普段使用している言葉の中には意味が複雑な言葉や難しい言葉などがいくつも存在しているはずです。

なぜならば、日本語には様々な意味を持っている言葉などが多く存在しているため、すべてを正しく把握するということは非常に困難を極めてしまうからです。

しかしながら、普段あまり使用しない言葉ならまだしも、日常的に使用する可能性のある言葉などに関しては正しい意味合いを理解しておくことが求められます。

なぜかというと、学生の方であればまだ大きな問題にはならないかもしれませんが、社会人の方であればそれ相当の言葉遣いや言葉の選び方を身に着ける必要があるからです。

例えば、あなたが誰かから接客をされている時に、間違った日本語を使われてしまうとどのような印象になってしまうでしょうか?

それが基本的な言葉であった場合、信頼できる人物であると思うでしょうか?

少し極端な話になってしまっているかもしれませんが、時と場合によっては本当に言葉遣い一つで大きな問題になる可能性があります。

なので、基本的な言葉や、普段使う可能性のある言葉で意味があいまいになっている言葉があるのであれば、今のうちに知っておく必要性があります。

そこで、今回は簡単そうで奥深い言葉の意味を持っている厳格という言葉をテーマにして、厳格という言葉の意味や使い方についてご紹介していきたいと思います。

また、厳格な人にみられる特徴についてもご紹介していきたいと思いますので、厳格という言葉の意味があいまいな人は、より理解するための参考にしてみてください。

厳格とは

あなたは厳格という言葉をこれまで聞いたことがありますか?

おそらくどのような人も一度くらいは耳にしたり実際に使ったことがあるような言葉であると考えることができます。

それぐらいたくさんの人に知られている基本的な言葉の一つでもありますが、それと同時に難しい表現を持っていることだとしても考えることができます。

なぜならば、厳格という言葉に関しては基本的に使われている意味合い以外に、様々な意味を持っている言葉でもあるからです。

おそらく一般的な意味合いであればたくさんの人が理解できていると思います。

しかしながら、厳格という言葉の基本的な意味以外まで理解できている人はとても少ないはずです。

ただ、厳格という言葉は頻繁に使われないにしても、まったく使われることがない言葉ではないので、正しい理解が求められます。

なので、ここからは厳格という言葉の基本的な意味から深い意味までまとめてご紹介していきたいと思いますので、基本的な意味しか知らない方は確認してみてください。

不正、怠慢、ごまかし、失策などを全く許さない厳しい態度

厳格という言葉にはどのような意味があるのかというと「不正、怠慢、ごまかし、失策などを全く許さない厳しい態度」という意味が存在しているといえます。

少し難しい表現かもしれませんが、簡単に言えば厳しい態度を常に求める人であると考えることができます。

もともと厳格という言葉を考えてみると、用いられている漢字の中には厳しいという言葉である厳という漢字が用いられています。

そして、格という漢字が持っている基本的な意味合いとしてはきまり、法則、標準という意味合いが存在しています。

つまり、これらを合わせて考えてみると厳しいきまり、厳しい法則、厳しい標準という言葉につながるようになります。

これらを組み合わせて考えてみれば、ある程度意味合いとしては想像することができるようになるはずです。

実際に、ルールに厳しい人などは厳格な~という言葉を使って表現することができるはずです。

その反対に、ルールなどに対してあまり厳しくない人であったり、ルールをあいまいにしてしまうような人に対しては厳格という言葉を使ったりはしないはずです。

なので、厳格という言葉の意味合いとしては不正、怠慢、ごまかし、失策などを全く許さない厳しい態度という意味合いが成立するということになります。

厳しくて少しも手加減をしないさま

厳格という言葉が持っている別の意味合いとしては「厳しくて少しも手加減をしないさま」という意味が挙げられます。

これはどのような意味合いだのかと言いますと、先ほどもお伝えした通り厳格という言葉には失策などを全く許さないという意味合いが存在しています。

つまり、どのような場面においても、厳しい姿勢を物事を判断したり、対応したりするという解釈になります。

なので、結果的に厳格という言葉の意味の中には厳しくて少しも手加減をしないさまという意味合いがこめられるようになっています。

例えば、よくスポーツなどでも自分よりも下の立場の人間に対しても手加減をしないような人などがいますよね。

単純に負けず嫌いと表現することもできるかもしれませんが、手加減をするということは全力を出さないということになります。

どのような状況下においても、全力で物事を行い、ある程度で済ませようとするような考え方は厳格な考え方ではないと考えることができます。

つまり、結果的にどのような状況においても全力を出したり、加減をしようとしないようなさまを厳格という言葉で表現することができるといえます。

卑下する

厳格という言葉が持っている別の意味合いとしては「卑下する」という意味が挙げられます。

卑下するという言葉自体が少し難しい意味を持っている言葉なので、理解しにくいかもしれませんが、卑下するという意味は相手を見下すという意味で解釈することができます。

つまり、厳格という言葉の意味には相手を見下すという一般的な意味合いとは異なる意味が存在しているといえます。

では、なぜ厳格という言葉の意味の中に卑下するという意味が込められているのかというと、厳格な人は周りに対しても厳しい態度で接することが多いからです。

例えば、厳格な人を想像してみると、常に自分に対して厳しい人を想像しやすいはずです。

自分に対して甘く、人に対してだけ厳しいような人は厳格という言葉には似合わない人ですよね。

つまり、厳格な人とは、自分に対しても厳しく、他人に対しても厳しい人が想像できるはずです。

そして、他人に対して厳しい人は、自分よりもできていない人に対して見下したりする場合が多いのです。

その結果、厳格という言葉の意味の中には相手を見下すという意味である卑下するという言葉の意味が存在すると考えることができます。

厳格という言葉の意味の中に卑下するという意味が存在していると理解している人は少ないので、もしも知らなければ覚えていただき、正しく扱えるようにしてください。

厳格の類語や関連語

ここまでは厳格という言葉の基本的な意味合いについてご紹介していきました。

厳格という言葉には複数の意味合いが存在しているということが理解いただけたところで、ここからは厳格という言葉の類語や関連語についてご紹介していきたいと思います。

類語や関連している言葉について理解いただくことによって、さらに厳格という言葉に対する認識が深まるようになります。

また、正しい言葉の使い分けなどにも影響を与えてくれるようになりますので、正しい使い方を把握するきっかけにもつながります。

なので、この機会に類語や関連語を通して、厳格という言葉の理解をさらに深めてください。

規則について厳しく実施される

厳格という言葉の意味について考えてみると、言い換えてみれば規則について厳しく実施されるという言葉で言い換えることができます。

なぜならば、厳格という言葉の意味の中には「不正、怠慢、ごまかし、失策などを全く許さない厳しい態度」という意味が存在しています。

つまり、決められた物事に対して厳しく遂行するということが考えられます。

なので、規則について厳しく実施されるという言葉で表現することができます。

では、規則について厳しく実施されるという意味に着目して考えてみると、どのような言葉が類語や関連語として存在するのかご紹介していきたいと思います。

厳重

まずはじめにご紹介する規則について厳しく実施されるという言葉に当てはまる言葉として「厳重」という言葉が挙げられます。

厳重という言葉の意味としては「いい加減にせず厳しい態度で物事に対処する様」を意味している言葉です。

つまり、何かの物事に対して忠実に取り組んでいるということを表現している言葉でもあります。

この言葉の意味合いを想像してみれば、厳格という言葉と同じような意味合いであるということは簡単に想像できるはずです。

なぜならば、厳格という言葉の意味に関しても、同じように物事に対して厳しい態度をとるということが共通しているからです。

なので、厳格という言葉と厳重という言葉は同じような意味を持っている類語であると考えることができるといえます。

厳密

次にご紹介する規則について厳しく実施されるという言葉に当てはまる言葉として「厳密」という言葉が挙げられます。

厳密とはどのような意味が存在しているのかというと「誤りやや手落ちのないように細かいところまで厳しく目を行き届かせていて、隙がないさま」という意味があります。

つまり、何かを行う上で間違いのないようにしっかりと注意して物事に対して取り組むという言葉で表現することができます。

この言葉の意味を考えてみると先ほどご紹介した厳格という言葉の意味と共通する点がいくつも存在していることがわかるはずです。

例えば、厳格という言葉に関しても物事に対して間違いがないようにしっかりと注意して真剣に取り組むということが当てはまります。

なので、厳格という言葉と厳密という言葉は同じような意味を持っている類語であると考えることができます。

関連語

融通がきかない

厳格という言葉に対する関連語としては「融通がきかない」という言葉が挙げられます。

そもそも融通がきかないとは「立ち回りがヘタ、世間に自分をうまく合わせることができないさま」を意味しています。

つまり、その場その場の状況において適切な対応することができないという意味合いで解釈することができます。

厳格な人に関しては、ルールや規則に則って行動を行うことができる反面、その場その場で適切な対応をすることが少し苦手な節が存在しています。

ビジネスの場面で考えてみれば、それが適切な対応である場合が多いですが、人間関係となると少し難が存在するような場合などもあります。

なので、厳格な人には融通が利かないという言葉が大きく関連している言葉であると考えることができます。

厳格の使い方


ここまでは厳格という言葉の類語や関連した言葉についてご紹介していきました。

ある程度厳格という言葉について理解いただけたところで、ここからは具体的に厳格という言葉の使い方についてご紹介していきたいと思います。

そもそも厳格という言葉に関してはなかなか日常的に頻繁に使ったりすることが少ない言葉でもあります。

なので、具体的な使い方などを正しく理解できていない方も中にはいるはずです。

しかし、社会人になれば基本的な言葉の意味くらいは理解しておかないと恥ずかしい場面に立たされてしまう可能性もあります。

また、目上の人や年配の人ともかかわる機会が多くなりますので、なおさら言葉の意味については理解しておくことが求められます。

なので、この機会に厳格という言葉の正しい使い方についても学んでみましょう。

例文

言葉の使い方を学ぶ上で、一番わかりやすいのはその言葉が使われている具体的な例文を確認するということです。

どのようにして使うのかということを言葉だけで考えたとしても、なかなか具体的な使い方などが理解しにくかったりすることがあります。

なので、ここからは厳格という言葉が使われている例文をいくつかご紹介していきたいと思います。

これらの例文から厳格という言葉の使い方を学び、間違いなく扱えるようにしてみてください。

父は非常に厳格な人だ


まず初めにご紹介する厳格という言葉を使った例文として「父は非常に厳格な人だ」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味なのかといいますと「父は非常に厳しい人だ」という意味合いで解釈することができます。

まず、厳格という言葉に関しては先ほどもお伝えした通り「不正、怠慢、ごまかし、失策などを全く許さない厳しい態度」という意味合いが存在しています。

少し難しい意味合いですが、簡単に言えば何事においても厳しい考え方をしている人であると一般的には使われたりすることが多いです。

なので、そのまま厳しい人であるということを意味する表現として考えていただければ、使い方としてはそこまで難しくはならないと思います。

なので、父親が厳しい考え方を持っている人なのであれば、厳格な~という表現で厳格という言葉を使うことができるようになります。

この例文はかなり一般的な使い方の部類に入りますので、厳格という言葉の基礎的な使い方として覚えてください。

自分自身に対して厳格であれと伝えた

次にご紹介する厳格という言葉を使った例文として「自分自身に対して厳格であれと伝えた」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味合いなのかと言いますと「自分自身に対して厳しくあれと伝えた」という意味合いで解釈することができます。

この例文に関しても、先ほどと同様にそこまで難しい使い方ではない例文だといえます。

まず、厳格であるということは言い換えてみれば厳しいという言葉に変換することができますよね。

なので、そのまま意味を代入していただければ、例文の意味としてはすぐに理解できるはずです。

そして、厳しいという言葉の部分を厳格という言葉に置き換えれば、そのまま文章としても扱えるようになるはずです。

厳しいという言葉に関しては日常生活の中でも頻繁に用いたりする機会が多い言葉なので、あまり深く考えなくても文章として成り立たせることができるはずです。

なので、コツさえつかめば、意味が難しい厳格という言葉に関しても簡単に扱えるようになるはずなので、覚えておきましょう。

彼は他人に対してはおそろしく厳格だった

次にご紹介する厳格という言葉を使った例文として「彼は他人に対してはおそろしく厳格だった」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味合いなのかと言います「彼は他人に対して恐ろしく厳しい人だった」という意味合いとして解釈することができます。

厳格という言葉を使う場合、基本的には厳しい考え方を持っているという意味合いで用いられます。

なので、誰かに対する態度が厳しい場合などには厳格という言葉で文章にして表現することができます。

あなたの周りにも他人に対して厳しい態度をする厳格な人は一人くらいはいませんか?

実際に自分の周りでも同じような状況があるか振り返り、あるのであれば、それを自らの言葉で表現しなおすようにすれば、文章構成の練習ができるようになります。

それを自然と繰り返していけば、言葉の間違った使い方などは圧倒的に減らせるようになるはずなので、難しい言葉があればまずは自らの言葉で表現しなおす癖を身に着けましょう。

厳格な人の5個の特徴

ここまでは厳格という言葉の具体的な使い方について例文を交えてご紹介していきました。

具体的な使い方を理解いただけたところで、ここからは厳格な人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

厳格という言葉に関しては、意味を考えていただければ分かる通り、良い意味もあれば悪い意味として使われたりするようなこともあります。

例えば、厳格であるということは言い換えてみれば融通がきかなかったり、堅苦しい人であるという印象を与えてしまうことがあります。

人によって感じ方は違いますが、このような印象を与える人はあまり人から好かれない場合などが多いです。

しかしながら、厳格という言葉にはそれ以外にもたくさんの良い部分があります。

なので、厳格な人の特徴を知り、自分にとってメリットがある、魅力的だと感じた部分だけを取り入れられるようにすることが一番良いといえます。

そこで、これからご紹介する厳格な人の特徴からそれを身に着けるヒントをぜひ学んでみてください。

特徴が分かれば、そうなるためにはどうすればいいのかということが自然と理解できるようになります。

それが厳格な人に近づくための一歩であり、近道でもあるといえます。

1.正義感が強い

まずはじめにご紹介する厳格な人の特徴としては「正義感が強い」ということが特徴として挙げられます。

なぜ厳格な人は正義感が強いのかと考えたときに、まずは厳格という言葉の意味をもう一度考えてみるとわかりやすいと思います。

厳格という言葉の持つ意味には「不正、怠慢、ごまかし、失策などを全く許さない厳しい態度」という意味が存在しています。

つまり、これは言い換えてみれば常にルールを守ったり、結果を出すことを意識しているような厳しい考えを持っているということになります。

それが一般的に表現される厳しいという言葉にまとめられていると解釈することができます。

なので、結果的に考えてみると不正やルール破り、ごまかしを良しとしないということは正義感が強いからであると考えられます。

正義感があるのに不正をしてしまったり、ルールを守らなかったり、ごまかしたりするような人はいませんよね。

つまり、厳格な人の特徴としては正義感が強い人が該当すると考えることができるのです。

実際に、あなたの周りに存在する厳格な特徴を持っている人を想像してみてください。

正義感にあふれているような、まじめな考え方をもっているような人が該当するようになりませんか?

まじめな考え方を持っていないような人が厳格という言葉で表現されたりするようなことはその逆にないはずです。

なので、正義感が強いということは厳格な人の特徴に当てはまると考えることができるのです。

2.自分に厳しい

次にご紹介する厳格な人の特徴としては「自分に厳しい」ということが特徴として挙げられます。

なぜ厳格な人の特徴として自分に厳しいという特徴があげられるのかというと、そもそも人に対して厳しい人は自分にも厳しい場合が多いからです。

なぜならば、自分に対して厳しい考え方をしているからこそ、人に対しても自信をもってそれを求めることができるようになるからです。

自分に対して甘いくせに人に対して厳しいことを要求するような人もいますが、そのような人は明らかに厳格な人の特徴に該当するとは言えません。

また、そのような人は完全に人から嫌われる可能性がありますし、人望もないに等しいはずです。

そして、そもそも厳格という言葉の基本的な意味を思い描いてみれば、このような特徴を持っていることは簡単に想像つかせることができます。

なぜならば、厳格という言葉には不正やルール破り、ごまかしを良しとしないという意味合いが存在しています。

つまり、不正やごまかしをしないということは、常に真剣に行っているということであり、手抜きをしないという意味合いになります。

なので、自分に対して常に厳しい考え方を持っているということになりますので、結果的に自分に対して厳しいという特徴を兼ね備えているといえるのです。

3.プライドが高い

次にご紹介する厳格な人の特徴としては「プライドが高い」ということが特徴として挙げられます。

なぜ厳格な人はプライドが高いという特徴が存在するのかと考えると、厳格な性格自体が影響を与えているからだといえます。

先ほどもお伝えした通り、厳格な人は常に自分自身に対して厳しい考え方をしている場合が多いです。

つまり、常に自分に対して様々なハードルを課している存在であると考えることができます。

常に高いハードルをぐりぬけてきた人は、自然と自分自身に対して大きな自信が伴うようになります。

なぜならば、これまでにたくさんの辛いことや大変なことを経験してきたということを踏まえて考えてみると、自分はできると思えるような精神力が身につくようになるからです。

その反対に、つらいことや大変なことから逃げ出してきた人に関しては、精神的に弱くなってしまうといえますよね。

また、それらのことを逃げ出さないで行ってきた人は自分に自信があり、なおかつ自分がすごいという潜在意識を持つようになります。

周りの人には負けられない、自分は成果を出さないといけないというような考え方が自然とみにつくようになるからです。

なので、結果的に厳格な人はプライドが高いという特徴が存在するようになりやすいと考えることができます。

厳格でプライドが高いという人は、どうしても扱いにくくなったり融通がきかなくなったりするような場合が多いです。

しかしながら、それと同時に大きなことをなし得るためには自分を信じるための精神力がなくては絶対にできないといえます。

つまり、自分に対して自信を持つことができるというとてつもないメリットを得られるようにもなります。

このように、どのようなメリットを得ることができるのかということを考えてみると、いかに素晴らしい特徴であるかということがわかるはずです。

自分に対して自信を持てない人は常に自分に対して高いハードルを課すような生活習慣を身に着けるようにしてみてください。

4.神経質

次にご紹介する厳格な人の特徴としては「神経質」ということが特徴として挙げられます。

なぜ厳格な人は神経質という特徴があげられるのかと言うと、先ほどもお伝えした通り厳格な人は何事においても手抜きすることを好まない場合が多いです。

何かをする場合、不正を行ったりせずに、自分自身の力で最後まで貫き通す考え方を持っている場合が多く、完璧主義な一面を持っているといえます。

なので、何事においても完璧に遂行しないと気が収まらないような場合などが多いのです。

だからこそ他人が中途半端に何かを行っていたりすると、どうしても納得をすることができず他人に対して説教したりするようなことが多くなります。

つまり、厳格な人は何事においても神経質な一面を持ちやすい特徴を持っていると考えることができます。

あまりにも神経質すぎるような考え方を持っていると、仕事においては評価されるかもしれませんが、人間関係においてはあまり良い気持ちを持たれたりすることが少なくなります。

無神経すぎるのも逆に人間関係においては悪い印象を与えてしまう可能性がありますので、どちらもほどほど立餅を持つことが良い人間関係を成立させる要因になります。

なので、良い部分だけ吸収して、ほどほどにメリットを感じさせる程度の特徴を身に着けるように意識をすることが大事であるといえます。

5.柔軟性がない

次にご紹介する厳格な人の特徴としては「柔軟性がない」ということが特徴として挙げられます。

なんで厳格な人の特徴として柔軟性がないのかと考えると、そもそも厳格な人に関しては物事に対してきっちりとした考え方を求めるようになりやすいからです。

例えば、私たち人間には感情が存在しており、当然ながらその感情に従って物事を判断してしまうような場合がよくあります。

時には、強い感情の変化によってルールを疑ってしまうようなことであったり、場面での判断を行ったりしてしまうようなことなどもあると言えます。

しかしながら、厳格な人の場合は、そのようなことはなくルールはルールであると強い概念を持っているような場合がほとんどです。

なので、別の言葉で言い換えてみれば、融通が利かないような人であったり、つまらない人であると判断をされてしまいがちになってしまいます。

柔軟性がない人は、まじめである分、面白みがないと周りから判断されてしまうようなことも考えられるので、まさに一長一短であると考えることができます。

ただ、何かを行う場合ルールを守るということは基本的な大事な考え方になります。

特にビジネスにおいては自分の感情によって物事を判断したりすることは場合によって命取りに繋がるようなこともあります。

つまり、責任がある立場に身を置く人に関してはそれなりに厳格な性格をしている人の方がポジションとしては適任とされる可能性が高いはずです。

ビジネスの面においては、それなりに厳格な考え方が求められる傾向にあるので、ほどほどな柔軟性とそれなりの厳格さが必要であると判断することができます。

厳格の使い方を知って正しく使おう

今回は厳格という言葉をテーマにして、厳格という言葉の基本的な意味や使い方についてご紹介していきました。

今回ご紹介した内容を踏まえて考えてみると、厳格という言葉には様々な意味が存在しているということがお分かりいただけたと思います。

しかしながら、厳格という言葉はあまり特殊な意味で用いられることもすくなく、一般的な意味合いとして使われることがほとんどです。

だからこそ、厳格という言葉は正しい使い方を行うべきであり、間違った使い方や認識をしていた場合は正しい解釈ができるように注意する必要性があります。

また、厳格な人の特徴を把握し、良い部分だけをピックアップして自分自身の強みにしていただければ、きっとこれまでの自分よりも魅力的な自分になれるはずです。

正しい言葉使いと、厳格な人のメリットを知り、自分自身の中で魅力的な要素として取り入れられるようにしてみてください。