罪悪感をあまり感じないというところがあります。

普段が人情家なだけに、平然と人を利用する彼に周りは驚きを隠せません。

彼からすると「やってくれると言ったのでやってもらっただけ」「無理強いしたわけではない」など、利用したつもりはサラサラなくてむしろ「利用したと思われていることが心外である」といった様子です。

相手が厚意からやってくれていることや引き受けてくれたことを「当然」と思っているので利用しているつもりはないのです。

そして「お願いして悪かったな」とは思っていますが、罪悪感というレベルではありません。

自分の気持ちの上では「利用」ではなくても相手や周りが利用されてるなと感じることもあるので、魚座の男性は人に何かやってもらうときには、お願いの仕方や言い方に注意しましょう。

7. 好きなことにはとことんこだわる

基本的に面倒くさがりな魚座の男性ですが、好きなことにはとことんこだわる傾向があります。

自分のことが大好きで、自分の欲望を最優先に行動するので好きになったことを極めることができます。

そして魚座の男性は凝り性なので、凝り出せば何処までもマニアックになっていきます。

初心者の状態で始めた趣味が、いつのまにかプロ並みの腕前になっているなんてこともあるでしょう。

また、ものに対するこだわりも強いです。

例えばコーヒーにハマると、インスタンスコーヒーからドリップコーヒーに乗り換えます。

コーヒーメーカーを買って色んなドリップコーヒーを楽しむでしょう。

そしえ次はコーヒー豆の種類や挽き方にこだわりだします。

色んなお店の豆や挽き方の研究をすることでしょう。

さらにコーヒー豆にこだわりだすと、次は原産地に行ってみたいという思いが芽生えて、あらゆるコーヒー豆を求めて世界中飛び回る…なんてことも。

とにかくこだわり派なので、自分で凝りだしたものはとことんこだわりを追求するのです。

8. 客観性がない

自分が大好きで自分の意見が中心な魚座の男性。

そのため、自分の主観でよく物事を話したり決定したりするので客観性に欠けます。

自分の意見があるのはとてもいいことなのですが、客観性が求められているときに「俺はこう思う」「俺ならこうする」などの意見が多いので周りはあきれてしまうことでしょう。

物事を客観的に見られるようにもう少し視野を広げて生活してみましょう。

9.実は甘えん坊

魚座の男性は、実はかなりの甘えん坊であることが多いです。

普段はキリッとしていますが、恋人や心を許した人の前だと途端に甘えん坊に大変身!そんな魚座の男性のギャップに多くの女性が胸をキュンキュンさせられています。

とても優しい性格の魚座の男性なので、その優しさにほのぼのして女性もついつい甘やかしてしまうことでしょう。

魚座の男性が気になっている女性は、しっかりと彼の話しを聞いて頷いてあげてください。

すると「この人は自分をわかってくれるかも」とだんだん甘えてモードになってくるので2人の仲が深まりますよ。

魚座の女性の特徴

いつも自由な魚座の女性…その自由なさまは、まるで川や海を自由に泳ぐ魚の様ですよね。

しかし献身的で尽くす姿であったり、少女のよう夢見がちな1面もあり、その実態はとても興味深いです。

そんな魚座の女性の特徴をここではご紹介します!

1. 現実逃避しがち

魚座の女性は打たれ弱く、傷つきやすい人が多いです。

なにかツラいことがあるとすぐに現実逃避する傾向があります。

仕事で失敗が続くと、ある日突然無断欠勤して何処かに一人旅にでかけてしまう…なんてことも。

これ以上のダメージは心に毒だと判断すると現実逃避スイッチが入ります。

魚座の女性はデリケートでナイーブな性格なので、現実逃避をすることによって心のダメージや負担を見て見ぬふりをしているのです。

いつか現実逃避ばかりしていてはどうにもならない問題にぶつかることもあるので、少しでも精神的にタフになれるようにこころがけましょう。

2. すぐ妄想する

魚座の女性は創造力が豊かです。

しかし豊かすぎてすぐに妄想にはしるくせがあります。

1人のときだろうが誰かといるときだろが、状況問わずにすぐ妄想タイムがスタートしてしまいます。

すました顔をしていても「ここで○○したら△△になって…そして最後は××で…キャー!!」と脳内では大盛り上がりです。

無言になったらだいたい妄想を楽しんでいます。

また、妄想は現実逃避とセットになることもあります。

ツラいことがあると楽しいことを妄想しながら自分の心のダメージを軽減しようとします。

3. 好きな人の言いなりになる

好きな人の言うことや希望は何でもきいてあげたい…パッと見はとても献身的な女性なのかなと思いますが、実は献身的というよりも好きな人の言いなりになりやすいのが魚座の女性です。

好きな人に尽くすことが喜びでもあるので、状況さえ許せばとことん尽くします。

好きな人の言うことだから何でも聞いたあげたい気持ちはわかるのですが、何でも聞いてあげていると「都合のいい女性」として扱われてしまいますよ。

彼のためを思って甘やかさないのも愛情です。

また、心の底には「彼に嫌われたない、捨てられたくない」という思いもあります。

何から何までやってあげないと愛してくれない彼はホントの愛情をくれるのでしょうか?
魚座の女性は「ダメンズ製造機」にならないように気を付けましょう!

4. 真実の愛を求めている

とても献身的で心の底から他人を愛することができる魚座の女性は、真実の愛を求めています。

多くの人に優しさや愛を与えることができるし、それに対して見返りを求めるようなことはしないのですが、やはり自分も誰かに心から愛されたいと願っています。

そのため、真実の愛にたどり着くまで延々と愛を探す旅を続けるので、意図しなくても必然的に恋愛経験が豊富になってしまうことが魚座の女性の恋愛の特徴でもあります。

コロコロと相手を変える…というと聞こえは悪いですが「飽きたから別れる」というわけではなく、「本当の愛ではなかった」と泣く泣く別れるパターンが多いでしょう。

大きな愛を持っている魚座の女性は、恋愛対象の相手には同じように大きな愛を求めてしまうところがあります。

魚座の女性と同じ熱量で愛せる男性が現れるのがベストでしょう。

5. ロマンチスト

魚座の女性は「いつか白馬に乗った王子さまが私のことを迎えにくる」「たくさんの星が見えるステキなホテルでムードのあるプロポーズをされたい」など、同性が聞いていても恥ずかしくなるようなロマンチストです。

恋愛的にはいつもロマンチックな展開に憧れており、最近では「頭なでなで」「壁ドン」など流行りの少女漫画のようなシチュエーションなども大好物です。

また、妄想好きな性格とロマンチックが合間って、少女漫画の主人公の立場を自分に置き換えてロマンチックな恋愛を楽しんでいるということもありたす。

頭の中でとはいえ、誰もが憧れる漫画の中の主人公になれる魚座の女性はある意味とてもしあわせ者ですよね。

6. 恥ずかしがり屋

魚座の女性はとても自由で奔放そうにみえますが、実はとっても恥ずかしがり屋さんです。

人前で何かを発表したり、会議でプレゼンするのにも度胸がいります。

緊張と恥ずかしさのあまりに、顔が赤面して言葉を噛みまくってさんざんだった…なんて魚座女性もいるでしょう。

恋愛においても、とても奥手なので自分から好きな人にガンガン積極的にアピールしていくことは苦手です。

好きな相手から告白されたり、アプローチがあるのを待っているタイプです。

なるべく相手から告白してほしいと思っているので、相手に自分のいいところが伝わるように遠くから根回ししたりします。

あくまでも恥ずかしいので自分から直接アピールするようなことはしません。

恥ずかしくても、時には自分からアプローチしていく勇気を持つのも大切ですよ!

7. ゆったりマイペース

自分の思うように好きなように動きたい魚座の女性。

周りに流されることなく、とってもゆったりとしていてマイペースです。

基本的に自由をこよなく愛する魚座は自分のために行動するのが一番なのでマイペースになります。

会社などで「今日は○○さんの歓迎会でもしよう」と暗黙で全員参加な雰囲気の飲み会があっても「あっ、私パスでーす」と言ってのけてしまうことも。

恋人とデートをしていても「私、○○したい」と突然別行動を始めてしまったりと自由でマイペースです。

しかしこのマイペースは「自分勝手」という短所にもなりえます。

よく周りの空気や状況を読んで、マイペースもそこそこにしないと周りから嫌われてしまいますよ!

8. 感情的になりやすい

魚座の女性はとても情緒豊かで愛情に溢れています。

しかし、その豊かな愛情や感情は時として荒ぶると大ごとになってしまうこともしばしばあります。

感受性も豊かなので、いつの間にか感情的になっていることが多いようです。

理論的に機械のように話すよりも、多少感情が荒ぶっても人間味のあるところは好感が持てるところです。

しかし、話し合いをしていてもすぐに感情的になってしまうので、話しがまとまるまで時間がかかってしまうことがよくあります。

恋愛関係になるとそれは更に顕著になり、彼氏とケンカをすると感情的になるがゆえに些細なケンカが大ゲンカに発展することも多いです。

「なんでこんな下らないことで別れてしまったんだろう…」ということもあるので、魚座の女性は感情的なセーブができるように心がけないといけませんね。

9. どんな場にも自然に溶け込める

魚座の女性はとても人懐っこくてフレンドリーなのでどんな場にも自然と溶け込むことができます。

恥ずかしがり屋なので最初こそちょっとモジモジしますが、もともとの人懐っこさですぐに打ち解けることができます。

そのため、どこに行っても友達や知人がたくさんいます。

例えば、学生時代にクラス替えをしてみんなソワソワして新しい友達を作るのに必死になったり探りあったりしているときに、魚座の女性は自然体で周囲に接します。

そんなナチュラルな彼女に周りも昔からの友達のよう

魚座の男女共通の特徴10選

好きな人や仲良くなりたい人が魚座ならどんな人か知っておきたいですよね。

また、自分自身が魚座で自分のことを分析したい人もいるでしょう。

ここでは、魚座の人がどんな性格であるかということを紐解いていきたいと思います。

1. 感受性豊か

魚座の人は感受性がとても豊かです。

人の気持ちに共感することができて、自分が体験していなくても話しを聞くだけで自分のことのように感じることができます。

相手が嬉しい話しをしているときは共に喜び、悲しい話しをしているときは共に涙を流し、怒っているときは共に怒りをたぎらせることがあります。

特に相手の悲しさや寂しさに気付いてあげる力が強いので、感情を隠している人(または表現するのが苦手な人)の孤独や悲しみにすぐ気づき「何かあった?」「いつもと様子がちがうけど、大丈夫??」など声をかけてあげることができます。

そんな魚座の人の感受性の豊かさに「隠してたのによくわかったね」と周囲は驚かされることでしょう。

このように、いつも自分のことによく気付いて、話しをよく聞いて共感してくれる魚座の人の性格に救われる人も多いです。

しかし感受性が豊かすぎると自分自身も疲れてしまいますよね。

魚座の人は周りの人のことばかりではなく、たまには自分のことも誰かに話してみましょう。

2. 主導権を取るよりも2番手でありたい

魚座の人は、リーダーになるよりも2番手でありたいと思っています。

リーダーを陰からサポートしたり、リーダーと周囲との架け橋となり全体の調和をとったりすることが得意です。

しかし、心のどこかではしっかりとした発言力はほしいけど、責任を取りたくないという思いもあります。

面倒事はゴメンだけどある程度コントロールができるポジションにありたいと考えています。

3. 寂しがり屋

魚座の人はとても寂しがり屋です。

感受性が豊かで、嬉しいこと、楽しいことなどにも敏感ですが、寂しいと感じることにもとても敏感です。

突然いいようない寂しさや悲しさを想像していたたまれなくなることもあります。

学校や仕事が休みの日などに1人だと「みんな、今何してるんだろう…」「自分のことを考えてくれてる人はいないかな…」なんてちょっと寂しくなってしまいます。

特に用事がなくても誰かにメールやラインをしたり、突然誰かの家に遊びに行ったりして寂しい気持ちを紛れさそうとすることもあります。

4. 困っている人を放っておけない

魚座の人はとても優しい心の持ち主で人情家なので困っている人をほっておけないタチです。

もともと献身的で自己犠牲の精神が強い部分がある魚座の人は、困っている人を見ると何とかしてあげたくなります。

自分の仕事や用事などがあっても、困っている人がいたら自分のことをそっちのけで他人のために尽力しようとします。

ボランティアなどにも関心があり、自分の力が困っている誰かのためになれば…といつも思っています。

そんな魚座の優しさは周囲の人たちにはとても眩しく尊敬のまなざしでしょう。

しかし「力になってあげたいから」の何でもかんでもフォローするとお節介に思われてしまいます。

場合によっては敢えて何も助けずに見守るのも相手にとっての優しさになりますよ。

5. 素直に感謝や謝罪の言葉が言えない

あまのじゃくな部分のある魚座の人は素直に感謝や謝罪の言葉が言えません。

心の中では「ありがたいな、助かった」「悪いことしたな…」などの思いはちゃんとあり、言葉にしたい気持ちもハッキリとあります。

しかし、本人を目の前にするとあまのじゃくな気持ちがニョキニョキと頭を出して、結局感謝や謝罪の気持ちを口にすることができません。

こんな性格ですので、恋人とのケンカもついついこじれがちです。

自分が悪いのは明確でも、ハッキリと謝らないから相手に不快感を与えてしまいます。

「ごめん」のひとことが言えなくて魚座の人も心の中ではとても苦しんでいます。

しかし時にはハッキリと言葉にして謝らないと別れに発展してしまったり、取り返しのつかないことになってしまう場合もありますよ。

言葉にできないだけで、心の中ではちゃんと感謝したり反省はしていることだけはわかってあげてください。

6. 面倒なことは全部他の人にさせたがる

基本的に「the 面倒くさがりや」な魚座の人。

男女共通でとても面倒くさがりやです。

自分が好きなことはとことんやりこむので、そっちに夢中になるとほかのことに手が付かなくなります。

そのためほかのことが「面倒くさいなぁ」と感じて、他の人に丸投げしてしまうこともよくあります。

また、特に自分が夢中になっていることがなくても気分が乗らないという理由で面倒なことを何気無く他の人に任せていることもあります。

うまくやってるつもりかもしれませんが、あまりそのようなことばかりしていると愛想を尽かされてしまいますよ。

7. 言葉で論理的に説明するのが苦手

魚座の人は「頭で動く」というよりも「感情で動いている」ので、物事を論理的に説明するのが苦手です。

また、客観的思考ではなく主観的な思考の持ち主なので全員に納得してもらえる説明をすることも得意ではありません。

万人受けするような説明はできませんが、魚座の人は人情家で人の心に訴えるような話ができるので一部の人の心をガッチリつかむことはできるでしょう。

8. 臨機応変な言動ができない

魚座の人は、臨機応変な言動をすることが得意ではありません。

状況を読んで場合によって発言や行動を選ぶことができず、人によって「融通のきかない人だなぁ」と思われてしまうことがあるでしょう。

しかし逆にいうとそれは「不器用だけど正直な人」「人や状況によって態度を変えない人」とも取れるので人によって好感的に受け止めてくれるでさしょう。

しかし臨機応変な言動ができないと損をすることも多いです。

社会で暮らす上ではある程度臨機応変さを身に付ける必要もありますよ。

9. 子供っぽい態度が多い

魚座の人は感情が溢れる沸点が低いのですぐに怒ったり悲しんだりするので「子供っぽい態度を取る人だな」とよく思われてしまいます。

また、自分のやりたいことだけをやりたがることもあるので「好きなことだけしたいって、子供か!!」と思われてしまいます。

また、打たれ弱く、とてもナイーブで傷つきやすいハートを持っている魚座の人。

言い負かされたりすると心が折れて立ち直るのに時間がかかります。

しかも落ち込む姿は誰かに見つかりやすいようにしています。

「自分が傷ついている」というアピールをしている…そんな状態の魚座はまるで子供です。

「落ち込んでる姿をあえて見せるのは大人のすることじゃない!」「もうちょっと大人になってハートを強く持て!!」と言いたくなります。

10. 人と競争するのが嫌い

平和主義で面倒くさがりやな魚座のは人は競争するのがキライです。

のほほんとしている人が多いので、わざわざ競争してまで何かをやるのがキライです。

また、面倒くさがりやな性質も強く影響しており、競争するのに何か行動をおこすのが面倒くさい、というか競争心をメラメラさせるのが面倒くさいのです。

しかし、自分の好きなことでの競争では話は別です。

自分の好きなことはとことこんこだわって極めたいという一面があるので、他に自分以上のこだわりを持った人が現れると「なにくそ~!」となることがあります。

11.非現実的で神秘的なものを信じやすい

魚座の人は、占いやゲン担ぎなど、科学的根拠がない不思議なパワーを信じやすいです。

今日の占いの結果に一喜一憂して、ラッキーカラーを服装に取り入れたり、ラッキーアイテムを持ち歩くようにしたりします。

また、過去にいいことがあったときに着ていた服や靴などを勝負事や大事な用事があるときに「ゲン担ぎ」として身に付けていくことがあります。

「あのときの幸運パワーが染み付いているものだ」「この靴が幸運も呼び込むものだ」と信じていゲンを担ぎます。

逆に、よくないことがあったときに身に付けていたものには不吉さを感じています。

物事の全部を占いやゲン担ぎによって過ごすわけではありませんが、心の何処かで信じて過ごしているのが魚座の人です。

また、パワーストーンなどの神秘の力も大好きです。

スマホのストラップやキーホルダーなどさりげない装飾品にパワーストーンを選ぶことが多いです。

「いいことあったらいいなぁ」「いざというときにパワーがもらえたら嬉しいな」と思いながらパワーストーンを持ち歩いています。

12. 何だかんだで愛される人

あまのじゃくで、臨機応変でなくて、子供っぽくて、面倒ごとはキライ…そんな印象が強い魚座の人ですが、何だかんだで周りから愛される人でもあります。

甘え上手なので他人を上手に頼ることができますし、正直でウソがつけないところが周りに信用されます。

感情的になりやすいところもありますが、機械のように冷静な人よりも人間味があって愛されるタイプです。