CoCoSiA(ココシア)

ドSな人に向いている仕事4選とその理由


今あなたが行っている仕事は自分にとって合っている仕事だと感じていますか?

それとも自分に合っていない仕事だと感じていますか?

もしも自分に合っていない仕事だと感じているのであれば、毎日違和感を持ちながら仕事を行っている可能性があるといえます。

その反対に、今自分が行っている仕事が自分にとってとても合っていると思うのであれば、毎日大きな充実感を感じながら仕事を行えていると思います。

このように自分に合っているか合っていないかということは、仕事を行う上で非常に大切な要因であると考えることができます。

なぜならば違和感を感じながら仕事を続けた場合仕事を辞めたくなってしまう可能性につながってしまいます。

また、同様に自分の仕事に対して充実感を感じているのであればその仕事を長く続けたいと思う活力につながるようになるはずです。

もちろん、努力次第で向き不向きなどはある程度補えるようになりますが、常に感じている自分の本当の気持ちを補うことは難しいです。

だからこそ、自分が行う仕事は楽しいと感じられるような、自分にとって合っていると感じられる仕事を選ぶべきであるといえます。

そこで、今回はドSな人をテーマにして、ドSな人に合っている仕事と、合っている理由についてご紹介していきたいと思います。

自らをドSだと思っている人がいれば、自分に合っている仕事を探す一つのきっかけとして活用していただければ幸いです。

この記事の目次

ドSとは?!

自分に合っている仕事を見つけられるかどうかが、仕事を行う上で非常に大切であるということをお伝えいたしました。

つまり、自分の性格がどのような性格なのかということを自己分析して、よく考える必要性があるといえます。

具体的には普段の自分の行いや言動なども自分自身で振り返って、どのような考え方をしてどのような行動をとりがちなのかということを考えることが大切です。

もちろん、自分だけで自己分析するだけではなく、周りの人から自分の性格の印象などを直接聞いたりすることも一つの方法ではあります。

いずれにしても自分がどのような性格をしているのかということを正しく把握することができれば、ある程度自分に合った仕事を見つけることがしやすくなるといえます。

そこで、性格という点に着目して考えてみると、ある程度性格は大きく分けて考えることができるようになります。

例えば、先ほどご紹介したようなドSな性格、そしてその反対のドMな性格といったように、おおまかに性格を分けて考えることができるということです。

極端な考え方かもしれませんが、普段の言動や行動などから簡単に判断はつくようになるはずなので、まずは大きな区切りをつけて性格を切り分けることが大切です。

そこで、ここからは具体的にドSとはどのような人を指し示しているのか、簡単にご紹介していきたいと思います。

あなたがドSかどうか、自分自身で判断をしながらその特徴を考えてみてください。

根っから加虐嗜好の人

そもそもドSとはどのような意味合いなのかといいますと、「根っから加虐嗜好の人」という意味合いが存在しています。

もともとの語源として、Sとはサディズムという言葉が略称された言葉であり、サディズムとは加虐性欲という言葉の意味を持っています。

つまり、簡単に言えば相手を身体的に虐待したり精神的に苦痛を与えたりすることによって性的快楽を味わう嗜好を持っている人のことです。

この意味だと解釈してしまうと非常に特異な人間性を持っている人だと思われてしまいがちですが、それは行き過ぎた考え方な場合もあります。

なぜならば、加虐嗜好ではあるものの、比較的ソフトな加虐嗜好の人なども存在している場合がありますので、全員が全員ハードな性格をしているわけではありません。

例えば、同じような事を言っていたとしても、言葉の表現方法や伝え方や語調などで全く印象などは変化するようになります。

なので、ハードなのかソフトなのかということはさておき、そもそも加虐嗜好があるのかどうかということを重点的に判断すると間違いがない切り分けができるはずです。

「ド」は意を強めるために添える表現

ドSという言葉に関して考えてみたときに、そもそもドという言葉がつく意味がわからないと感じている方もいると思います。

先ほどもご紹介したようにSという言葉は、サディズムという言葉の略称された言葉でもありますのでドという言葉自体が不要になるからです。

では、なぜドという言葉はついているのか、その意味について簡単にご紹介していきます。

そもそもドがつく意味としてはドという言葉はその後に続く言葉や意味に対して意を強めるために添える表現として使用されています。

つまり、Sという嗜好をさらに強くしたものがドSという表現になっているということになります。

Sという言葉とドSという言葉を比較して考えてみると、当然ドSという言葉のほうが強い印象を与えるようになるはずです。

なので、大きな区分としてはそこまで相違はありませんが、それが強いかどうかということを切り分ける一つの表現であると解釈してください。

先ほどSの中でもソフトな場合とハードな場合があるとお伝えいたしましたが、そのハードな部類がドSだと認識していただけるとわかりやすいはずです。

対義語は「ドM」

ドSという言葉の意味合いをご紹介したところで、ここからはドSという言葉の対義語についてご紹介していきたいと思います。

先ほどもお伝えした通り、ドSという言葉の対義語はドMという言葉であり、Mはマゾヒズムという言葉が略称された言葉です。

マゾヒズムとはどのような意味合いなのかといいますと、「根っからの被虐嗜好」という意味合いで解釈することができます。

つまり、ドSが相手に対して加虐的なのに対し、ドMは相手から被虐される嗜好の人であるといえます。

もっと簡単に言えば相手から攻撃されたり苦痛な状態に陥ったりすることを楽しんでいるような嗜好の持ち主であるといえます。

このようにドSとドMは対比されて考えられがちで、対義語として成り立っているので、よく用いられることが多いです。

それぞれの意味合いを理解することで、ドSという言葉の意味をより理解できるようになるので、セットで覚えておくようにしてください。

ドSな人に向いている仕事4選とその理由

ここまではドSという言葉の基本的な意味についてご紹介していきました。