人には好みというものがあります。

それは、他人がとやかく言えるものではありません。

その人自身が良いと思った人が一番いい人なのです。

だからこそ、多くの人がやめておけというような人であったとしても、自分自身がその人を好きなのであればそれでいいのです。

とはいえ、おすすめの人柄というものはあるものです。

多くの人生経験がある人の意見だからこそ、参考にした方がいいところもあるでしょう。

いくつかの性格があるなかで人気のある性格に『お茶目』というものがあります。

女性を評価するポイントの中には容姿が大きく出てきます。

確かに、綺麗・かわいいと表現される人たちの方がより人目を惹きやすく人気になる事も理解できます。

ですが、あくまでも見た目の問題です。

見た目ばかりを気にしていると、本当に大切な事を見失ってしまう事もあるかもしれません。

一日だけ一緒に過ごすならただ綺麗でかわいい人でもいいかもしれません。

ですが、一生一緒に居よようと思う場合、大切になってくるのは中身です。

中身が良くなければ、結局一緒に居ても幸せを感じる事などできないでしょう。

お茶目な人と一緒に居る事で、日々の暮らしはとても明るいものになる事でしょう。

笑顔が絶えない家庭ほど幸せな事はありません。

だからこそ、これから恋愛・結婚をしようと考えている人には是非お茶目な性格の人を探してほしいと思います。

まだ半信半疑の人も、これからご紹介させていただく魅力を知ればお茶目な人に出会いたいと思うはずです。

お茶目とは?

お茶目という言葉には『子どもっぽい』『愛嬌のあるいたずらをする』などといった意味があります。

相手の受け取り方によっては、悪口を言われているような気持ちになってしまう事もあるかもしれません。

ですが、お茶目という言葉には悪意はありません。

そこには相手に対する好意があり、かわいいと思っているからこそ使う言葉なのです。

だからこそ、これを言われたからと言って気にする必要は全くありません。

むしろ、ほめられたと思うべきでしょう。

『お茶目』という言葉は、基本的に大人に向けて使用される言葉です。

子供に子供っぽいといったとしても、それは当たり前の事です。

大人なのにもかかわらず。

純粋な心を持っている人だからこそ、この言葉が当てはまるのです。

似たような言葉に『幼い』などといった言葉があります。

ですが、これはどちらかというとマイナスなイメージをもたれる言い方です。

お茶目とは似ているけれど全く違う言葉でしょう。

もしあなたがそれらの言葉を言われた時、どちらの言葉を言われたかによって意味合いが大きく変わってくるでしょう。

早合点する事のないように、自分が言われた言葉をしっかりと受け止めましょう。

お茶目な女性の6個の魅力

それではここからはお茶めな女性の魅力についてご紹介させていただきます。

すでに身の回りにお茶目な女性がいる場合、その人と接する事によってその魅力を十分に感じる事が出来ている事でしょう。

だからこそ、あえて後からご紹介する必要などないかもしれません。

ですが、それ以外の人は、お茶目な人のどこかいいのかわからないという事もあるでしょう。

不思議ちゃんと混同している人は、もっとしっかいりした人の方がいいと思うかもしれません。

人の好みもそれぞれです。

確かにお茶目な人が苦手だという人もいるかもしれません。

ですが、実際にその魅力を改めて知る事によって、今までなんとなく嫌だなと思っていた人も改めてその魅力に気が付く事が出来る場合もあります。

知らず知らずのうちに避けていた人こそ、実はあなたと一番気が合う人だったかもしれません。

お茶目な女性の一面を知る事によって、新たに見えてくる事も沢山あるはずです。

まずは、先入観を持たず、自然な心で受け止めてみてください。

1.ユーモアがある

お茶目な人と言うのは、人を和ませる才能があります。

それが天然で行う事が出来るからこそ、可愛いと言われるのかもしれません。

人を楽しませる事の一つとして、『ユーモア』があります。

ユーモアとは、日本語で言うと冗談のようなもの。

冗談を上手く言う事が出来るからこそ、周りの人を和ませたり楽しませたりする事が出来るのでしょう。

それは人としてとても素晴らしい才能です。

人より秀でる才能にはさまざまなものがあります。

世界的な発見をすることが出来る人もいれば、誰もが感動する作品を作る事が出来る人もいるかもしれません。

ですが、それはごくごく限られタ人間の人が持つ才能です。

そんななか、ユーモアがあるという事は実はとても素敵な事なのです。

前者に比べれば、それほど人目を引くような才能ではないかもしれません。

ですが、それがあるこ事によって、周りの人を喜ばせる事が出来るようになります。

幸せな気持ちにしてあげる事が出来るでしょう。

そうする事によって、人々の暮らしをより有意義なものにする事が出来ます。

面白いことで心が和む

ユーモアがある人が一人いるだけで、その場の空気が明るくなります。

つい暗くなりがちな空間も、その人が居てくれるおかげで楽しい時間を過ごす事が出来るという事もあるかもしれません。

忙しという感じは心を忘れると書きます。

そんな日々を過ごしていると、自分自身の大切な事すらも忘れてしまう事もあるかもしれません。

ですが、それではいい人生を過ごす事が出来ているとは言えないでしょう。

人生には、余裕も必要です。

時にはゆっくりとした時間を過ごす事も大切でしょう。

そう言った部分からも、余裕を持つ事が出来る笑いは大切です。

ユーモアがある人のおかげで、日々に笑顔をプラスする事が出来るでしょう。

そうする事によって、今よりも落ち着いた時間を過ごす事が出来るかもしれません。

心に余裕が生まれる事によって、見えてくる事もあるはずです。

一緒にいると楽しい

『一緒に居ると楽しい』それはどんな事よりも重要なポイントです。

一緒に居る事によって、メリットとなる人材は沢山いる事でしょう。

出世に利用する事が出来る人もいれば、よりよい人脈につながる人もいるかもしれません。

ですが、それを差し置いてもなお一緒に居る事が楽しいと感じる事が出来る人はとても貴重です。

どんなに自分の為になるひとであったとしても、一緒に居て楽しくなければ意味がありません。

苦痛を感じるような関係では、本当の意味で自分の為にはならないでしょう。

『一緒に居て楽しい』それは、何にも変える事が出来ない素晴らしいポイントです。

それがあるだけで、ほかの部分を大きくカバーする事だって出来るかもしれません。

例え自分にとって何もメリットがなかったとしても、楽しいと感じる時間は安心感を与えてくれます。

それだけでもう十分なのです。

人が一緒に居る理由など、本来はそれだけで良いのではないでしょうか。

2.無邪気である


お茶目な人を辞書で引くと、子供っぽい印象があると感じる事が出来るでしょう。

作ったものではなく、素で天真爛漫な行動をする人は、無邪気な印象を与えてくれる事でしょう。

無邪気な人は、悪意を感じる事が無く周りにいる人の事を幸せにしてくれる事でしょう。

今の時代、相手の顔色を窺ったり裏で何か言われているのではないかと心配になってしまう事もあるでしょう。

人間関係によって心を壊してしまうような人もいるかもしれません。

そんな中、お茶目な人は無邪気で多くの人の心をいやす事が出来るでしょう。

そうする事によって、人間関係の疲れを改善する事だって出来るようになるかもしれません。

何が人の心を動かすかはわかりません。

自分としては、ただ何となくした行動によって救われる人が居ることだってあるのです。

それだけ、お茶目な人の行動に他人に対する影響力があるといえるでしょう。

メリハリのきいた振る舞いができる

ただただ無邪気な人は、周りを困らせる可能性があります。

子供っぽいという印象が強く出てしまい『空気が読めない』『子ども』などと評価を落としてしまう事もあるかもしれません。

人から好かれるお茶目な人の場合の無邪気さは、あくまでも場の空気を読んで出て来るものです。

ちゃんとしなければならないところでは、きちんとした空気にする。

気分転換をしたいときや、疲れているときなどに茶目で無邪気な行動をとってくれる事によって、心が癒される事でしょう。

大人になればなるほど、空気を読むという力が必要となります。

その力が無い人は、どうしても他人との関係性をうまく作る事が出来なくなってしまいます。

いつもただ明るい人のだけでは、周りの人はついてきてくれる事はないでしょう。

自分の気持ちを大事にし、周りの気持ちも理解する。

そんなメリハリのある行動が大切となります。

シチュエーションに応じて時には礼儀正しく

社会にでれば、礼儀は当然必要となります。

ただ可愛ければ許されるのは、未成年のうちだけでしょう。

だからこそ、いくらお茶目でかわいらしい人も、いつもいつも自分勝手に好きな事をしていれば嫌われてしまう事もるかもしれません。

そうなってしまわないようにする為には、きちんとその場の空気を読む事が必要です。

お茶目な性格は、人を引き付ける魅力的な性格です。

ですが、それだけではいけません。

その性格を生かしつつ、他人の気持ちに寄り添う事が出来るようになる必要があります。

その為にもシチュエーションに応じて礼儀正しく行動したりすることが大切です。

シチュエーションに応じた行動は誰かが教えてくれるものではありません。

自分自身が気が付き学習するべきものなのです。

だからこそ、それを学ぶ姿勢を持つ事がとても重要となります。

3.素直である


大人になればなるほど、人は素直でいる事が出来なくなってしまいます。

ついつい見栄を張ったり他人からの評価を気にするあまり、表現が大きくなってしまったり言いたい事が言えなくなってしまう事があるでしょう。

ですが、お茶目な人は素直に自分の意見を言う事が出来る人が多いといわれています。

だからこそ、周りの人も安心して付き合う事が出来るようになります。

本当の事を話しているかどうかわからない人と、腹を割って話す事などできないでしょう。

何か大切な相談があったとしてもまた今度にしようといい淀んでしまうかもしれまません。

ですが、相手が素直に心を開いてくれる場合、自分のすんなりと心を開く事が出来るようになります。

その結果、自分の抱えている重荷を下ろす事が出来るようになるかもしれません。

素直でいる事はとても素晴らしい事です。

誰もがそうなるべきでしょう。

ですが、それは、簡単に出来るものではないんです。

素直でいようとすればするほど、ついつい言い訳が思い浮かんでしまい、行動に移す事が出来ないのです。

そんな人が多い中で、素直に自分の気持ちを表現する事ができやすいお茶目な人はとても素晴らしい人材であり、多くの人を癒す事が出来る存在となる事が出来るはずです。

【素直な女性については、こちらの記事もチェック!】

気持ちをストレートに表現できる

子どものころは、自分の気持ちをストレートに表現してきました。

好きも嫌いも、誰の評価も気にすることなく大きな声でいう事が出来ていたのです。

ですが、大人になればなるほどどれが出来なくなってしまうのです。

他人からの意見を聞き自分の意見が変わってしまう場合もあれば、本当はそう思っていなかったとしても、周りから浮くことを避けて意見を変える事だってあるかもしれません。

そんな日々を過ごしていると、何が自分の意見なのかわからなくなってしまう事もあるでしょう。

そんな中、気持ちをストレートに表現する事が出来るお茶目な人はとても素晴らしい人材です。

素直な人と一緒に過ごす事によって、自分自身も素直に過ごす事が出来るようになります。

素直に生きる事が出来れば、心も軽やかに明るく毎日を過ごせるはずです。

今の嘘ばかりの日々に嫌気がさしている方は、この機会に自分の生き方そのものを見直してみてはいかがでしょうか。

自分自身をいきなり変える事には難しい部分もあります。

ですが、お茶目な人と一緒に居る事によって、いい影響を自然と受ける事が出来るようになるのです。

そのおかげで無理をせずとも、楽しい時間を過ごす事が出来るようになる事でしょう。

是非参考にしてみてください。

リアクションが最高

話をしている時、聞いているのか聞いていないのか。

よくわからないような相槌をす人と会話をしていても面白くはありません。

段々と話す事が嫌になり会話が無くなっていく事でしょう。

会話が無くなれば、コミュニケーションを取る事が出来なくなり結果的に関係が悪化してしまう事もあるかもしれません。

だからこそ、話をしてい楽しい。

そう思う事が出来る相手はとても重要です。

話をしている際に、楽し時を過ごす事が出来る人にはいくつかのタイプがあります。

相手の話自体が面白いときもあれば、聞き上手な人によって、自分が気持ち良く話す事が出来る場合もあります。

その中で、意外と注目されていないポイントにリアクションがあります。

リアクションと相槌はどこか似ているような雰囲気もあります。

ですが、実際両者には違いがあります。

リアクションは自分の意見があってこそ出来るものなのです。

だからこそ、その中にはコミュニケーションが生まれるのです。

相手を喜ばせようと思ってリアクションをしてみても、人の心に届くようなものは出来ないかもしれません。

ですが、本当に心の底からでた意見なのであれば、それはおのずと聞いている本人に届くはずです。

リアクション芸人というジャンルがあるほどリアクションする事は難しい部分もあります。

ですが、素直に自分を表現する事が出来るお茶目な人だからこそ、周りの人が嬉しくなるようなリアクションをする事が出来るようになるのかもしれません。

4.表情豊か

お茶目な人は喜怒哀楽がはっきりしている傾向にあります。

だからこそ、表情が豊かなのです。

ニコニコしている姿を見る事によって、周りの人も嬉しい気持ちになる事でしょう。

怒ったばかりの人と一緒に居ても、楽しい気持ちにはならないはずです。

どんなに悲しい出来事があったとしても、それに関係なく笑ってくれる人がそばに居るだけで救われる時がある事でしょう。

それは何事にも変える事の出来ない素晴らしいものとなってくれるはずです。

喜怒哀楽を隠さない

大人になればなるほど、自分の感情を表に出す事が無くなってしまいます。

例えどんなに嬉しい出来事があったとしても、それを他人に伝えようとはせず、自分の心の中に閉じ込めてしうのです。

ですが本当は、喜怒哀楽を表現する事は決して悪い事ではありません。

それを出す事によって、周りの人から信頼される場合もあります。

自分からはなかなか心を開く事が出来ない人も、相手が心を開いてくれる事によって、すんなりと自分の心を開く事が出来る場合もあります。

難しい事を考えずに、ただ楽しい気持ちを共有する事が出来るようになるのです。

素直に心を開けば、相手も開いてくれる。

当たり前の出来事ではありますが、そう簡単に出来る事では無いのです。

けれど、それを素直に表現する事が出来るからこそ、お茶目な人は他人から好かれるのでしょう。

心を開いてくれている実感が

相手からの信頼を感じる事が出来れば、誰もが嬉しくなったり楽しい気持ちになる事でしょう。

相手をそんな気持ちにする事が出来ると言うことは、とても誇れるポイントでしょう。

きっと周りにいる人も警戒心を持たずに接する事が出来るようになる事でしょう。

他人の気持ちを開かせるには、自分が心を開く事が一番です。

ですが、それはそう簡単な事ではありません。

警戒してしまったり周りの人を信用する事が出来ない事もあるはずです。

にも関わらず、他人を信用することが出来るという事はとても素晴らし事なのです。

難しい事を考えず、自分の考えを素直に出す事が出来る。

それこそが、お茶目な人の特技なのかもしれません。

5.励まし上手

他人の心に寄り添う事が出来る人だからこそ、困っている人が居ると心配してすぐに駆けつけてくれるような人す。

話を聞けば、親身になってくれる事でしょう。

何か大きな事に悩んでいるときも、励まし上手な人となり、その気持ちを軽くしてくれる事もあるかもしれません。

相談をする人の中には、ただ話を聞いてほしいという人もいます。

そういった場合にはアドバイスもせずただ話を聞いてくれるだけでいいのです。

それでも話を聞いてくれた。

一緒に応援してくれた。

そんな思いが他人を強くする事もあるでしょう。

勇気づけてくれる

大人になったとしても、落ち込むときは落ち込みます。

泣きたくなるような事だってあるかもしれません。

ですが、それを表に出す事がなかなかできなくなってしまいます。

他人に相談することが出来ず自分の中だけで解決する事が多くなる事でしょう。

ですが、それはとても大変な事であり、なかなか自分の力だけでは立ち上がる事が出来なくなってしまう事もあるでしょう。

そんな時、まっずぐな気持ちで慰めてくれる人が居たらどうでしょうか。

必ず勇気が湧いてくるはずです。

そこに裏表を感じず、計算で行ている行為ではないという事も感じる事が出来れば、それだけでも人は勇気づけらえるものなのです。

難しい言葉など必要ありません。

自分が良いと思っ方法で相手にはなしかけてあげればいいのでしょう。

自分までハッピーに

悲しい気持ちは他人にも伝染します。

だからこそ、鬱などの看病をしている人が自分自身も鬱になってしまうという事を聞いた事がある人も居るのではないでしょうか。

全く気にして居ないつもりであっても、知らず知らずのうちに他人の気持ちに同調したりして自分の事のように感じてしまう事は良くあることです。

ですが、自分の事のように感じてしまう事は、何も悲しい事だけではありません。

楽しい気持ちも同じように感じる事が出来るのです。

だからこそ、常に明るく前向きな人と一緒にいれば、同じように前向きな気持ちになる事が出来るでしょう。

明るく楽しい人は、それだけで他人を引きつける事が出来るのです。

それは、人としての魅力があると共に『一緒に居て楽しい』そんな風に他人の心を動かす才能があるという事なのでしょう。

6.柔軟な対応

お茶目な人は、他人にも自分にも優しい所があります。

それは、完璧を求める人からすればどこか物足りなくイライラするポイントになる事もあるかもしれません。

ですが、他人と付き合っていく場合、強さでだけではどうにもならない事もあるのです。

時には、優しさが心を癒すこともあります。

その方が効率的に物事が進むという事もあるでしょう。

強さも確かに大切です。

ですが、強さだけではどうにもならない事もあります。

その事を本能的に実践する事が出来る力をもったお茶目な人は、きっとそれだけで多くの人から好かれるポインタとなる事でしょう。

失敗も許す

どんなに素晴らしい人も、失敗をしてしまう事はあるでしょう。

自分は大丈夫。

そんな風に思って居ても結局ダメな時もあります。

失敗によって、何か被害が出た場合には文句を言いたくなる気持ちも分かります。

ですが、起きてしまったことを後からグチグチ伝えた所で何も起こりません。

お互いに嫌な気持ちになるだけでしょう。

相手の失敗を受け入れ、今後どうたら良いのかを互いに考える事が必要なのです。

自分が失敗しないからと言って、他人に厳しくするような人は、結局わまりの人から嫌われている事でしょう。

嫌なやつだとおもわれ、いざという時に協力してもらう事が出来ないかもしれません。

そうなって困るのは自分自信です。

他人の失敗を、許せるだけの心の余裕を持ってみる事をお勧めします。

お茶目な女性のモテる理由

それではここからは、お茶目な女性がモテる理由についてご紹介させていただきます。

その理由を知る事によって、もしかしたらそんなお茶目な女性を参考にする人が現れるかもしれません。

今まで理由が分からず不思議に思っていた人も、その謎を解明する事が出来るでしょう。

1.わかりやすい

喜怒哀楽が出やすい人だからこそ、何を感がてえいるかわかりやすいという利点があります。

そういった人は周りの人から警戒されにくく、かわいがられる傾向にあります。

だからこそ、周りにいる人たちはついついそんな人たちに心を許してしまうのかもしれません。

一緒に居て楽しいと思わせる事が出来るだけのパワーを持っているのです。

分かりやすい性格が嫌だと感じる人もいるかもしれません。

ですが、それは恥ずかしい事でな無く、一種の才能です。

その才能はしっかりと伸ばしていくべきでしょう。

裏がない

分かりやすい性格という事は、それだけ裏表がないという事です。

どんなに優しく明るい人でも裏表があり、何を考えているのかわからないような人では一緒に居ても楽しいと感じる事は出来ないでしょう。

安心して話をすることが出来る。

それはとても大切なポイントなのです。

勘ぐらなくていい

相手が何を考えているのかわからない場合、ついつい相手の気持ちを読もうと必死になってしまうものです。

それはとても疲れる行為です。

相手は何を考えているのだろう。

自分の事は好きではないのかもしれない。

一緒に居るのが嫌だと思われているかもしれない。

そんな事をいろいろと考える人付き合いは、心が疲労してしまいます。

そんな人は、一緒に居ても幸せだと感じる事はないでしょう。

自分の気持ちを素直に出す事に抵抗がある人もいるのかもしれません。

そのせいで物事を難しくしてしまう事もあります。

ですが、それをしたところで周りにいる人が付いてきてくれる事もありません。

極力素直に生きる。

それを自然にすることが出来るお茶目な人は人に好かれるのも納得です。

2.常に笑顔

笑顔は伝染するものです。

自分が難しい顔をしていたとしても、相手が笑顔でいてくれるとついついその笑顔が自分にもうつって知らず知らずのうちに笑顔になっている事もあるかもしれません。

笑顔を持つ事が出来れば、それだけで日々の暮らしは楽しいいものになるはずです。

童心にかえれる

にこにこと日々を笑顔で過ごす事が出来るお茶目な人は、一緒にいるだけで楽しい気持ちにしてくれることでしょう。

彼らが居るだけで、日々の暮らしを幸せなものにする事が出来るのです。

裏表がなく、何事にも素直に反応する事が出来る人だからこそ、一緒に居るだけで幸せな気分になる事が出来ます。

時には童心にかえる事も出来るでしょう。

日々を忙しく過ごしていると、心の底から思いきり笑顔になる事などそうそうあるもではありません。

ですが、一緒に居る人が笑顔になってくれればそれだけで笑顔になる事が出来る可能性が上がるのです。

そんな時間を幸せだと感じる事が出来るようになる事でしょう。

3.純粋である

自分の感情に素直で、天真爛漫・喜怒哀楽がはっきりしてるのがお茶目な人の特徴です。

だからこそ、その心は純粋であり裏表がありません。

大人になれば、大抵の人が本音と建前を使い分けるようになる事でしょう。

それは悪い事ではなく、仕方がない部分でもあるのです。

ですが、お茶目な人は大人になったとしてもその部分が変わる事が無く、純粋なままなのです。

だからこそ、一緒に居る人はその心を感じる事によって明るい気持ちになる事が出来たり前向きに生活する事が出来るようになるのかもしれません。

自分がどれほどかっこつけた所で、相手がまたくそういったものに執着がなければ意味がないのです。

そんな細かい事に気を使っている自分が嫌になる事でしょう。

自分自身を素直にさらけ出す事が出来る。

それこそが、ついつい虚勢を張ってしまう事もあります。

それは自分を守る道具となりますが、重荷に耐えかねて下したくなる時もあるのです。

そんな時も、純粋な気持ちを持った人と生活する事によってその重荷を下ろす事が出来るでしょう。

飾らない

自分の感情を受け入れ、それを素直に出す事が出来る人はあえて人々に対して飾る必要があrません。

いつも自然体で、自分思った通りに生活すればいいのです。

それは簡単そうに見えても誰もが出来るものではありませ。

本当に心の底から相手を羨む事も無く、まっすうぐ自分を受け入れる。

それこそ、まさにお茶目な人の誇るべきポイントです。

他人と比べて上ばかりを見ていた所で、いい事はありません。

相手の気持ちだけではなく自分の気持ちもみとめてあげるべきなのでしょう。

子供っぽさに魅了(まとめ)

お茶目な人はいくつになってもどこか子供っぽい印象を与える事があります。

ですが、それは悪い事ではなくそれこそがその人自身の魅力なのです。

だからこそ、その魅力を最大限に生かし、自分の長所を伸ばしていってみてはいかがでしょうか。

お茶目な人が居てくれるだけで、世界が明るくなるような気持ちになる事が出来るでしょう。