日常生活を送っていれば、自然とたくさんの人と関わりを持つようになります。

例えば、プライベートを考えてみれば、学校の友人、同じ部活動での知り合い、近所に住んでいる人、同じ趣味を持つ人などなど、様々な関りは想像できます。

また、仕事の面において考えてみれば、会社の同僚、先輩、後輩、取引先の人間などなど…様々な人との関わりを想像することができるようになるはずです。

このように、生きていれば自然とたくさんの人とかかわりを持つのが普通であり、私たちはできる限り周りの人と良い関係性を築いていくことが求められます。

集団生活をしていく上で、ある程度の協調性は求められますし、良いコミュニケーションを築くことは良い環境で過ごすために必要なことだといえます。

なぜならば、職場の人間が誰もお互いを信用していないような状態であり、周りとの連携や信頼などが何もないような関係性であると考えてみるとどうでしょうか。

きっとそのような場所で過ごすのは苦痛であり、何も楽しいことがないはずですよね。

また、同じ目的をもって行動をしていくことを考えてみると、大きな支障になってしまう可能性もあります。

しかし、その逆に仲間同士が信頼しあい、助け合えるような空間であることを想像してみれば、きっと前者よりも居心地が良い空間を想像できるはずです。

また、仕事がしやすい雰囲気になり、同じ目的を持って行動していきやすくなるはずです。

なので、プライベートや仕事においても人間関係はとても大事であり、良い関係性を築いて損はないことであるといえます。

そして、私たちは相手とコミュニケーションを交わす際には言葉を用いて相手と信頼関係を築いているといえます。

一言も話さないで相手と信頼関係を形成した経験を持っている方はまずほとんどいないと思います。

そこで、今回は相手と信頼関係を築く上で、非常に役に立つ存在であるギャグをテーマにして、面白い親父ギャグをご紹介していきたいと思います。

普段あまり面白いことを言えない方や、相手との距離の詰め方を苦手に感じている人はとても多いと思います。

今回ご紹介する親父ギャグを参考にして、相手と良い関係性を築くコツやきっかけを身に着けていただきたいと思います。

定番の親父ギャグを集めてみました!

相手と信頼関係を築くためには相手と様々な言葉のやり取りをする必要性があります。

例えば、相手と仲良くなりたいと思った時に、あなたは具体的に相手に対してどのような行動を取りますか?

仲良くなりたいと思ったのであれば、当然ながら相手との距離感を詰める必要性があります。

この距離感というものが大切であり、いきなり距離感を縮めようとすれば相手は警戒しますし、警戒されることを恐れていてはいつまでたっても距離感を詰めることができません。

なので、まずは徐々に相手との距離感を適切なペースで詰めていく必要性があります。

適切なペースで相手との距離感を詰めていけば、自然と相手と自分の距離感は近くなり、気づけば相手とある程度信頼関係が生まれて、違和感を感じなくなるはずです。

では、どのようにして距離感を縮めるのかということを考えると、それは相手と様々な会話を行う必要性があると言えます。

相手と様々な会話を行うことによって、自分のことを相手に知ってもらい、相手のことも知るることができるようになります。

相手を理解し、自分も相手に理解されるようになれば自然と相手との距離感は近くなり、自然と信頼関係を生み出すことができるようになります。

そして、相手との信頼関係をさらに近づかせるためには、ある程度の工夫が必要が言えます。

例えば、ただ話すのではなく、相手を楽しませられるような会話をしたり、相手を喜ばせるような会話をすることを心掛けるということです。

この人と話していると楽しい、一緒にいれて嬉しいを思ってもらえれば、自然と相手は自分に対して心を打ち明けてくれるようになり、良い関係性を築くことができます。

そのような楽しい会話をするためには、様々な方法がありますが、その中の一つに親父ギャグが存在しています。

ユーモアのあふれる会話をすることにより、相手に受け入れてもらえ、楽しい気分にさせることができるからです。

なので、普段の会話の中に親父ギャグを取り入れていただくことで、きっとこれまでよりも上手に相手との距離感を詰められるようになるはずです。

そこで、今回は定番の面白い親父ギャグをいくつかまとめてご紹介していきたいと思います。

ダジャレとの違いは?

定番の親父ギャグを紹介する前に、あなたはギャグとダジャレという言葉の違いを考えたことがありますか?

ギャグやダジャレという言葉はどちらも聞いたことのある言葉だと思いますが、人によっては全く同じ意味で使っている人がいます。

確かにどちらもお笑いに関係した言葉であり、かなり近い意味を持っているような言葉であると考えることができます。

しかしながらギャグとダジャレという言葉に関しては実は若干の違いが存在しているような言葉でもあります。

これは勘違いして理解してしまっている人がかなり多いので、ギャグとダジャレという言葉の違いについて簡単にご紹介していきたいと思います。

なので、今回をきっかけにギャグとダジャレの違いを区別できるようにしてください。

そもそもギャグという言葉に関しては「演劇や映画で本筋と直接関係なく客を笑わせるためにいるセリフや身振り」のことを意味しています。

そして、その他には「冗談よりも短い言葉、ないしは言葉の組み合わせ」などの意味を持っている言葉です。

これに関しては、あえて説明するまでもないと思いますが、普段からテレビや映画などを見ている方はある程度具体的な光景を想像することができると思います。

では、これに対してダジャレはどのような意味を持っているのかと言いますと、ダジャレは「同じあるいは非常に似通った音を持つ言葉をかけて遊ぶ」意味を持っています。

少し難しいかもしれませんが、別の言い方をすると「言葉の一部分を母音とイントネーションが同じ語、母音が同じ語、同音異義語をあてはめる」という意味になります。

つまり、近い意味を持っている言葉として韻を踏むという言葉であると考えられます。

ラップなどでは韻を踏んで歌を歌ったりしますが、それと同じように同じような韻を踏んで言葉で遊んだりすることをダジャレと表現したりするということです。

なので、両方とも言葉を使った遊びのようなものではありますが、意味合いとしては同じ意味合いではなく、若干違った意味合いを持っている言葉であると考えることができます。

なので、ギャグとダジャレが同じような意味を持っていると解釈していた方は、意味自体は異なるということを覚えておいてください。

その上で、親父ギャグとはいったいどういうものなのか、ということをご紹介していきます。

誰もが聞いたことのある親父ギャグ15選


先ほどお伝えしたように、ギャグとは「演劇や映画で本筋と直接関係なく客を笑わせるためにいるセリフや身振り」という意味を持っている言葉です。

そのギャグという言葉に親父という言葉がついているので、意味合いとしては親父が放っているギャグという解釈をするのが一般的であると考えられます。

しかしながら、実は親父ギャグに関してはダジャレの要素なども含まれて表現されている場合がほとんどです。

元々ダジャレやギャグなどに関しては、1980年代まで一般的に使われており、たくさんの人が楽しみを求めて積極的に使用していました。

しかしながら、いつしかそのような習慣なども薄れていってしまい、新しい世代からしてみればつまらないネタとしてとらえられるようになってしまいました。

そして、ダジャレやギャグなどを使っていた世代が年を積み重ね、中高年になってからは否定的な意味合いも込められ、親父ギャグという言葉を使用されています。

これがおやじギャグという言葉が使われるまでの背景であり、意味合いでもあります。

それらを把握いただけたところで、ここからは具体的に誰もが一度くらいは聞いたことがある親父ギャグをご紹介していきたいと思います。

親父ギャグに関しては一見するとつまらない、安直すぎるという印象を持ってしまいます。

しかしながら、頻繁に使わないであえてさらっと使うことにより、逆に面白みを含ませることもできます。

つまらないという印象が先行してしまっているので、逆に使っている人がいないからこそ、今は新鮮なイメージにもつながります。

なので、使い方さえ間違えずに使えば面白い要素をふくませることは可能です。

なので、あえて普段の会話の中で取り入れて、会話にユーモアを含ませられるようにチャレンジしてみてください。

ありがとうがらし

まず初めにご紹介する誰もが聞いたことのある親父ギャグの一つとして「ありがとうがらし」というギャグが存在しています。

このギャグは「ありがとう」という言葉と「とうがらし」という言葉の韻を踏んだダジャレとして知られています。

そもそもダジャレには「言葉の一部分を母音とイントネーションが同じ語、母音が同じ語、同音異義語をあてはめる」という意味合いが存在しています。

なので、それをうまく活用した例文であると考えることができます。

基本的には相手に対してお礼を伝えたりする際に使用されたりすることがほとんどです。

一見するとつまらないように感じるかもしれませんが、さらっと使うと逆にじわじわ笑えてくるような親父ギャグでもあります。

もともと相手に対してありがとうという言葉をつかったりする事は機会としては多いですし、ありがとうと伝えられて嬉しくない人はいないはずです。

なので、悪いように捉えられること自体は少ないですし、ありがとうという気持ちとユニークな気持ちなども伝わるようになりますので、便利な例文でもあります。

相手と距離を詰めたいときや、相手を笑わせたいときに、気軽につかってみると良い効果を得られるようになるはずです。

アルマーニじゃあるまいに

次にご紹介する誰もが聞いたことのある親父ギャグの一つとして「アルマーニじゃあるまいに」というギャグが存在しています。

このギャグは「アルマーニ」と「あるまいに」という言葉の韻を踏んでいるダジャレとして考えることができます。

もともとアルマーニとはブランドの一つであり、ファッションブランドやレジャーブランドとして知られている高級ブランドです。

そして、あるまいに、という否定的な言葉をうまく組み合わせている例文として知られています。

なかなか使いどころが難しい親父ギャグであり、使い方を間違ってしまうと一気に寒い空気になってしまうことが予想されるので、使い方を間違いないように注意してください。

日本においてはアルマーニは最近注目を浴びており、ある小学校の制服がアルマーニのブランドを指定していることで持ち切りになっています。

しかしながら、だからといって安直なギャグを披露してしまうとギャグにユーモアがないと判断されてしまいかねないので、注意して使用するようにしてください。

椅子に座っても、いいっすか?

次にご紹介する誰もが聞いたことのある親父ギャグの一つとして「椅子に座っても、いいっすか?」というギャグが存在しています。

このギャグは「椅子」と「いいっすか」という言葉の韻を踏んでいるダジャレとして考えることができます。

そのままの意味の通り、椅子に座ろうとしているときに相手に対して許可を取ったりする際に使用したりする場合がほとんどです。

職場においては、当然ながら自分自身のデスクが用意されているのがほとんどですし、椅子がない職場というのは通常考えられないですよね。

なので、椅子がある場所においてはどこでも使用することができる利便性の高い親父ギャグでもあります。

しかしながら、先ほどからお伝えしている通り、あまりにも連発しすぎるとくどいので、逆にここぞというときに使用したほうが面白みを含ませることができます。

先輩に対して使用すると人によってはバカにされていると思う人もいるかもしれませんので、距離感が近い先輩に対して使用するのが望ましいといえます。

また、逆に後輩に対して使用してみると、親近感を沸かせたり、後輩に対して敬語でギャグをいうということのシュールさも相まって面白さが増すはずですよ。

なので、どのように使うのかということまで考えてみると面白さが変わってくるので、注意して使ってみてください。

トイレにいっといれ


次にご紹介する誰もが聞いたことのある親父ギャグの一つとして「トイレにいっといれ」というギャグが存在しています。

このギャグは「トイレ」と「いっといで」という言葉の韻を踏んでいるダジャレとして考えることができます。

本来であれば正しくは「トイレにいっといで」という言葉になりますが、最後の語尾をあえて「といれ」にすることで韻を踏んでいるギャグです。

このギャグに関してはかなり有名であり、知らない人はいないほど有名なギャグだといえます。

実際に、一度くらいは使用したことがある人がほとんどだと思います。

それくらい有名なギャグなので、普通に使ってもあまり面白みは感じられないようなギャグになっています。

なので、あえて使いどころを変えてみたり、ここぞというときに使用してみるとウケを取れたりするようになるはずです。

頻繁に使うと嫌がられたり、ウザがられたりすることになってしまうので、その点には注意してください。