今あなたが行っている仕事は自分にとって合っている仕事だと感じていますか?

それとも自分に合っていない仕事だと感じていますか?

もしも自分に合っていない仕事だと感じているのであれば、毎日違和感を持ちながら仕事を行っている可能性があるといえます。

その反対に、今自分が行っている仕事が自分にとってとても合っていると思うのであれば、毎日大きな充実感を感じながら仕事を行えていると思います。

このように自分に合っているか合っていないかということは、仕事を行う上で非常に大切な要因であると考えることができます。

なぜならば違和感を感じながら仕事を続けた場合仕事を辞めたくなってしまう可能性につながってしまいます。

また、同様に自分の仕事に対して充実感を感じているのであればその仕事を長く続けたいと思う活力につながるようになるはずです。

もちろん、努力次第で向き不向きなどはある程度補えるようになりますが、常に感じている自分の本当の気持ちを補うことは難しいです。

だからこそ、自分が行う仕事は楽しいと感じられるような、自分にとって合っていると感じられる仕事を選ぶべきであるといえます。

そこで、今回はドSな人をテーマにして、ドSな人に合っている仕事と、合っている理由についてご紹介していきたいと思います。

自らをドSだと思っている人がいれば、自分に合っている仕事を探す一つのきっかけとして活用していただければ幸いです。

ドSとは?!

自分に合っている仕事を見つけられるかどうかが、仕事を行う上で非常に大切であるということをお伝えいたしました。

つまり、自分の性格がどのような性格なのかということを自己分析して、よく考える必要性があるといえます。

具体的には普段の自分の行いや言動なども自分自身で振り返って、どのような考え方をしてどのような行動をとりがちなのかということを考えることが大切です。

もちろん、自分だけで自己分析するだけではなく、周りの人から自分の性格の印象などを直接聞いたりすることも一つの方法ではあります。

いずれにしても自分がどのような性格をしているのかということを正しく把握することができれば、ある程度自分に合った仕事を見つけることがしやすくなるといえます。

そこで、性格という点に着目して考えてみると、ある程度性格は大きく分けて考えることができるようになります。

例えば、先ほどご紹介したようなドSな性格、そしてその反対のドMな性格といったように、おおまかに性格を分けて考えることができるということです。

極端な考え方かもしれませんが、普段の言動や行動などから簡単に判断はつくようになるはずなので、まずは大きな区切りをつけて性格を切り分けることが大切です。

そこで、ここからは具体的にドSとはどのような人を指し示しているのか、簡単にご紹介していきたいと思います。

あなたがドSかどうか、自分自身で判断をしながらその特徴を考えてみてください。

根っから加虐嗜好の人

そもそもドSとはどのような意味合いなのかといいますと、「根っから加虐嗜好の人」という意味合いが存在しています。

もともとの語源として、Sとはサディズムという言葉が略称された言葉であり、サディズムとは加虐性欲という言葉の意味を持っています。

つまり、簡単に言えば相手を身体的に虐待したり精神的に苦痛を与えたりすることによって性的快楽を味わう嗜好を持っている人のことです。

この意味だと解釈してしまうと非常に特異な人間性を持っている人だと思われてしまいがちですが、それは行き過ぎた考え方な場合もあります。

なぜならば、加虐嗜好ではあるものの、比較的ソフトな加虐嗜好の人なども存在している場合がありますので、全員が全員ハードな性格をしているわけではありません。

例えば、同じような事を言っていたとしても、言葉の表現方法や伝え方や語調などで全く印象などは変化するようになります。

なので、ハードなのかソフトなのかということはさておき、そもそも加虐嗜好があるのかどうかということを重点的に判断すると間違いがない切り分けができるはずです。

「ド」は意を強めるために添える表現

ドSという言葉に関して考えてみたときに、そもそもドという言葉がつく意味がわからないと感じている方もいると思います。

先ほどもご紹介したようにSという言葉は、サディズムという言葉の略称された言葉でもありますのでドという言葉自体が不要になるからです。

では、なぜドという言葉はついているのか、その意味について簡単にご紹介していきます。

そもそもドがつく意味としてはドという言葉はその後に続く言葉や意味に対して意を強めるために添える表現として使用されています。

つまり、Sという嗜好をさらに強くしたものがドSという表現になっているということになります。

Sという言葉とドSという言葉を比較して考えてみると、当然ドSという言葉のほうが強い印象を与えるようになるはずです。

なので、大きな区分としてはそこまで相違はありませんが、それが強いかどうかということを切り分ける一つの表現であると解釈してください。

先ほどSの中でもソフトな場合とハードな場合があるとお伝えいたしましたが、そのハードな部類がドSだと認識していただけるとわかりやすいはずです。

対義語は「ドM」

ドSという言葉の意味合いをご紹介したところで、ここからはドSという言葉の対義語についてご紹介していきたいと思います。

先ほどもお伝えした通り、ドSという言葉の対義語はドMという言葉であり、Mはマゾヒズムという言葉が略称された言葉です。

マゾヒズムとはどのような意味合いなのかといいますと、「根っからの被虐嗜好」という意味合いで解釈することができます。

つまり、ドSが相手に対して加虐的なのに対し、ドMは相手から被虐される嗜好の人であるといえます。

もっと簡単に言えば相手から攻撃されたり苦痛な状態に陥ったりすることを楽しんでいるような嗜好の持ち主であるといえます。

このようにドSとドMは対比されて考えられがちで、対義語として成り立っているので、よく用いられることが多いです。

それぞれの意味合いを理解することで、ドSという言葉の意味をより理解できるようになるので、セットで覚えておくようにしてください。

ドSな人に向いている仕事4選とその理由

ここまではドSという言葉の基本的な意味についてご紹介していきました。

ある程度ドSという言葉がどのような意味なのか理解いただけたところで、ここからはドSな人に向いている仕事についてご紹介していきたいと思います。

先ほどもお伝えした通り、自分自身の性格などによって仕事の向き不向きなどは大きく変化するようになります。

例えば、普段からおとなしく、コミュニケーションが不得意な人や、あまり行動的ではないような人は体育会系の職場にはなじみにくいですよね。

また、体育会系な人が多い営業の仕事などは向いていないと感じてしまいやすくなる傾向があります。

そうなると、せっかく仕事に携わったとしても、ストレスが大きくなってしまい、仕事を楽しめなかったり充実感を味わったりすることができなくなってしまいます。

その結果仕事を辞めてしまうという選択を取ってしまうことになりがちなので、自分の性格を分析して仕事の向き不向きを見極めることが重要になるといえます。

では、ドSな人にはどのような仕事が向いているのか、正確なども絡めながら解説していきたいと思います。

1.コンサルティング職


まず初めにご紹介するドSな人に向いている仕事として「コンサルティング職」が挙げられます。

コンサルティング職とはどのような仕事なのかといいますと、簡単に言えば専門家の立場から相談に乗ったり指導したりする仕事だといえます。

何かを成功させるためには必ず必要不可欠なのが努力ですが、ただ努力をすれば絶対に成功するかと言われればそうではありません。

常に様々なことを考えながら効率よく努力を行っていくことが非常に大切なことであると言えます。

しかしながら、初めてチャレンジするような事柄に関しては効率よく物事を行ったりすることは残念ながら不可能に近いといえます。

何事も経験し、失敗することでこうするべきだったと考え、より効率が良い行動を起こすことができるようになります。

そこで、求められるのがその道のプロから経験や体験などを教えてもらい、より効率よく物事を行うことだといえます。

つまり、プロからアドバイスをもらうということであり、コンサルティング職の仕事の内容に結びつくといえます。

では、なぜコンサルティング職がドSな性格に向いているのかということについて触れていきたいと思います。

駄目だしをするのが得意

ドSな性格がなぜコンサルティング職に向いているのかというと「駄目だしをするのが得意」だからという理由が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、そもそもドSな人は相手に対して精神的に苦痛を与えたりすることを楽しんでいる傾向があります。

つまり、相手が言われて嫌なことなどを発言したりすることに楽しみを感じているので、言い換えてみればそれが得意であるということになります。

なので、ドSな人は相手が言われて嫌なことを知っていたり、それを把握することなどに長けている場合が多いです。

そして、コンサルティング職との関連性について考えてみると、相手に対して駄目出しを行うということが共通点として考えられます。

なぜならばコンサルティング職とは簡単に言えば相手ができていないことを指摘して、それをできるように指導したりすることがメインの仕事になります。

もちろん、ただ相手を意地悪してやろうという考え方ではなく、できていないことをできるようにしてあげ、結果を出せるようにする仕事だといえます。

なので、相手に対して駄目だしをすることが得意な人ほどコンサルティング職が向いている仕事であると考えることができます。

その逆に相手に対して駄目だしをすることに躊躇したりするような優しい性格をしている人はあまり向いていないと言えます。

なぜならば、相手に対して駄目だしをしてあげないと相手は自分が間違っている行動していることに気づくことができないからです。

そこに気づくことができなければいつまでたっても結果を出すことができませんし、効率の悪い行動を行ってしまいがちになります。

なのでドSな性格をしている人のほうが圧倒的にコンサルティング職には向いており、適している仕事であると判断をすることができます。

問題解決が好き


ドSな性格がなぜコンサルティング職に向いているのかというと「問題解決が好き」だからという理由が挙げられます。

これはどういうことかと言うと、ドSは問題解決に長けている場合が多いということが理由になります。

そもそもドSな性格は当然、周りとの間に問題などを作ってしまいがちな性格だといえます。

なぜならば、相手に対して攻撃を行ったりする性格をしているので、当然ながら場合によっては周りの人から反発されてしまったりする可能性もありますよね。

周りに対して攻撃を行わない人と比べて考えてみると、圧倒的に問題が増えてしまいやすいと判断をすることができます。

しかし、そういう性格なのであれば、そのような問題が起こることなどに対しても慣れている場合が多く、問題を対処できる能力などが高いと考えることもできます。

また、コンサルティング職においても、問題を解決する能力などは必然的に求められるようになります。

なぜならば、コンサルティングを行うということは、クライアントの問題を解決するために様々なアドバイスなどを行ったりする必要性があるからです。

つまり、コンサルティング職に携わる人は必ず高い問題解決能力が必要になり、問題解決能力が高い人ほど向いている仕事であると考えることができます。

なのでドSな人ほどコンサルティング職に向いており、正確上合っている仕事であると考えることができるといえます。

指示をするのが好き

ドSな性格がなぜコンサルティング職に向いているのかというと「指示をするのが好き」だからという理由が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、ドSな人は相手に対して命令をしたりすることを当たり前だと思っていることがほとんどです。

なぜならば、相手に対して精神的に追い詰めたり、加虐的なことをするのが好きなので、相手に対して強制したり、命令したりすることが多くなります。

なので、相手に対して何かを命令したりすることに何も躊躇をしない性格になりやすくなるのです。

しかしながら、一般的に考えて相手に命令をしたり指示をしたりするのは当たり前のことではありません。

通常であれば偉そうな人間だと反感を買われてしまいますし、優しい性格をしていれば相手に対して命令や指示を行うことを躊躇する場合もあります。

しかしながらコンサルティング職を行う場合、相手に対して命令や指示ができないと相手はいつまでたっても成長しなくなってしまいます。

先ほどもお伝えしたように相手ができていないことをできるようにしなければいけないので、時には強制する力も必要になります。

なので、結果的にドSな人は指示をするのが好きであり、なおかつコンサルティング職でもその能力は求められるので、ドSな人ほど向いている仕事であるといえます。

人を動かしていくのが好き

ドSな性格がなぜコンサルティング職に向いているのかというと「人を動かしていくのが好き」だからという理由が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、先ほどもお伝えした通り、ドSな人は相手に対して指示をしたり命令をしたりすることに躊躇せず、それが当たり前だと思っています。

それは言い換えてみれば、自分の意図するままに人を動かしていくのが好きであり、人を動かすことが得意な人でもあるということになります。

そして、コンサルティング職に関しては上手に人を動かす能力が求められるようになります。

なぜならば、人を上手に動かすことができないとより大きな結果を導き出すことは難しいです。

人一人が導き出すことができる結果はたかが知れており、たくさんの人が集まってそれぞれが効率的な働きをすることによってより大きな結果を出すことができます。

つまり、より大きな成功を導き出すためには様々な人間を効率よく動かすことが非常に大切になるということになります。

しかしながら優しい性格をしている人や人に対して指示をしたりすることができない人間は上手に人を動かすことができない場合があります。

それに対してドSな人は人を動かすことに慣れているので、コンサルティング職でも大きな結果を出しやすく、向いている仕事であるといえるのです。

自分の意見をしっかり持っている

ドSな性格がなぜコンサルティング職に向いているのかというと「自分の意見をしっかり持っている」ということが理由に挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、そもそもドSな人はどのような相手に対してもはっきりと自分の意見を伝えたりする傾向があります。

相手によって自分の意見をコロコロ変えたり、自分の意見をまっすぐに伝えることができないような人間はドSだとは言えません。

つまり、ドSな人はどのような状況でも自分の意見をはっきりと明確に持っている人間であると考えることができます。

そしてコンサルティング職に関しても、同様にはっきりと相手に対して意見を伝える必要性がある仕事だといえます。

なぜならば、先ほどお伝えしたように相手に対して駄目だしを行ったり、こうするべきだとアドバイスをしっかりと行うことが重要な仕事です。

もしも人によって意見をコロコロ変えるような人間がこの仕事を行った場合、立場が上の人にははっきりと意見を伝えられなくなる可能性があります。

しかし、当然ながら立場が上の人間の方が決定力がありますので、立場が上の人間ほどしっかりと意見を伝えなければいけません。

つまり自分の意見をしっかりと持てず、相手に自分の意見を伝えることができないような人間はコンサルティング職に向いていないと考えられるのです。

その反対に、どのような人に対しても自分の意見をはっきりと伝えることができるドSな人はコンサルティング職に向いている、適性がある人物であると判断することができます。

2.校正

次にご紹介するドSな人に向いている仕事として「校正」が挙げられます。

校正とはどのような仕事なのかといいますと、「印刷物などの字句や内容、体裁や色彩などの誤りや不具合を修正する」仕事です。

例えば、本などを出版したりする際には本に誤字脱字がないかどうかなどをしっかりとチェックする必要がありますよね。

誤字脱字などがあると、本のクオリティなどが低下してしまう可能性もありますし、読者に嫌な印象を与えてしまう可能性もあります。

なので、非常に重要な仕事であるといえます。

また、現在ではインターネットの発達によってインターネット上に様々な記事などがアップロードされています。

このような記事などに関しても、本と同様であり校正などを行って誤字脱字などがないかどうかしっかりと確認している場合がほとんどです。

このように、非常に様々な分野で行われている校正ですが、この仕事もドSな人に向いている仕事として挙げられます。

では、具体的にどのような部分が向いているのか、ご紹介していきます。

誤りを見つけるのが得意

ドSな性格がなぜ校正に向いているのかというと「誤りを見つけるのが得意」ということが理由に挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、校正の仕事は先ほどもお伝えした通り、間違いがあるかどうかをよく確認することが大事な仕事になります。

つまり、相手の作った制作物に対してしっかりとチェックを行ったり、誤りがないかどうか疑ってかかることが重要な仕事だといえます。

なので、結果的に相手に対して疑ってかかり、間違いがあるかどうか、粗がないかどうか探す仕事になるので駄目だしを行うことが得意な人が向いているといえます。

その点を踏まえて考えてみると、ドSな人は相手に対して駄目だしを行ったり、指摘をするのが得意な場合がほとんどです。

なので、誤りを見つけることも得意な場合が多く、ドSな人に向いている仕事であるといえます。

指摘するのが好き

ドSな性格がなぜ校正に向いているのかというと「指摘するのが好き」ということが理由に挙げられます。

これは先ほどもお伝えした通りですが、ドSな人は相手に対して指摘をすることを得意としている場合がほとんどです。

相手のだめなところを指摘したり、粗を指摘したりすることで相手を精神的に追い詰めることを好んでいる場合が多いからです。

そして、校正の仕事の大部分は相手の執筆物などに対して指摘をしてあげることです。

なので、相手を指摘することが好きな人ほど、校正の仕事は向いており、ドSな人には向いている仕事だと判断できます。

データや事実関係の間違いを示すことも

ドSな性格がなぜ校正に向いているのかというと「データや事実関係の間違いを示すこと」が得意なのが理由に挙げられます。

これはどういうことかといいますと、ドSな人は自分の意見をはっきりと伝えたり、自分の意志を貫き通す姿勢を持っています。

そのために、間違っていることは間違っていると徹底的にそれを証明しようとする場合があります。

しかしながら間違っていることを指摘するためにはただ相手を問い詰めるだけではなく、それなりに証拠となるものが必要になります。

なので、様々なデータをかき集めてしっかりと事実関係に基づいた上で相手に対して指摘を行ったりする論理的な一面も持っている場合があります。

そして、校正の仕事に関しても共通する点があり、相手に対して指摘をする際には当然論理的にわかりやすく指摘をする必要性があります。

また、なぜ間違っているのかということをしっかりと相手に伝えられるようにしないと相手もそれを理解して行動してくれなくなってしまいます。

なので校正の仕事はデータや事実関係の間違いを示すことも必要であり、それはドSな人ほど向いている仕事であるといえるのです。

3.編集

次にご紹介するドSな人に向いている仕事として「編集」が挙げられます。

編集とはどのような仕事なのかと言いますと簡単に言えば「書籍や雑誌の企画や、テレビ番組などの企画などに携わる仕事」だといえます。

かなり広義的な意味合いでとらえることができ、出版社やテレビ局勤めの人など、様々な人に該当する仕事であるといえます。

では、編集という仕事がなぜドSな人に向いているのか、ご紹介していきたいと思います。

筆者を言葉巧みに誘導する

ドSな性格がなぜ編集に向いているのかというと「筆者を言葉巧みに誘導する」ことが得意なのが理由に挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、そもそも編集の大事な役割としては筆者に対して成功するようにうまく誘導したり打ち合わせを行うことが求められます。

当然ながらどんなに自分が編集をがんばったとしても、編集をする元となる制作物が良いものでなければ、結果を生み出すことができなくなる可能性があります。

なので、筆者といかに上手に意思疎通を行い、筆者に素晴らしい制作物を制作してもらえるかどうかがカギとなるといえます。

しかしながら、放置していれば魅力的な制作物を作ってもらえるとは限りませんよね。

つまり、筆者に対してより良い制作物を作ってもらえるようにそれなりに誘導したり、アドバイスなどを行ったりする必要性があるといえます。

しかし、制作する側の人間も相手から注文などをつけられたりするとどうしてもストレスも溜まってしまいます。

なので、いかにして相手を上手に誘導してあげられるかどうかが大事な役割になるといえるのです。

また、ドSな人ほど先ほどもお伝えした通り人をうまく動かすことができる場合が多いです。

なので、結果的にドSな人のほうが人を操るのがうまく、編集という仕事に向いていると考えることができます。

物事をはっきり伝えることができる

ドSな性格がなぜ編集に向いているのかというと「物事をはっきり伝えることができる」ことが理由に挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、先ほどもお伝えした通り編集の仕事を行う場合は筆者に対してはっきりと物事を伝えることが求められます。

なぜならば、相手に対して物事を伝えることができないと、相手に本当に大切なことやしてもらいたいことが伝えられなくなってしまうからです。

もしもそれが伝えられないとなると、より的確なアドバイスをすることも、よりよい作品を作ってもらうチャンスも見逃してしまうことになるからです。

より良い作品を作ってもらうことができないと、当然編集をしても結果を出すことができない可能性も増えてしまうので、まさに悪循環になってしまいます。

なので、編集の仕事をする人は相手に対してはっきりと意見を伝えられるような精神を持っている人でなければ務まらない仕事だといえます。

だからこそ、自分の意思を明確に持っているドSな人のほうが編集という仕事に向いているといえるのです。

4.営業職

次にご紹介するドSな人に向いている仕事として「営業職」が挙げられます。

営業職とはどのような仕事なのかと言いますと「見込み客に自社の物品やサービスまたは情報といった商品の購入を促して売買契約を結ぶ」職業です。

つまり、簡単に言えば自分の商品をアピールして相手に購入してもらうことを目的としている仕事です。

では、なぜ営業職がドSな人に向いている仕事なのか、ご紹介していきます。

言葉によるコミュニケーションが得意

ドSな性格がなぜ営業職に向いているのかというと「言葉によるコミュニケーションが得意」なことが理由に挙げられます。

そもそも、ドSな人は一般的に言葉巧みな人が多く、言葉によるコミュニケーションが得意な人がとても多いです。

なぜならばドSな人は先ほどお伝えした通り、言葉巧みに相手を操ったり操作したりすることが得意な人が多いです。

なので、相手とコミュニケーションをとり、意のままに操ったりすることが得意で、リーダーシップを発揮できる人が多いです。

そして、営業の仕事は当然相手に対してコミュニケーションをとり、相手と親密な関係性を作ることが大切な職業です。

なぜならば相手と信頼関係を結ぶことができれば自社の商品を購入してもやる可能性が非常に高くなり結果を出しやすくなるからです。

なのでドSな人ほど、コミュニケーションをとるのが上手であり、相手と信頼関係を結べるからこそ営業職が向いている仕事であると考えることができます。

自分に合った職業を

今回はドSをテーマにして、ドSという言葉の意味やドSな人に向いている仕事についてご紹介していきました。

人によって性格はまったく異なり、得意としていることも全く異なるのが当たり前です。

だからこそ自分の性格に合った仕事を見つけることが必要であり、それが仕事を成功させるきっかけにもつながるので、非常に大切な要因だと考えられます。

自己分析をせずに仕事を見つけて、しっくりこない仕事をしているのであれば、自分を見つめ直して自分に向いている仕事を探してみるのもいいと思います。

自分はどのような性格をしていて、世の中に存在する仕事はどのような性格の人が適正なのかということを常に考えながら仕事選びを行ってみてください。

そうすることで自分にとって天職を見つけられるようになるはずなので、自分に合った仕事を見つけるために、まずは自己分析から始めてみてください。