CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

仕事ノートの書き方の6個のコツと注意点


あなたは仕事を管理するツールに何を使っていますか?

パソコンやスマホが普及した現代では、それらの端末で仕事を管理している人も増えています。

しかし、ここではあえてノートを使用した仕事の管理をおすすめします。

ノートは手書きで記入していくため、脳を刺激して脳を活性化するといわれています。

また、自分の癖で書いた文字は脳に定着しやすいともいわれています。

その他にもノートを使用した仕事管理には大きなメリットがたくさんあります。

今回は仕事ノートの書き方と注意点をお伝えします。

あなたも仕事ノートを使用した仕事管理術で、仕事の能率を上げましょう。

仕事ノートをしっかり管理しよう!

仕事の能率を上げるには、しっかりと仕事を管理する必要があります。

そのためには自分の仕事の進行状況や仕事上の人間関係などを把握して、何を今すべきかを理解することが大切です。

この管理ができると行動しやすくなり、仕事の能率が上がります。

そのために仕事ノートの利用がとても効果的なのです。

ノートを記入する習慣を持つだけで、結果に違いが出てくるでしょう。

あなたも仕事ノートを持ち、仕事ノートを管理して、できる人になりましょう。

ノートの選び方


ここでは、仕事ノートにおすすめなノートの選び方についてお伝えします。

自分に合うノート選びは、仕事ノートを継続して使用するために重要です。

自分に馴染むノートが見つかれば、継続もしやすくなりますし、ノートの記入自体が楽しい作業になるでしょう。

それではおすすめのノートの選び方を紹介していきます。

1.ノートタイプがお勧め

まずは基本的な選び方です。

ノートといっても、一般的なノートから手帳のようなもの、ルーズリーフなど様々なものが考えられます。

その中でも仕事ノートには一般的なノートタイプがおすすめです。

ノートには仕事ノートとして活用する上で色々なメリットがあります。

ルーズリーフはバラバラになりがち

記入用紙の一種にルーズリーフがあります。

ルーズリーフは穴が開いていて、カバーに留められる構造になっています。

そのため、全てのページが埋まると、新しい用紙に交換できることや、不要なページのみを抜き取ることも容易です。

しかし、ページがバラバラになってしまう可能性もあり、仕事ノートには不向きといえます。

仕事ノートに使用するノートは、ページがしっかりと接着されてまとめられている一般的なものがおすすめです。

2.A5サイズ

仕事ノートとして使用するノートのサイズはどのような大きさが良いのでしょうか?

ここではA5サイズのノートをおすすめします。

もちろん自分に合うようでしたら、他のサイズのノートでも良いのですが、A5サイズのノートには色々なメリットがあるので仕事ノートに向いています。

A列の規格が主流であること

A5サイズのノートをおすすめする理由のひとつに、A列の規格が国内で主流であることが挙げられます。

主流の規格で統一されたノートを使用すると、何かと便利に使用することができます。

例えば、ノートを保管しておく机のサイズや、ビジネス用のカバンなども主流の規格のものの方が上手く納まるように設計されているものが多く出回っています。

そのため、主流の規格のノートを使用した方が、より管理も楽になるのです。

持ち運びやすい

A5サイズのノートは、持ち運びに便利です。

大きすぎず小さすぎず、カバンにしまいやすく取り出しやすい大きさです。

特に、出張や外回りで外出が多い人にはおすすめの大きさといえるでしょう。

横に置いても邪魔にならない

好みや置き場の状況などから、時にはノートを横にして置く場合もあると思います。

その際にA5サイズのノートは邪魔になりにくく、収納に便利です。

溜まった過去の仕事ノートを横にして保管したい場合も、A5サイズのノートでしたら邪魔にならずに横置きでしまうことができるでしょう。

3.方眼

仕事ノートには方眼ノートがおすすめです。

ページトップ