CoCoSiA(ココシア)

40歳で彼女ゼロ、それでも出会いはある?


 
年をとるというのはあっという間ですよね。

つい最近まで、20代だったのに…いや30代だったのに…気づけば自分はもう40歳になっている…。

そんな40歳のアナタ!「もう40歳だから」なんて人において、恋愛を諦めてしまっていたりしていませんか?

40代になってくると、特に独身の方であれば、”一人という人”という単位で、

何をしたいのか、本当にこのままの人生でいいのかなんて思い始める方もいるでしょう。

また、40歳にもなれば、昔からの友人や会社の同期は結婚を済ませ、何人かの子どもを持っている方もいるでしょう。

しかし、最近の日本では晩婚化が進んでおり、40歳になっても結婚しない男性や女性が増えています。

結婚どころか恋人がいない、なんていう40歳代の方も増えています。

周りは既に幸せそうな家庭を築いている状況で自分だけが独り身だとなんだかこの先が心配になってしまいますよね。

恋人ができるのか…そのお相手とは結婚することができるのか?親が元気なうちに孫の顔を見せることが出来るのか?なんて考えてしまったり。

そのように悩んでしまう原因として「40歳で恋人いない」というのがオカシイと思い込んでいることが見受けられます。

実はそんなことはちっとも問題ではありません。

人は本気で何かを始めることが出来れば、そこから再スタートを切ることができるのです。

この記事では40歳になっても恋人ができる、その前に出会いを見つける方法をご紹介します♪

この記事の目次

40歳なのに「いない歴=年齢」なんです

最近の日本では”独身貴族”なんて言葉がとあるドラマが放送されてから、よく使われるようになって来ましたね。

この言葉が流行るくらいに日本では独身の方が増えています。

晩婚化が進んでいることは、よくニュースや雑誌のトピックでも取り上げられているので詳しい方もいらっしゃるのでは?

そのような独身の方々の中には、自ら進んで”結婚しない””結婚したくない”方と”したくてもできない”方に分かれています。

結婚をしたくても出来ない方は、理由としては経済状況が落ち着いていないからということで結婚を避けてしまいがちなのですよね。

もしかしたら、現在40歳の方も、以前は結婚を考えた恋人がいたかもしれませんが、そのような状況で結婚しなかった経緯があるかもしれませんね。

または、年齢が恋人いない暦と同じ方もいらっしゃることでしょう。

今まで何度か恋愛のチャンスはあったけれど、そのときには恋愛に興味がなかったり、自分に自信が持てずに恋愛に至らなかったり…。

様々な理由があるかと思います。

でも、40歳のアナタがこれから恋愛を始めよう、始めたいと思う気持ちは全くおかしいことではありません。

「もう40歳なのに恋愛なんて恥ずかしい」と思っているのならば、勘違いです。

20代、30代から見れば40代は年上で年を取っている感覚になりますが、60代や70代の方から見れば40代はまだまだ若いのです。

年齢というのは、気持ちの持ちようなのですね!ですから恋愛したい、恋愛しようという気持ちがある方はその気持ちを大切にしてほしいですね。

40歳からの出会いが大変な理由

40歳とはいいつつも恋愛をしたい方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

さきほど、恋愛したい気持ちがあっても諦めないでほしいという旨をお伝えしました。

しかし、そのような方でも恋愛できない何か要因をココロに持っているのではないですか?

ある理由や原因が、40歳の出会いを大変なものへとしてしまっている現実があります…。

それはいったいなんなのか見てみましょう!

恋愛テクニックがない

人というのはある程度の年齢になれば何回かはお付き合いをしたことがあったり、お付き合いとはいはなくてもその直前まで至ったことがある経験がほとんどだと思います。

しかし、40歳になっても恋愛経験がないというのは、恋愛に元から興味のない体質であるか、

はたまた好きな人や気になる人ができたけれど、一歩先の関係に行くことができなかったのでしょう。

後者の場合、それはアナタに恋愛テクニックがなかったり、恋愛テクニックが乏しいのでしょう。

若い頃に何度か小さな恋愛でも経験しておけば、その恋愛が長続きしなかったとしてもその後の恋愛に反省点として以前の恋愛を生かすことができますね。

でもそのような経験されも乏しいために反省点どころか、恋愛がどのようなものかを把握できてないこともあるのでは?

【恋愛テクニックについては、こちらのモテる方法をチェック!】

一部のイベントが利用できない

若い頃は、一部のイベントにも気兼ねなく参加することが出来たはずです。

しかし、年齢をとっていくごとに、その一部のイベントには若手の社員や部下がドンドン増えていきますね。