CoCoSiA(ココシア)

親父ギャグ15選!ダジャレとの違い...(続き4)

このギャグは韻を踏んでいるわけではありませんが、こんばんはという言葉と腋毛という言葉をくっつけて面白おかしく表現している言葉であると考えることができます。

この親父ギャグに関しては、ある程度使用する際の注意が必要になると言えます。

なぜならば、このギャグには腋毛という言葉が使われていますので、どうしても生理的にいやな気持になってしまう人もいるといえます。

体に関するようなギャグは、生理的な判断も伴うようになりますので、相手をきちんと選んで使用しないと大変なことになってしまいます。

先ほどご紹介したおっぱいがいっぱいというギャグに関してもそうですが、生理的に不快な気持ちを与えてしまうと困った事態になりかねません。

なので、必ず使用する相手と状況などは確認した上で親父ギャグは使うようにしてください。

11.コーデネイトはこ~でねぇと

次にご紹介する誰もが聞いたことのある親父ギャグの一つとして「コーデネイトはこ~でねぇと」というギャグが存在しています。

このギャグは「コーデネイト」と「こ~でねぇと」という言葉の韻を踏んでいるダジャレとして考えることができます。

この親父ギャグに関してはある程度使いやすい部類に区分されており、安直な意味合いではありますが、いやな気持になったりするようなギャグではありません。

普段生活をしていれば自分自身が着る衣服などは頻繁に変わったりすると思いますので、かなり使える機会に恵まれている言葉であるといえます。

当然ながらあまり頻繁に使ったり、何度も何度も繰り返し使うと飽きられてしまいますが、時折使えばくすっと笑ってしまうこと間違いなしです。

昔から存在している親父ギャグではありますが、あえて使用してみると逆に新鮮な笑いを得ることができるかもしれませんよ。

12.シャッター押ししゃった~

次にご紹介する誰もが聞いたことのある親父ギャグの一つとして「シャッター押ししゃった~」というギャグが存在しています。

このギャグは「シャッター」と「押ししゃった~」という言葉の韻を踏んでいるダジャレとして考えることができます。

意味合いとしてはわざわざ説明するまでもないと思いますが、この親父ギャグはかなり頻繁に使用できるダジャレであると考えられます。

なぜならば、今の時代はかなり写真を撮ったりすることが身近な存在になっているからです。

例えば、今ではSNSなどは行っていて当たり前の時代になっていますので、特に若い女性は写真を撮影したりすることなどはかなり多いはずです。

かわいい写真などを撮影して、それをSNSにアップしたりすることなどが多いので、言い換えてみれば写真を撮影する機会などはかなり多いと考えることができます。

なので、このダジャレも使用することができる機会が多いということになるのです。

あまり頻繁に使用すると飽きられてしまいますが、たまに使うと逆に面白いダジャレでもありますので、使える機会があれば使ってみてください。

13.スイカ安いか

次にご紹介する誰もが聞いたことのある親父ギャグの一つとして「スイカ安いか」というギャグが存在しています。

このギャグは「スイカ」と「安いか」という言葉の韻を踏んでいるダジャレとして考えることができます。

かなり限定的な意味合いになりますし、使用することができる機会がかなり少ないダジャレではありますが、地味に受けること間違いなしなダジャレです。

スイカの値段を聞いたりすること自体なかなかないかと思いますが、使ってみると地味にくすっと笑ってしまうようなダジャレでもあります。

夏の時期になるとスイカの季節になりますので、熱くなった時にはちょっとした冗談として使用してみると面白いと思いますよ。

14.ソーダはうまそーだ

次にご紹介する誰もが聞いたことのある親父ギャグの一つとして「」というギャグが存在しています。

このギャグは「ソーダ」と「うまそーだ」という言葉の韻を踏んでいるダジャレとして考えることができます。

親父ギャグの中ではかなり安直な意味合いになる言葉でもあります。

ソーダという言葉とうまそうだという言葉は韻はあっていますが、なかなか使用できる状況自体が多くはありません。

また、なかなかこの表現を使ったりすること自体がすくないので、あまり頻繁に使いすぎるとうざったく感じられてしまいやすいです。

なので、使用する状況や雰囲気などをよく考えながら使うようにしてみてください。

15.電話しても誰もでんわ

次にご紹介する誰もが聞いたことのある親父ギャグの一つとして「電話しても誰もでんわ」というギャグが存在しています。

このギャグは「電話」と「でんわ」という言葉の韻を踏んでいるダジャレとして考えることができます。

このギャグに関しても、意味合いはさほど難しくなく、電話をしても誰も出ないということをコミカルに表現しているダジャレであると考えることができます。

このギャグに関しては、上手に使えば笑いを得ることが十分に可能な親父ギャグであり、使いどころなども幅広い言葉だといえます。

例えば、仕事においても使用することができますし、プライベートにおいてもこの親父ギャグが使用することができます。

なぜならば、今の時代仕事でもプライベートでも電話を使用する機会は多く、使わないこと自体が少なくなっているからです。

また、意味自体がある程度自虐的な意味合いになることから、自虐ネタは笑いの中でも定番中の定番ということもあり比較的受けが良い親父ギャグだといえます。

なので、あまりいやな気持になったりすることがない親父ギャグでもありますので、使える状況があればぜひ使ってみてください。

まとめ

今回は親父ギャグをテーマにして、代表的な親父ギャグや、それぞれの親父ギャグの意味合いなどご紹介していきました。

一見するとギャグもダジャレも同じような意味合いの言葉に聞こえていたかもしれませんが、それぞれ意味合いなどは多少異なりますし、違いが存在している言葉です。

この機会にそれぞれの意味合いを正しく把握し、どういう意味を持っている言葉なのか、正しく扱えるようにしてみてください。

また、親父ギャグに関しては使いすぎるとくどいですが、上手に使えば今でも十分雰囲気を和やかにするパワーを持っている言葉が多いです。

相手とよい関係性を気付くためには、多少の冗談であったり、言葉遊びなどを取り入れるのはとても大事なことです。