CoCoSiA(ココシア)

天使とはどういう意味?天使のような人の19個の特徴や天使のような女性になる方法、使い方・例文・類語・対義語・英語表現を紹介します。

天使とは、神様の使いとされる聖なる存在ですよね。

あなたの周りに、そんな天使に例えられるような素敵な人は居ませんか?

今回は天使とはどういう意味なのか、天使のような人の特徴や天使のような女性になる方法、使い方・例文・類語・対義語・英語表現を紹介していきます。

天使のような人の特徴を押さえれば、あなたも慕われ敬われ愛される天使のような人になれるかもしれませんよ。

️「天使」とはどういう意味?

天使とは「①天界にあり、神の使者として人間に神意を伝えたり、人間を守護したりすると信じられるもの。」「②心の清らかな、やさしい人のたとえ。」「③天子の使者。勅使。」という3つの意味を持ちます。

信仰する宗教によって、その解釈が多少異なるものの基本的には「神の使い」だという認識で共通しているようです。

ただし、その中にも様々な階級があったり神様に反逆して堕天使となるような神話も存在しています。

「天使」と最初に聞いて想像するのは赤ちゃんの姿をしたキューピッドが多いのではないでしょうか?

しかし、天使には大人の姿をした存在も居て、基本的に性別はないようです。

また、明らかに女性のように描かれている場合でも胸がなかったりと中性的な表現をされる事が少なくありません。

️天使ってどんなイメージ?

一概に「天使」といっても様々な神話に登場しているだけあって、神話の数だけ天使のイメージも全く違うものになっているのをご存知でしょうか?

あなたにとって「天使」とはどんなイメージの存在ですか?

神々しい!

キリスト教における天使は神からの使いとされています。

その為、神の従者として神々しい神聖なイメージもありますよね。

旧約聖書の中では、人間が歩む道全てを守る天使が存在する事もあり、信仰の対象として神と共に人間に加護を与える神聖な存在であるとされています。

優しくてふわふわしている

有名な絵画などでも、天使は赤ん坊の体に純白の羽が生えている偶像が多いです。

その為、優しく温厚でふわふわとしているイメージがありませんか?

まさに赤ちゃんをイメージしてしまうので、抱きしめてみたくなる存在でもありますよね。

もの凄く大きな天使も居る?

ユダヤ教においての天使は「遣わす者」という意味を持ちます。

この辺りに関してキリスト教と大差無いのですが、ユダヤ教における天使サンダルフォンは何とその背丈が世界の半分程に達してしまうと言われています。

今までイメージした天使の偶像を真っ向から叩き壊される様なイメージですよね。

これ位に信仰によって天使のイメージも全く変わってくるのです。

️天使みたいな人の特徴19個

「まるで天使みたいな人だなぁ」と言われる人には、神々しい存在であったり、愛される存在、敬われる存在など様々な意味が含まれています。

そんな天使みたいな人の19個の特徴を解説していきますね。

1.笑顔が輝いている

花開くような輝く笑顔をしている人は、天使のように愛らしく思いますよね。

そもそも、子どもの笑顔を「天使みたい」と例えるように「綺麗」というニュアンスよりかは「可愛い」というニュアンスの方が近いかもしれません。

笑顔が輝いている人は周りの人の心まで明るく照らしてくれるので、幸せな気持ちを運んでくれるという意味でも天使に例えられるのかもしれませんね。

2.容姿や雰囲気が美しい

見目麗しく容姿や雰囲気が美しい人を天使のようだと感じる人も多いです。

どちらかと言えば「女神のようだ」というニュアンスに近いものがあるかもしれませんね。

外見を着飾る華やかさよりも、生まれもった美しさや質素な恰好をしていても滲みでるオーラのようなものを持つ人が当てはまると言えるでしょう。

3.誰にでも優しい

神様は常にどんな人にでも平等です。

そんな神様の使いである天使に例えられる人は誰にでも平等に優しい人が多いです。

偏見を持たずに、自分の意思をしっかりと持ってどんな人にでも優しくできる人はまさに天使のような人だと言えるのではないでしょうか?

4.話し上手なのに聞き上手?!

誰にでも優しい事に通じる部分もありますが、誰にでも優しく天使のような人は大抵話し上手で聞き上手です。

これは人に好かれる才能を持っているとも言えますよね。

優しくて話し上手で聞き上手、そんな人が居たら好きにならない訳がないです。

誰からも愛される存在として天使に例えられている場合も少なくありません。

5.美しい透き通る声

「天使の歌声」なんて言われる言葉がある程、美しく透き通る声は神々しいものだとされています。