長く仕事を続けていると、その仕事が合わないと感じることもあります。

短期間でまた意欲が出てくれば大きな問題にはならないと思いますが、ずっと悩み続けてしまうと深刻な問題になります。

仕事中のミスも出るようになり、周りの人にも迷惑がかかってしまう可能性が高まります。

仕事が合わないと感じる時は、大きく分けて二つの原因があります。

実際にその仕事が合わない場合と、人間関係の悩みやストレスなどから一時的にその仕事に嫌悪感を抱いてしまっている場合です。

後者は問題点を解決すれば、再び仕事のやる気も生まれてくるでしょう。

もしあなたが、今の仕事が合わないと感じている場合、まずはその原因を知る必要があります。

原因を知れば改善策も立てやすくなりますし、転職をするにしても継続して仕事をするにしても、現状を打破することができるようになるでしょう。

今回は仕事が合わないと感じる原因や、その解決策についてお伝えしてゆきます。

仕事が合わないと感じる原因

仕事は収入ややりがいを得る大切なものです。

しかし、その分人生の中で大きな時間を割くものでもあります。

もし自分の仕事が合わないと感じるのであれば、それはその人にとって不幸なことでしょう。

仕事が合わないと感じる原因は人それぞれです。

また、短期的なものや、長期に及ぶものまで色々な原因があります。

自分でもはっきりと原因が分かっていないと、いつしかうつ病などになってしまう危険性もありますので、早めの対応が必要です。

ここでは仕事が合わないと感じる原因についてお伝えします。

あなたに当てはまる原因はないか確かめてみましょう。

1.成長の実感がない

仕事が合わないと感じる原因のひとつに、成長の実感がないというものがあります。

仕事は能力が向上したり、出世をするなど成長することで喜びをより感じられます。

そのため、これらの喜びが感じられない職場では、成長の実感が得られずに仕事が自分に合わないと感じてしまいます。

実際にその仕事が合わないのか、単にスランプに陥っているのかは状況により違いますが、まずは現状を分析して転職を考えるかやりがいを見出すようにしていきましょう。

適性があるのか

仕事が合いやりがいを感じるには、その仕事に適性があるかどうかを知る必要があります。

自分の能力や好みに合う仕事であれば、自ずとやりがいも感じられ、能力も向上していくでしょう。

また、同じ社内でも自分に適性がある課で働くことができれば、よりやりがいを感じることができます。

適性があるかないかを調べ、その仕事が自分に合うかどうかを見極めましょう。

2.会社の方針が合わない

どの会社にもその会社の方針があります。

ある会社は利益最優先、またある会社は地域貢献優先なそ、会社により方針があります。

もしその方針が自分に合わない場合は、その仕事自体にやりがいを見いだせず、仕事が合わないと感じるでしょう。

中々一社員が会社の方針を変えることは、現実的に厳しいでしょう。

まずは可能な限り自分の希望を上司や社長に通してみましょう。

方針を変えるまでいかなくても、自分の考えを知ってもらう良い機会になるでしょう。

上手くいけば、あなたの意思を汲んでくれるかも知れません。

将来的に厳しい

会社の経営方針に心配があると、その会社の将来に不安がよぎるでしょう。

将来的にその会社に留まること自体が、厳しいと感じることもあるかも知れません。

もし能力に自信があり、資金力もある程度あるのであれば、いっそのこと独立をしても良いと思います。

独立して自分で経営を始めれば、方針は自分で決められます。

もちろん大変なこともあるでしょうが、自分の方針を貫きたい人にはおすすめです。

明確なビジョンがある人は、独立して自分の経営方針でビジネスをすすめていくことも視野に入れてみましょう。

3.労働条件が見合っていない

労働条件が合っていないと仕事に辛さや不満を感じてしまいます。

勤務内容や時間に比べて給料が安かったり、残業手当がちゃんと出ないなどの不利な条件では、仕事が合わないと感じても無理はありません。

平均の労働条件と比べて、あまりにも悪い条件の仕事は転職も考えるべきでしょう。

ただ、日本人はとても真面目な人が多くいます。

毎日の満員電車での通勤にも文句を言わず通勤しますし、残業も自ら進んでする人もいます。

しかし、過酷すぎる労働条件は、うつ病やストレスによる心身の不調を招いてしまいます。

労働条件が見合う職場で働くようにしましょう。

妥協の余地がない

労働条件が合わないと考えられる場合、大きく分けて二つの理由が考えられます。

ひとつは明らかに会社の労働条件が悪く、社員に重労働や安い給料での仕事をさせます。

いわゆるブラック企業と呼ばれる会社がこのような問題を抱えています。

ブラック企業の場合は、改善の余地がないことが多いので転職を考えるべきでしょう。

もうひとつの理由は、自分が高望みし過ぎてしまうことです。

会社への貢献度や売り上げの数字に比べて、自分が望む給料や休日数が多い場合は、仕事が合わないと感じるでしょう。

この場合は会社に原因があるというより、自分の考えに原因があるといえます。

もし給料や評価を上げたいのであれば、自分の能力を磨き、結果を出しましょう。

しっかりと評価システムがある会社であれば、その結果が給料や労働条件の優遇に反映されるはずです。

4.人間関係が難しい

職場では、日中一番長い時間を同僚や上司と接します。

そのため、職場の人間関係が、その仕事が合うと感じるか、または合わないと感じてしまうかの大きな要素となります。

労働条件がよくても、人間関係が上手くいっていない職場ではストレスを感じてしまいます。

その結果、その職場は自分には合わないと思い、退職する人も出てきます。

退職や転職を考える主な理由には、職場の人間関係が関係しているともいわれています。

出社意欲がなくなる

特に上司との関係が良くないと、その会社に居続ける意欲が、著しく低下してしまいます。

上司の評価は会社での出世や、同僚との関係にも影響を与えるからです。

中には明らかな嫌がらせやいじめに合う人もいるようです。

そのような状況が続くと、仕事が合わないと感じるようになります。

やがて出社意欲がなくなり、退職することになる可能性も出てきます。

会社での人間関係は良好であることに越したことはありませんが、もしどうしても人間関係が合わないと感いる場合は、転職も視野に入れておきましょう。

5.他にやりたいことがある

今の仕事や人間関係に特に不満がなくても、他にやりたいことがある人は、常に心のどこかで不満を抱いています。

子供の頃からの夢や、本当は活かしたいスキルがある人は、夢の実現やスキルを活かした職場に憧れるでしょう。

そのような人は勇気をもって、自分が進みたい道に進むことも考えてみましょう。

中には転職をして自分らしく生きる道を見つけ、輝いている人もいます。

自分の好きなことでは、能力が発揮しやすく疲れにくくなるので能率も上がります。

やりたいことで生活ができそうな人は、その道を目指してみましょう。

良い精神状態ではない

やりたいことがあってもできずに、今の仕事を続けている状態は、決して良い精神状態であるとはいえません。

むしろ日々ストレスが溜まっていくので、心身に悪い影響を与えてしまいます。

早めに本当にやりたいことをするべきですが、実力が伴わないと、新しい道で生活ができなくなる恐れがあります。

やりたいことで生活をするための知識や能力、その道の先輩の助けなどを得られる状態を整えてから転職するようにしましょう。

仕事が合わない時の辞めるか続けるかの判断基準8個

仕事が合わないと感じるときには、続けるか辞めるか迷うことでしょう。

ここではその判断基準をお伝えします。

該当するものが多いほど転職をおすすします。

過半数を超える人は要注意です。

あなたが仕事を続けるか辞めるかで悩んでいる場合の参考にしてみてください。

1.社風が合わない


社風には色々なものがあります。

それこそ会社により千差万別で、同じ系列の会社でも、社長や立地により変わることもしばしばです。

その社風が合っていれば良いのですが、自分の考えと大きく違う場合は仕事が合わないと感じる要因になります。

2.パワハラやセクハラがある

パワハラやセクハラは明らかな犯罪行為です。

しかし、実際の職場でそのような行為が横行することもあります。

パワハラやセクハラがあり、改善される見込みがない場合は当然仕事が合わないと感じるでしょう。

そのような際は泣き寝入りをせずに、訴訟も視野に入れて対処しましょう。

【パワハラについては、こちらの記事もチェック!】

3.未来が見えない

会社の成長が伸び悩み、倒産の可能性もある職場では未来が見えません。

また、上司との関係が悪い場合も、その会社での未来は見えてこないでしょう。

そのような状況にある人は、その仕事が合わないと感じるでしょう。

4.業務内容がフィットしていない

具体的な業務内容がフィット指定な人もいます。

本当は事務が合っているのに、無理に営業をしているなど、合わない仕事をし続けていれば不満も感じて当然です。

そのような人は、業務内容の変更を願い出るべきです。

5.1年以上辞めたいと思い続けている

仕事を辞めたいと1年以上も思い続けている人は、恐らくその仕事が合わないのでしょう。

例え自分の考えが原因でも、1年以上その考えが変わらないとすれば、考えを改めるより仕事を変える方が良いといえます。

人生は一度きりです。

来年も同じように辞めたいと思いながら過ごすのか、今を変えて自分らしく生きるのか、自分で決めましょう。

ただし、辞めた後に後悔しないように、今の会社にあるメリットも確認しておきましょう。

6.スキルアップしていない

スキルアップができないと、会社での出世も見込めません。

スキルアップとは仕事の処理能力の他にも、コミュニケーション能力も問われます。

コミュニケーション能力が低いと、人間関係が上手く作れないので出世も難しくなるからです。

仕事が合わないと感じる人は、コミュニケーション能力も含めてスキルアップできているか、確認してみましょう。

7.残業代がでない


残業代は本来、しっかりと支給されるべきものです。

残業代がでない会社は違法で、罰せられるべきです。

もし残業代がでないのに、残業をする必要がある環境にいる場合は、仕事が合わないと感じて当然です。

8.協力が得られない環境である

孤立する環境では仕事が合わないと感じるでしょう。

仲間の協力が得られないようでは、仕事の能率も上がりませんし、仕事をしていても面白くないはずです。

やはり人間は、人の協力や友情などがあってこそ生きがいを感じられる生き物です。

協力が得られない職場は、仕事が合わないと感じて当然です。

大切なこと

あなたが仕事を合わないと感じる際に、まず見極めなければならないことがあります。

先ほども触れましたが、仕事を辞めたいと感じる理由が、自分が原因なのか、会社や他人が原因なのかの違いを見極めることです。

まずは自身や環境を振り返り、そのどちらが問題になっているのかを知りましょう。

その上で対策を実行し、結果次第で仕事を辞めるか続けるかを決めましょう。

自分の努力で変えられる問題は、主に自分の考えや能力の問題です。

客観的に見るために他人に相談することもありです。

会社や他人が原因の場合は、変革が可能か検討しましょう。

相手の力が大きい場合は、転職をした方が賢明の場合もあります。

どちらにせよ、まずは状況を分析して具体的な対策を練るようにしましょう。

現状を見直すいい機会

いかがでしたでしょうか?

仕事が合わないと感じるときは、それがどのような理由であるにせよ、現状に何らかの問題があることを示唆しています。

その問題は外部の環境であるかも知れませんし、自分の考えに問題があるのかも知れません。

どちらにせよ、自分の現状を見直すいい機会が訪れていると解釈して、前向きに対処しましょう。

悲観することなく対処すれば、より良い環境での仕事や、より充実した人生に繋がる道が示されるでしょう。

あなたの希望が満たされる、よい仕事ができることを願います。