皆さんは成績というものをどの様に捉えていますか?例えば、成績を上げる際に努力する事は多いのではないかと思います。

学生の頃というのは基本的に成績が大きく影響をしてくるので、今後の進路などにも大きく関わるものですよね。

でも勉強をすることが苦手だという人も多いのではないかと思います。

基本的に中学生や高校生は勉強より部活で忙しいと思う人もいるでしょう。

勉強と部活を両立してこその学生生活ですが、両立をすると言っても難しいものだと思います。

特に小学生から中学生に上がる際、時間や感覚なども違ってくるので、今までの学校生活とは違ったものを味わうのではないかと思います。

そんな中、親から「成績をあげなさい!テストはどうだったの?」というような事を言われるという人も多いですよね。

学生の間は誰もがその様に言われたりしたと思います。

「遊んでばっかりではなく勉強をしなさい」といつも言われて嫌になる事もあったでしょう。

ですが親が言ったりするというのは後悔をしてほしくないからとよく言われていますよね。

親が学生時代に遊んでいたから今苦労をしているという気持ちを、勉強などをさせて良い人生を送って欲しいという意味合いがあるからなのです。

学生の時に言われて気付かなかったことが、大人になって気付いて、いつか結婚をして子供ができた時に同じことを言ってしまうのではないでしょうか。

ですがそれほど学生時代というのは記憶に残っているという事になります。

よく学生時代に後悔をしている事の中に「勉強」というものがあがります。

もっと勉強をすればよかったと思う人が大半なのです。

それほど大人になって重要なものになるという事になります。

将来はどうなるかというのはその人次第ですが、学生時代にもっとこうしておけばよかったという後悔が多いのも事実です。

その後悔をしないように、学生時代を真剣に生活をすることも大事なのではないかと思います。

中でも成績に関しては高校や大学にも響くものですよね。

特に大学では試験に合格をしなければ大学へ行くことができません。

行きたい大学があったとしても、成績が悪いから行けなかったなんていう事もあると思います。

そんな学生が成績を上げるためにやるべき事というものがあります。

勉強では後悔をしてほしくないと思う人が多いはずです。

大人になって気付くのでは遅いです!是非今対策をしてみてはいかがでしょうか?勉強がもっとできるようになりたいと思う人や、成績を少しでも上げたいと思う人は必見です!

成績を上げたい!

よく親から「成績で何点以上取ったら欲しいもの買ってあげる」というような事を言われませんでしたか?多くの人がこの様な経験をしたと思います。

これは成績をあげる際に親からの助言だと思ってください。

例えば人というのは何かの為に手段を選ばないこともありますよね。

欲しいものがあればそれに対して頑張ったりすることができると思います。

例えば学生時代に欲しいゲームがあっても買えない!という時に親がその様に言ってきて勉強を頑張って成績を上げた結果、そのゲームを買って貰ったという事がありませんか?ゲーム以外にも自分が欲しい物であれば何でも良いのです。

人というのはその物のためならば頑張ることができるという事です。

ですが成績というものは早々に上がるものではありません。

何故なら普段の勉強の態度であったり、授業をどれだけ聞いているかというのもあると思います。

基本的に勉強というものは基礎があって応用に発展します。

数学などが良い例ですよね。

成績をあげる際には基礎がちゃんとできているかが重要になるのです。

嫌というほど聞いてきたという人もいるでしょうが「基礎」という言葉は本当に大事なことなのです。

この基礎が解らなければ問題を解くという事ができません。

簡単な例を言うと漢字という基礎を覚えなければ文章を読むことができないという事になります。

その漢字の意味などが解らないと通じなくなってしまいますよね。

必ず基礎というものは付いてくるものなので、基礎をきちんと勉強をすることが必要になるでしょう。

勉強は嫌い、でも良い点数が取りたい

勉強をする事自体が嫌いだという人も多いはずです。

実際に多くの人がその様に思うでしょう。

ですが中には勉強をしなくても点数を取ることができるという人もいますよね。

その人は勉強が嫌いでも基礎をしっかりと覚えている人が多いです。

勉強は嫌でも、その最低限の知識を持っているという事になります。

ですが勉強が嫌いで、基礎なども覚えていない状態だと点数を取りたくても厳しいものがあります。

ですがそんな勉強嫌いな人でも点数を取る方法というものがあります。

勉強のやり方もそうですが、環境やいつ勉強をしているのか、時間をどれだけかけているのかというのが重要になります。

よく最低1時間は勉強をしなさいというような事を言われたりすることもあると思いますが、それは習慣をつけさせる為に言われることが多いです。

勉強が嫌いでも習慣付けることで、少しでも勉強をしようという意欲が湧いてくると思います。

勉強は苦手で嫌いだという人も、少しずつ勉強をして点数をじょじょに伸ばしていけば良いのです。

一気に点数をあげるのではなく、小さな小テストからどんどん点数を伸ばしていくことで自信と学力が付いてくることでしょう。

成績を上げるために学生がやるべき12個のことや工夫


では成績を上げるためにどの様なことをすれば良いのでしょうか?実は様々な工夫があるのですが、どれも実用的なものばかりです。

特に今からあげる12個のものに関しては実際にこの様に勉強をして成績を上げたという人もいるでしょう。

嘘だと思ってこの様に勉強をするとじょじょに力がついてきて成績を上げることができたという人もいるかもしれません。

よくある勉強方法もありますが、特に効果が大きいものの12個を紹介したいと思います。

もし今からでも成績を上げたいという人がいるのであれば、是非試してみてはいかがでしょうか?

1、何度も復習する

何度も復習をするという事はとても大事な事になります。

例えば予習と復習ではどちらが大事かと言われると復習が一番大事になるのです。

予習というのはまだ習っていないところを自分自身で自学をするという事です。

しかしこれはどの様にすれば問題が解けるのか、基本的なことしか解りません。

ですが復習というのは一度学校で習ったことを再度勉強をするという事です。

復習をする際には、必ず基本から始めるようにしましょう。

いわゆる応用問題ではなく、基礎問題を解くという事です。

復習をした際に、よく応用問題をして終わる人もいますが、応用だけではその時には覚えていても時間が経つと忘れてしまうという事が多いのです。

なので復習をする際にも、どんなに今解っていても何度も復習をするようにする事が大切になるでしょう。

2、静かな場所で勉強しない

実は勘違いしやすい勉強法方の1つで静かな場所で勉強をすると集中できると勘違いをする人が多いですが、実は静か過ぎるというのもよくないのです。

いわゆる静か過ぎる場所というのは何も聞こえていない状態のことをさします。

よく自分の呼吸の音がよく聞こえる、心臓の音が聞こえるというような感覚がありますよね。

凄い集中をしているというような時はまさにこの様な状況になると思います。

しかしながらこれは集中をしすぎているという事になり、頭の中に逆に入ってこなくなってしまうのです。

凄い集中をするという事は、その事に関して頭が一杯一杯になります。

仮に勉強のことに関して頭が一杯一杯になったとしても、静かな場所で勉強をしていると、つい他のことに意識が飛んでしまうことが多いのです。

なので、適度な音が入ると良いでしょう。

例えば図書館の場合は自分だけではなく様々な人が利用をしたりしますよね。

鉛筆の音であったりそのような環境でするというのが一番ベストになるのです。

適度な集中を一番に心がけることが重要になります。

3、分からない所は分かるまで聞く


これはよくある方法の1つですが解らないところは解るまで聞くというのが良いです。

先生や塾などに行っている場合は友達に聞くという方法でも良いです。

自分の納得のいくまで、解るまで聞くというのは繰り返ししている事になり、復習と同じような行為になりますよね。

分からないことは決して恥ずかしいことではありません。

分かるまで聞くというような事をすることが大事になるのではないかと思います。

4、テストで間違えた所を解き直す

これも大事なことですが、基本的に復習をするという行為は成績を上げる方法でも優秀であり、更には自分の頭の整理をつけることができるのです。

曖昧な部分であったり間違えた場所を正すというためにもテストで間違えたところを解きなおすというのが一番でしょう。

例えばですが、テストで間違えたところを解きなおすというのは、そのテストで解らなかった箇所というのが明確に解るものですよね。

ここが解らなかったのかという所や、また不安だったけれど当たっていた、似たような問題が出た場合は大丈夫なのだろうかというような事もあるのではないかと思います。

そんな時に大事なことがこの間違えたところを解きなおすというような事なのです。

間違えたところや不安なところを解き直すことで再確認をすることができ、頭の整理もつけることができるのではないかと思います。

5、暗記教科を優先する

暗記教科を優先するというような事もあるでしょう。

例えばですが、暗記をする教科というのは歴史や公民などの社会系であったり、理科などのようなものは暗記ものですよね。

暗記をする際にはその重要な単語を覚えなくてはいけません。

また暗記をしてから応用問題というのもあるでしょう。

覚えるものが多いとその応用問題というようなものもあります。

先ずは暗記をすることから始めてみてはいかがでしょうか?言うのであれば、それ以外の事というのは基本的に問題では出てこないという事になりますよね。

暗記をするというのはとても大事なことなので覚えておくと良いでしょう。

6、朝に勉強する

朝に勉強をするというのは実は適度に集中力をつけることができるのでオススメの方法です。

朝に勉強をする際には大事なことがあります。

それは朝起きてからするのではなく、ご飯を食べた後にするという事です。

基本的に朝起きた時は頭が起きていない状態になり、考えるという事が難しいですよね。

その時にご飯を食べることで頭を冴えさせることができるようになります。

また朝に勉強をするというのは重要なことのもう1つに、暗記をする場合はとてもやりやすいというような事にも繋がるのです。

朝に勉強をするというのは、朝起きてから頭に入れることで新しいことをどんどん詰め込むことができます。

なので朝に勉強をするという方法もオススメですが、その際には暗記ものをするとより覚えやすくなるという事を覚えておきましょう。

7、教科書を音読する

教科書を音読するというのは小学生の頃に国語の時間で多くしたと思います。

ですが、中学生や高校生になっても音読をするというのは恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、実は大事なことがあり、声に出すことで覚えやすいというような事にもなるのです。

いわゆるよく身体で覚えるというような事があったと思いますが、まさにその様な状態になるという事になります。

教科書を音読をするという事は、声に発するので口が自然と動きます。

よく本を読む時などに口が動いたりする人がいますが、実はこれは大切なことなのです。

教科書を音読すると口が動きますよね。

その際にその口がいわゆる記憶をする要因になるという事です。

口が勝ってに動いてしまうというような事はありませんか?

例えば円周率は3.1415…とどんどん続きますが、一部の人達は書いて覚えたという人もいるかもしれないですよね。

しかしながら口で言い続けて覚えたという人が多いのではないでしょうか?

口が勝ってに動くというような形で覚えるというような人が多いのは、声に出すことで覚えれるからなのです。

教科書を音読するというのは成績を上げる際にとても役に立つ方法でもあるので、是非実践をしてみてはいかがでしょうか?

部屋で勉強をする時は声に出して勉強をしても良いのです。