CoCoSiA(ココシア)

仕事が合わない!そう感じたら辞める?続ける?判断基準8個

仕事が合わない!そう感じたら辞める?続ける?判断基準8個のイメージ写真
長く仕事を続けていると、その仕事が合わないと感じることもあります。

短期間でまた意欲が出てくれば大きな問題にはならないと思いますが、ずっと悩み続けてしまうと深刻な問題になります。

仕事中のミスも出るようになり、周りの人にも迷惑がかかってしまう可能性が高まります。

仕事が合わないと感じる時は、大きく分けて二つの原因があります。

実際にその仕事が合わない場合と、人間関係の悩みやストレスなどから一時的にその仕事に嫌悪感を抱いてしまっている場合です。

後者は問題点を解決すれば、再び仕事のやる気も生まれてくるでしょう。

もしあなたが、今の仕事が合わないと感じている場合、まずはその原因を知る必要があります。

原因を知れば改善策も立てやすくなりますし、転職をするにしても継続して仕事をするにしても、現状を打破することができるようになるでしょう。

今回は仕事が合わないと感じる原因や、その解決策についてお伝えしてゆきます。

この記事の目次

仕事が合わないと感じる原因

仕事は収入ややりがいを得る大切なものです。

しかし、その分人生の中で大きな時間を割くものでもあります。

もし自分の仕事が合わないと感じるのであれば、それはその人にとって不幸なことでしょう。

仕事が合わないと感じる原因は人それぞれです。

また、短期的なものや、長期に及ぶものまで色々な原因があります。

自分でもはっきりと原因が分かっていないと、いつしかうつ病などになってしまう危険性もありますので、早めの対応が必要です。

ここでは仕事が合わないと感じる原因についてお伝えします。

あなたに当てはまる原因はないか確かめてみましょう。

1.成長の実感がない

成長の実感がなくて仕事が合わない人たち
仕事が合わないと感じる原因のひとつに、成長の実感がないというものがあります。

仕事は能力が向上したり、出世をするなど成長することで喜びをより感じられます。

そのため、これらの喜びが感じられない職場では、成長の実感が得られずに仕事が自分に合わないと感じてしまいます。

実際にその仕事が合わないのか、単にスランプに陥っているのかは状況により違います。

まずは現状を分析して転職を考えるかやりがいを見出すようにしていきましょう。

適性があるのか

仕事が合いやりがいを感じるには、その仕事に適性があるかどうかを知る必要があります。

自分の能力や好みに合う仕事であれば、自ずとやりがいも感じられ、能力も向上していくでしょう。

また、同じ社内でも自分に適性がある課で働くことができれば、よりやりがいを感じることができます。

適性があるかないかを調べ、その仕事が自分に合うかどうかを見極めましょう。

2.会社の方針が合わない

どの会社にもその会社の方針があります。

ある会社は利益最優先、またある会社は地域貢献優先なそ、会社により方針があります。

もしその方針が自分に合わない場合は、その仕事自体にやりがいを見いだせず、仕事が合わないと感じるでしょう。

中々一社員が会社の方針を変えることは、現実的に厳しいでしょう。

まずは可能な限り自分の希望を上司や社長に通してみましょう。

方針を変えるまでいかなくても、自分の考えを知ってもらう良い機会になるでしょう。

上手くいけば、あなたの意思を汲んでくれるかも知れません。

将来的に厳しい

会社の経営方針に心配があると、その会社の将来に不安がよぎるでしょう。

将来的にその会社に留まること自体が、厳しいと感じることもあるかも知れません。

もし能力に自信があり、資金力もある程度あるのであれば、いっそのこと独立をしても良いと思います。

独立して自分で経営を始めれば、方針は自分で決められます。

もちろん大変なこともあるでしょうが、自分の方針を貫きたい人にはおすすめです。

明確なビジョンがある人は、独立して自分の経営方針でビジネスをすすめていくことも視野に入れてみましょう。

3.労働条件が見合っていない

労働条件が合っていないと仕事に辛さや不満を感じてしまいます。

勤務内容や時間に比べて給料が安かったり、残業手当がちゃんと出ないなどの不利な条件では、仕事が合わないと感じても無理はありません。

平均の労働条件と比べて、あまりにも悪い条件の仕事は転職も考えるべきでしょう。

ただ、日本人はとても真面目な人が多くいます。