笑顔が可愛くて、明るくて、可愛くて、男女問わず人気がある子…♡

その子がいるだけで、その場の雰囲気が明るくなり、盛り上がる。

どんな女性でもそんな素敵女子になりたいと思うはずです。

おしゃれで可愛くて、性格がよくて、誰からも憧れの存在。

素敵な彼氏がいて、幸せそうな人生を送っている素敵女子。

長い人生を生きるなら、そんな素敵女子としていきたいと思う人はおおいのではないでしょうか。

しかし、素敵女子がいる裏で、世の中には、幸が薄い女性というのが存在します。

その女子がいるだけで、周りの雰囲気が悪くなり、暗い空気がドヨーンと漂う、そんな女子が存在しているのも事実。

薄幸女子というのは、どうしても周りから避けられがち。

恋人どころか友達おらず、いつも一人ぼっち…。

あんな人生は送りたくないなと思われがちです。

同じ女子なのに、なぜここまで雰囲気が異なるのか…。

今回は、幸が薄い女性についてお伝えしていきたいと思います。

「幸薄そうだな」と感じる人いませんか?

その子がいるだけで、周りに重い雰囲気が漂う…そんなくらいオーラを持った、幸が薄い女子は周りにいませんか?

いつでも、暗い雰囲気で、口から出る言葉はマイナスな発言ばかり。

見た目もパッとせず、そばに行くと、その重い雰囲気にのまれそうになってしまう幸が薄い女性というのが世の中には存在します。

幸が薄い女性というのは、なぜか雰囲気にも出てしまっているもの。

パッと見ただけで、誰もがその幸の薄さに気づいてしまい、どうしても避けがちになってしまいます。

結果、幸が薄い女性というのはいつも1人ぼっちになりがち。

とはいえ、悪目立ちもしてしまうので、どうしても目に入ってしまう存在でもあります。

一緒にいると、マイナスオーラにのまれてしまうため、どうしても避けてしまいたくなってしまうのが幸の薄い女性。

なるべくであれば、関わりたくないと思う人が多いといえます。

不幸があったわけでもないのに暗い

幸の薄い女子の多くは、不幸があったわけでもないのに暗いという傾向が高いといえます。

もちろん中には、辛い思いをしたからこそ、人と接するのが怖くなっていたり、マイナス思考になってしまっている人もいます。

他人とコミュニケーションをとるのが苦手だったり、異性と接するのが苦手という人は世の中にはたくさんいます。

しかし、幸が薄い女性というのは、少し異なり、わけもなく暗い雰囲気をまとっている女性が多いというのが特徴だといえます。

幸が薄い女子の多くが、自分に自信が、他人を羨ましいと思っている傾向が高いといえます。

また、自分を卑下したり、卑屈になってしまっているため、「私なんか…。」という考えが真っ先に出てしまい、その結果周りに自分の劣等感をぶつけて、嫌な雰囲気を周りに与えてしまうというのも特徴だといえます。

誰しもが劣等感を抱えており、100%自信がある人など存在しません。

しかし、本来であれば、劣等感を見せて人と付き合うことはしません。

気を使って人と付き合っているからこそ、相手に嫌な思いをさせたり、嫌な感情を与えようとは思わないからです。

幸の薄い女性は、他人に対して気を使うことよりも、自分の感情を優先してしまう傾向があります。

相手にこんなことを伝えたら、暗い気持ちにさせてしまうのではないか?

ということを考えずに、自分の感情をそのまま発言してしまうので、そのくらい感情が、ストレートに話した相手にぶつかってしまうのです。

結果、人から避けられるようになり、更にその卑屈さは増していくという悪循環に陥っていきます。

近寄りがたい雰囲気

幸が薄い女子の多くが、近寄りがたい雰囲気をまとっています。

話しかけても、マイナスな発言しか出てこないですし、考え方がマイナス方面に凝り固まってしまっているため、マイナスな雰囲気しか漂ってこないため、近づくのをためらってしまうというのが、幸が薄い女子の特徴だといえるでしょう。

しかし、幸が薄い女子の多くが、自分が近寄り難い雰囲気をまとっていることに、あまり気づいていません。

そのため、友達がいないことを、周りのせいにしてしまったり、なんで私ばかり…という卑屈な考え方になってしまう傾向が高いといえます。

あなた自身がそう思われているかも

幸が薄い女子の多くが、自分の幸の薄さに気づいていない傾向にあります。

自分がマイナスな発言やオーラを発していることに気づかないのです。

自分に友達がいないことや、人と仲良くなれないことに卑屈になっているにもかかわらず、自分のダメなところにも気づけないというのが、幸が薄い女子の特徴。

万が一、あなた自身が「幸が薄い」と思われているのであれば、その印象は早めに脱するべき必要があるといえるでしょう。

また、あなたが、幸が薄いと思われているかどうか気づくためには、人間関係を見直してみることもよいでしょう。

友達が少ないと感じたり、今まで男性から話しかけられたりしたことがなく、いつも一人ぼっちでいることが多いのであれば、幸が薄い女子だと思われている可能性が高いといえます。

薄幸な人の12個の特徴

「幸が薄い。」と周りから思われているのであれば、その印象は早めに変えたいところ。

とはいえ、どうやれば人がまとう雰囲気を変えられるのか分からないという人も多いと思います。

実は、「幸が薄い。」と思われる女子の多くは、共通の特徴があります。

そのため、その特徴を知り、改善することが出来れば、幸が薄い女子から脱却できるのです。

では、具体的に幸が薄い女子の特徴を追っていきましょう。

1、髪の毛を手入れしていない

幸の薄い女性の多くが、見た目を全く気にしていないと言えます。

特に髪の毛というのは、人から目につきやすいところ。

そのため、髪の毛の手入れをしていない女性は、良い印象を周りに与えません。

髪の毛の手入れというのは、周りに不快な印象を与えないことが大切。

清潔にしていない、ボサボサでも平気でいるというのは論外ですし、全体がキレイに染まっておらず色がまばらになっていたり、枝毛が多く傷んでいる髪というのも、人に良い印象を与えません。

髪の毛の手入れというのは、毎日行う事が大切。

傷んでいるようなのであれば、トリートメントを使って改善をしたり、美容院に定期的にいくことも大切です。

髪の毛の手入れをしていない人の多くが、美容院に行かず、伸びっぱなしになっていたり、染めっぱなしになっている傾向にあります。

2、うつむき加減な姿勢

人と接するときの姿勢というのもとても大切。

人と話をするときは、人の目を見て話すことが大切なのですが、幸が薄い人の多くが、人と目を合わせず、うつむき加減な姿勢で接することが多いです。

うつむき加減の視線というのは、人と距離を取っている印象を与え、近寄り難くなります。

拒否をされているとも感じるため、話しかける人も減っていくのです。

3、笑顔を見せない


また、幸が薄い女性の多くは、表情もブスっとしている人が多く、笑顔を見せない傾向にあります。

本来、笑顔というのは人と接するときの礼儀。

笑顔というのは人に安心感を与えますし、話しかけやすい雰囲気というのをまといます。

一方で、笑顔をみせない人の多くは、話しかけづらいオーラーをまとうため、人が話しかけようとはしません。

笑顔を見せないと、表情が硬くなり、相手に嫌悪感をあたえるようになります。

また、拒絶している印象も与えます。

無表情というのはそれだけ、相手に拒否反応を抱いていると感じさせやすいのです。

また、一重などで、目つきが悪い人は、笑顔を見せないことで、睨んでいるという印象を与えやすくなります。

理由もないのに、睨まれていたりなどしたら、怖いと感じてしまうのが人間の性というものです。

4、不健康そうな顔

不健康そうな顔というのも、幸が薄いと感じられてしまう特徴となります。

顔が青白かったり、クマが目立っていたりすると、顔に不幸さが増します。

不健康というのは、メイクで隠すのにも限界があるため、日頃の生活というのが非常に大切になってくるといえるでしょう。

不健康そうな顔の人は、睡眠が十分にとれていなかったり、栄養がある食べ物をたべていなかったりする傾向にあります。

不健康というのは、改善できるものです。

しっかりと寝て、栄養価の高いものを食べて、適度な運動を行うことが大切だといえるでしょう。

5、話しかけるとオドオドする

また、人から話しかけられるとオドオドしてしまい、返答が上手くできなかったり、相手に不快感を与えてしまう人もいます。

他人とコミュニケーションをとることに慣れておらず、結果、人と上手くコミュニケーションがとれないため、相手と仲良くなることができないどころか、嫌な印象を与えてしまうのです。

他人とコミュニケーションをとることが苦手だと感じるのであれば、より多くコミュニケーションをとって慣れていくしかありません。

目を見て話せない人は、おでこをみて話すようにしたり、輪の中に入って、相槌をして、他人のコミュニケーションを観察するに徹するなどする必要があります。

避けるのではなく、慣れる必要があるということを肝に銘じておく必要があります。

6、無茶な頼み事でも断れない

幸が薄い女子の多くが、無茶な頼み事でも断れないという傾向にあります。

本来であれば、できないことは「無理。」と断るのが、上手な生き方です。

しかし、幸が薄い女子は断り方を知らないため、頼み事は全て受け止めてしまう傾向にあります。

無茶な頼み事を断れないということは、その頼み事を達成することもできません。

しかし、人に対して、悩みも相談できないため、蓋をあけてみたら頼み事が出来ていなかったということが多く、結果他人を困らせることとなります。

無茶だと思ったら断ることが、最終的に他人を困らせないことに繋がります。

一方で、断る事が出来ず、頼まれごとも対応できないのであれば、人に不信感を与えることとなり、結果、人間関係がさらにこじれてしまいます。

無茶だと思ったら、断ることが大切だといえるでしょう。

7、地味な服装


幸が薄い女子の多くが、おしゃれに無頓着で、地味な服装をしていることが多いといえます。

頭の中で、「私なんかがオシャレをしても…。」という気持ちでいるため、無難な服装を選ぶ傾向が高く、いつまでも幸が薄い雰囲気から脱却できずにいるのです。

服装というのは、人の印象を大きくかえます。

自分に合う洋服を身にまとうことができれば、その魅力をより引き出すことができるのです。

しかし、幸が薄い女子の多くが、その努力を怠り、地味な服装を好むため、いつまでもその印象を変えることができないのです。

8、「自分はダメだ」とよく言う

幸が薄い女子の多くが、「自分はダメだ。」という発言を多くします。

また、「〇〇ちゃんは良いよね。」と他人を羨む傾向も強いため、聞いている相手に不快感を与えるのです。

本来人は努力をして、自分の欠点を改善しています。

しかし、幸の薄い女性の多くが、自分の欠点を変える努力もせずにいます。

「自分はダメだ」という気持ちは誰しもが抱いています。

しかし、周りにその気持ちを見せることはせず、より魅力的な自分になりたいという気持ちを抱いて、努力しています。

そのため、自分の弱みを相手に伝えることは、一種のワガママであるということを気付く必要があるといえるでしょう。

相手を嫌な思いにさせるのは、空気が読めておらず、他人に気をつかえていない証拠です。

誰もが、マイナス発言よりもプラス発言を好みます。

あなたの発言が、マイナスな発言に寄り気味なのであれば、他人に嫌な思いをさせている可能性が高いということに気づく必要があるでしょう。

9、積極性がない

人と仲良くなるためには、待っているだけではなく、自分から積極的に話しかけにいく必要があります。

積極性がなく、隅っこの方で1人ポツンとおり、他人から話しかけてもらうのを待っているようでは、いつまでも人間関係は構築できません。

1人で隅っこにポツンといる女性は、悪目立ちをします。

そのため、幸が薄い女性認定をされやすく、人から避けられるようになります。

人と付き合うことが苦手だとしても、その場から遠ざかるような対応避けた方がよいといえるでしょう。

自分に積極性がないと感じるのであれば、まずは元気よく挨拶をすることから始めるのが良いかもしれません。

明るい挨拶というのは、人とのコミュニケーションの突破口になりますし、良い印象を与えます。

まずは、自分から挨拶をすること。

くれぐれも、人から挨拶をされて、挨拶を返すというのは避けることが大切だといえるでしょう。

10、「ごめんなさい」が口癖

人とコミュニケーションをとる上で大切なことは、感謝の気持ちを伝えること。

「ごめんなさい。」より「ありがとう。」と伝える方が、より良い印象を与えますし、感謝の気持ちが相手に伝わります。

幸が薄い女子の多くが、他人から何かをしてもらうことに慣れておらず、結果、他人が好意でやってくれたことに対して、罪悪感を感じてしまい、「ごめんなさい。」という謝罪が口から出てしまいます。

しかし、人は謝罪よりも感謝の気持ちをいただいた方が嬉しいと感じる生き物。

そのため、「ごめんなさい。」というのが口癖の人は、相手に対してよい印象を与えないため、注意が必要だといえるでしょう、

11、常に否定的な考えをする

相手の発言に対して、「でも…。」「だって…。」とすぐ否定的な対応をする人がいます。

しかし、これらの言語は、言い訳がましく聞こえたり、他人を否定することにも繋がります。

そのため、コミュニケーションをとる上では、否定的な言語というのは、極力避ける必要があります。

口から出る言葉というのは、その人の雰囲気を作り上げます。

プラス思考な発言をする人は、明るいイメージを持たれますが、マイナス思考な発言をする人は暗いイメージを持たれてしまいます。

他人と接するときには、否定的な考えを出すのは避けた方がよいといえるでしょう。

12、恋愛していない

明るい人生を送るために大切なことは「恋愛」をすること。

恋愛というのは、人生にハリを与え、より人生を楽しくしてくれます。

幸が薄い女性の多くが、自分なんかが恋愛できるわけがないという気持ちから、人を好きになることを避ける傾向にあります。

しかし恋愛をすると、もっときれいになりたい、相手に好きになってもらいたいという気持ちが生まれ、努力をするようになります。

結果、その恋愛が実らなかったとしても、その努力というのは、今の自分を変えてくれます。

まず、自分を変えたいとおもうのであれば、好きな相手を見つけるというのも大切な要素だといえるでしょう。

とはいえ、周りに自分の好きになれる人がいないということも…恋愛というのは無理にするものでありません。

たとえば、好きな芸能人を見つけて、ドキドキするだけでも、人生は充実するようになっていきます。

ドキドキという気持ちは、人生に潤いをあたえます。

そのため、好きな人や気になる人を見つけることは、人生を楽しむにはとても大切なことだといえるでしょう。

どうしたら薄幸じゃなくなるの?

幸が薄い女性の多くが、マイナス思考で卑屈な自分を変えることが出来ずにいます。

しかし、幸が薄い自分から脱却したいと考えている人も多くいるはずです。

誰しもが、薄幸な自分を望んでいるわけではなく、自分を変えたいと思っている人がおおいといえます。

幸が薄いという印象は、努力をすれば変えることができます。

そもそも、幸が薄いという印象は、あなたの考え方や雰囲気が生み出しているもの。

そのため、その考え方や雰囲気を変えることができれば、あなたの印象は変えることができるのです。

では、どうしたら薄幸ではなくなるのか、具体的な改善方法をお伝えしていきましょう。

外見に気を使う

まず大切なのが、外見に気を使うこと。

人は見た目が大切です。

中身が伴うことも大切ですが、最初の印象というのはどうしても外見から入りがちです。

そのため、まずは見た目を完全することから始めることが大切だといえるでしょう。

見た目を改善するために大切なのは、ファッション雑誌などで、おしゃれを学ぶこと。

そして、自分に合うものを見つけるということが大切です。

自分に合うものが分からないという人は、他人からの意見を参考にするのも良いでしょう。

例えば、美容室にいったときは、美容師さんに似合う髪型をオーダーしてる。

化粧の仕方が分からないのであれば、化粧コーナーで化粧部員さんにメイクしてもらい、化粧のやり方を教わるなど、他人の意見を参考にすることが大切だといえます。

美容師さんや化粧部員さんは、美のプロです。

より外見を良く見せる方法をしっています。

そういった人たちのアドバイスをもらうというのが、外見を改善する近道だといえるのではないでしょうか。

綺麗なる努力を怠らない

綺麗になるためには、日々の積み重ねが大切です。

メイクやファッションなども大切ですが、適度な運動をして、ボディラインを整えていくのも大切です。

ホットヨガやジムなどに通い、自分の体形を美しいものにしていくことも良いといえるでしょう。

外見に気を使うというのは、人と接するときの礼儀だともいえます。

綺麗になる努力を怠らないこと。

努力の積み重ねが、より外見を魅力的にしていきます。

人の見た目は努力次第でいくらでも改善できます。

自分なんか…とは思わずに、まずは努力することが肝心だといえるでしょう。

きちんと食べる

また、日頃の生活にも気を使うことが大切です。

不健康そうな顔や痩せすぎというのは、人間的な魅力を損なってしまいます。

そのため、きちんとしたものを食べることが大切。

スナック菓子類やジャンクフードよりも、健康によい魚や肉、野菜などをしっかりとること。

日頃の食生活が変わると、見た目というのも変わってきます。

血色もよくなりますし、体力もついてきます。

また、普段の食生活ではなかなか健康的になれない人は、サプリメントなどを頼るのも1つの手です。

サプリメントをとることにより、中身から改善できるようになりますし、普段の食生活では採る事ができない栄養も取れるようになります。

痩せ過ぎは薄幸さに拍車をかける

痩せすぎといのは、薄幸に拍車をかけます。

あなたが、自分自身が痩せすぎだと感じるのであれば、まずは食べること。

そして、体重を増やし、健康的な体系になることを目指す必要があります。

自分の適性な体系が分からない場合は、インターネットなどで調べることが大切。

また、最近は体重計などで、あなたの適性体重を教えてくれるものもあります。

痩せすぎであると、女性としての魅力は半減してしまうので、適度な体重・体系を目指しましょう。

また、逆に不摂生な生活のせいで、太り過ぎという幸が薄い女性も多くいます。

体系というのは怠けからくるもの。

自分が太り過ぎだと感じるのであれば、日々の食生活を見直し、少しずつ体重を落とすことをめざしましょう。

自分の体形がスリムになれば、自信が持てるようになれるはずです。

太っているのは、自分に対する甘えであることを自覚し、改善しましょう。

姿勢を正す

また姿勢を正すというのも大切です。

猫背だったり、うつむき気味な姿勢ですと、周りに暗い印象をどうしても与えてしまいます。

そのため、意識的に姿勢を正し、背筋をまっすぐと伸ばし、ぴんとした立ち方をするだけで、印象というのは大きく変わります。

姿勢を正すのが難しいようであれば、プロの力や道具をかりるのもよいでしょう。

整体にいくと姿勢を直してくれますし、最近では姿勢を治すグッズなども販売しています。

それらの力を借り、姿勢を改善していくのがよいでしょう。

自信を持っている歩きをする

歩き方を変えるだけでも印象というのはかわります。

薄幸の人の多くが、オドオドした歩き方をしており、自信なさげな歩き方をしています。

そのため、少しでも自信を持っている歩き方に変えること。

周りを気にせず堂々と歩くように改善することで、印象というのがガラリと変わるはずですよ。

笑顔の練習をする

顔の表情で一番大切なのは笑顔です。

笑顔でいるだけで、その人の顔の魅力は何倍も増します。

モテる女性というのは、美人な人が多いのではなく、笑顔が可愛い人が多いと言われています。

表情が素敵なだけで、その人の魅力は高まっていくのです。

そのため、笑顔の練習をすることが大切。

鏡を見ながら、口角をあげる練習をすることで、あなたの顔の魅力というのは増していきます。

笑顔に自信がないから…などと言わず、笑顔でいることを心掛けましょう。

無表情でいることが多い人ほど、表情筋が衰えている傾向にあります。

最初は笑顔でいることは、非常に疲れるかもしれません。

しかし、魅力的な顔に改善するには努力が必要です。

自然な笑顔がいつでもだせるように、笑顔でいることを心掛けてみましょう。

【笑顔を上手にするための方法は、こちらの記事もチェック!】

笑顔は周りも幸せにする

笑顔というのは、周りを幸せにする力を持っています。

笑顔の魅力というのは、パワーが計り知れません。

笑顔でいることで、周りに良い印象を与えますし、明るいイメージを与えます。

また、話しかけやすいオーラも出てきます。

明るい格好をする

幸が薄い女性の多くが、地味目な恰好をしがちです。

派手目な恰好をすることが怖くて、地味目な洋服に手を出してしまう傾向にあります。

しかし、明るい恰好をすることで、周りの印象はガラリとかわることもあります。

地味目な洋服を選びがちな人は、パステルカラーなどの明るい色を選んでみましょう。

自分で洋服を選ぶことが困難と感じるのであれば、お店に行った時に、店員さんに自分に合う洋服を相談してみるのも 一つの手段です。

たとえば、スカートだけを試着し、「このスカートにあうトップスはありますか?」と伝えると、店員さんが似合う洋服を出してきてくれます。

また、店員さんが身に着けている洋服と同じものを買うのも良いでしょう。

店員さんは、オススメな服を身に着けていることが多く、そのファッションを真似することで、流行に追いつくこともできます。

お洒落を知るためには、真似することも大切だといえるでしょう。

メイクも明るいものに変える

また、メイクも明るいものにかえるのもよいでしょう。

チークなどは、ほんのりピンクなものを使うと、可愛らしくて健康的な印象を与えます。

また、口紅などもラメなどが入ったものを使うと、より健康的にみえるようになります。

印象を変えるのであれば、まつ毛エクステをつけてみるのもよいでしょう。

目の印象が強くなりますし、ぱっちりした目に見えるようになります。

目の印象があまりない人なのであれば、カラーコンタクトを利用したり、二重にするアイプチなども使うのも一つの手段。

目の印象というのは、メイクで改善することができます。

また、ネイルなどもしてみると、手元に自信が持てるようになります。

歯並びなどに自信がないのであれば、お金をかけてでも矯正をするというのもよいでしょう。

歯並びが整うだけで、顔の印象は大きく変わりますし、表情なども綺麗に見えるようになります。

最近は、目立たない矯正なども増えてきているため、多少お金をかけてもトライするのも大切です。

自分の印象を変える方法というのは、たくさんあります。

そして、見た目は努力次第でいくらでも変わります。

綺麗な自分に近づけていけば、それだけ自分に自信が持てるようになるはずです。

結果、自分に自信が持てるようになれば、明るい性格にもなれますし、人と接することに対しても嫌悪感を抱かなくなるようになるかもしれません。

他人と比較し過ぎない

そして、一番大切なのが、他人と比較し過ぎないこと。

他人を羨ましがって、卑屈になっているようでは、いつまでの幸が薄い女を脱却できません。

誰だって欠点もありますし、人に言えない悩みを抱えてます。

しかし、それを周りに見せることはしません。

他人と比較して、自分の人生に目を向けないのでは、楽しい人生を送れなくなってしまいます。

他人と比較せず、自分が楽しめる趣味などを見つけ、自分自身の人生を充実させることが大切。

習い事を始めてみたり、特技を身に着けることで、人生はより充実していきます、自分に自信が持てるようになります。

自分の良い所を見つけてあげる

また、自分の良いところをみつけて、自分を好きになってあげるというのも大切です。

幸が薄い女性は、自分の欠点ばかりに目が行きがち。

でも、自分の良いところ必ずあります。

例えば、料理が上手だったり、何かに詳しかったり、勉強ができたり…そういった自分の良いところをたくさんみつけて、自分に自信をつけましょう。

自分に自信をつけることにより、マイナスの雰囲気から脱却することができるようになります。

自分の一番のファンは自分自身であることが、楽しい人生を送るために大切です。

自分以上に自分のことを好きなってくれる人はいないということを自覚すること。

だからこそ、自分が一番自分を好きでいてあげる必要があるということを自覚しましょう。

振る舞いを気を付けるだけで幸せオーラを生み出せる

幸が薄い女性の多くが、卑屈になり、自分に自信が持てず、他人を羨むという悪循環に陥っています。

しかし、人生というのは他人と比較して生きるのではなく、自分自身が楽しいと思うことを選んで生きていく方が、ずっと充実していきます。

振る舞いを気を付けるだけで、印象が変わります。

結果、周りのあなたに対する印象も変化するようになり、人間関係も改善されるようになります。

幸が薄いと感じる人の多くが、自分自身で自分を貶めている傾向にあります。

考え方を変えるだけで、人生は充実できるのです。

幸せな人生をおくるためにも、あなた自身が、まず自分に自信をもつことが大切。

考え方ひとつで、あなたの人生というのは、より良いものになっていくはずですよ♪