あなたは自分自身の外見に対してそれなりに注意したり、気を使ったりしていますか?

人によっては自分の外見や見た目などに対してあまり関心を持っていない方がいるかもしれませんね。

しかし、自分の外見を磨くということはとても大事なことであり、場合によってはそれが大きな結果を左右してしまう可能性もあります。

なぜかというと、大抵の人は相手の外見で相手を判断していることが多いからです。

例えば、まだ話をしたことがないような初めて出会う人に対する印象を形成する場合、あなたはどこから相手の印象を読み取りますか?

話をすることができないということは相手の内面を判断するということは不可能なので、自然と相手の外見であったり雰囲気から相手の印象を形成するようになるはずです。

もちろん長い時間接することができれば、外見だけではなく相手の内面も含めて総合的な判断をすることができるかもしれません。

しかし、多くの場合相手と長い時間いきなり話をしたりする機会は少ないはずなので、見た目から印象を形成する場合、見た目という先入観を持って相手と接するようになります。

大体の場合、第一印象は強く影響を受けますので、言い換えてみれば第一印象が悪いと悪い印象からスタートしてしまい不利になってしまうようになるのです。

それを踏まえて考えてみると、結果的には見た目は重要であり、第一印象はなるべく相手から好感を持たれるようにするべきであると考えられます。

なので、自分の見た目を気遣ったりすることがとても重要であり、今後のコミュニケーションのことを考えると、重要な要因になると考えられるのです。

そして、見た目に該当する要素としては、一般的には髪型や服装などがあげられますが、今回は髪型について取りあげていきたいと思います。

普段から髪型を意識している人からしてみればよくわかると思いますが、髪型を維持するということはそれなりに工夫が必要です。

特に、バイクや自転車などに乗ったりするためにヘルメットを着用しているような方も中に入ると思いますが、ヘルメットで髪型が崩れてしまいがちでとても大変ですよね。

そこで、今回はヘルメットを着用した際に髪型が崩れにくくなる方法についてご紹介していきたいと思います。

普段ヘルメットなどを着用するような環境にいる方は、おしゃれを維持するための方法として参考にしてみてください。

髪の毛がぺしゃんこに!?ヘルメットで髪型が崩れない方法

一般的に交通手段を想像するとバスや電車、自転車やバイク、そして車などが挙げられると思います。

バスや電車、そして車などに関しては髪型が崩れてしまう心配などはないと思いますが、自転車やバイクとなると話は別になってしまいますよね。

なぜならば、自転車やバイクなどに関しては髪型を崩してしまう要素を秘めているからです。

まず、自転車は乗っているだけでそれなりに風の影響を受けてしまいますので、当然風が吹けば髪型もそれに伴って崩れてしまうようになります。

また、今回のテーマであるヘルメットという要因も加われば、当然ながらさらに髪型が崩れてしまうようになってしまいます。

ヘルメットは自分の命を守る大切な道具でもありますし、バイクに乗るならば着用が義務付けられています。

しかし、ヘルメットは頭を守るため、それなりに重量感もありますし、重力も働いて髪型の維持という観点から見てみるとまさに大敵です。

なので、人によってはヘルメットを被るのがとっても億劫に感じてしまっているという方もいると思います。

なかなか交通手段自体を変えるという選択は面倒なので、髪型をあきらめてしまっているという方もいるかもしれませんが、工夫をすればあきらめる必要性はありません。

ヘルメットを被っていたとしても、ひと工夫することによって髪型を維持したり、整えたりすることなどは可能です。

なので、普段からヘルメットを着用している方は、この機会に髪型を維持できる方法を知り、実践していただければ幸いです。

ヘルメットで髪型が崩れない方法8選


一般的に考えてヘルメットを着用する場合、髪型が崩れてしまうということは避けられない事実であるといえます。

なぜならば、実際にヘルメットを着用したことがある方ならばわかると思いますが、髪型はヘルメットを着用することによって大幅に崩れてしまうようになるからです。

どうしてもヘルメット自体にそれなりの重さがありますので、それが原因で、髪の毛がぺしゃんこになってしまったりするようになります。

なので、ヘルメットを着用して髪型を維持するのはとても難しくなってしまうからです。

しかし、ちょっとした工夫をすれば、ヘルメットを着用していたとしても髪型を崩さないようにすることは十分できます。

そこで、ここからは具体的にヘルメット着用しても髪型が崩れないような方法をご紹介していきたいと思います。

これからご紹介する方法はどれも簡単な方法であり、そこまで難しくない方法ばかりなので実践しやすい手段ばかりです。

髪型が維持できなくて困っている方は、これからご紹介する方法を実践してみてください。

とりあえず髪の毛を洗う

まず初めにご紹介するヘルメットを着用しても髪型が崩れない方法は「とりあえず髪の毛を洗う」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、人によっては髪の毛を全く洗わずにそのままの状態でヘルメットをかぶったりするような人もいます。

また、逆にヘルメットを被る前に濡れた状態でヘルメットを着用したりするような人もいます。

ただ、これはヘルメットを被った上で髪型を維持する上では、あまり適していない状況であると考えられます。

なぜかといいますと、まず一番大事なのはヘルメットをかぶった後簡単に手直しをすることができる状態であるかどうかということ考えることが大切だからです。

もしも寝癖の状態でそのままヘルメットをかぶってしまった場合、寝ぐせ自体が残っているので手直しをしようとしても手直しが非常に困難な状況になってしまいます。

また、濡れた状態でヘルメットを被ってしまった場合は濡れているのでさらにぺしゃんこになってしまい、中途半端に乾いてしまうと手直しが困難な状況になってしまいます。

なので、しっかりと寝ぐせを落として、髪の毛を洗い、根本から毛先まで、全体的に乾かした状態でヘルメットは着用するようにすることが大切です。

濡れた状態でヘルメットを被ってしまうと衛生的にも悪い状態になってしまいますし、頭皮にも負担がかかります。

場合によってはフケやかゆみの原因になる場合もありますし、毎日着用するということを考えると、常にヘルメットは清潔にしておくべきであるといえます。

しっかりと寝ぐせを直すことが、整った髪型を維持するうえで大切なので、必ず洗うところから意識するようにしてください。

髪の毛を乾かす

次にご紹介するヘルメットを着用しても髪型が崩れない方法は「髪の毛を乾かす」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、髪の毛が乾いた状態にしておかないとさらに癖がつきやすくなってしまうということになります。

例えば、髪の毛が崩れるのが嫌でヘルメットをかぶる前に濡れた状態でヘルメットを着用する方も中に入ると思います。

確かに、濡れた状態にしておけば脱いだ時に完全に固まるのではなく、若干スタイリングできる印象を受けるかもしれませんね。

しかし、濡れた状態でヘルメットをかぶってしまった場合、最悪の場合はそのまま乾いてしまい、それが癖になってしまう可能性もあります。

そのまま乾いてしまうと、それが強固な癖になってしまい、簡単に手直しができなくなってしまうような場合もあります。

そうなってしまうと髪の毛をスタイリングしたり、手直ししたりするということが簡単にできずに、一度洗わないとリセットできなくなってしまいます。

ただ、外出先で髪の毛を洗ったりできる環境はほとんどありませんし、できたとしてもそれならば最初からヘルメットに対して悩んだりすることはないはずですよね。

なので、逆にきちんと髪の毛を乾かした状態のほうがまだ手直しがしやすい状態になるので、乾かすことが大事であるとという理由につながるのです。

面倒だと感じる人もいるかもしれませんが、衛生的にも癖的にも乾かしたほうが絶対に良いのは事実なので、必ずしっかりとドライするように意識してください。

ハードスプレーやワックスで固める


次にご紹介するヘルメットを着用しても髪型が崩れない方法は「ハードスプレーやワックスで固める」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、ヘルメットを外した後の状態でハードスプレーはワックスでヘアスタイルを整えるという意味合いになります。

どれだけ寝癖を落としたり、髪の毛を乾かした状態にしたとしてもヘルメットを外したすぐの状態は髪型が潰れてしまっている状態になります。

なので、手直しをするためにはハードスプレーやワックスで固める必要性があるということになります。

ワックスだけでもそれなりに形を整えることは可能ではありますが、より髪型を固めたいのであればハードスプレーは必須になります。

どうしてもヘルメットをかぶってしまうと前髪は襟足などはそこまで影響はありませんが、髪の毛のトップの部分がつぶれてしまうようになります。

トップの部分が自然になっていないと全体的に髪方としてはバランスが悪くなってしまいますので、潰れてしまった部分を手直しできるようにすれば綺麗に整えられます。

なので、トップの潰れた部分を自然なボリュームを持たせるようなスタイリングがコツであり、上手に手直しできれば髪の毛をきれい整えられ、自然な印象を与えることができます。

ワックスのつけ方としては、ポイントはあまり多くつけすぎないことがポイントになります。

人によってはたくさんのワックスをつけがちなのですが、あまりにも多くのワックスをつけすぎてしまうと逆にベタついてしまったりしてバランスが悪くなります。

なので適量をしっかりと手のひらに伸ばした状態で、根本にしっかりとつけて立ち上がりなどをつけることが大切になります。

あとはきれいに整えられれば、根本をしっかりとハードスプレーで固めれば手直しは完成です。

これを行うのと行わないのとでは大きく差が生まれるようになりますので、髪の毛を整えたい場合は必ずワックスとスプレーは準備するようにしてください。

根元に空気を当てる

次にご紹介するヘルメットを着用しても髪型が崩れない方法は「根元に空気を当てる」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、髪の毛を乾かす際にはしっかりと根本に空気を当てて、潰れないようにドライしなければいけないということです。

しっかりと髪の毛の根元に空気を上げて、ドライをすることによって髪の毛がふわっとした形に癖づくようになりますので、潰れにくくなります。

なので、ヘルメットを着用しても髪の毛が潰れにくくなるようになります。

そもそも、髪の毛を綺麗にスタイリングするために絶対に必要なのは、いかにして上手に髪の毛を乾かせるかどうかということです。

もともと髪の毛が癖つく際というのは、濡れた状態から乾いた状態に変化したときになります。

つまり、ヘルメットを被る、被らないに関係なく、髪の毛を綺麗に整える際にはきれいにドライをしなければいけないということになります。

ドライを上手に行い、髪の毛をしっかりと癖づけることによって、そのあとの手直しなどが非常に楽になります。

なので、まず濡れた状態から乾いた状態にする際に、いかにきれいにベースを作ることができるか、ということが髪型を整える大事なポイントになるということです。

ヘルメットをかぶるのであればなおさら潰れやすいトップの髪の毛はしっかりと根元から空気を上げてふんわりとさせた状態にすることが大切です。

その状態にしておけばあとから手直しをするのがとても楽になりますので必ず髪の毛を乾かす時から、工夫をするようにしてください。

ダクト付きのヘルメットをかぶる

次にご紹介するヘルメットを着用しても髪型が崩れない方法は「ダクト付きのヘルメットをかぶる」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、そもそもダクト付きのヘルメットとは簡単に言えば空気の通り道ができているヘルメットのことです。

なので、空気の通り道ができているということは言い換えてみればヘルメットの中が蒸れにくくなるというメリットがあります。

本来であればヘルメットをかぶると中の空気が温まりすぎて蒸れてしまい、衛生環境が悪くなってしまったり、温まった空気が髪の毛が乾かせてしまい、変な癖がついてしまいます。

しかし、ダクト付きのヘルメットをかぶれば中の空気が循環されるようになりますので、その心配などはなくなります。

なので、ヘルメットを着用してもそれほどまでに髪の毛が変な癖がついてしまったりしないようにすることができます。

しかし、ダクト付きのヘルメットに関してはそれなりに高価なものが多かったりするので、金銭的な余裕がある方であれば選択しの一つとして考えるようにしてみてください。

ヘルメットインナーをつける

次にご紹介するヘルメットを着用しても髪型が崩れない方法は「ヘルメットインナーをつける」ということが挙げられます。

そもそもヘルメットインナーとはどういうものなのかと言いますと、ヘルメットインナーとはヘルメットの下にかぶるインナーキャップのことを意味しています。

ではヘルメットインナーをかぶるとどのような効果があるのかと言いますと、非常にさまざまなメリットを得ることができるようになります。

例えば髪型が崩れなくなるようにするという効果も得られるだけではなく、ヘルメットインナーを着用することで殺菌効果や吸汗速乾などの効果も得られるようになります。

なので、髪型が崩れてしまうのが嫌だという方に関しては、ヘルメットインナーをつけることによって悩みを軽減させられる場合があります。

そこまで高い金額のものではありませんし、衛生面においても非常に優れているアイテムになりますので、もっていない方は購入を検討してみるのも一つの手だといえます。

ミストタイプの寝癖直し整髪料を付ける

次にご紹介するヘルメットを着用しても髪型が崩れない方法は「ミストタイプの寝癖直し整髪料を付ける」ということが挙げられます。

どうしてもヘルメットを着用してしまうと髪の毛がぺちゃんこになってしまい、人によっては髪の毛の手直しができないくらい後がついてしまう人もいると思います。

例えば、比較的近距離であればそこまで問題はないかもしれませんが、長距離の通勤となると自然と髪型が癖づいてしまいます。

そうなってしまいますと、手直しなどができなくなってしまうくらい髪の毛が崩れてしまう場合も十分考えられます。

そのような方に関しては、ミストタイプの寝癖直し整髪料を付けることによって悩みをなくすことができるようになります。

基本的には薬局などに足を運べば寝癖直しウォーターなどのミストタイプのものなどはたくさん販売されています。

男性用のものもありますし、女性専用のものなどを販売されていますので、気軽に購入できるアイテムでもあります。

また、ミストタイプの寝癖直し整髪料を付けることで、癖だけではなくスタイリングなども一緒にできるような場合もあります。

なので、髪型について悩んでいる方に関しては、ミストタイプの寝癖直し整髪料を購入することで悩みを払拭できる可能性もあるので、選択肢の一つとして考えてみてください。

エアーヘッドを着用する

次にご紹介するヘルメットを着用しても髪型が崩れない方法は「エアーヘッドを着用する」ということが挙げられます。

エアーヘッドとは一体何かと言いますと、簡単にはヘルメットの内側に貼り付けることができるようなシリコンパッドです。

元々ヘルメット装着することによって髪の毛が崩れてしまうという悩みを持っている人は少なくはありませんでした。

そのような人の悩みを解決するためにエアーヘッドは開発されており、ヘルメットの内側に貼り付けることによってヘルメットと頭皮の間に物理的な空間を生み出すことができます。

シリコン素材なので頭皮に対しても負担をかけることなく、しっかりと空間をつくり、髪の毛を崩さないようにしたり、蒸れにくくさせたりすることができるメリットがあります。

これを装着すれば悩みが軽減されることは確実であり、非常にお手軽に毎日の負担を和らげられます。

金額に関しては安い金額ではありませんが、それでも大体3.000円程度の金額で購入することができるようになっています。

下手に毎日試行錯誤するよりも、これを導入するだけで悩みが簡単になくなる場合もありますので、長期的な目線で考えると非常にお得な金額でもあります。

今では通販などでもお手軽に購入できるようになりますので、髪型が気になる方は購入してみることをおすすめします。

取り外しが可能な万能アイテム

ヘルメットを着用した時に髪型を崩したくない人におすすめのアイテムとしてエアーヘッドをご紹介していきました。

さらにヘアーヘッドの魅力的な部分について簡単にご紹介すると、エアーヘッドばなんと取り外しが可能なバンド空いてるとしても知られています。

人によっては取り外しができないタイプだと思い込んでしまい購入するのを躊躇してしまう方でいるかもしれません。

しかしながらエアーヘッドに関しては取り外しをすることができなんと水洗いをすることが可能であるアイテムでもあります。

なので衛生的な問題で不安な気持ちを持っている方でも、問題なく利用することができます。

また、取り外し可能で洗剤でも洗えるということであれば、逆に衛生面においては導入したほうがはるかに良い影響を与えてくれるようになります。

どうしてもヘルメットは毎日着用するものでもありますし、狭い空間になってしまいますので、衛生面において問題が発生しやすくなってしまいます。

特に男性の方においては女性と比べて頭髪は影響を受けやすいので、ハゲの心配などをしている方にも非常におすすめなアイテムになっています。

長時間のヘルメット着用をしている方であれば、絶対に購入したほうが良い効果を得られますので、選択肢の一つとして考えてみてください。

ヘルメットをつける時におすすめの髪型4個

ここまではヘルメットを着用しても髪型が崩れない方法をいくつかご紹介していきました。

工夫をすることはいくらでもできますが、その中でも特におすすめな工夫の一つとしてはそもそもの髪型自体を変えてしまうということです。

どういうことかと言いますと、ヘルメットを着用してもそれほど影響が出ないような髪型に変えてしまうことで悩みを解消するということです。

もちろん、たいていの髪型であればヘルメットを着用することによる影響は受けるのですが、それでも影響が少ない髪型はいくつかあります。

その上で、どのような髪型にすれば影響を受けることをすくなくできるのか、簡単にご紹介していきたいと思います。

おすすめの髪型男性編

まずは男性におすすめの髪型についてご紹介していきたいと思います。

一般的な割合としてはヘルメットを着用する方は男性が圧倒的に多いと思います。

なぜならば、バイクに乗ったりする人口としてはやはり男性の方が圧倒的に多く、本格的な自転車でヘルメットを着用するのも、また男性が多い傾向にあります。

では、そんな男性におすすめなヘルメットを着用しても影響をうけにくい髪型はどのような髪型なのか、簡単にご紹介していきたいと思います。

坊主

まずはじめにご紹介する男性におすすめのヘルメットを着用しても崩れない髪型は「坊主」です。

これに関しては当たり前と言われれば非常に当たり前な考え方ではありますが、坊主であればヘルメットをかぶってもそこまで影響はありません。

そもそも坊主自体が髪の毛が短く、癖づいたとしてもそこまで見た目が変化したりするようなことはありません。

もちろん、一部潰れてしまったりするようなことはあるかもしれませんが、寝ぐせ直しウォーターなどでカバーをすることは十分に可能です。

逆に言えばセットのしようがないかもしれませんが、あまり髪型に対して時間を割いたりする必要性などもなくなりますので、非常に楽なヘアスタイルでもあります。

一般的に考えて、坊主は男性特有のヘアスタイルでもありますので、女性にはあまり真似できない男性ならではのヘアスタイルです。

楽を求めるのであれば、一つの選択肢になるともいえます。

ショートヘアー

次にご紹介する男性におすすめのヘルメットを着用しても崩れない髪型は「ショートヘアー」です。

そもそも男性の場合はショートヘアにしているという人はとても多いと思いますが、ヘルメット着用による影響考えてみるとショートヘアの方が圧倒的にオススメです。

例えば、男性の中にも髪を伸ばして比較的長い髪の毛の人もいますが、長いと動きをだしにくくなってしまいます。

動きを出しにくいのに、変な形に癖づいてしまうと逆に手直しなどが難しくなってしまい、変な髪型になってしまうことが考えられます。

しかし、ショートヘアに関しては変な形に癖がついてしまったとしても後から手直しなどが比較的楽になります。

それなりにセット力があるハードワックスなどを用いることによって、しっかりと手直しができるだけではなく全体的なバランスなども整えやすくなります。

髪の毛が長いと後からバランスを整えるのが難しいので、男性の方でヘルメットを着用することが多いのであれば、ショートヘアにすることがおすすめです。

ロングヘアで髪の毛がぺしゃんこになってしまうとバランスがかなり悪くなってしまいますので、それも考慮した上で自分自身の髪型を決めるようにしてみてください。

おすすめの髪型女性編

ここまでは男性におすすめのヘルメットを着用しても崩れない髪型をご紹介していきましたが、ヘルメットを着用するのは男性だけではありません。

人工に換算して考えてみると少ないかもしれませんが、女性もヘルメットを着用したりすることなどはよくあります。

そして、女性に関しては男性と比べてみた女を意識しているような人も多く存在しています。

男性と同様にヘルメットをかぶってしまうことによって髪の毛がぺったんこになってしまうことを嫌っている女性はかなり多く存在していますよね。

そこでここからは男性だけではなく女性のオススメの髪型についてのいくつかご紹介していきたいと思いますので、女性の方は参考にしてみてください。

長髪のまとめ髪

まず初めにご紹介する女性におすすめのヘルメットを着用しても崩れない髪型は「長髪のまとめ髪」です。

これは髪の毛が長い人限定になるかもしれませんが、まとめ髪としてポニーテールやくるりんぱなどのまとめ髪にしておけば、髪がじゃまになることはありません。

また、トップの髪の毛を少し手直しをしてふんわりさせるだけで全体的にすぐにバランスが整えられるような髪型ばかりです。

なので、比較的手軽にできる髪型でありながら、ヘルメット着用に適した髪型であるともいえます。

そこまでアレンジ自体も難しくはない方法になるので、時間がない方でも気軽にできるまとめ髪なので、髪型を気にしている方はチャレンジしてみてください。

かき上げスタイル

次にご紹介する女性におすすめのヘルメットを着用しても崩れない髪型は「かき上げスタイル」です。

かき上げスタイルといえば、中村アンさんでおなじみのワイルドで色気のある髪型です。

どうしてもヘルメットを着用することによって全体的に髪の毛が乱れてしまったりするようなことは否めません。

そこで、乱れた髪型も整えられているような雰囲気に変化させるためにはかき上げスタイルがとてもおすすめです。

前髪をしっかりとかきあげることにより、全体的に乱れていてもそれなりにワイルドな雰囲気になり、違和感がない髪型になります。

しっかりと全体的に空気を入れて、潰れているところを手直しすれば簡単に良い感じの髪型に変化させることができますので、ワイルドな女性にはおすすめな髪型です。

これで今日からヘルメットもこわくない!

今回はヘルメットと髪型をテーマにして、ヘルメットで髪型が崩れにくくなる8個の方法や崩れにくい髪型についてもご紹介していきました。

どうしてもヘルメットをかぶってしまうと髪の毛が崩れてしまうことは避けられません。

しかしながら、そのままになってしまうと自分の見た目が悪くなってしまったりして、カッコ悪い印象を相手に与えてしまったりするようなことにつながりかねません。

しかしながら今回ご紹介したようにちょっとした工夫をすることによって自分の見た目を良くしたり、手直しをすることなどは十分に可能です。

ちょっとした手間はかかってしまうかもしれませんが、それでも自分自身の印象良くするということはとても良いことになります。

普段から見た目を整えておけば、様々な魅力的なことが起こるようになりますので、改めて自分の見た目を気遣っていない方はこの機会に自分の見た目を見直すようにしてください。

きっとこれまでとは違った印象を周りに与えられるようになるはずですよ。