CoCoSiA(ココシア)

汚部屋ブログ3選。片付け・断捨離のビフォーアフターなど


みなさん、こんにちは。

テレビなどでも「ゴミ屋敷」って以前はよく紹介されていましたが、今でもあるんですかね?さすがに、あそこまではなかなか無いでしょうが、一人暮らしで忙しくて掃除出来ない。

引っ越したが荷物の整理が出来ていなくて、いつまで経っても段ボール生活なんて人は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、汚い部屋、すなわち「汚部屋」と題し、その脱し方をみなさんにプレゼンしていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

この記事の目次

テレビでも紹介されている汚部屋って?

テレビではやはり、「ゴミ屋敷」が有名ですよね?

自治体が仲介し、ゴミを片付けるように言っても、住人の方は「これはゴミではない、資源だ」と言い、頑なに片づけようとしない。

また、敷地から道路に飛び出すゴミもテレビで写されたりと、昔には多く取りあげられていた時期があり、一種の「社会問題」されていました。

現在でもこういった方はいらっしゃるのではないかと思いますが、自治体の方も、住人の意見に耳を傾け、「ゴミを資源と捉えて業者に売る」とかを考えればいいのにと思ったりもしています。

具体的なゴミ屋敷の解決方法は別の機会にするとして、今巷で増えている「汚部屋」について次より順番に見ていきたいと思います。

ただの『汚い部屋』じゃない


「汚部屋(おべや、おへや)」とはそもそも、単に汚い部屋を言う訳ではなく、「汚すぎて足の踏み場もないような部屋」と言う意味です。

なかには「何カ月もゴミを捨てない」、「虫が湧く」、「掃除道具自体がゴミの下」などの完全に現実離れした状況も意味的に含まれるときもあり、その家全体がこのような状況の場合、「汚宅(おたく)」と言う事もあるそうです。

虫が湧くような汚い部屋で、ごはんを食べたり、横になったり、修行が足りない私には無理です…。

本人は自覚していない

もし住人が、本当に「汚い」と思っているならば、正直汚い所で飯は食えません。

横になってぐっすりも出来ません。

ですから「自覚症状がない」と言う側面も実際にはあると思います。

人様に見せた時、「汚ねぇ、汚部屋」と初めて認識すると言う事もあるかも知れません。

こうなって来ると、今のあなたの部屋も、自分では「快適」と思っていても、他者からみれば「汚部屋」とされてしまうかも知れません。

人間関係に支障が出てはもったいないので、是非とも治したいところですね?

例えば、汚部屋の人はこんなブログも見ると様子がわかります(汗)


では、自分の部屋がそもそも「汚部屋」かどうかは、どう判断すればいいのでしょうか?そんなときに便利なのが、現代人の頼み綱「インターネット」、その中でも「ブログ」です。

これより以下に、いくつか「汚部屋」のためになる「ブログ」をご紹介していきますので、今後のご参考にしてみて下さい。

『汚部屋じゃなくてお部屋と呼びたいのッ!』


本ブログは、ごくごく普通で、少しずぼらな「主婦」の方が、「どうして汚部屋になってしまうのか?」、「どうしたら改善されるのか?」を、日常生活に沿って、わかりやすく解説してくれるブログです。

そもそもこのブログ主さんも片付けが苦手な方のようで、ブログを始めれば片付けるようになるのでは?と始めたそうです。

「今日はここを片付けました」といったように、ご自宅の画像や、その日にやったお掃除などを、毎日紹介して下さいます。

ブログの中で、「汚部屋の掃除道具」とカテゴライズされた、気になる項目を見つけたので「なんだぁ、ちゃんと掃除してんじゃん」と、観てみたところ、カテゴライズされているにも関わらず総数は「わずか1件」で、しかも普段から使っているものを紹介していると思いきや、「コレ欲しい」となっているだけで、単なる、お母さまの「希望」が書いてあるだけでした。

正直、不意をつかれて笑ってしまいました。

なんだか読んでいるとホッコリする、等身大のやさしいお母さんが日々の暮らしを楽しく伝えてくれる、面白い「汚部屋撃退ブログ」です。

※URL:http://obeyaoheya.xyz/

『シンプル大作戦~汚部屋からの脱出~』


カワイらしいイラストと、大きく読みやすい文章で書かれるブログです。

この方も「主婦の方」がブログを書いており、「汚部屋」はもちろん、事後的に「○○は××日に片付けておくべきだった」とか、「後悔やこれからの対策」などもいろいろとまとめてくれています。

また、何をどれだけ捨てたかなどを細かくリスト化してくれているので、観ている方もキレイになった実感が違うような気もします。

同じ「ずぼら人間」の方からすると、共感できるところが多いと思われるので、このブログを読めば、自分も頑張ろうと思えるかも知れません。

※URL:http://uminoie.link/

『やっこさんの断捨離ブログ 片付けビフォーアフター』


そもそも「断捨離(だんしゃり)」とは、不必要なものを捨てて解き放たれると言う意味で、「断」は、余計なものを買う・貰う、この意思を断つ、「捨」は、不必要なものを捨てる、最後に「離」は、物を溜めこむ・執着する心理から離れるというところから、「汚部屋脱却」の旗印として多くの方がこの言葉を使っています。

このブログ主も「一日一捨」を掲げて、家の中のゴミを次々と片付け、某リフォーム番組を文字って、投稿を展開する、「コツコツ系・汚部屋対策ブログ」。

毎日クローゼットや、棚のひとつを取りあげ、内部のいらないものをごっそり片付け、最後はゴミ袋に入った大量のゴミと共に、すっきりした収納スペースを画像で見せてくれます。

毎日コツコツ掃除とゴミ捨て、でもたまに思い入れある品が出てきて、思わず立ち往生。

前途多難なゴミ捨て計画ですが、ブログ主の努力と苦悩が同時に見られます。

※URL:http://katadukeyakko.blog.jp/

なぜ片付けられないのか


ここまで、いろいろな方の生活に沿った実際の体験に基づいた「汚部屋」について観てきましたので、何となくの「汚部屋」の様子は分かったかも知れません。

では、どうして「汚部屋」になってしまうのか?どうして人は部屋を片付けられないのか?
次からはいよいよ「汚部屋」になってしまうメカニズムを皆さんと一緒に探っていきたいと思います。