私たちが普段何気なく使っているような日本語の中には、様々な意味合いが含まれている言葉が数多く存在しています。

言葉の意味は絶対に一つだけというわけではなく、場合によっては複数の意味が存在しており、様々な場面で使い分けられる利便性が高い言葉などもあるということです。

しかし、これは言い換えてみると複数の意味を持っている難しい言葉であるとも考えることができます。

言葉を考えてみると、想像以上に様々な言葉が存在しており、それらの言葉の意味をすべて把握するのはとても難しいことです。

しかしながら、意味が分からないまま放置してしまうのも良いことではありません。

特に、社会人になれば難しい表現の言葉などを扱ったりするような場合なども増えてきますし、ビジネスに適した言葉遣いをするように求められるようになります。

そうなったときに、ある程度言葉の意味や使い方などに関しては理解しておかなければいけませんし、知らないことは時に大きな弱点になってしまいます。

なので、少なくともビジネスの場面において用いるような言葉や言葉の意味などは理解しておく必要性があります。

そこで、今回はビジネスの場面においても頻繁に用いられる言葉である先日という言葉をテーマにして、先日という言葉の意味や使い方についてご紹介していきたいと思います。

おそらく大抵の方は、先日という言葉をこれまで一度くらいは使ったことがあると思います。

しかし、先日とはどういう意味なのかを正しく把握して、間違いなく使っている、もしくは説明できるという方がどれくらいいるのでしょうか。

考えてみれば考えてみるほど、わからなくなってくるような言葉でもありますので、この機会に正しい意味を認識できるようにしてください。

先日とは

あなたは先日という言葉を考えてみて、正しくその意味を理解していますか?

そもそも先日という言葉は、日常会話の中でも頻繁に用いられたりするような言葉として考えられています。

例えばプライベートの場面においても先日という言葉を使ったりするようなことは多くあると思います。

なかなか親しい間柄に対して使ったりするような言葉ではないかもしれませんが、目上の人や年上の人と会話をする上で用いたりするような使い方をすることが多いはずです。

そして、もちろんビジネスのシーンにおいてもそれは同様であり、むしろビジネスのシーンにおいてはかなり頻繁に多様される言葉であるともいえます。

なので、少しかしこまった言い方のひとつとして考えることができます。

この先日という言葉ですが、簡単な意味に考えられがちですが、実はかなり細かいところまで考えてみると、深い意味を持っている言葉でもあります。

表面上の意味しかとらえられていない場合などが多いのですが、深い意味まで考えてみると今まで知らなかった意味を知れたりするようなことにもつながります。

なので、この機会に先日という言葉が持っている意味や、基本的な使い方をおさらいし、間違いない言葉遣いができるように心がけてみてください。

意味を把握できれば、正しい言葉遣いにもつながりますし、正しい日本語を用いることができるようになり、確実に語彙力は向上するはずです。

言葉遣いは人間性を表したり、自分自身の評価にも直接的につながるようになります。

特に目上の人と会話をするときには非常に重要な判断材料にされる場合などもあります。

なので、早い段階で意識をしておけば自分の印象をよくすることにつながるので、覚えておきましょう。

先日の意味


先日という言葉の意味を考えてみると、あなたはどのような意味があると想像しますか?

おそらく先日という言葉の意味がわからないという方はあまり多くないと思います。

なぜならば、先日という言葉に使用されている漢字などから、ある程度意味合いが想像できるようになるからです。

先日という言葉は漢字の通り、先の日にちという漢字が使用されています。

先という言葉を考えてみると、一般的にはこれから先、未来を想像させるような言葉ではありますが、先日という言葉に置き換えると意味は逆になります。

つまり、先の日にちということはすでに起こりえた日にちのことであり、過去のことを意味しています。

なので、未来ではなく過去に対して使用されるような言葉であり、それを踏まえて考えてみれば意味がある程度分かるはずです。

その上で、先日という言葉が持っている基本的な意味合いをいくつかご紹介していきたいと思います。

自分自身が想像する先日という言葉の意味と当てはまっているかどうか、確認してみてください。

近い過去

まずはじめにご紹介する先日という言葉の意味は「近い過去」という意味が挙げられます。

これはどういうことか言いますと、その意味の通り近い過去、つまり近い過去の日にちを意味していると考えることができます。

先ほど申し上げた通り先日という言葉に使われている感じは先の日にちという漢字が使用されています。

そして、先の日にちとは言い換えてみればすでに起こりえた日にちのことであり、過去の日にちを意味しています。

つまり、近い過去の日にちを先日という言葉で表現することができ、そのような意味合いで解釈することができる言葉であるということになります。

一般的に考えて過去の日にちを表す表現というものはいくつか存在しています。

例えば、一日前のことを表すのであれば昨日という言葉で表現することができますし、二日前のことであればおとといという言葉で表現することができます。

しかし、三日前や四日前などに関しての表現はあまり多くの方が表現しにくい言葉になりますし、正確な日にちなどを覚えていないことなどもあると思います。

そのような時には、正確な日にちは覚えていないにしても、過去に起こりえたことである確証を持っていれば先日という言葉で表現することができるということになります。

なので、非常に利便性が高く、様々な場面において表現できる言葉であるということがお分かりいただけるはずです。

しかし、ここが難しいポイントであり、過去の日にちに対して表現できる言葉であったとしても具体的な日数を把握していない方が多いです。

あまりにも過去のことに対して使用するのは果たして適切なのか?ということが大きなポイントになってくるということです。

この点に関しては後程詳しくご紹介していきます。

この間

次にご紹介する先日という言葉の意味は「この間」という意味が挙げられます。

この意味合いに関してもそこまで難しくない言葉の意味であると考えることができます。

なぜならば、先ほどご紹介した先日という言葉の意味合いとそこまでかけ離れてる意味合いではないからです。

むしろ、先ほどお伝えした先日という言葉の意味である「過去の日にち」とほぼ同じような意味で解釈をすることができます。

プライベートのシーンがあったりビジネスのシーンにおいて先日という言葉を使ったりする際は、ほぼこの意味合いでもちいられることがほとんどだと思います。

例えば、数日前に会った人間に対して、先日はありがとうございました~というような文章で表現することができます。

これは意味合いとしては「先日はありがとうございました~」というような意味合いで解釈ができますし、伝えることができます。

もちろん慣れ親しんだ相手に対してはそのままの意味でこの間はという言葉で表現することができますので、あくまで目上の人に対して使う場合という意味に限られます。

知っておけば、様々な表現で言葉を組み合わせることができますし、適切な表現をすることができるようになりますので、覚えておきましょう。

先日は何日前から使える?


ここまでは先日という言葉の基本的な意味合いについてご紹介していきました。

ある程度先日という言葉が基本的な意味合いを理解いただけたところで、ここからは先日という言葉の深い部分に関して考えていきたいと思います。

先日という言葉で表面上の意味としてもそこまで難しい意味合いではありません。

先ほどご紹介した通り、過去の日にちのことに対して用いたりすることができるため、非常に使いやすい言葉の一つでもあります。

しかしながら、先日という言葉を使う場合、どれくらいの過去まで使用できるのか?ということが曖昧になっているのに使っていることがかなり多いです。

例えば、過去の日にちに対して使用したとしても、あまりにも過去すぎるとどうしても違和感を感じさせてしまう結果になってしまうということです。

当然ながら、数日前に会った人に「先日はありがとうございました~」といわれるのは違和感を感じるようなことはありません。

しかし、数か月、数年前にあった人から「先日はありがとうございました~」といわれると違和感を感じてしまいますよね。

なので、この具体的な過去の日にちの切り分けが難しく、やみくもに過去の日にちのことを表現していると間違った使い方になってしまうということになるのです。

なので、どれくらいの過去のことを表現できるのか、具体的な定義などについて理解をしておく必要性があるということになります。

辞書で調べても具体的な日にちは書かれていない

先日という言葉がどれくらいの過去の日にちを表現することができるのかということについて考えていきたいと思います。

しかしながら、先日という言葉を辞書で調べてみても、過去の日にちの具体的な定義については書かれてはいません。

なので、具体的な指標というものは残念ながら存在していないということになっています。

しかし、だからといってかこの一日全てを先日という言葉で表しても良いのかとなると決してそうではありません。

そもそも私たちが用いている日本語に関しては具体的な定義が曖昧になっているような言葉などがいくつか存在しています。

しかしながら、具体的の定義が曖昧になっている言葉であっても私たちはそれらを上手に使いこなしています。

なぜならば、自然と自分自身の感覚に伴って言葉を選んで使用しているからです。

実際に、先日という言葉を使う場合、あまりにもかけ離れた日にちのことを意味して使っている人はあまりいないと思います。

なんとなく、この日にちなら大丈夫、この日にちだと離れているので使わないほうがいいなと考えながら言葉を選んでいる人のほうが多いはずです。

なので、自分自身の感覚を考慮しながら、言葉を選ぶようにしなければいけないということになります。

目安としては数日前から1ヶ月程度?

先日という言葉を使う場合は自分自身の感覚を感じながら言葉を選ばなければいけないということをお伝えいたしました。

しかしながら、普段から使い慣れてる人であればその感覚がわかるかもしれませんが、これまでに先日という言葉を使ったことがない人からしてみれば違和感を感じると思います。

そこで、先日という言葉の具体的な定義が明確にされていないながらも、簡単に使い分けられる目安についてご紹介していきたいと思います。

まず、先ほどもお伝えした通り先日という言葉は数日前や数週間前であれば問題なく使用することができます。

具体的に過去の日にちの記憶などがはっきりとしている場合は、先日という言葉を使用したとしても違和感なく使用できますし、受け取ることができます。

しかし、記憶が曖昧になってしまっていたり、あまりにもかけ離れた過去に日にちのことになると違和感を感じたりしてしまう結果になります。

なので、使い分けのラインとしては大体1ヶ月くらいが目安になるといえます。

1ヶ月程度ならばまだ記憶としては残っていますし、先日という言葉を使われても違和感はありませんよね。

しかし、2ヵ月、3ヵ月前に会ったのに先日という言葉を使われると少し違和感を感じ始めるようになるはずです。

なので、1ヵ月程度が先日という言葉の使い分けのラインになるということを覚えておき、明確な使い分けができるようにしておきましょう。

先日に似た言葉

先日という言葉の具体的な使い分けができるようになったところで、ここからは先日という言葉に似ている言葉についていくつかご紹介していきたいと思います。

そもそも、先日という言葉の意味自体はそれほど難しい意味ではなく、私たちが日常生活の中で頻繁に使っている言葉の意味でもあります。

例えば、先ほどもお伝えした通り過去の日にちであれば、昨日やおとといなどの言葉で表現したりすることができます。

しかし、ビジネスのシーンや厳正な場においては当然その場面に適した言葉に言い換える必要性があります。

そこで、ビジネスのシーンにおいても使用することができる先日という言葉の類義語のついていくつかご紹介していきたいと思います。

難しい言葉ではありますが、意味さえ知っておけばそれほど難しくない言葉でもありますので、覚えておきましょう。

1.先般

まずはじめにご紹介する前日に似た言葉の一つとして「先般」という言葉が挙げられます。

先般という言葉はおそらくあまり聞きなれない言葉だと感じる方が多いかと思います。

実際に、会話の中で先般という言葉が出てくることは基本的にあまりなく、使ったりすることなどもそこまで多くはない言葉になります。

しかしながら、まったく使わないのかと言われればそうではなく、先般という言葉は主に書き言葉などで用いられたりすることなどが多いです。

なので、会話の中ではなくあくまで文章表現の中でもちいる類義語であると考えていただければわかりやすいと思います。

では、先般という言葉にはどのような意味が存在しており、どのような使い方をするのか、簡単にご紹介していきたいと思います。

先般の意味

先般という言葉はどのような意味を持っている言葉なのかと言いますと、「この間」という意味を持っている言葉です。

意味だけを考えてみると先日という言葉とそこまで大きく意味が変わらないような言葉であるということが分かると思います。

この時点で先日という言葉と先般という言葉が似ていることは明白であり、類義語であると考えることができます。

では、この二つの言葉はどのような違いがあるのか?ということについて簡単に触れていきたいと思います。

先日という言葉と先般という言葉の違いとしては、何を対象にしているのか?ということが違うようになります。

例えば、先日という言葉について考えていただくと、日にちに対して重点を置いている、つまり日にちを対象にしているということがわかります。

しかし、先般という言葉に関しては日にちに対して重点を置いているような言葉ではありません。

この部分が大きな違いになり、明確な差を生み出す部分になることを覚えておいてください。

先般は出来事に重点を置く

先般という言葉と先日という言葉では、何に重点を置くのか?ということで根本的な意味が分かれるとお伝えいたしました。

では、先般という言葉は何に重点を置くのか?ということを考えると、先般という言葉は出来事に対して重点を置くような言葉になっています。

もちろん、深い部分の意味の違いだけであり、表面上での意味はそこまで変わらず、同じような意味として使用することができます。

なので、「先日は~ありがとうございました」と「先般は~ありがとうございました」は同様に「この間は~ありがとうございました」という意味で解釈ができます。

その他にこの二つの言葉を区別する判断材料としては、先般は少し改まった言い方であり、先日は少し砕けた言い方であるという点につきます。

この部分を理解しておけば、先日という言葉と先般という言葉の使い分けなどがそこまで難しいものになりません。

意味がわからないと難しいかもしれませんが、理解しておけば簡単に使い分けなどができる言葉でもありますので、覚えておきましょう。

2.過日

次にご紹介する前日に似た言葉の一つとして「過日」という言葉が挙げられます。

過日という言葉も先日という言葉の類義語として考えることができます。

なぜならば、そもそも過日という言葉の意味の中に先日という言葉が含まれているからです。

過日という言葉の意味には「先日、過ぎた日」という意味が存在しており、先日という言葉と全く同様に用いることができる言葉として考えられています。

自分的にはほぼ同じような場面で用いることができる言葉でもありますので、そこまで過剰に使い分けなどを考える必要性もない言葉ではあります。

しかしながら、過日という言葉には先日という言葉と比べて若干使える範囲が広いという違いが存在しています。

その細かい違いについても簡単にご紹介していきたいと思います。

先日との違いは?

過日という言葉は先ほどの伝えした通り先日という言葉の意味、そして過ぎた日という言葉の意味を持っている言葉です。

では、先日という言葉と具体的にどのような部分が違うとかと言いますと使える範囲が過日という言葉の方が若干広いという違いがあります。

先日という言葉は基本的に数日前からだいたい1ヵ月程度の範囲の中で用いることができる言葉として認知されています。

しかし、過日という言葉はそれ以上に長い期間においてしようすることができる言葉になります。

なので、先日という言葉で表現するには少し違和感を感じさせてしまうような状況において、過日という言葉で補うことができるということになるのです。

過日という言葉に関しては、大体数ヵ月前のことまで表現をすることができます。

なので、2~3ヵ月程度であれば過日という言葉で表現すれば、適切な表現として文章を表すことができるようになるはずです。

しかし、注意していただきたいのは過日という言葉はあまり会話の中で用いられたりするようなことがありません。

どちらかといえば書き言葉として使われることが多く、文章を書いたりするときに組み込まれたりするようなことが一般的です。

もちろん会話の中で用いるのがいけないというわけではありませんが、かじつという表現がほかの言葉と紛らわしい場合などがあることが理由になっています。

しかし、使ってはいけないという理由はありませんので、その場の状況を見ながら言葉を選択することを意識してください。

先日の例文

ここまでは先日という言葉の意味や先日という言葉に似ている言葉をご紹介していきました。

ある程度先日という言葉や先日という言葉の使い分けなどを理解いただけたところで、ここからは先日という言葉を使った例文をご紹介していきたいと思います。

先ほどからお伝えしたように先日という言葉は様々な場面で用いることができる利便性が高い表現方法の言葉でもあります。

実際に日常生活の中で頻繁に使っているという人もかなり多く存在していると思います。

しかし、まだ社会人としての立場にない形であれば先日という言葉を使い慣れていないような方もいると思います。

そこで先日という言葉を使った例文をいくつかご紹介し、先日という言葉の正しい使い方や、基本的な表現方法を確認していただきたいと思います。

これからご紹介する例文はどれもビジネスのシーンにおいて幅広く使うことができるような言葉ばかりです。

知っておいて損になるようなことはありませんので、知らない例文があれば覚えていただき、日常会話の中で使ってみてください。

先日はありがとうございました。

まずはじめにご紹介する先日という言葉を使った例文は「先日はありがとうございました。」という例文です。

この例文はどのような意味なのかと言いますと「この間はありがとうございました」という意味で解釈をすることができる例文です。

先日という言葉を使ったかなり基本的な例文の一つとして考えることができ、日常会話の中で広くもちいることができる例文でもあります。

考え方としてはそこまで難しくなく、そもそも先日という言葉の意味を理解していればそのまま当てはめるだけで意味を理解することができるようになります。

先日という言葉の意味は「近い過去、この間」という意味が存在しているとお伝えしました。

なので、近い過去にある日にちや、この間は~という風に代入できますので、近い過去にお世話になった場面でもちいることができるようになります。

ビジネスのシーンにおいては、単純に挨拶の一つとしてもちいられることも多いので、目上の人と再開した場合には用いれば、礼儀正しい印象を与えることができるようになります。

東京から旅行で先日こちらに着きました。

次にご紹介する先日という言葉を使った例文は「東京から旅行で先日こちらに着きました。」という例文です。

この例文はどのような意味なのかと言いますと「東京から旅行でこの間こちらに着きました」という意味で解釈することができます。

この例文は旅行という言葉が出ているので、プライベートで旅行に行っている場面で用いることができる例文になります。

しかし、あくまでひとつの表現方法ということであり、言い換えできればビジネスのシーンにおいても出張などで足を運んだりする際に用いることができる言葉でもあります。

例文の意味としてはそこまで解釈するのは難しくなく、単純に数日前にこちらにつきましたという意味で表現することができます。

とっさに聞かれると何日前の着いたかなどが分からなくなってしまったりするようなこともありますし、毎回説明するのも骨が折れてしまいますよね。

なので、そのような場合には先日という言葉でまとめると、間違いや違和感がなく最近来たという意味を相手に伝えることができますので、利便性が高い表現方法になります。

この表現方法は様々な場面においてももちいることができますので、必ず覚えておきましょう。

先日はお忙しい中

次にご紹介する先日という言葉を使った例文は「先日はお忙しい中」という例文です。

これに関してもそこまで意味は難しいものではなく、単純に「この間はお忙しい中」という意味で解釈することができます。

この例文に関してはこの例文単体で用いるのではなく、この例文を言葉の頭につけて用いたりすることが一般的になります。

例えば、ビジネスのシーンにおいて近い過去にお世話になった人に対してお礼を伝えたりするような場面で用いたりすることができるようになります。

具体的には「先日はお忙しい中、いろいろアドバイスをいただいてありがとうございました」というように使うことができます。

または「先日はお忙しい中、足を運んでいただきましてありがとうございました」というような表現も可能になっています。

なので、一般的には相手に対してお礼を伝えたりする際の頭に持ってくる言葉として用いることができますので、覚えておくようにしてください。

この言葉は様々な組み合わせをすることができる便利な言葉であり、ビジネスシーンにおいては必須の表現方法にもなります。

逆に言えばこの表現方法ができないと社会人として失格であり、かなり基本の例文になるので、知らない場合は必ず覚えてください。

先日、趣味にとゴルフを始めてみました。

次にご紹介する先日という言葉を使った例文は「先日、趣味にとゴルフを始めてみました。」という例文です。

この例文の意味としては「この間から趣味にゴルフを始めてみました」という意味の例文として解釈することができます。

この例文もそこまで難しい意味合いにはならず、単純に少し前の過去の日にちのことを言い表している言葉として使用している例文になります。

私たち人は全ての記憶を正しく瞬時に把握したりすることはとても難しく、場合によっては記憶が曖昧になってしまったりするようなことなどは頻繁にあります。

この例文の中で考えてみれば、初めてゴルフにチャレンジをしてみたり、ゴルフを趣味として始めようと思い立った日にちなどがそれに当たります。

しかし、具体的に明確な日にちがわからずとも、先日という言葉を使えばつい最近思いだったということを簡単に相手に表現することができるようになります。

このように自分自身の記憶が曖昧であったとしても、一言だけでその状況を簡単に言い表すことができるようになりますので、非常に重宝できる言い回しになります。

なので、先日という言葉を使った表現方法をいくつか把握しておけば、あいまいな記憶でも違和感なく言葉として表現できますので、覚えておきましょう。

まとめ

今回は先日という言葉をテーマにして、先日という言葉の意味は先日という言葉の使い方についてご紹介していきました。

先日という言葉は日常生活においても、ビジネスのシーンにおいても様々な場面で用いることができる利便性が高い表現方法です。

知っておけば様々な場面に用いることができますので、もしも先日という言葉の意味を知らなかった場合はこの機会に正しく意味を把握できるようにしておきましょう。

しかしながら、便利な言葉に関しては多様しがちになるので、その反面正しい意味や使い方を把握しておかないと間違った使い方になる可能性が高まります。

なので、多様しすぎて間違った使い方にならないように常に気を配り、適切な場面でもちいることを意識してください。

今回ご紹介した先日という言葉を使った例文はどれも簡単に表現できる便利な言葉ばかりです。

初めて意味を知る方は、例文をそのまま覚えていただき、そのまま使っていただければ間違うことはありませんので、少しずつ使い方も勉強してみてくださいね。