CoCoSiA(ココシア)

恋愛で相手の気持ちがわからない時の7個の対処法


気になる人がいる、恋人がいる。

そんな人へ向ける「好き」の気持ちは、通常ならばとても前向きで明るいものです。

しかし、急に「相手の気持ちがわからない…」となってしまった経験はありませんか?

「どうして今、そんなことを言ったの?」「何を考えているの?」…など。

話をしていても、相手の感情がイマイチ理解できず、せっかく一緒に過ごしている時間なのにモヤモヤする割合が増えてしまった経験がある人も少なくないはず。

相手の態度や言動に分からないことが多いと、何を話しても釈然とせず、他のことまで楽しく感じられなくなってしまうんですよね。

こうなってくると、好きでいる理由さえも分からなくなります。

「恋愛ってつらいなあ」「恋愛ってこんなに大変だっけ?」と自分の感情に自信が持てなくなることもあるでしょう。

しかし、最初から諦めるのはまだ早いですよ。

まずは、自分の「好き」という気持ちを信じて、相手を理解するためにもう少し頑張ってみませんか。

恋愛で相手の気持ちがわからない時の7個の対処法

恋愛をしている時は、独り身の時と違って、気にかけるものが2つになります。

普段の生活でも、自分のことだけでなく、大切なパートナーのことを考えることが多くなりますよね。

時には、恋人の目線で物事を考えてみたりしながら、気持ちに寄り添って、相手のことをより深く知ろうとすることもあるはず。

これは、出来る限り相手の目線に合わせて、親身に支えていきたいという想いからの行動ですよね。

相手のことを誰よりもよく熟知して、考えを共有し合えるような「良き理解者」となることは、恋人としての目標でもあり、理想でもあります。

しかし、世の中には恋人同士の間で、越えられない壁を感じて悩んでいる人が沢山います。

理解したいと思っていても相手の気持ちが読めず、何を考えているのか分からない…という複雑な悩みは少なくありません。

人はそれぞれ、考え方も価値観も異なるので、はなからすべてを知り尽くしている人間はいません。

しかし恋人として長い時間を共にし、絆を深めていく過程で、自然とある程度、互いの気持ちが感じ取れるようになることが普通です。

いわゆる「ツーカーの仲」と言われるもの。

言葉がなくても、互いのことなら何でも分かる!…という関係に憧れている人も多いでしょう。

理解しようと努力しているのに、なかなか距離が縮まらず「パートナーのことが分からないなんて、恋人失格なんじゃ…」と落ち込んでいる人のために、今回は相手の気持ちが分からない時の対処法や、良い関係を築いていくコツを紹介いたします。

1、正直な気持ちを話すようにする


まず第一に「分からない」という気持ちを自分の中だけで抱え込んでいる時点でアナタの対応はNG!

アナタが気持ちを隠していたら、相手だって同じように「分からない」と感じてもおかしくありません。

もしかすると、互いに様子をうかがいあっているのかも。

隠し事なんかしていたら、ツーカーの仲には程遠いですよ。

恋人同士ならばなおさら、正直な気持ちを伝え合える関係になれるよう、勇気を持って踏み込んでいかなくてはいけません。

もし、踏め込めないままでいたら、相手の本質を理解できないまま終了を迎える可能性が高くなります。

無理をしている恋愛の「好き」の気持ちは長続きしません。

こちらが正直に話せば相手の話し方も変わる

相手を知ろうとするには、先ず自分がから心を開いて、常にオープンな状況を作り出しましょう。

相手を探っている時は、探っていることを悟られないよう心を閉ざして気持ちを誤魔化しがちになります。

こちらが本心を見せていないのに、相手にだけ「分からない」と言うのは理不尽です。

「自分を分かってもらう努力」をすることで、相手の態度も徐々に変わるでしょう。

まずは、「もっとアナタを知りたい」「気持ちが分からない時がある」と言葉にしてみてはどうでしょうか。

相手の嘘が見抜けるようになってくる

相手と本音で話せるようになれば、嘘が出た時に見抜けるようになります。

飾っていない普段のナチュラルな態度を知っていれば、緊張している時や不安な時の変化にも気付くことができるでしょう。

外であまり親しくない人といる時は、多少なりとも気を遣ったりしているものなので、なんの警戒もしていない素の表情を知る相手は極一部なんです。

お互いに、心をさらけ出して本当の姿を共有し合うことが、相手の気持ちを知るための第1歩になります。

2、分かりにくい部分は納得するまで聞き返す

人の感情とは、この世の全員がオリジナル。

まさに千差万別なので、誰1人として全く同じ感情を共有している人はいません。

みんな違う感性を持っているので、それぞれ気持ちの感じ方や表現方法は全くもって異なります。

例えば嬉しい時や悲しい時のリアクションだって、全員が同じわけではありませんよね。

同じ映画を見たとしても、すべての人が同じ感想を抱くことはなく、「良い」という人もいれば「微妙」という人、「全然ダメ」という人もいます。

感情の振り幅やその表れ方が違うということを理解したうえで、相手の気持ちをきちんと知る努力がしたいですね。