CoCoSiA(ココシア)

双子座の特徴まとめ!あるあるなポイントを有名人からも分析!


血液型と同じように、星座が何かによってもその人の性格が左右されるという話をテレビや雑誌などで聞いたことはありませんか?牡羊座はポジティブ、おうし座はマイペースなど、星座によって性格の傾向がそれぞれ異なるというのは面白いですよね。その中でも今回は、双子座にあるあるな特徴をご紹介していこうと思います!双子座は好奇心が旺盛なことから、時に「頭がおかしい」と言われてしまうこともしばしば。しかし、だからこそ魅力的な双子座。今回は双子座の有名人も例に挙げながらその特徴に迫っていきます。あなたの周囲にいる双子座の人はどうかな?と思い浮かべながらご覧くださいね!

ふたご座の人を解析してみよう!

ふたご座の人は、頭の回転が非常によくコミュニケーション能力が優れています。ふたご座は、基本的に起用で仕事のできる人が多いです。

世の中に「場が悪い人だな」と思う相手と「場の良い人だな」と思う相手がいます。何か悪いことをしいても、見つからない場の良い人が、ふたご座です。

頭が良い反面、周囲を味方につけることもできます。ふたご座は、人気がある人が多いです。ですが、ふたご座を知れば知るほど二面性な部分に気が付くことが出来ます。

明るく社交的な反面、ミステリアスな部分があります。「もしかして、裏表がある人?」と気付くことがあるかも知れません。

それは、ふたご座だからこその二面性と言えます。ふたご座の人を詳しく解析するとよりふたご座の魅力が見えてきます。

ふたご座の概要

5月22日から6月21日に生まれた人は、ふたご座。西洋占星術における黄道十二宮の双児宮にあたり、5月21日から6月21日前後に太陽に留まります。ギリシャ神話では、「双子ディオスクーロイ」が星座になったと伝えられています。

双子が由来は、α星「カストル」β星「ポルックス」からきています。何故、ふたご座は、星座となったのでしょうか。それは白鳥に化けた大神ゼウスがスパルタ王妃レダに生ませたことからきています。

レダが産んだ双子こそが、「カストル」と「ポルックス」の兄弟です。ギリシャ神話では、カストルは拳闘の名手、ポルックスは乗馬の名手となっています。

私達が見る小望遠鏡ではカストルの星が見えます。二つの明るい星がピッタリ寄添い二重星であることがわかります。

いつからいつの間に生まれた人?

5月21日から6月21までに生まれた人を、ふたご座と言います。冬の季節は空が澄んでいて星座が非常に見やすいです。冬の夜に黄道十二星座の一つで、双子宮が見えます。

ふたご座は、愛嬌があり、たくさんの人から愛されつつも、ミステリアスな面も見え隠れします。良く言えば非常に賢い星座と言えますが、悪く言えば、二面性があり裏表がある人と言えます。

浮き沈みが激しい芸能界に向いている星座と言えるかもしれません。ちなみに、ふたご座と相性が良い星座は「てんびん座」と言われています。

てんびん座は、ふたご座と性格が似ている部分も多く、一緒にいて楽しい時間を過ごすことができると言われています。ふたご座同士も、コミュニケーション能力が高いので、相性が良いと言えます。

逆に相性が悪い星座は、「さそり座」です。さそり座は、本音で付き合おうとしない、保守的な考えの持ち主です。社交的なふたご座の性格とは間逆になり、一緒にいても楽しいと思えないのです。

英語で言うと?

星座名は、英語明記されていますが、一般的にはラテン語で呼ぶことが多いです。ふたご座をラテン語で明記すると「Gemini」、呼び方は、ジェミニです。

ちなみに英語で明記すると「TheTwins」、呼び方は、ツインズです。双子を題材にした洋画で「ツインズ」と言うタイトルがありましたね、またツインズコーデと双子コーデを言うこともあります。

私達が、星座占いで見る英語の読み方は、実はラテン語で明記されていたということです。ちなみに、イタリア語の明記は「Gemelli」、呼び方は、ジェメッリです。

フランス語では「Gémeaux」ジェモーとフランス語らしい呼び方です。ドイツ語の明記は、「Zwilling」ツヴィリング、または「Zwillinge」ツヴィリンゲと2種類の明記と呼び方があります。

星座は一般的に12星座しか知られえませんが、12星座以外にも30種類ほどあります。例えば、からす座やポンプ座、いるか座などもあります。

ふたご座の人の特徴を見てみよう

ふたご座の人を一言で例えると、頭の良い社交的な人間と言えます。相手によって臨機応変の対応が出来き、コミュニケーション能力は優れています。

ふたご座は、接客業や芸能界など華やかな業種が向いています。自分の個性を充分にアピールすることができます。

同じような性格を好むため、ふたご座の友達や恋人は社交的で世あたりの上手な人が多いです。ふたご座は、頭が良くコミュニケーション能力に優れているので、あまり敵を作りません。

誰とでも円滑に付き合う反面、裏表があります。「この人、苦手だわ」と思う相手でも、露骨に顔に出すことや嫌がらせ、虐めることはあまりしません。

その二面性な部分が長所であり短所にもなるのです。ふたご座の人は、一見、とても付き合いやすいイメージですが一癖あるのも事実です。ふたご座の特徴を知ることが、ふたご座と上手に付き合う方法です。

愛嬌がある

ふたご座の長所とも言えるところは、愛嬌があるところです。誰にでも愛嬌を振りまき、友達を作ることが得意です。

社交的な性格で人が集まるところに進んで参加します。基本的に人間の好き嫌いをしません、ですので接客業には向いています。

人見知りも少ないので、相手に壁を作ることをせず柔軟に付き合うことができます。好きでもない相手にも愛嬌ある接し方をすることで相手が勘違いしてしまいます。

ふたご座は、愛嬌があるので男女共にモテるタイプが多いです。好きな相手に対しては、ハンター的に落とすことができます。

誰にでも好かれたい気持ちがある、ふたご座は、好きではない相手でも愛嬌を振りまき、その気にさせるので、ふたご座と付き合うと振り回されることもあります。愛嬌も度を越せば八方美人にもなるので注意しないといけません。

二面性がある


ふたご座は、二つの気持ちを持ち合わせています。愛想が良い一面とポーカーフェイスな一面です。二面性を上手に使いわけるのもふたご座です。

相手によって態度や考え方を変えますが、頭が良いふたご座は、露骨に変えることはありません。二面性は客商売をするには、最適と言えるでしょう。

相手に感情移入し過ぎないことで、情に流されることはなく、笑顔の裏で冷やかに業務を続けることがあります。その二面性が悪い方向で働くこともあります。

悪く言えば、人を騙すことが上手な為、男性ならホスト、女性ならキャバクラのホステスさんに向いています。もっと悪く言えば、詐欺師としての能力も持ち合わせています。ふたご座の人と長く付き合うことで二面性に気付くことができます。

器用

ふたご座は、二人分の能力を持ち合わせた分、とても器用に物事をこなしていきます。トラブルが起きても、どうすれば回避することができるのか考えることができます。要領よく、いろいろな物事を処理すること能力があります。

例えば、部活の中でも率先してチームをまとめることができるので、部長に最適です。要領よく器用にこなす一方で、上司から好かれやすく、後輩に尊敬されやすいタイプです。ただ同期や同僚からは、ライバル視されてしまうこともあります。

露骨に能力を見せびらかすようなことはしませんが、起用に物事をこなすふたご座を煙たい存在と思っている人もいます。ふたご座の人で「何故か自分のことを敵対心する人がいる」と感じる人は、ふたご座の器用さに嫉妬しているのかも知れません。

言っていることと心で思っていることが違う


ふたご座は、表の顔と裏の顔があります。それは、心も同じで顔は笑っていても心で怒っていることがあります。言っていることと、心で思っていることが違うので、彼女や奥さんにするとチョット怖いところがあります。

「大丈夫、怒ってないよ」と言っていながら、日々怒りを積み重ねていて、ある日突然に「別れる」なんてこともありえるかも知れません。仕事でも、売るときは笑顔で最高の接客をしていても、何かあればシビアに物事を片付ける面をもっています。

自分の心を曝け出すことは、あまりありませんが、相手が心を割らないと気に食わない。相手に求めるわりに自分は、別の顔を見せるところがあります。