いつも「自分は運がない人間だ」とか、「幸運に恵まれたいなぁ」などと考えている人はたくさんいると思います。

そんな人たちは、一体何をもって「自分は運がない」と思い、また何を「幸運だ」と考えているのでしょうか?

幸運とは何なのか、幸運を手にすることの出来る人とはどんな人なのか、

また自分も幸運を掴むにはどうしたらいいのかなど、幸運についていろいろとご紹介していきます。

幸運ってどんなもの?

一口に「幸運」といっても、何を幸運とするかは人によってそれぞれ違いますよね。

一説には「運が良いこと」や「巡り合わせが良いこと」を幸運とするそうですが、実際には形のないものを幸運と定義するのはとても難しいことです。

では、一体どんなものを幸運と言うのでしょうか?

どんなもので幸運を感じるかは人それぞれ違う

幸運というのは、具体的な定義がない分、それを感じる人それぞれによって物差しが違っています。

例えばある人は、「今日も何事もなく一日を終えられたこと」を幸運と感じる人もいます。

また、ある人は「今日は好きな子と仲良く話をすることが出来た」ことを幸運と感じることもあります。

日常的にごく当たり前に起こることを幸運と捉える人もいれば、普段とは少し違う、自分にとって何か特別に良いことが起こった時にそれを幸運と感じる人もいるのです。

要するに、それだけ幸運というものはそれを感じる人によって様々なものであり、それ故に一体何を幸運だと例えることは出来ないのです。

とはいえ、例えば宝くじの1等が当たれば、それは誰から見ても幸運なことでしょうし、仕事で出世をすればそれも幸運と言えます。

このように、誰が見ても当たり前に幸運だと思えるものもあれば、その人その人によって幸運と感じることもあります。

また、中には周りから見れば幸運なことも、本人にとっては意外に幸運と感じていないこともあります。

それらを踏まえると、一口に幸運の定義を計ることは出来ないのです。

幸運を掴む人にはどんな特徴があるのか?

幸運を掴んでいる人には、一体どのような特徴があるのでしょうか?

第一に、いつも笑顔で前向きな人、そんな人は幸運を掴んでいることが多いです。

幸運というものは、ネガティブな考えばかりで下を向いていても降ってくるものではありません。

昔から「笑う門には福来る」と言うように、いつも笑顔で前を向いている人にこそ、幸運というのは訪れます。

また、いつも前向きに物事を考えている人も、幸運を掴みやすいです。

「これはどうやったら良くなるのか、どうしたら今よりも良くなるのか」と常に未来のことを考える向上心こそが、自然と幸運への近道を辿っているのです。

第二に、「自分は幸運だ」と感じている人です。

こういった人は、日頃から些細なことに対しても感謝の気持ちを持ち、「自分は今こんなにも幸せだ」と考えています。

例え事故にあったとしても、「命があっただけ幸運だ」と考え、例え車に泥を跳ねられても、

「いつも余裕をもって家を出ているから、帰って着替える時間は十分にある」と考えることが出来ます。

何もかもを前向きに捉えるのは難しいですが、常日頃当たり前に私たちが生活を送っていることを「幸運だ」と感じられる人は、他の幸運も掴みやすいです。

1.何に幸運を感じられるのかを知っている人

幸運の尺度は、その人によって違います。

例えばある人にとっての幸運は、「ずっとなりたかった宇宙飛行士になること」。

またある人にとっての幸運は、「今日の夕食は自分の好きな食べ物だった」ということです。

本当に幸運を掴むことが出来る人というのは、自分の身の丈にあった幸運を感じることが出来る人です。

どう考えても今の自分では到底叶えられないことを自分の幸運の定義とする人には、当然ながら早々幸運というものは訪れません。

しかし、直ぐにでも叶えることが出来る内容を幸運を定義する人には、直ぐに幸運が訪れます。

幸運の感じ方は人それぞれですが、些細なことに幸運を感じられると知っている人は、自然と幸運を掴むチャンスにも恵まれています。

自分が幸福になれるものを見つける能力がある

自分では到底手が届かないものや、理想的なものばかりを幸運と考えている人には、中々その人の望む幸運は訪れません。

なぜならば、それらはその人にとっては理想が高すぎて、実際に手にした時のことを現実的に想像することが出来ないからです。

しかし、幸運を簡単に掴むことが出来る人は、自分が「なに」で幸福になれるのかを見つける能力があります。

その人は自分のことが良く分かっていて、自分が一体何で幸福と感じるのか、そして幸運と感じられるのかということを自分でよく理解しています。

それ故に、自分の身の丈にあった望みしか抱きませんし、幸福の捉え方もシンプルです。

そして、「これが自分は幸福だ」「これをすれば幸運だ」と理解しているからこそ、自分で自分に見合った幸福を見つける能力に長けています。

2.「自分は幸運だ」と思えている人

「自分は幸運だ」と思えている人こそ、幸運を掴んでいる特徴があります。

一見ただの思い込みのようでもありますが、その思い込みこそが重要なのです。

「病は気から」というように、自分がこうであると思い込むことにより、その人が本来持つ力以上のものを発揮できることがあります。

それはスポーツの試合であったり、仕事のプレゼンの時であったりとさまざまですが、自分が幸運だと感じている人は、結果的に幸運を掴む可能性が高いです。

もしもあなたが今すぐに幸運を掴みたいと思ったら、まずはあなた自身が自分は幸運だと思い込むのです。

無理にでも思い込むことから、本当に幸運を掴むきっかけが生まれてくるかもしれません。

どんなことで幸せを感じるのかを知っている

「自分は幸運だ」と思える人は、どんなことに対して自分が「幸せだ」と感じるのかをよくわかっています。

だからこそ、分からない人に比べて、自分が幸せと感じられる方法を常に選択しています。

朝起きてから慌しく準備をするのか、それともゆっくりと準備をするのか、昼食には何を食べるのか、

今日はどこに寄り道にして帰るのかなど、些細なことで自分が幸運と思える方法を自然と選択しているものです。

そのため、どんなことで自分は幸せだと感じられるのかを分かっている人は、自分が常に幸せと感じる選択をし続けているため、あまり選択の失敗をすることはありません。

そういった意味でも、自分の幸福を分かっている人は、他の人に比べて必然的に幸運を掴んでいる可能性が高いです。

ネガティブなイメージは捨てる

幸運を掴んでいる人の多くは、ポジティブな考え方をしています。

例え何か予期せぬ事態が起きてしまった場合でも、「こんな事になってしまっては〇〇だ」と悲観的に考えるよりも、

「今こうしたら〇〇にならないだろうか」と前向きに物事を考え、行動していきます。

つまりは何か一つの事柄に対し、ネガティブなイメージは捨て去り、常にポジティブな物の考え方をします。

そして前向きな選択と行動の結果、思わぬ幸運を掴むことも多いのです。

もちろん考え方というのは人それぞれですので、誰もが必ずポジティブな思考を持つことは難しいです。

ですがもしもあなたが幸運を掴みたいと思ったら、物事を考える時に極力ネガティブな考えは捨てて、ポジティブな考えに切り替えましょう。

それが自然と、または上手に出来る人にこそ、幸運を掴むチャンスは訪れます。

また、仮に前向きでなくとも、楽観的な考え方をする人はネガティブに考え込んでしまうよりもよほど幸運が巡ってきます。

「いつも幸運に恵まれない」と嘆いている人は、もうその考え方が既にネガティブな思考にはまっていますので、一度気持ちを切り替えてみてはいかがでしょうか?

3.自分の為だけに行動をしない人

幸運を掴める人というのは、常に周りや、他人のことも考えて行動しています。

もちろんそれを意識して行っている人もいますが、無意識に行っている人もいます。

無意識に行っている人は、もはや先天的に幸運に恵まれているといっても過言ではありませんが、

意識して行っている人でも、分かっていて行動しない人に比べれば圧倒的に幸運に巡り合えるチャンスが大きいです。

対して自分のことだけしか考えずに行動している人は、そこまで幸運に巡り合うことが出来ません。

幸運というのは、決して自分一人だけで得られるものではないからです。

宝くじの当たり外れに関してもそうです。

前の人から順番に並んで、あなたの番で偶然当たることはありますが、

それは表現を変えれば前に誰も並んでいなければ、券を購入する順番がずれてあなたは当たっていなかったということになります。

自分のことを一番に考えることが悪いことではありません。

ただ、自分のことだけしか見えていないと、本来周囲から巡ってきたであろう思わぬ幸運に、気付けないことがあるのです。

幸運を感じたら周りの人にも分けてあげる

幸運を掴める人というのは、自分が幸運だと感じたら、自然とそれを周りの人にも分けてあげることが出来ます。

例えば、その人が昼食で食べたサンドイッチがとても美味しくて、「自分はこんなに美味しいものを食べられて幸せだ」と思ったら、

一緒に食べていた人にも一口進めて、その美味しさを分かち合おうとしたり。

または、幸運にも臨時収入があった時に、周りを誘ってご飯を食べに行ったりと、様々な場面で自分だけではなく、周りの人にも自分の幸運を分け与えようとします。

些細なことを幸運だと意識することは誰にでも出来ますが、周囲にもそれを分けてあげることは、その気持ちがない人には中々出来ることではありません。

そういった面からも、その人が幸運を掴みやすい特徴をしているのがうかがえます。

周り周って自分に返ってくる

周りの人たちに自分の幸運を分け与えていると、いつしかそれを他人から同じようにしてもらえる時がきます。

「情けは人の為ならず」ということわざの通りに、人の為を思ってした行為は、相手の心に響けばいずれ自分に返ってくるのです。

「幸運のお返しをして欲しいから人に幸運を分け与える」という考え方になる人もいるでしょうが、

その真意はどうであれば、受け取る側があなたに対して好感を抱いたなら、きっといずれはあなたも同じように幸運のおすそ分けをしてもらえるかもしれません。

少なくとも、幸運を掴みやすい人にはそのような傾向が多く見られます。

幸運を独り占めすると運の流れがとまる

「あぶく銭は使ってなんぼ」という言葉通りに、ふっと舞い込んだ幸運は、

ある程度周りにもおすそ分けしてあげると周囲も喜びますし、また自然と次の幸運へも繋がっていきます。

反対に、幸運を自分で独り占めにしてしまうと、その場で運の流れが止まり、次にも繋がらないどころか周りから反感を買うこともあります。

もちろん自分が手に入れた幸運ですので、独り占めしたところで何も問題はありませんが、

運の流れを循環させたい場合には、ある程度周囲のためにも使ってあげた方が良いでしょう。

幸運に掴むために実践すること

幸運を掴みやすい人の特徴をご説明した後で、では自分が幸運を掴むためには、実際にどのようなことをすれば良いのでしょうか?

毎日占いをチェックしたり、風水に効果のあることをやってみたり、物事に対して笑顔で取り組むようにしたり・・

その人によっていろいろな方法があるでしょうが、特におすすめの方法をご紹介していきます。

実践1.幸運は偶然ではなく自分で掴むもの

まず言えることは、幸運とは必ずしも偶然に起こるものではない、ということです。

「宝くじであたった」「第一志望の学校に受かった」など、これらの幸運は偶然のように思われますが、実はすべて全くの偶然というわけではありません。

例えば宝くじに関しては、確かに何千、何万分の一で当たる確率は物凄い偶然のように思えますが、

そもそも自分が「宝くじを買う」という行動を取らなければ、絶対に当たるものではありません。

宝くじが当たるまでに「宝くじ売り場に並んで購入する」という行動を取っている、それはつまり、その人は幸運を自分で掴む努力を既にしていたということになります。

また、「第一志望の学校に受かる」という例え話はもっと分かりやすいです。

合格するまでにその人は、一生懸命に受験勉強をしていました。

だからこそ合格したのであって、「学校に受かった」という幸運も、元々自分で掴んでいたことになります。

確かに世の中には、偶然の幸運というものは存在しますが、それらの大部分は、

元々幸運のきっかけとなるものを自分自身で掴んでいたから得られたというケースが大変多いのです。

幸福になれるような考え方や行動を選択する

幸福とは、思いがけずに降ってくるものもありますが、大半は「幸福になりたい」という個人の願いから発生しています。

日々を幸福に過ごしている人は、自分がどうしたら幸福になれるのかということをよく分かった上で行動をしています。

例えば寝坊して慌しく家を出て、走った先で踏切に捕まってイライラ・・

よくあるケースですが、幸福を掴める人の場合は、まず自分が焦ったり、イラついたり、不必要に心を乱される条件を作らずに行動しています。

朝は余裕をもって起きてゆっくりと準備をする。

そして少し早めに家を出て歩けば、例え踏み切りに捕まっても遅刻の心配はない。

このように、心が満たされて、何の問題もなく平穏に生活を送っている人は、そうでない人に比べて自分が「幸福だ」と感じやすいです。

では自分もそうなるにはどうしたら良いのでしょうか。

答えはシンプルです。

自分で良い行動を選択していけば良いのです。

自分を幸福に出来るのも、不幸に出来るのも自分自身です。

また、大変な苦境の最中で生きている人もいますが、そんな人でも考え方一つで幸福を感じることが出来ます。

「今日もこんなに大変だけど、昨日に比べれば断然ましだ」「仕事が死ぬほど忙しくふらふらだが、家に帰れば暖かい家庭が待っている」

など、とても大変なことの中に、自分の楽しみを一つでも見つけるのです。

どんなに些細なことでも、自分の楽しみや希望を生活の中に見出していれば、それを得られた時にとても幸福感を味わうことが出来ます。