スリランカ人の特徴を本で読む
この世界は現代ではグローバルな社会であると言われています。

世界的に移動が簡単になっていますし、インターネットサービスが発達しているからこそ、世界と簡単につながることができるのです。

日本人も、現代では多くの国の人と交流するようになってきました。

ただし、まだ日本人の視界は広いとは言えません。

アメリカやフランスなど、日本人にとっての有名な旅行先についてはよく知っているかもしれませんが、あまりメジャーな旅行先でない国のことは全く知らないという人もいます。

そんな国の一つがスリランカです。

多くの魅力的な観光地があるものの、日本人にとって、余暇に選ぶ旅行先としてはメジャーではないですよね。

ですが、現代ではそんなスリランカ人と関わる機会もないとは言えません。

また、魅力的な場所がたくさんあるスリランカについては知らない方が損と言えるでしょう。

ここでは、スリランカと言う国や、そこに暮らす人々についてご紹介します。

スリランカと言う国で生きる人々がどのような文化を持ち、どのような国民性であって、どのような恋愛をする傾向にあるのか。

それを考えるのは、自分の世界がぐっと広がるような気になって、とても楽しいはずです。

スリランカ人を徹底分析しよう!

スリランカという国を身近に感じている日本人は少ないでしょう。

あまり日本人にとってはなじみのない国ですから、そもそもどのような国かというところを聞かれても困ってしまうはずです。

スリランカと言われて思い浮かぶのは、セイロンティーくらいだという人がいてもおかしくはありません。

世界には国が190以上もありますから、知らないことがあってもおかしくはないのです。

ですが、多くの人に関わっていくこのグローバルな世界の中では、自分の良く知らない国の人について理解を深めることは大切です。

また、スリランカを旅行するような機会もあるかもしれません。

ここでは、スリランカに注目して色々な知識を身に着けることにしましょう。

スリランカ人について徹底分析をするような機会はそうないかもしれませんが、一度気になったのなら徹底的にスリランカについて理解を深めるというのも楽しい経験ですよ。

まずはスリランカの基礎知識

国に住むたくさんの人の特徴を知りたいようなときには、まずは、その国について知るということが大切です。

その国の文化や歴史を知ることによって、その国に住んでいる人についても想像することができるからです。

人間は色々な個性を持っていますから、国ごとにはっきりとした答えが出るわけがないのは当たり前ですが、その国を形作っている基礎知識を深めると、何となく人間性についても見えてくるところがあるのです。

日本人にとってはあまりなじみ深い国ではないからこそ、まずはスリランカと言う国について色々知っておくことは大切です。

すぐに旅行をするわけではないという方も、まずはスリランカ人について知るためにスリランカと言う国を知ることにしましょう。

どこにある?

スリランカの場所を地球儀で
スリランカという国の場所を聞かれて、すぐに答えることできる人は少ないでしょう。

インドの知覚という印象を持っている方もいるかもしれませんが、それは正解です。

インドの近くの島がスリランカであり、正確に言えばインドの南端の横にある島だと考えましょう。

場所からしても赤道が近く、とても暑そうな国ですよね。

地図上で見るとそれほど大きな島のようには思えないかもしれませんが、実際には北海道より少し小さいくらいと言いますから、日本の様々な県よりは大きいと考えると良いのではないでしょうか。

国内には多くの仏教的な観光地がありますが、全てを一度の回るのは無理でしょう。

それはもちろん、国の大きさからみてもそうですし、仏教的な施設が多いので、旅行に行くときには離れた地域の寺院を全て回るのではなく、地域を決めて観光地をピックアップするのが一番です。

首都は?

スリランカの首都がどの街かと言われると、答えに窮するという人は多いのではないでしょうか。

スリランカの首都はスリジャヤワルダナプラコッテという街です。

長くて関dしまいそうですよね。

日本ではスリジャヤワルダナプラコッテという街はそれほど有名ではありませんし、スリランカで一番大きな街はスリジャヤワルダナプラコッテではなく、コロンボと言う名前の街であるようです。

また、観光地もコロンボ周辺や昔の遺跡などが多いので、スリジャヤワルダナプラコッテ事態に観光に行くということはあまりないかもしれません。

あまり日本人にとっては、観光地としてもなじみにない街ということになってしまうかもしれませんね。

これを機にスリジャヤワルダナプラコッテという長い名前を憶えて見ると、面白かもしれません。

国の人口

スリランカの人口は2000万人強といわれています。

これは、大体、関東圏に住んでいる人間の半分くらいに当たりますね。

北海道の人口は500慢人程度ということを考えると、人口密度はかなり高い国だといってもおかしくありません。

実際、人口密度は世界の中でも26位につけるほどですが、日本も大体同じくらいの人口密度ですから、あまり変わりはありませんね。

言語は?

スリランカの公用語はシンハラ語とタミル語です。

シンハラ語もタミル語も、日本人にとってはあまりなじみのある言葉ではありません。

また、厄介なことに、シンハラ語スピーカーには、タミラ語は通じません。

また、タミラ語スピーカーにもシンハラ語は通じませんので、どちらかを徹底的に勉強するわけにもいきません。

ですが、とても嬉しいことに、スリランカの多くの地域では英語が通用します。

シンハラ語とタミラ語を繋ぐ言葉として使われれているということもあり、スリランカに住んでいる人は、普段は英語を使うことがない日本人よりもずっと英語が上手です。

少し訛りが聞き取りにくいという特徴はありますが、それに慣れてしまえば、言葉で困るということはあまりないでしょう。

特に有名な観光地であれば確実に英語が通じますので、言葉の面で不安に思う必要はありません。

気候風土

スリランカの気候は、日本と違って四季があまりはっきりはしていません。

乾季と雨季には分かれており、観光に行く際にはきちんと気候を参考にすることにしましょう。

全体的に寒暖の差が一年を通してあまりないということを除けば、スリランカは南北でかなり帰庫が異なっています。

国の南西部では、乾季は12月から3月頃と、日本の冬に合っているようです。

最大の街として知られるコロンボの気温は日本の東京の最高気温よりも少し高いくらいです。

これが一年中続いているので、日本人にとっては常夏のように思われるかもしれません。

ですが、少し高地の地域では気温は日本の春並みであるなど、行き際によってかなり変わると考えましょう。

一方、北東部においては、乾季は日本の夏ころに当たり、大体5月から9月頃のようです。

ですが、全体的に日本の猛暑のような気温が一年を通して続いているというところは間違いありません。

暑さ対策をしておくことが大切ですね。

民族構成

言語からも分かる通り、スリランカにはいくつかの民族が分布しています。

シンハラ語を使っているシンハラ族が全体の7割強を占めており、スリランカ人の多くはシンハラ族のようです。

タミル語を使っているタミル人は全体の1.5割ほどで、国の北東部に多く住んでるようですね。

他にも、ムーア人やバーガー人など、多民族で構成された国だということになります。

民族的な対立は現在はそれほど激しくはないようですが、シンハラ民族とタミラ民族ではやはり、今でも心理的な障壁はあるようで、全ての民族が民族に関係なく仲良くしているというような印象ではありません。

実際に、シンハラ語とタミラ語では、お互いに何を言っているのか分からないということから考えても、日本とは少し事情が異なると思った方が良いでしょう。

食文化

スリランカの食文化
スリランカの食文化は、南アジアのだいぶ運の食文化と似たようなものとなっています。

暑い国に良くイメージされるように、多くのスパイスを使った料理が主に食べられています。

有名なのはやはりカレーであり、米を食べているというところは日本人にとっては親しみやすい文化かもしれません。

ただし、多民族が暮らしている国ということもあり、色々な影響を受けて変化しているため、エスニックで日本人にとってはあまり親しみのない料理もたくさん存在しています。

面白いのは、歴史上の時代で、オランダやポルトガルがスリランカに来たこともあり、それらの国々の影響を受けた料理も残されているというところでしょうか。

オランダやポルトガルで良く見られる伝統的なケーキに似たものをスリランカでも見ることができますよ。

宗教は?

スリランカ人の多くは、仏教徒です。

仏教的な考えをきちんと尊重している国なので、日本とは少し文化が異なっているでしょう。

日本も仏教徒が多い国ではありますが、それほど敬虔な人がいないのに対し、スリランカ人の多くはとても敬虔な仏教徒です。

魅力的な観光地の多くも寺院であり、歴史的にも仏教が大事にされてきた国であるということが分かります。

ただし、仏教徒だけの一枚岩と言うわけではもちろんなく、イスラム教やヒンドゥー教も全体の1割程度はいます。

宗教的な対立がないわけではありませんので、もし旅行をする際には、事前にきちんと治安について、それから情勢について調べておいた方が良いかもしれません。

また、もう一つスリランカの宗教において特徴的なのが、占星術が発達しているということです。

スリランカでは、仏教のカルマに基づく占星術が発達しており、これは西洋の占星術とは若干異なるものだと言われています。

生まれたときには必ず星の運行を基にしたホロスコープを作成することになっており、これに基づいて恋愛や結婚が決められることもあります。

また、困ったときには占星術師に頼るような風潮も見られます。

最近の若者はそれほど占星術を大事にしないような傾向になってきているようですが、それでもやはり、成長とともに占星術を信じるようになっていったり、大事なことを占星術に頼って決めるようなことがあるなど、日本人にとってはあまり理解できない宗教観を持っている人が多いということになるかもしれません。

スリランカ人の性格の4個の特徴

ここまでスリランカの基礎知識について見てきましたが、スリランカについてのイメージはばっちり浮かぶようになりましたでしょうか。

日本人にとってはあまりなじみがない国かもしれませんが、そこの国に魅せられてしまう人もたくさんいます。

美しい寺院があり、また、英語が通じる国ということもあり、これから日本人にも人気の観光地となっていくかもしれませんね。

それでは、そんな国に暮らすスリランカ人にはいったいどのような特徴があるのでしょうか。

スリランカ人と一口に言っても個人差が大きいかもしれませんが、旅行全体を通して感じるような国民性と言うのは、どこの国に行ってもあるものですよね。

ここではスリランカ人のおおまかな性格の特徴について見てみることにしましょう。

とても気さく

スリランカ人の特徴の一つ目としては、とても気さくというところがあるでしょう。

とてもフレンドリーの話しかけてくれるので、輝度ッて鼻持ちならないという印象を抱くことはありません。

笑顔で話しかけてくれるというようなイメージを持っておいて、ほとんど間違いはありませんね。

公用語の一つとして英語が挙げられているようなところもありますので、こちらが困って話しかければ気さくに応じてくれる人も多いでしょう。

上下関係にはうるさい

とても気さくでフレンドリーなスリランカ人ではありますが、上下関係にはとてもうるさくなっています。

きちんと宗教に対しての気持ちを持った人が多いですから、そう言った意味でも上下関係や身分というものを大切にしているのがスリランカ人なのです。

フレンドリーに話しているような相手は、良く見ると同じ身分の人であったと言こともあるでしょう。

カースト制度の外にいる日本人にしてみるとよく分からないかもしれませんが、もしスリランカで働くようなことがあれば、こうした上下関係のうるさいところに気づくかもしれません。

おしゃべりが大好き

スリランカ人はとてもおしゃべりが好きな傾向があります。

とにかく人と会うと色々なことを話しているので、知らない人とはあまり話が弾まないという全体的にシャイな傾向のある日本人とは違うところなのではないでしょうか。

男性の前では比較的控えめで大人しくしているような女性たちも、女性同士で集まっていると、華やかでまさに姦しいような状態となるようです。

最も、日本人が観光先でスリランカ人と話に花を咲かせるようなことは少ないかもしれませんが、それでも、タクシーなどを使っていると親しげに話しかけられることが多くあります。

タクシーの運転手の方がおしゃべり好きなスリランカ人であれば、シーンとなった車内で気まずいということは滅多にありません。

コミュ障という言葉とは何となく無縁に思えるような人がたくさんいるということですね。

仕事をサボっておしゃべりすることも

おしゃべりが好きなスリランカ人は、仕事をさぼっておしゃべりをしているようなこともあります。

日本人は世界の中でも勤勉と言われることがありますが、やはり、それと比べると仕事ぶりは少し真面目ではないように見えてしまうところもありますね。

仕事中に楽しそうに話をしているところを見ると「良いのだろうか」と思いつつも、楽しそうに仕事をしているところを見て、何となく羨ましく思えてしまうようなこともあるでしょう。

サービス業についている人を見ていると、不真面目と言うよりはおおらかな印象を受けますが、日本人にとっては旅行先で少し不便に感じるようなこともないとは言えません。

プライドが高い

ここまではスリランカ人の特徴の良いところを挙げてきましたが、もちろんスリランカ人にも欠点はあります。

それは、プライドが高い人が多いというところです。

気さくでフレンドリーではあっても、きちんと自分自身についてプライドを持っているというのは、宗教的な背景も含んでいるように思えますね。

自分というものを、精神的にもそうですし、身分制によっても確立することができる国ですので、自分の持っているプライドを折られることを嫌がる側面が強く見えてくることもあります。

プライドが高いのは日本人でも同じかもしれませんが、集団のために自分自身を折ることができる日本人とは、少し違う感性を持っているように思えます。

自分の間違いを認めない

スリランカ人のプライドの高さの一つとして、自分の間違いを容易に認めないというところがあるでしょう。

自分が間違っているという証拠を突きつけられたとしても、あまりそれを認めないようなところがあります。

これは旅行をしていても起こるかもしれません。

クレームを入れても簡単には謝ってくれないようなところで、スリランカ人の国民性を感じるかもしれませんね。

気さくではあっても腰が低いわけではないというところは、きちんと覚えておいた方が良いかもしれません。

見栄っ張り

スリランカ人の中には見栄っ張りな人もたくさんいます。

こちらもやはり、宗教的な背景を含んで言うところもあるでしょう。

自分の身分や自分自身をある程度カーストによって定められているような中では、自分自身で自分を良く見せなければいけないということになるのです。

カーストというもの、身分というもので自分を判断される中では、少しくらいの見栄がなければと言う想いもあるのかもしれません。

とても見栄っ張りな人が多いので、そう言った国民性には驚く日本人も多いでしょう。

ずる賢い人も多い

見栄っ張りであり、さらにはずるがしこい人も多いというのがスリランカ人の特徴です。

例えば、お金を貸してあげると、なかなか返ってこないというようなところもスリランカではよく見られます。

セルフプロデュースと言う側面を考えたときに、バレると自分の立場が危うくなるというようなことも、できてしまうのです。

それは日本とは全く文化的な背景が異なっているからというところもあるでしょう。

とても親しく、フレンドリーであるところは、人の和を常に気にしている日本人にとっては羨ましいところです。

ですが、その一方で身分制というものが、見栄を張らせたり高いプライドを作ります。

その一方で、身分制は、悪いところがあっても、ある程度のセーフティネットとして働いてくれるでしょう。

それらの文化は、スリランカ人の国民性に深くかかわってきています。

スリランカ人の恋愛観4個の特徴

スリランカ人の性格についてここまで見てきましたが、それでは恋愛面の方ではどうでしょうか。

スリランカ人の異性と恋に落ちるような経験はあまりないかもしれませんが、実際に恋に落ちてしまったときにはどのようなことになるのでしょうか。

恋愛の仕方も、やはり文化が違えばかなり違うものです。

上述のような性格を持っているスリランカ人たちは、いったいどのような恋愛をしているのか見てみることにしましょう。

日本の恋愛のセオリーとはかなり異なるようなところもありますので、興味深く読むことができるはずです。

自由に恋愛できない

スリランカ人の恋愛についてまず言える大きなこととしては、「自由に恋愛をすることが難しい」というところなのではないでしょうか。

スリランカ人にとって恋愛と言うのは、あまり自由に好きなようにするものではありません。

日本の場合にはほとんどの人が自由に恋愛をして結婚を選ぶような制度になっていますが、スリランカ人にとってはお見合いで結婚を決めるというようなことが多くなっています。

自分で自由に選んできた相手と結婚する、もしくは好きな相手と熱愛の上で結婚をするというのは、割と珍しいケースです。

最も最近の若者は、枠に縛られたくないというような気持ちを出だしている人も多くなっては着ていますが、親世代はお見合い婚が当たり前だと思っていますし、結婚に通じるようなお見合いが「恋愛の形」である以上、やはり今でもお見合い婚が主流のようですね。

宗教や身分制度の影響

スリランカ人が自由に恋愛をすることができないのは、宗教や、それに基づいた身分制度に影響されているからです。

仏教徒が7割を占めているスリランカにおいては、カースト制がいまだに強く残っています。

職業や身分というものがしっかりしているので、釣り合わない相手とは結婚できないという決まりがあるのです。

心理的な障壁も大きいでしょう。

実際に、スリランカ人の中での「恋愛」というのは、最終的に「結婚」が見えているものになります。

日本人のように、結婚と恋愛は別、もしくは恋愛はするけれど結婚は全然考えていない、というような恋愛ではありません。

一度付き合い始めると、親戚との関係を考えなければいけない結婚に繋がるので、自由に恋愛をすることができないのです。

自由な恋愛における結婚はもちろんないわけではありませんが、宗教に基づいた精度がある以上は難しいところがあっても仕方ないのかもしれませんね。

占いを信じる!

スリランカ人の多くは占いを信じています。

仏教に基づいた占星術が発達しているので、これをきちんと尊重して生きている人が多いのです。

生まれたときにそれから先の人生についてもう既に決まってしまっているという考え方であり、多くのスリランカ人は生まれたときにそれらについて記してあるホロスコープを作ってもらいます。

自分の人生が生まれたときに決まっているというと、つまりは、恋愛や結婚に関してももう既に決まってしまっているということになりますよね。

占いは個人名まで決めることはできないものではありますが、人生の大きな部分を決めてしまっているものなので、影響を受けないわけがないのです。

占星術を重視する

占星術を重視する傾向にあるので、ホロスコープの相性が合わなければ、そもそも結婚することができないということにもなりかねません。

信じていない人であったとしても、やはり気になって占ってもらうというようなこともありますし、親世代が結婚前にきちんと調べてもらうことを要求するパターンもあります。

それほどまでに、恋愛においても占いは重要であるということになりますね。

自分の決められた未来に逆らうようなことをしなければ幸せになることができるのですから、やはり占星術は恋愛にも深く関わりがあります。

例え本気では信じていなかったとしても、国の大半で信じられているような占星術で「相性が悪い」と言われた相手との結婚は何となくケチがつけられたような気持ちになるかもしれませんし、その言葉が頭から離れることはないでしょう。

結婚と言うゴールが見えている交際がほとんどの国においては、占星術も宗教も絡むというので、日本人と恋愛をするよりもはるかに複雑で大変そうというイメージはありますよね。

女性よりも男性のほうが上

スリランカにおいては、女性よりも男性の方が上だと見られています。

そのため、スリランカ人の男性とお付き合いをするような場合には、男性を立ててあげるようなことをしなければいけません。

基本的にスリランカ人の女性は男性の前では大人しく控えめにしていることが求められます。

これは、仏教的な考え方に基づいているところがあり、女性もそれを比較的すんなりと受け入れているように思えますね。

古くからの慣習

古くからの慣習で女性よりも男性の方が上と言う考え方の上になっているので、スリランカにおいては男性の方が上とされています。

ただし、女性の地位がかなり低くてひどい扱いを受けているという言うわけではありません。

現在では自由恋愛によって結婚するカップルも、数は少ないですがいますし、シリマヴォ・バンダラナイケという首相は、世界で初めて女性で首相に就任した人物です。

家庭の中においては課長が強い意見を持っているというところは、古き日本を思い出させますね。

どちらにせよ、日本人の女性にとっては若干、受け入れがたいようなところもあるかもしれません。

相手の職業を重要視

スリランカ人の恋愛においては、相手の職業を重要視するところがあります。

日本においても、結婚相手にしたい人の職業はかなり重要視しますよね。

ですが、これ以上にスリランカの人々は相手の職業を重要視します。

もちろん結婚するからには経済的な基盤が気になるというだけではなく、職業のカースト制度を重視しているからです。

相手が、身分の低い人が突くような職業に就いている場合、身分が釣り合っていないとして恋愛が進められないということがあるのです。

恋愛をするということが結婚をするという子にもつながり、さらには宗教的な背景も存在するとなれば、日本人よりもさらにきちんと、相手の職業を見ているといっても過言ではありません。

デスクワーク系がモテる

最近ではデスクワーク系がモテる傾向にあるようですね。

ブルーカラーよりはホワイトカラーの方がモテるということです。

これは日本でも同じ傾向があるでしょう。

ホワイトカラーの方が収入が良いということも大きいようです。

スリランカ人の特徴理解できましたか?

いかがでしたか?スリランカ人の特徴について詳しく理解することができましたでしょうか。

いきなりスリランカ人についての理解を深めるというのは難しいものです。

スリランカと言う国に足を踏み入れたことがある日本人が少ない以上、想像することも難しいという人の方が多いことは理解できます。

ですが、最近は日本人もたくさんの地域に旅行に行きますし、日本人が好みそうな魅力的な観光地がたくさんスリランカにあるのは事実です。

グローバルな世界の中ではスリランカの人と親しくなる機会もあるでしょう。

スリランカと言う国に暮らしている人は、同じアジア人でありながら、基本的には日本人とは違う文化の中に暮らしています。

そのため、性格の全く異なっています。

仲良くなるには気さくで楽しい人かもしれませんが、恋愛をするときには文化の違いに困ってしまうこともあるかもしれませんね。

そこで一つだけ覚えておいてほしいのは、スリランカ人と言っても色々な人がいるということです。

日本人にも様々な考え方の人がいるように、スリランカ人にも様々な人がいます。

宗教的なことをあまり気にしていない人もいますし、逆に、ホロスコープを尊重して生きているという人もいるかもしれません。

スリランカ人についての大枠を理解したら、今度は自分の身の回りの個人について理解を深めることにしましょう。

ステレオタイプに誤魔化されることなく、個人のことをきちんと見てあげることも大切だということはきちんと覚えておいてくださいね。